こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

ファセオラミン

ダイエットの停滞期や長短期ダイエットではカロリー制限が鍵を握る。
カロリー吸収抑制系サプリの摂取で食事をしながら楽にダイエットしましょう。

アミノ酸ダイエット

成長ホルモンの分泌はダイエットの停滞期打破の起爆剤です。
成長ホルモンの原料を補給して落ちた脂肪燃焼や基礎代謝を高めましょう。

PAPA

アメリカ食品医薬品局が認める安全なビタミンで日焼けを防ぐ。
角質層間に分泌させて24時間365日の紫外線カットを実現します。

アスタキサンチン

アメリカではアトピーの色素沈着の改善に使われる美白サプリ。
日焼けによる色素沈着にも使える飲む日焼け止めサプリです。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

最近、私のダイエットに於いてワンステップの上昇が見られました。
カーツトレーニングというものを始めたのです。
今までは、ジョギングとカヤックという有酸素運動を中心とした、脂肪燃焼系のダイエットを行ってきましたが、45歳という年齢のせいか、これだけでは十分な脂肪を減らす効果が得られないと判断し、大嫌いな無酸素運動系のダイエットに挑戦し始めたのです。

ダイエットを始めてもう5~6年くらいは経ちますので、体重自体は20kgくらいは落とすことができました。
運動を中心に行っているので、ダイエットリバウンドを起こすことも無く、ここ数年は一定の体重を維持してきました。
しかし、だいぶ脂肪が減ってきたせいか、ダイエットに於ける恒常性(後の項目で説明します)という問題に突き当たったみたいで、同じ量の運動をしているのに、以前の様に一定の体重減少が起こらなくなってきているのです。

この恒常性という現象は、今の私の体質からすると、この体脂肪でOKという標しなんだと思いますが、まだ全身に満遍なく脂肪が付いている状態で、満足のいくダイエット結果とは言えない状態です。
この満足がいかない状態を打破するには、恒常性を打破するしかないので、体の筋肉量を増やすのが最も効果的であると考え、カーツトレーニングを始めたのです。

カーツトレーニングの報告は適宜に行っていきますので、結果を楽しみにしていただければと思います。

★3★「絶対に失敗させない!肉体改造応援プロジェクト」の第3弾
~ダイエットに於ける停滞期の打破と、夏までの短期に結果を出すダイエット特集です。

ダイエットを失敗させる停滞期という現象は、いつでも誰にでも起こる現象です。

マルチビタミン

今まで順調に落ちていた体重が、生活習慣も食習慣も変えていないのに、急に落ちなくなることはありませんか?
アメリカの肥満外来病院のダイエットドクター達は、この停滞する現象が、ダイエットを諦めさせる最大の原因になると警告しています。
この停滞期は定期的にダイエッター達を襲い、前向きな気力を根こそぎ奪い去り、絶望の末のダイエット断念という最悪の結末を迎えさせることになります。

今年の1月から始めた「絶対に失敗させない!肉体改造応援プロジェクト」ですが、第3弾を迎えて、そろそろ停滞期を迎える方が出てきているのではないかと考えます。
今回の「ハロー! ビタミン」はダイエットに於ける停滞期の打破と、夏までの短期に結果を出すダイエット特集です。
停滞期の打破については、停滞期の起こる複数の原因と、その対処方法をお届けします。
また短期で結果を出すダイエットでは、とにかく体重を落とすサプリをご紹介します。

ダイエットの停滞期は、恒常性という体を守るために備わっている生理現象が原因。

ビオチン

生物学的には多くの生き物は現状維持を保とうとする生理現象によって、生命活動を維持しています。
この生理現象を恒常性と呼んでいます。
その中で、ダイエットの恒常性という体重減少が起こらなくなる現象は、ダイエットに於いて失敗率を高める原因となっているので、その研究が20年以上も肥満外来病院で行われてきています。

恒常性が働き出す条件は2つあります。
・カロリー不足による体重減少が、ある程度進んだ時。
・運動による脂肪燃焼で体重減少が、ある程度進んだ時。

つまり、ある程度の体重減少が起これば、恒常性が働き出して、基礎代謝や体温などを調整して、これ以上の体重減少が起こらないように、自然と体が調整してしまうのです。
これは人であれば全員が起こる生理現象で、ダイエットを失敗させないために、停滞期に入ったら、すぐに恒常性を打ち破るようにダイエット方法を変化させないといけないのです。

恒常性から脱するにはスウィングボート法が一番。

レスベラトロール

要は、今行っているダイエットで体重の減少が止まったかな?、と思ったら停滞期と思って良いと思います。
恒常性の壁を突き破って停滞期を抜け出すには、早めの対処が必要です。
停滞期を放っておくと、ダイエットに於けるモチベーションが低下し、ダイエットを諦める結果になる可能性が高くなるので、停滞期に入ったと思ったら、すぐに対処しましょう。

恒常性を打ち破る方法として、体質改善でよく使われるスウィングボート法という方法を使います。
スウィングボートとは、ボートを揺するという意味で、体重が減らない方向で安定しようとする体質に揺さぶりをかけるという方法です。
具体的には、
・食事制限でダイエットを行っていたが体重が落ちなくなった方。
・運動による脂肪燃焼を行っていたが体重が落ちなくなった方。(サプリだけでダイエットしていた方もここに入ります)
に分かれます。

食事制限でダイエットを行っていた方は、基本的には更なる食事制限を行うか、ファセオラミンや低脂肪ダイエットなどを使って、今までの食事量と同じ状態でカロリー吸収量をさらに減らす方法が一般的です。
もちろん、この際、本格的な脂肪燃焼ダイエットに切り替えて体質改善を行い、その後に少量の運動を並行して行っていくという方法に切り替えても、停滞期は解除されるでしょう。

運動による脂肪燃焼や、ダイエットサプリメントによる脂肪燃焼を行ってきて、停滞期が訪れた方は、ファセオラミンや低脂肪ダイエットなどのカロリー吸収抑制のサプリを使うと効果的に短期間で停滞期から抜けられるでしょう。
また、有酸素運動による脂肪燃焼にプラスして、無酸素運動による筋肉量のアップという方法も時間はかかりますが、太りにくく痩せ易い体質を作るという意味でも有効です。

その場合、アミノ酸ダイエットや共役リノール酸(トナリンCLA)、カルニチンなどを加えると、時間のかかるところを短縮することができます。

停滞期の脱出と、夏までの超短期ダイエットは同じ方法で行います。

MSM

今までは停滞期の脱出という話をしてきましたが、これからのダイエットの需要としては、夏までの超短期ダイエットという分野が注目です。
この2つのダイエットは結局は同じことなのです。
なぜならば、体を元の通りに戻そうという恒常性という生理現象によって引き起こされたダイエット途中の停滞期という現象からの脱出も、これから短期に結果を出そうという超短期ダイエットも、結局は体重が減らないという現象からの脱出を目的としているので、同じなのです。

そこから脱出する方法は、先の項目でご紹介した、カロリー抑制による脱出か、筋肉量を増やす無酸素運動による脱出の2つです。
スウィングボート。
つまり、上記の2つの方法でボートを揺すって、停滞した体質の現状に揺すぶりをかけるということですね。

早い結果を求めるのであれば、ボートの揺すり方はカロリー抑制による揺さぶりが効果的です。
ファセオラミンや低脂肪ダイエットを使い、腸から吸収されるカロリーを減らすことで楽に体重を減らしていくことができます。
更にやる気のある方は、上記のサプリ使用に並行して食事制限も行うのです。
このダブルダイエットはかなり効果が期待できます。

ダイエットにおける精神的な辛さに我慢が出来なくなる方は、5HTPをお使いください。
セロトニンという幸福のホルモンとも呼ばれるホルモンを作って、ダイエットに於ける精神的なストレスを改善するだけではなく、5HTPを摂ることによって、肉食をしたのと同じ食欲の満足感を味わうことができるので、食事制限にも有効なのです。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

今、美容で話題のセラミドについてお話したいと思います。
セラミドが不足することで起こる困った体質としては以下のものがあります。
・乾燥肌や敏感肌、脂性肌
・シミ
・赤ら顔などの赤い皮膚
・アトピー肌
・肌理(キメ)の整わない肌
・化粧ノリの悪い肌
・くすみ
・不健康そうな見た目のお肌
などなど
セラミドを角質層に増やす方法や、細胞を元気にするなどのセラミドのスキンケア以外の働きなどもお届けしたいです。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~ファセオラミンで食べたカロリーを排泄し、ダイエットの停滞期の改善や短期間ダイエットにお役立てください。

ファセオラミン

炭水化物消化酵素であるアミラーゼという消化酵素の活性を失なわさせるファセオラミンは、カロリー抑制ダイエットで人気のダイエットサプリメントです。
食べた炭水化物の消化を邪魔するので、炭水化物であるご飯やパンやパスタなどの食品からのカロリー吸収を減らし、ダイエットを成功に導きます。

ダイエットに於ける停滞期からの脱出や、超短期間のダイエットなどでは、摂取カロリーを更に減らすことが重要なので、ファセオラミンや低脂肪ダイエットなどの吸収抑制系ダイエットサプリメントを使い、できれば、食事制限も行うと良いでしょう。
こうした吸収抑制のダイエットサプリメントを使うと、精神的な辛さで食事制限がうまくいかない方も、意外と楽に食事制限ができることが判っており、ダイエット効果の他に、精神的なストレスを減らす効果なども、アメリカの肥満外来病院などで高い評価を得ています。

日本人は比較的に炭水化物からカロリーを多く摂る民族と言われており、ダイエットに於いてはファセオラミンによる低炭水化物ダイエットが向いていると言われています。
炭水化物の消化を邪魔するので、食べたご飯などの炭水化物の一部が吸収されずに腸内に残りますので、これは食物繊維と同じ働きで便を大きくして、腸内をお掃除する働きもあります。

実際に、十分な量のファセオラミンを摂取すると、便の体積が大きくなることが実感できます。
この大きくなった分の便が、吸収されなかったカロリーとなり、ダイエットを成功に導きます。
ダイエットに於いて運動や食事制限は、非常にストレスを生じさせ、ダイエット失敗の原因になるので、ダイエット中に普通に食事ができるファセオラミンは、ダイエットを行う方の強い味方になるでしょう。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ファセオラミン』
ダイエットの停滞期や長短期ダイエットではカロリー制限が鍵を握る。
カロリー吸収抑制系サプリの摂取で食事をしながら楽にダイエットしましょう。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~アミノ酸ダイエットの成長ホルモンの分泌で脂肪代謝、タンパク質代謝を高めて停滞した体に揺さぶりをかける。

アミノ酸ダイエット

停滞したダイエットに、ガツンと一撃を加える物質が成長ホルモンです。
食事制限によるダイエットと、運動によるダイエット(ダイエットサプリによるダイエットも含みます)で起こった恒常性が原因の停滞期に、大きな揺さぶりをかけられる可能性があるのがアミノ酸ダイエットによる成長ホルモンの分泌量の増加です。

成長ホルモンは細胞の細胞分裂を起こす切っ掛けになるホルモンで、恒常性によって起こる細胞分裂の周期遅延を改善する効果が期待できます。
細胞は、細胞分裂の周期遅延が起こってからしばらくすると、細胞分裂しないことに慣れてしまうため、停滞期が起こってから出きるだけ早くに成長ホルモンによって細胞を刺激してあげることが大切です。
もちろん、何年も停滞期を過ごしている方にも成長ホルモンは良い働きをしてくれますが、停滞期が起きてすぐの方と比べると、細胞分裂を早めるには時間がかかります。

成長ホルモンは細胞に刺激を与えるだけではなく、タンパク質代謝を高めて筋肉量を増やしたり、脂肪を燃焼させる脂肪燃焼リパーゼの分泌をより多く増やしたり、というように様々な方向から基礎代謝を高めるための働きをしてくれます。
アミノ酸ダイエットに含まれるアルギニンやリジンやオルニチンが、脳下垂体に大量に取り込まれることで、ちょっとした数秒の運動でも成長ホルモンが脳下垂体から分泌されるので、停滞期を打破するためには必須のサプリメントとなっています。

アメリカの肥満外来病院でも多くの医師が成長ホルモンの分泌を増やすことを奨励しており、アミノ酸ダイエットに類するダイエットサプリの処方も多く行われています。
アミノ酸ダイエットを摂取するようになったら、できるだけ無酸素運動を行ってください。
5秒から10秒ほどの腕立て伏せや、腹筋、背筋、スクワットで、十分な量の成長ホルモンが分泌されることが判っています。

また怪我などで運動ができない方でも、夜中の1時から朝の5時の間に空腹状態で睡眠をしていれば、アミノ酸ダイエットの摂取によって成長ホルモンの分泌量は数倍~数10倍になることが判っていますので、ご安心ください。
もちろん、無酸素運動による分泌の方が効果はより高くなりますが、十分に効果が期待できます。

成長ホルモンによる良い影響はダイエットだけではなく、お肌の新陳代謝を活発にしたり、ホルモンバランスを良くしたり、更年期障害を改善したり、老化を防いだりというような効果が多くの実験で確認されています。
是非、アミノ酸ダイエットを摂取して体質を変えていきませんか?

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『アミノ酸ダイエット』
成長ホルモンの分泌はダイエットの停滞期打破の起爆剤です。
成長ホルモンの原料を補給して落ちた脂肪燃焼や基礎代謝を高めましょう。
——————————————————————–

 

★4★『PABA』のご紹介
~アメリカ食品医薬品局が認める紫外線カットの美白サプリ。

PABAへの店長の思い入れ

PABA

アメリカ食品医薬品局では南部に住む白人に紫外線による皮膚ガンが発生しやすいとして、PABAというビタミンB群の一種の摂取を勧めています。
PABAを継続的に摂取していくと、重なり合う角質層と角質層の間のセラミドの層へPABAがたくさん分泌され、角質層を通過しようとする紫外線の高エネルギーをPABAが吸収し、弱い光に変えて紫外線による弊害(皮膚ガンや日焼け)などが起こりにくくなるとされています。

PABAの皮膚ガンを予防する効果が、アメリカに住む黄色人種の間では美白スキンケアという美容面で人気を得て、ここ10年くらいの間に美白サプリメント部門で、常に上位にランクインするほどになっています。
アメリカ食品医薬品局がPABAの紫外線吸収効果を認めている訳ですから、それは人気が出るのが当然ですよね。

PABAを効率よく紫外線カットで働かせるには、常に血液中のPABAの濃度を高めておく必要があるため、PABAのサプリメントは通常は朝昼晩の食後に1錠ずつ摂取しつづけます。
また、PABAを効率よく角質層間のセラミドの中に分泌させるためには、角質層のすぐ下にある毛細血管網を太くし、多くの血液が皮膚に流れるようにビオチンというビタミンを摂取します。
ビオチンも水溶性で血液中から常に尿中へ捨てられているので、朝晩の食後に1錠ずつ(朝昼晩の食後でもOK)の摂取が好ましいとされています。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~PABAの紫外線カットは24時間365日持続します。ちょっとした紫外線の蓄積を気にする方に朗報です。。

PABA

美白を気にする方の悩みとして多いのが、自宅の窓から入り込んでくる弱い紫外線の長時間照射や、朝のゴミ捨てや洗濯物干しなどで浴びる短時間の紫外線照射の蓄積です。
アメリカでのアンケートですが、こうしたちょっとした紫外線照射に関しては諦めてしまっている方が多いという結果が出ているのです。
「朝なんだし、わざわざ紫外線対策の化粧をして外に出るわけにもいかないでしょ。」的な感じでしょうか。

しかし、これらの紫外線照射も毎日のように重なると、お肌のくすみを引き起こしたり、実際に黒色メラニンも多く作られて、日焼けやシミの原因になったり、そばかすの原因にもなります。
そこで諦めない紫外線対策としてPABAをお勧めしたいのです。

PABAは摂取を続けていくことで、角質層と角質層の間を埋めているセラミドの中に多くが分泌されます。
PABAは紫外線を吸収して、その強いエネルギーを奪い、日焼けを起こさない普通の光に変えてくれるので、PABAが角質層に多く分泌されている皮膚は、角質層自体が紫外線カットをしてくれるSPF化粧品の様な働きを持つことになるのです。

室内や朝などの無防備なお肌でも、PABAの効果を借りれば紫外線対策ができるのです。
それも、24時間365日。いつでもどこでもです。
今まで諦めていた部分の美白対策が、日々のPABAの摂取で実現します。

美白に興味のある方であればご理解いただけると思いますが、美白は対策をどれだけ重ねるかが勝負の分かれ目になります。
美白を実践されている方であれば、紫外線対策の日傘、紫外線対策の帽子や長袖の着用、SPF化粧品の使用など、重ねられるものはすべて重ねているでしょう。
もうこれ以上重ねることができないと思われていた美白対策に、更にPABAが重ねられるのです。
自分の角質層が紫外線カットに使えるなんて、それもいつでもどこでも紫外線をカットしてくれるなんて、というようにアメリカでは美白を気にする方に衝撃を持って迎えられた美白サプリがPABAです。

更に効率的にPABAで紫外線対策をするなら、ビオチンというビタミンです。
ビオチンは腸内の善玉菌によって作られているビタミンBの一種で、角質層のすぐ下にある膨大な量の毛細血管を太くし、皮下の血流を高めて皮膚に必要な栄養素が皮膚に運ばれるようにするサプリとして、30年以上も人気の高いスキンケアサプリです。

例えば、PABAを摂取して皮膚に分泌させたければビオチンで皮下の血流を高める。
コラーゲンで弾力のあるお肌を作りたいなら、MSMでコラーゲンの原料を補給し、ビオチンで皮下の血流を高める。
美白化粧品で有名なアスタキサンチンを飲んでセラミドに分泌させて日焼けを防ぐなら、ビオチンで皮下の血流を高める。

というように、お肌のサプリメントを飲むなら、その飲んだ栄養素を皮膚に運ぶためにビオチンは必須です。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『PAPA(飲む紫外線カットの美白サプリ)』
アメリカ食品医薬品局が認める安全なビタミンで日焼けを防ぐ。
角質層間に分泌させて24時間365日の紫外線カットを実現します。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~美白で人気のアスタキサンチンは化粧品ではもったいない。飲んで体の中から24時間の美白をしましょう。

アスタキサンチン

簡単に日焼けのプロセスをご紹介しましょう。
このプロセスが進んでいく中で、美白サプリや美白化粧品で黒色メラニンの生成を邪魔できる部分が何箇所かあります。
この複数個所で邪魔をすればするほど、日焼けによる色素沈着を予防できるのです。

紫外線を皮膚に浴びる → 皮膚表面や角質層内に一重項酸素という活性酸素が発生 → 一重項酸素がメラノサイトという細胞を活性化 → 数時間後にメラノサイトが黒色メラニンを生成 → 黒色メラニンが皮膚に定着

アスタキサンチンが皮膚に存在すると、紫外線によって作られる一重項酸素を中和する働きにより、メラノサイトの活性化を防ぐことができ、黒色メラニンが作られにくくなり美白ができるという流れになります。
アスタキサンチンは美白化粧品として皮膚に塗る方が日本では有名ですが、塗るということは洗えば落ちてしまう訳ですし、毎日塗らなければ美白できないという使い勝手の悪さがあります。

このアスタキサンチンはビタミンAの仲間なので経口摂取で体内に摂り込むことが可能です。
アメリカのアレルギー内科ではアトピー性皮膚炎の色素沈着でも使われる実力派の美白サプリです。

吸収されたアスタキサンチンは様々な組織で活性酸素の抑制などで使われてしまいますが、ビオチンを摂取することで皮下の血流を良くすれば、角質層と角質層の間に分泌されるセラミドの中にアスタキサンチンが多く取り込まれ、角質層を紫外線が通過するときに発生する一重項酸素を中和して、メラノサイトの刺激を防ぐことができるので美白に役立つのです。

アスタキサンチンをサプリメントで使用すれば、シャワーを浴びても角質層から消えることが無いので、常に紫外線による黒色メラニンの生成からお肌を守ってくれるのです。
化粧品で毎日アスタキサンチンを塗り続けるのと、どちらがいいですか?

ちなみにビタミンAを併用すれば更にアスタキサンチンの活性酸素抑制能力は高まりますので、是非、高価なアスタキサンチンに安価なビタミンAをプラスして、費用対効果を高めることをお勧めします。
また、ビタミンAはお肌の基底細胞という角質細胞を作り出す細胞を刺激して、細胞分裂を活発にさせてお肌の生まれ変わりを促進するので、ターンオーバーが早くなりスキンケアに役立ちます。
細胞分裂を助ける亜鉛と一緒に摂取し、お肌の調子を引き上げましょう。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『アスタキサンチン』
アメリカではアトピーの色素沈着の改善に使われる美白サプリ。
日焼けによる色素沈着にも使える飲む日焼け止めサプリです。
——————————————————————–