3回に亘った「なぜ秋から冬にかけて太りやすくなるのか?」というコンテンツですが、今回で終わりとさせていただきます。
今の時期に行う効率的な ダイエットで参考にしていただければと思います。
また春先には、夏へむけての効果的なダイエットという内容でお届けしたいと思います。

前回の「 ハロー! ビタミン」ですが、筋肉を増やして 基礎代謝を上げる方法や ダイエットリバウンドから回復する方法について書きましたが、基礎代謝カロリーを引き上げるメリットをもう少し述べたいと思います。
基礎代謝を上げたり、筋肉を増やしてダイエットリバウンドから回復するには、 カルニチンなどを飲むだけではなく、運動も必要なので非常な努力を要します。
努力を要するダイエットって長続きしないことが多いですよね?
でも、この非常な努力をしても、やる価値があることを、十分に理解できれば、途中で投げ出したりする失敗も起こりにくいと思います。
アメリカンビタミンショップでしつこく 栄養学の理屈をこねるのは、サプリメントの効果を理解して飲むのと、理解しないで飲むのでは、長期的にみて、効果が全然違うからなのです。
これはプラシーボ効果と言われていて、医学的にも効果の違いが実証されているのです。

ダイエットで行う運動というと、ウォーキングやランニング、水泳やエアロバイクなど、有酸素運動系のものが多いですよね。
でも、これらの運動って、基礎代謝カロリーと言われている消費カロリーと比べると、意外と消費カロリーが低いのです。
つまり、有酸素運動は努力の割りにカロリー消費が低いため、効率が悪いダイエット方法と言えるでしょう。
アメリカはダイエットでも社会でも、生活でも何でもかんでも、効率を求める国ですので、効率の高い ダイエット方法を編み出すのが得意です。
できるだけ努力をしないで、高い消費カロリーを得るダイエットが、基礎代謝を上げるダイエット方法なのです。

基礎代謝とは何か?

基礎代謝 上げる

例によってまた前置きが長くなりましたが、さて、本題です。
基礎代謝とは何か?

例えば、女性の1日の必要とされるカロリーは2000カロリーと言われています。
その2000カロリーの内、1500~1600カロリーが理想的な基礎代謝カロリーと言われています。
ちなみに、基礎代謝カロリーとはなんでしょう?
基礎代謝カロリーとは、寝ていても消費されるカロリーのことで、心臓の動くエネルギーや、脳が物を考える時に使われるエネルギー、内臓が働くエネルギー、体温維持のエネルギーなどなど、生きるために必要な活動に使われるエネルギーを基礎代謝カロリーと呼んでいます。

この基礎代謝カロリーの数字を見て、結構高いと思いませんでしたか?
基礎代謝カロリーは1日の消費カロリーの実に75%~80%にも及ぶのです。
ダイエットリバウンドを起こしている方や、年々、太りやすくなっている体質の方、ダイエットが必要と感じている方の多くが、基礎代謝カロリーが非常に低くなっていることが多いことがアメリカの調査で判っています。
ひどい方だと基礎代謝カロリーが700カロリーなんて方も結構多くいて、こうした基礎代謝カロリーが低い方は、失われた800~900カロリーもの基礎代謝カロリーを、運動で取り戻すか、食事を減らして調整するしかないのです。
基礎代謝が落ちていて、ダイエットを必要とする多くの方は、運動をしていないし、食事もなかなか減らせないという方が多いので、失われた800~900カロリーは、余剰カロリーとして脂肪に変換されて蓄積されていってしまうのです。

でも逆に、 基礎代謝を上げることができれば、ウォーキング数時間分の消費カロリーを、寝ていても手にすることができるのです。
寝ていても基礎代謝がカロリーを消費してくれる。
こんな楽しいことはないですよね。
だから、基礎代謝を上げるダイエットが、アメリカの多くのダイエット専門家によって、推奨されているのです。
先にも書いていますが、基礎代謝を高めるには非常な努力が必要です。
しかし、これから先、何十年も生きるとして、その間、ずっとダイエットダイエットと気にしているよりも、数ヶ月~数年かけて、基礎代謝アップの努力をして、その後は少ない努力で、痩せる体質を維持していった方が良くありませんか?

ということで、アメリカンビタミンショップでは基礎代謝を上げるダイエットを提唱いたします。
基礎代謝を上げるための重要な方法は、前回の「 ハロー! ビタミン」でご紹介したコンテンツに詳しく載せております。
基礎代謝を上げる1つの方法として提唱するのが、 ダイエットリバウンドからの回復とまったく同じ内容なので、参考にしてください。

基礎代謝を上げる方法いろいろ。

基礎代謝

前回の「ハロー! ビタミン」でご紹介した 基礎代謝を上げる方法は、主に筋肉をつける方法ですが、その他にも基礎代謝を上げる方法はたくさんあります。
・ 便秘の改善(次回の「ハロー! ビタミン」で特集します。)
・新陳代謝の活発化(主に細胞分裂のスピードアップ)
・お腹周りの脂肪除去
・内臓脂肪の除去
・ 血流のアップ ・酸素代謝の活発化 etcetc

例えば、便秘の方は腸の動きが非常に鈍いため、腸の使う基礎代謝カロリーが1日で数百カロリーも少なくなることが珍しくありません。
次回の「ハロー! ビタミン」で詳述しますので、ご期待下さい。

細胞分裂ってエネルギーの消費量が多いのです。
例えば、便秘していると悪玉菌の作りだすリポフスチンという物質が細胞分裂の邪魔をして、お肌の新陳代謝や、全身の細胞の新陳代謝が遅くなり、基礎代謝カロリーが減ります。
ビタミンEを1日800~1200IU摂取すると、リポフスチンを細胞から追い出すことができることが確認されています。
また、細胞分裂を活発にさせる栄養素というものもたくさんあります。
・ 亜鉛(亜鉛が不足すると細胞分裂が遅くなり、基礎代謝が落ちます。)
・ ビタミンB(タンパク質をアミノ酸から合成する栄養素、不足すると細胞の作成が遅くなる。)
・ ビタミンA(主にお肌の角質層の細胞を刺激し、細胞分裂させる栄養素)
・ マルチビタミン(やはり基礎代謝の活発化には、総合的な栄養素の補給が大切)

内臓やお腹周りに脂肪を多く蓄えていると、体内に熱が籠もり、内蔵で作られる体温が少なくなるので、基礎代謝カロリーが減ります。
つまり、お腹周りのサイズを減らせば減らすほど、内臓での熱生産量が増えますので、基礎代謝が良くなり痩せやすい体質になるというわけです。
ダイエットとは、難しいものですね。お腹周りのサイズをダウンさせられるのであれば、最初からやってますよね。それができないから皆苦労しているわけですし。。。。
まずは、 カルニチンや コエンザイムQ10、 アルファリポ酸、 アルギニンなどの摂取によって、脂肪を減らすよう心掛けましょう。
それでも脂肪が減らないという方、ご安心下さい。下記の血流アップで内臓脂肪やお腹周りの脂肪がより効率的に取れやすくなるのです。

いちょう葉エキスや ビオチンで毛細血管を太くしたり、 EPAで血液をサラサラにしたり、 タウリンで心臓のポンプ機能を高めたりすることで、血流を改善すると、内臓で作られた熱が皮膚表面に運ばれやすくなり、効率的な放熱ができるので、内臓に熱が籠もらなくなり、内臓での熱生産量が高まり、基礎代謝が上がることが判っています。
ダイエットで必要とされる、ホルモンや酵素を運ぶのも、酸素を運ぶのも、ブドウ糖や脂肪を運ぶのも、全て血流が関係しますので、効果的にダイエットしたいのであれば、 血流を高めることをお奨めします。
ダイエットが必要な方の多くが、お腹や胸辺りを中心にエネルギー消費が高いことが判っています。
手足には太い筋肉が存在し、よく動くので、高いカロリー消費が期待できますので、血流で様々なものを運んで、基礎代謝を上げてください。
ちなみに、血流が高まると、 スキンケアに良い効果がでたり、 免疫力が高まったり、様々な良い効果が期待できます。

最近の新しいダイエット理論で、酸素消費量を増やそうという考え方があります。
オクタコサノールや ビタミンEを使って酸素消費量を高めるのですが、ブドウ糖燃焼や脂肪燃焼が起こりやすくなり、体温の上昇や、新陳代謝の活発化など、様々な方向から基礎代謝を上げることが判っており、これからの新しいダイエット法として、定着していくでしょう。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」は 便秘をパターン別に分けて、効果的な改善の方法を提案したいと思います。
便秘改善は 基礎代謝を上げるためにも重要な部分ですので、次回もお楽しみに。
また、便秘でない方でも、アメリカナイズされた食事や生活習慣のせいで 腸内環境の悪い方は意外と多いのです。
そうした方の健康維持(免疫力アップや老化防止、ダイエットなどなど)や美容(お肌のトラブル解消などなど)でもお役にたてる内容となっていますので、参考にしてみてください。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~ カルニチンで細胞を活発化し、基礎代謝を上げる。

カルニチン

カルニチンは「なぜ秋冬は太りやすいのか?」のダイエット特集の第1弾でバーゲンしましたが、やはり今回もバーゲンしたいと思います。
アメリカではここ10年以上の間、 ダイエットサプリメントの部門で、毎年の様に上位入賞を果たしている実力派サプリメントですので、ダイエットの特集では何度でもバーゲンしたいサプリメントなのです。

カルニチンは細胞内で誰もが分泌する物質で、非常に安全性がたかいサプリメントです。
また、20歳代後半くらいから、多くの方が分泌が減ってくる物質でもあり、そのために基礎代謝が落ちて、中年太りに陥ることが判っています。
ダイエット方法は本当にたくさんありますが、大部分のダイエット方法は特殊な体質や生活習慣の方が行うと、効果を発揮するものが多いので、効く人は効く、効かない人はまったく効かないというものが多いのです。
しかし、 カルニチンは生物であればすべての生き物が分泌している物質で、加齢と共に分泌が減ってくることが判っているために、30歳以降の方に有効なダイエットサプリメントである可能性が高いのです。

ダイエットとは、時間とお金をかけて行う行為ですので、特殊で高い効果があるダイエット方法よりも、より多くの方が効果を上げている方法やサプリメントの方が、成功率が高く、顧客満足度も高いのです。
その優秀なダイエットサプリメント群の中でも、カルニチンは多くの専門家にも選ばれ、ユーザーにも支持されているサプリメントです。
事実。
アメリカの肥満外来病院というダイエット専門の病院で、最も使われているダイエットサプリメントであること。
これが カルニチンの実力をよく示しているのではないでしょうか?

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 カルニチン』
アメリカのダイエット専門病院で最も使われているダイエットサプリメント。10年以上も人気。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ EPAで血液サラサラにして、ダイエットで必要なものを効果的に全身に運ぶ。

EPA

なぜかダイエットというと、 基礎代謝を上げる カルニチンなどのダイエットサプリメント群や、カロリー吸収を邪魔する ファセオラミンなどのダイエットサプリメント群ばかりが注目されますね。
でも、ダイエットに於ける 血流の改善は、本当に本当に基礎的な体質改善で重要な項目なのですよ。

ダイエットが必要な方の多くが、運動不足により心臓のポンプ機能の低下( タウリンで改善)や、血中脂質の増加による血液粘度の増加( EPAで改善)、手足や皮膚表面の血管や毛細血管のサイズダウン( いちょう葉エキスや ビオチンで改善)などにより、必要な物質を必要な量だけ必要な部分に運ぶことができていないのです。
アメリカでも多くの専門家が、ダイエットは全身の細胞の消費カロリーを高めることが、基礎代謝アップに繋がるとしています。
全身の細胞に酵素やホルモン、ブドウ糖や遊離脂肪酸、タンパク質や酸素、 ビタミンや ミネラルなどを届けるのは血流です。
血流を高めるだけで、基礎代謝が数百カロリーも高まる体質の方も少なくないと、指摘する専門家も多いので、この際、やってしまいませんか?

・運動不足による心臓のポンプ機能の低下
タウリンがお奨め。
・血中脂質の増加による血液粘度の増加
EPAがお奨め。
・手足や皮膚表面の血管や毛細血管のサイズダウン
いちょう葉エキスや ビオチンがお奨め。

自分の体質(問題点)に合わせて 血流改善のサプリメントを選んでみましょう。
そこで、今回の「ハロー! ビタミン」のバーゲンでは、EPAを出したいと思います。
ちなみに同じバーゲン品の カルニチンは心臓の細胞でたくさん必要な物質で、年配者ほど、カルニチンの摂取で心臓のポンプ機能が高まる可能性が高いことが判っています。
疲れやすい方などには良い組み合わせです。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 EPA』
血液をサラサラにして血流を改善し、全身の細胞に栄養素を届けて基礎代謝を上げる。
——————————————————————–