こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

カリウムサプリメント

りんごペクチンは食事から摂り込む重金属のデトックス。
カリウムは既に細胞に取り込んでしまった重金属のデトックス。併用で完全なデトックスが可能に。

ケルセチン

ケルセチンのフラボノイドが体の重金属排泄を促します。
カリウムなどの様に特定の重金属排泄に働くのではなく、体の排泄能力全般を高めるサプリです。

エスターC

血中の重金属を包み込み腎臓から排泄させる。
セシウムを細胞から追い出すカリウムのデトックスと併用で効果アップ。

システイン

エスターCと協力してデトックス効果を高める。
細胞からデトックスした重金属を細胞へ再び取り込まないために重要なアミノ酸。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

暑いですね。今年も。。。。
関東地方は高い日には35度を超える様な日が続いています。
会社への通勤でジョギングをしている店長としては、熱射病にならないように水分補給に気をつけています。

この前は、汗をかき過ぎたのか、30年ぶりくらいに脚が攣りそうになりました。
日頃から食事には野菜を欠かさないようにしているので、カリウムが不足しているとは思わなかったのですが、年齢のせいでしょうか、野菜からのカリウム吸収量が減っているのですね。
おそらく胃腸の吸収力が落ちてきたのでしょう。
44歳にもなると、そういったことが起こってもおかしくはないですが、ちょっとショックです。
このところ、夏バテっぽい感じなのは、カリウム不足が原因だったのか、と別の面でも思い当たる節があります。

食事はもともと塩分控えめな食事をしていますが、食事から吸収できるカリウムが減ったとすると、ジョギングを続けるためにはカリウムサプリメントは必要かもしれません。
下手に脚が攣って、筋肉に傷が付いたらジョギングもできなくなってしまいますからね。

★3★問題物質を効果的にデトックスするには
~りんごペクチンの使い方をお教えします。重金属のデトックスサプリメントの基本をお届け。

りんごペクチンで重金属デトックスする方法をお教えします。

アップルペクチン

最近のニュースで福島県の子供の尿から放射性セシウムが検出されたというのがありました。
多くの方は、セシウムがこれだけ拡散し、体内に吸収されているんだ、ということに驚かれたと思います。
しかし、このニュースを見て、私は別の感慨に浸りました。
重金属であるセシウムが体外に排泄されるという理論は本当だったのだ、と。
ここ20年ほどかけて、アメリカの栄養学を学んできましたが、理論上のことばかりで、実感として栄養学を感じることは少ないのです。
しかし、排泄しにくい重金属も、セシウムに限って言えば、ある栄養素を使って十分に排泄できるのだという、実感が持てたニュースでした。

デトックスというサプリメントが得意とする分野を学んでいるうちに、重金属の排泄は難しいものだなという思いが募りました。
ここ数カ月でデトックスを目的とした、りんごペクチン(アップルペクチン)がかなりの数、販売されました。
多くのお客様から、デトックス目的の場合の、りんごペクチンの摂取方法などを質問され、アメリカの栄養学を急遽調べなおしたのです。

デトックスの基本は、
・まず問題物質を体内に摂り込まないこと。
・次に摂り込んでしまった物質を体外に排泄すること。
・排泄は速やかに行い、被害を最小限にすること。
・環境に改善が起こるまで、続けること。
というところでしょう。

先に書いたように、なぜ重金属のデトックスが難しいのか。
それは、続けること。
チェルノブイリやスリーマイルを考えた時に、未だに問題が続いていますね。
一時の集中的なデトックスで、すべて解決といかないところが、難しいと思ったのです。
でも、ご安心ください、重金属のデトックス自体は、理論的にも、実践的にも、良い方法が栄養学的に判っています。
こうしたことを踏まえて、次の項目でりんごペクチンの使い方を、細かく書いていきます。

りんごペクチンの使い方。

りんごペクチン

重金属をデトックスするという目的で考えた時には、りんごペクチン(アップルペクチン)には2つの働きがあります。
・食事と一緒に入ってくる重金属を、ネバネバした食物繊維で吸着して、便と一緒に排泄。
・りんごペクチンに含まれるミネラルが、体内に取り込んだ重金属を、体外に排泄。
りんごペクチンは、この両方を行いますが、デトックス効果で特に得意とするのは、「食事と一緒に入ってくる重金属を、ネバネバした食物繊維で吸着して、便と一緒に排泄」の部分です。

ペクチンとは食物繊維の仲間です。
りんごやグレープフルーツなどにも含まれる食物繊維で、どんな人でも少量は口にしたことのある栄養素で、体が慣れているという意味に於いて、安全性が非常に高いサプリメントです。
例えば、りんごペクチンは腸内環境を改善して、アレルギー体質を根本から改善しようという時に、よく使われており、アメリカのアレルギー内科での使用率も高い、一般的なサプリメントです。
興味のある方はアトピー サプリメントのページを読んでみてください。

食物繊維は、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維に分かれますが、ペクチンは微妙な感じで両方の性質を併せ持つ食物繊維と言ってよいでしょう。
ジャムを作る時に微量のペクチンを入れますが、このペクチンがジャムのネバネバ感を出しているのです。
つまり、りんごペクチン(アップルペクチン)のネバネバが、食品に付着する重金属を胃や腸で吸着し、体外に便として排泄する働きがあるのです。

ということは、りんごペクチンでデトックスをしようとしたら、毎食後の摂取が望ましいということになります。
アメリカの研究者の理論では、大人の食事量で摂取量を計算すると、1回の食事でりんごペクチン(アップルペクチン)が2錠という計算になります。
お子さんでは、大人の半分量で、毎食後というような摂り方になります。

ここで問題となるのが、食物繊維の脂溶性ビタミンと、ミネラル類の吸着排泄能力です。
つまり、食事に入っている有用なビタミンやミネラルを、りんごペクチンが便と一緒に排泄してしまうのではないかという疑問ですね。
数名のお客様から、この点を指摘され、調べましたところ、りんごペクチンがスリーマイルやチェルノブイリの事故の時に選ばれた理由から明らかになりました。
りんごペクチン(アップルペクチン)は、重金属の吸着を良く行い、その反面、脂溶性ビタミンや有用なミネラル(軽金属)の吸着をあまり行わないのだそうです。 食事からの栄養摂取を邪魔しないりんごペクチンが選ばれたという意味でしょう。

しかし、食物繊維のミネラル排泄能力と言っても、100%の吸着排泄はありえません。
せいぜい10%~20%程度の排泄能力しか持たないので、食事と同時に摂っても、すべての栄養素が排泄されてしまう訳ではないのです。
なぜなら、野菜にも食物繊維とビタミンミネラルが含まれますが、野菜の食物繊維が、その野菜に含まれるビタミンやミネラルを排泄してしまう、なんてことはあり得ないからです。

りんごペクチンに含まれるミネラル類が、重金属の排泄に役立つ。

スピルリナ

りんごペクチン(アップルペクチン)には、ケイ素やカリウムを含めて様々なミネラル類が微量だけ含まれます。
重金属を細胞外、体外に排泄しようとする時に、非常に重要な考え方があります。
考え方というよりは、デトックスの栄養学と言って良いと思いますが、重金属の排泄に必要な栄養素は、元素周期表の縦の列に載っている軽金属(ミネラル)である。

元素周期表というのを覚えていらっしゃるでしょうか?
中学生くらいの時の化学の教科書の一番後ろの方に載っていた表で、水素、ヘリウム、リチウム、ベリリウム、ホウ素、などの順番に元素が並んでいる表です。
話を戻しまして、元素周期表の縦の列には、いくつもの元素が並んでいますね。
元素周期表の下の方には、セシウムなどの重金属が並んでいます。
例えば、セシウムの縦の列を見ると、上の方にカリウムという軽金属(ミネラル)が載っています。
この縦の列に並んだ元素同士は、化学的に似た性質を持っています。
つまり、セシウムとカリウムは体内での動きは似ているのです。

セシウムは(本当は摂り込んではいけないのですが)体内に入ると、優先的に筋肉の細胞に多くが取り込まれます。
その筋肉細胞に取り込まれたセシウムは、次のセシウムやカリウムが入ってくると、細胞外に出やすくなるのです。
細胞外に出たセシウムやカリウムは、血流によって腎臓に運ばれて、尿として排泄されたり、汗などによっても排泄されます。

つまり取り込んでしまったセシウムは、カリウムによって、よりスムーズに細胞外、体外へ排泄されることが判っており、この記事の一番最初で書いたように、尿として排泄されるのです。
放射性セシウムを排泄するために、有害な非放射性セシウムを摂取するというのは、デトックスの考え方からして間違っていますので、りんごペクチン(アップルペクチン)やカリウムなどを摂取して、積極的に細胞外、体外へ排泄しましょう。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」も、デトックス特集です。
今回の記事で書ききれなかった、重金属排泄のデトックスの続きと、総合的なデトックスについての内容でお届けいたします。 食事から入ってくる問題物質の便への排泄、体内に蓄積される問題物質の体外への排泄だけでなく、健康や美容に役立てる様な内容となっていますので、お楽しみに。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~カリウムでセシウムなどの重金属を細胞から追い出そう。

カリウム

今回の重金属のデトックスという内容からすると、本来はりんごペクチン(アップルペクチン)やスピルリナをバーゲンとするのが良いのですが、ここ数カ月は販売数の急激な伸びにより、メーカーの生産が追い付かず、在庫の確保が困難なため、バーゲン品として出すことができません。
申し訳ありません。
今、メーカーとの話し合いにより、安定的にりんごペクチンを在庫できるよう交渉し、成功いたしました。
1ヵ月ほどの時間をいただくと思いますが、それ以降は、欠品等が起こらないような体制ができたと思います。

カリウムはカリウムポンプという機能を使って、筋肉を動かしています。
夏などに汗でカリウムが排泄されてしまうと、筋肉が動きにくくなり、体がダルいというような夏バテ症状を引き起こします。
脚などが攣りやすい方、夏バテしやすい方、ダルい方、汗をかく運動を頻繁にする方、塩分の摂り過ぎで困っている方、こうした方に、是非、カリウムサプリメントでカリウムを補っていただきたいと思います。

カリウムの摂取量としては、この時期であれば、2錠~5錠くらいの摂取が望ましいでしょう。
お子さんには、大人の摂取量の半分~三分の一くらいで良いでしょう。

カリウムは塩分であるナトリウムに拮抗し、ナトリウムを体外から追い出す能力にも優れます。
人間は進化の過程でカリウムを多く摂取する食事をしてきているので、カリウムを体外に排泄する能力は高く、過剰症は起こりにくいミネラルの1つです。
カリウムの、取り込んでしまったセシウムを細胞外、体外へ排泄する働きは、りんごペクチン(アップルペクチン)やスピルリナよりも優れます。
食事から入ってくる重金属は、りんごペクチンで排泄し、既に取り込んでしまった重金属は、カリウムサプリメントで排泄する。
この二段階のデトックスで、健康を取り戻しましょう。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『カリウムサプリメント』
りんごペクチンは食事から摂り込む重金属のデトックス。
カリウムは既に細胞に取り込んでしまった重金属のデトックス。併用で完全なデトックスが可能になります。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ケルセチンは重金属の排泄全般で効果を発揮するサプリメントです。

ケルセチン 抗ヒスタミン剤

アメリカンビタミンショップでは、ケルセチンはヒスタミン抑制のアレルギー体質改善サプリメントとして、多くの方に使われていますが、デトックスでも高い評価を受けているサプリメントであることを、ご紹介したくバーゲンとさせていただきます。

ケルセチンは重金属のデトックスで高く評価されるサプリメントです。
ケルセチンはlシステインやビタミンCなどというサプリメントと併用することで、キレーション効果が期待でき、更なる重金属の排泄効果を高めることで知られています。
ケルセチンに大量に含まれるフラボノイドは、体内に於いて、重金属とキレーションという現象を起こして、重金属を膜にくるみ、細胞への再吸収を防ぎ、腎臓から尿として排泄させやすくする働きがあります。
セシウムという重金属を例にとると、カリウムが筋肉細胞から血液中へとセシウムを追い出します。
ケルセチンに含まれるフラボノイドやビタミンCの血液中の濃度が高いほど、追い出されたセシウムはフラボノイドやビタミンCやシステインとキレーションを起こし、細胞への再吸収が防がれるのです。
キレーションされた重金属は、腎臓から尿として排泄され、無事に有害な物質を体外に捨てることができるのです。

ケルセチンがデトックスを担当する重金属は有害である場合が多く、体内に多く蓄積されるとホルモン分泌を鈍らせたり、細胞の新生にも影響が出て新陳代謝や基礎代謝が鈍ることが判っています。新陳代謝や基礎代謝が鈍ってしまうとスキンケアやダイエットカロリーコントロールなどが効果的に行えなくなってきますので、美容にも大きく影響を与えると言われています。

重金属の蓄積はセルライトの原因の1つでもあります。 セルライトは白色脂肪細胞に取り込まれた脂肪が減りにくくなる体質を言い、白色脂肪細胞の働きが鈍ることで起こるといわれています。セルライトを多く持っていると下半身ダイエット(下半身痩せ)が効果的に行えなくなったり、見た目も問題になることが多いようです。 セルライトになった白色脂肪細胞の中には重金属や水分などの余計なものがたくさん取り込まれていることが判っており、下半身ダイエット(下半身痩せ)やダイエットカロリーコントロールに支障をきたすようになります。 ケルセチンを食後に摂取することで食事から入ってきた重金属が血液中から白色脂肪細胞に取り込まれる際に邪魔をしてデトックスしてくれる効果が期待できます。白色脂肪細胞に取り込まれた重金属はかなりハードな運動をして 成長ホルモンやアドレナリンの分泌を促さなければ白色脂肪細胞から排出はできませんので、ケルセチンを使ってできるだけ重金属が白色脂肪細胞に取り込まれないようにしてセルライトを予防してください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ケルセチン』
ケルセチンのフラボノイドが体の重金属排泄を促します。
カリウムなどの様に特定の重金属排泄に働くのではなく、体の排泄能力全般を高めるサプリです。
——————————————————————–

 

★4★『エスターC』のご紹介
~高性能のビタミンCサプリはキレーション効果により重金属のデトックスとしても働きます。

エスターCへの店長の思い入れ

エスターC

エスターCはビタミンCをエステル化処理し、ビタミンCの弱点を克服した高性能なビタミンCです。
ビタミンCは水溶性で、特に体内に留まる時間の短い栄養素です。
すぐに腎臓から排泄されてしまい、3~6時間おきに摂取しなければならない、摂取が面倒なサプリメントです。
また、ビタミンCは酸度が高く、リーキーガット症候群やアトピー性皮膚炎の様に、皮膚や粘膜が薄くて弱い方だと、胃を荒らしたりして、使い辛いサプリメントでもあります。

エスターCは、長時間体内に留まり、抗酸化効果やデトックス効果を維持し、酸による胃荒れも防ぎます。
日本では馴染みのないビタミンCですが、アメリカでドラッグストアでビタミンCを頼むと、エスターCを渡されると言われるほど、メジャーなサプリメントです。
使用の歴史も長く、使用実績も多いことから、安全性の非常に高いエスターCを、是非この機会に知っていただければと思います。
通常のビタミンCよりも価格は高いですが、費用対効果の実績では決してビタミンCに負けない、高い効果が期待できます。

今回の重金属のデトックスでも、エスターCはキレーション効果によって、血液中の重金属を膜によってつつみ、細胞への再吸収を防いで、尿として排泄しやすくさせるなど、タイムリーな紹介でもあると思います。
りんごペクチン(アップルペクチン)やスピルリナ、ケルセチンなどとの併用で、デトックスをより完全なものに仕上げていってください。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~エスターCは高性能なビタミンC。抗酸化効果、キレーションによるデトックス効果、コラーゲン生成など健康美容で大活躍。

エスターC

エスターCは、アメリカでは民間療法や美容関連施設で、キレーションというデトックスで使われています。
本来のキレーションとは、医学用語であり有害金属を体外に排泄する治療のことで、EDTAを代表とするキレート剤を点滴して、心臓疾患などの予防と治療に役立てようとする方法であり、ここで紹介するエスターCのキレーションとは異なります。
医学的なキレーションは、点滴によって行う治療なので、疾患がある方しか受けられません。

しかし、疾患のない方も、体内に有害金属を摂り込んでしまう危険性に晒されている現代では、簡単にできるデトックスということで、エスターCなどのビタミンやミネラルやアミノ酸をサプリメントで摂取して行うキレーションが開発されたのです。
もちろん、医学的なキレーションとは比べ物にならないほど効果は薄いですが、誰でも自分でできるという点と、毎日行えるという点で、人気のあるデトックス方法です。

エスターCはビタミンCの仲間で、血液中に高濃度で存在すると、重金属を包み込んで、細胞への再吸収を防ぐなどの効果が確認されています。
キレートされた重金属は、細胞に再吸収する前に腎臓に運ばれれば、尿として排泄される可能性が高くなります。
日々、デトックスを意識するような生活をするのであれば、デトックス用のサプリメントの摂取ばかりでなく、水分の補給にも努めたいものです。
治療によるキレーションでは、急激なデトックスによって腎臓に負担がかかることもありますが、サプリメントによるキレーションでは、効果の薄い分、腎臓への負担がなく、危険性の少ない方法であるとも言えます。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『エスターC』
血中の重金属を包み込み腎臓から排泄させる。
セシウムを細胞から追い出すカリウムのデトックスと併用で効果アップ。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~システインとビタミンCで重金属を効果的に腎臓から排泄する。

lシステイン

エスターCによるデトックスは、システインや亜鉛などが体内に十分にあると、更なるキレーション効果が期待できます。
マルチビタミンなどとの併用も、お勧めです。

エスターCやシステインによるキレーションというデトックスは、主に血液中に存在する重金属を、腎臓から排泄する行為であり、細胞内に取り込まれた重金属の細胞外への排泄や、腸から吸収される重金属の量を少なくするデトックスとは、一線を画するものです。
デトックスは、どれか1つを徹底的に行うよりも、いくつかのデトックス方法を組み合わせるのが、効果的と言われています。

例えば、セシウムなどの重金属のデトックスを考えると、
・りんごペクチン(アップルペクチン)で食品に付着するセシウムを、食物繊維で包み込み便として排泄。
・カリウムサプリメントやりんごペクチン、スピルリナなどに含まれるカリウムを使って、細胞に取り込まれたセシウムを細胞外へ追い出す。
・システインやケルセチン、エスターCなどを使い、細胞から追い出され血液中に漂うセシウムをキレーションして、細胞への再吸収を防ぎ、腎臓から排泄させるチャンスを増やす。
というような方法が効果的でしょう。

デトックスしたい重金属があるのであれば、まずは上記の方法で既に取り込まれた重金属を排泄します。
ある程度の期間だけ実施した後は、食品に付着して入ってくる重金属を、吸収しないようにすれば良いので、りんごペクチン(アップルペクチン)くらいの摂取で十分になります。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『システイン』
エスターCと協力してデトックス効果を高める。
細胞からデトックスした重金属を細胞へ再び取り込まないために重要なアミノ酸。
——————————————————————–