こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

善玉菌サプリ

腸内に2~3kgいる腸内細菌の7~8割が善玉菌なのが健康な腸内環境といいます。
アトピーの方は99%以上が悪玉菌のためアレルゲンに反応する白血球に異常が。

ブロメライン

血流のうっ血が炎症原因の1つですが血流を改善し炎症の原因物質を除去します。
本来は胃酸として分泌していなければならないのですが体質的に分泌できないと炎症が悪化。

アシドフィルス菌

悪玉菌を腸から駆逐するのに最強の善玉菌といわれています。
腸内環境改善やグロブリン免疫抗体などに関係しアレルギーを根本から改善する善玉菌。

りんごペクチン

約55%OFFで特別バーゲンを行います。優秀な食物繊維の買い貯めのチャンスです。
腸内改善、コラーゲンの原料、皮膚や血管などの組織の弾力、爪や髪の毛の老化防止。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

本日、9月9日は店長の地元のお祭りの開催日です。(記事はもっと前に書いています。)
「ハロー! ビタミン」の配られる時間から考えますと、お神輿の町内巡行の最中であり、祭礼会の下っ端役員である店長は神輿の台棒を必死で押して、神輿がドンドン勝手に進んでしまうのを抑えている最中と思われます。
例年を考えますと、おそらく分厚い半纏を着て、残暑の中、強烈な有酸素運動をしているので、熱中症気味になっているでしょう。

年々、体力が落ちてきていますし、怪我も多くなってきているので、今年の祭りは最後まで体力がもつかどうかが心配です。
もちろん、水分は(アルコールで)十分に補給し、ピルビン酸やカルニチンで有酸素運動時の体力維持を行います。

またせっかくの無酸素運動でもあるわけですから、筋肉が付くようにアミノ酸ダイエットで成長ホルモンを分泌し、共役リノール酸(トナリンCLA)も飲んでいくでしょう。
とにかく20年以上のアメリカ栄養学を勉強してきた店長は、できうる限りの栄養学を駆使し、祭りを乗り切ってみたいと思います。

ただ、45歳を過ぎて大きな体質の転換期を自覚しつつある店長は、今年は去年と同じような状況でいられるのかが判らず。
かといって、下っ端役員である店長が重労働から逃れられるはずもなく。。。。
とりあえず今、涼しいエアコンの効いた部屋の中でパソコンに向かって「ハロー! ビタミン」を書いている状況では、体の不安でいっぱいです。
栄養学を長く勉強してきた身として、老化の勉強もしていますが、自分自身が老化の始まりを実感してから、サプリ摂取やジョギングなどの体に良いとされることだけで完全に老化を防ぐこともできないという実感を得つつあり、祭りという大きな渦に巻かれて「大丈夫?」という感じです。

今度の「ハロー! ビタミン」で、祭りでの状況報告に際して、良い報告ができることを祈りつつ、ペンを置かせていただきます。 皆さま、微力な店長に神の御加護を。。。。

★3★アトピー性皮膚炎の方に知っておいて欲しい基本の栄養学Part2
~本来は無害なアレルゲンを敵と勘違いしている白血球が異常に多いのがアトピー性皮膚炎の最大の特徴ですが、改善方法はあるのです。

改めてアトピー性皮膚炎の方に知っていてもらいたい情報をまとめた理由。

マルチビタミン

前回の「ハロー! ビタミン」から「アトピー性皮膚炎の方に知っておいて欲しい基本の栄養学」ということでアトピー性皮膚炎の体質改善の特集を行っていますが、その特集を組もうと思ったきっかけがあります。

YAHOOやGoogleで「アトピー性皮膚炎」という単語が検索上位で表示されるようになり、アトピー性皮膚炎やアレルギーのご質問が非常に増えています。
今までも細かくご質問には答えさせていただいておりますが、ここらへんで一度、キチンとした内容のアトピー性皮膚炎のページを作って、ご質問者様に基礎知識として読んでもらうということをした方が良いのではないかと思うようになりました。

アメリカンビタミンショップのアトピー性皮膚炎の情報は、アメリカのアレルギー内科の医師達の論文を基に、アメリカの栄養学者達の論文を加えて編集していますので、日本人には耳慣れない理論と解されることが多いのです。
アメリカでは常識となっているアレルギー内科の理論でも、日本では未知であることが多いので、基礎知識がない方には理解しにくいものとなっているでしょう。
アトピー性皮膚炎の体質改善には年単位の時間がかかりますので、理論をきちんと知って行わないと、改善が遅いということで途中で止めてしまう方も多いと思います。
また、最近ではよく出回っているビオチンやEPAなどのOEM商品(容器やラベルはそのままで原料を安価な原料に変更している商品)の知識も、イロイロものに対して過敏なアレルギーの方には必要だと考えました。

アレルギーの体質改善には時間がかかりますし、飲むサプリも選ばなければなりません。
また、摂取量も大切で、体重による決まった摂取量を摂取しなければ、効果が非常に薄くなり、体質改善の失敗に繋がることもあります。
そうしたアメリカのアレルギー内科の臨床データを基にした知識を、専門的な部分は飛ばして、判りやすく解説したページを作りたく思い、今回の「ハロー! ビタミン」で実行させていただくことになりました。

アメリカンビタミンショップをご利用いただくお客様には無駄な時間も、無駄なサプリも使って欲しくありません。
ただでさえ体質改善に2年も4年もかかるわけですから、摂取するサプリ間違いも厳禁です。
アトピー性皮膚炎の体質改善で基本中の基本の情報を載せるだけではなく、多くのお客様からご質問いただく内容で、重複してご質問いただく内容を加筆して、「初めての方のアトピー性皮膚炎の体質改善」という内容で、判りやすく解説させていただきたいと思います。

アレルゲンに反応する白血球が異常に多い体質を改善する。

EPA

アトピー性皮膚炎などのアレルギーとは、本来は無害な物質を敵と勘違いしている白血球(Th2白血球)が、普通の数百倍~数万倍いる体質を言います。
例えばダニやハウスダスト、小麦や牛乳、花粉や自分の関節(リウマチです)などなど、どんなものでも良いのですが、本来はこれらは無害な物質ですよね。
この無害な物質を敵と勘違いして、攻撃命令を出してしまう白血球がTh2です。

アレルギーでない方の白血球は、これらの物質を敵と認識しないので、体内に入ってきても無視します。
しかしアレルギーの方のTh2は無視せずに攻撃命令を出します。
その攻撃に使う武器が痒みや炎症の原因となるヒスタミンや、活性酸素、好中球エラスターゼなどです。
ヒスタミンはTh2の分泌するグロブリン免疫抗体によって肥満細胞が刺激されて作られる物質で、Th2を正常にすることでヒスタミンの分泌が抑制できるのです。

もともとTh2は敵を記憶する白血球で、インフルエンザウィルスや水虫菌(白癬菌)など人体に侵入し実際に害を及ぼした敵を記憶します。
皮膚や粘膜に貼り付いた物質を敵か味方か判断するのがTh2なのです。
Th2は本来は腸の粘膜を守ることの多い白血球なのですが、2~3kgの腸内細菌がほぼ100%悪玉菌となっているアレルギー体質の腸内環境では、悪玉菌を敵として認識するため、数の多い敵に対応するためにTh2自身が異常に増えてしまうのです。
その増えた時に、身の回りに多くあったアレルゲンとなりやすい物質を敵として記憶することでアレルギーが始まります。
例えば花粉症の方は腸内環境が一気に悪くなった時期が、その花粉が舞っている時期だったため、その花粉をTh2が敵として記憶してしまったという流れでアレルゲンが決まります。

つまりアレルゲンを敵として記憶するTh2に腸内環境が深く関わっているのです。
そしてやはり、その記憶したアレルゲンをTh2に忘れさせる体質改善(これでアレルギーではなくなります)も善玉菌サプリの摂取によって行われます。

アトピー性皮膚炎の改善に、どうしても即効性を期待してしまう方に。

EPA

アトピー性皮膚炎は体質であるため、その体質改善にかかる期間は長いということはご理解いただけると思います。
ビオチンとEPAで皮膚を厚く丈夫に改善するのに2年。
角質層が1層作られるのに40日かかり、それが20層重なって丈夫な皮膚ができる。
つまり、
40日 * 20層 =800日
という計算ですね。

アトピー性皮膚炎の辛さが判らない方は、「2年間を我慢してください。」と平気で言えるでしょう。
「そんなにかかるの?」と思われると思いますが、実際のところビオチンとEPAで質の良いセラミドを作って10層の良い角質層ができれば、アトピー性皮膚炎の非常に敏感な皮膚感覚は鈍く改善しています。
つまり、約1年である程度までは敏感さは改善されるでしょう。

即効性のあるステロイド剤などの医薬品に慣れている方ですと、1年でも長いと感じると思います。
やはり即効性を期待してしまうのが人情ですよね。

そこでこの章ではアメリカのアレルギー内科が使っているもので、医薬品ではなく即効性の期待できるサプリをご紹介します。 基本的には人間が炎症を起こさないように体内で行っていることで、アトピー性皮膚炎の方が体質によりできていないことをサプリや化粧品によって行うという考え方の栄養学です。

アトピー性皮膚炎の皮膚の特徴として、角質層がフケみたいに大きくはがれるのが気になる方や、皮膚が敏感過ぎる場合は、スクワランオイルもお勧めです。
塗ることで痒みや乾燥肌が楽になる方もいて、アメリカではアレルギー内科の医師がよく使っています。
皮膚に油分を供給し乾燥肌による痒みに即効性があることがアトピー性皮膚炎の方に人気の理由となっています。
実はアトピー性皮膚炎の方の皮膚の痒みの多くは、乾燥肌からも来ているのです。

スクワランオイルはもともと角質層に分泌されている油分なので、敏感なアトピー性皮膚炎の方でも問題なく使える方が多いのです。
アメリカンビタミンショップではアメリカのアレルギー内科の医師達が開発に関わった、ドクターズコスメ社のスクワランオイルをお勧めしています。
添加物をギリギリまで減らし、アメリカのアレルギー内科での使用率がとても高い化粧品だから、安心してアメリカンビタミンショップのアトピー性皮膚炎のお客様に勧められます。

ブロメラインも体質によっては即効性が期待できるサプリです。
炎症が起こっている部分の血流の停滞を改善し、新しい血液で炎症原因を洗い流すサプリメントです。
今回の「ハロー! ビタミン」のバーゲンでご紹介しますので、詳しいことは下のブロメラインの記述をご覧ください。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」はアトピー性皮膚炎の体質改善の最終回をお送りいたします。
最近、ご質問が急激に増えている、乳幼児のアトピー性皮膚炎とサプリの関係は、アメリカのアレルギー内科では20年以上の実績があり、良い結果がたくさん報告されています。
アトピー性皮膚炎は大人よりも、子供の方が体質改善が早いので、是非、参考にしてください。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~善玉菌サプリはアトピーの体質改善の中心的なサプリ。あらゆる物に過敏な体質は腸内環境によって作られます。

善玉菌サプリ

アメリカのアレルギー内科ではアレルギー体質ということで、アレルゲンに反応する免疫(Th2白血球)を改善し、過敏さを取り除く体質改善を行います。
Th2白血球のアレルゲンへの過敏さを取り除くには、善玉菌サプリを飲むことをお勧めします。
この強い善玉菌サプリを摂取すると2年ほどで腸内に善玉菌が増えてきて、アレルゲンに反応する白血球が正常に体質改善されます。
そうなりますと、アレルゲンにも反応しなくなります。

アメリカンビタミンショップの腸まで届く善玉菌12は悪玉菌を駆逐する能力が高く、ビオチンをたくさん生産する乳酸菌が多く使われています。
1カプセルで2kg~3kgのヨーグルトを摂取したのと同じ量の生きた乳酸菌が腸に届くので、1年くらいの摂取で腸内を善玉菌優勢に切り替えることができます。
ビオチンやEPAが体内に不足する体質は、結局は腸内環境に善玉菌がいない体質が起こしているので、腸内環境の改善を積極的に行い、2年後にはビオチンもEPAも善玉菌サプリも摂取しないで良いように体質改善していくことも検討して良いのではないでしょうか。
摂取量は1日2錠です。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『善玉菌サプリ』
腸内に2~3kgいる腸内細菌の7~8割が善玉菌なのが健康な腸内環境といいます。
アトピーの方は99%以上が悪玉菌のためアレルゲンに反応する白血球に異常が。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ブロメラインで炎症体質が劇的に改善する方もいます。アメリカのアレルギー内科ではよく使用するサプリです。

ブロメライン

炎症抑制のためにアメリカのアレルギー内科でブロメラインを使用する場合、女性には必須条件があります。
・カンジダ感染症に罹ったことがある方。
この体質の方は、ブロメラインという消化酵素の分泌が悪い体質なので、ブロメラインサプリメントを上手に使うと、アトピー性皮膚炎の皮膚炎や痒みなどがかなり低減できます。

問題は男性です。
カンジダ感染症になる男性は非常に少ないので、男性はブロメラインを摂取してみないと効果があるかどうかが判らないのです。
ブロメラインはタンパク質を消化する胃酸なので、それが十分に分泌されているかどうかを判断するのは難しいのです。
女性の場合、皮膚炎やアトピー性皮膚炎などで腸内環境が悪く、皮膚や粘膜がカンジダ菌や水虫菌などに食い破られるほど薄く、ブロメラインが胃酸として十分に分泌できていないと、ほとんどの方はカンジダ感染症に罹ります。

カンジダ菌は多くの食品にたくさん付着してる菌なので、日常的に食事として口から菌が入ってきているのですが、多くの方はブロメラインという胃酸でカンジダ菌を殺したり、腸内を食品や便が通過するときに、善玉菌の分泌する乳酸や酪酸によってカンジダ菌は死滅させられていますので、生きたカンジダ菌が便に混ざることが無いのです。
また仮に生きたカンジダ菌が便に混ざっていても、粘膜が丈夫であればカンジダ菌に角質層を食い破られることもないので、カンジダ感染症にはならないのです。

男性の場合、比較的に粘膜が丈夫なためカンジダ感染症に罹ることは少ないため、アメリカのアレルギー内科でもブロメラインが効くタイプの体質かという判断が付きにくいそうです。

ただブロメラインが効果を発揮すると、炎症部分の血流が回復し炎症を引き起こしている暴走気味の白血球たちが、血液によって体全体に運ばれ分散するために大きな炎症は起こらずに、局所的な炎症だけが改善するということで、炎症抑制に繋がるのです。
体質的に問題が無い方ですと、体内で炎症が起こりそうな時に、静かにブロメラインが効果を発揮して、炎症を未然に防いでいるのです。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ブロメライン』
血流のうっ血が炎症原因の1つですが血流を改善し炎症の原因物質を除去します。
本来は胃酸として分泌していなければならないのですが体質的に分泌できないと炎症が悪化。
——————————————————————–

 

★4★『アシドフィルス菌』のご紹介
~アレルゲンに反応する白血球を正常に戻すのが最強の善玉菌アシドフィルス菌です。

アシドフィルス菌への店長の思い入れ

アシドフィルス菌

アメリカのアレルギー内科の医師の多くが、アレルギーの根本的な原因を腸内環境と認めています。
・腸内環境の悪化が、ビオチンの生産不足を招き、炎症体質の悪化と皮膚の血流の悪化を招き、更に角質層を厚く丈夫にするセラミドの主成分であるEPAの生産量も減らしています。
・腸内環境の悪化がパントテン酸(ビタミンB5)の生産不足を招き副腎皮質の機能を低下させ、ステロイドホルモン(コルチゾール)の分泌低下をもたらし炎症体質を悪化させています。
・腸内環境の悪化がアレルゲンを記憶するTh2白血球の異常を引き起こし、アレルゲンに過敏に反応しヒスタミンを作り出す体質を引き起こしています。

細かく挙げていけば、もっともっと腸内の悪玉菌の優勢の体質は、アレルギーに悪い体質を作り出していますが、キリが無いので主要な3つの体質を例としてご紹介しました。

その腸内環境改善にアシドフィルス菌はいかがでしょうか。
乳酸菌の中では最強と言われる善玉菌です。
ただ、アシドフィルス菌だけではバランスも悪いので、腸まで届く善玉菌12との併用をお勧めします。(このサプリの中にもアシドフィルス菌は入っています。)

アシドフィルス菌のサプリの使い方として提案したいのが、口腔内の殺菌です。
歯周病菌や様々な虫歯菌が口の中にはいますが、アシドフィルス菌にそれらを滅菌する働きがあることが判っています。
口の中でカプセルを開けて粉だけ出し、その後に歯ブラシで歯をブラッシングします。
終わったらそのまま唾液を吐きだして、口を水でゆすいでお終いです。
半年、1年と続けますと口腔内での歯周病菌数が非常に減り、歯周病を防ぎます。

また空腹時にカプセルを開けて粉だけを唾液と一緒に飲み込みますと、食道と胃壁にいるピロリ菌を殺菌してくれます。
抗生物質の様に長期間摂取できない悪玉菌対策は、悪玉菌粘膜の表面にいるピロリ菌しか退治できないので、結果的には再発してしまいます。
アシドフィルス菌であれば半年、1年と摂取でき、根気強く粘膜の奥に潜むピロリ菌まで退治することができるのです。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~アシドフィルス菌はアメリカで最も研究が進み、尚且つ、最も売れている腸内細菌です。

アシドフィルス菌

腸内環境改善マニアを自認する店長は、善玉菌サプリを多くの方に摂取していただきたいと思っています。
多くの方とは、アレルギーの方だけではなく、健康な方の体質維持から始まって、どこか調子の悪い方まで、25歳を超えた方全員に摂取していただきたいのです。
アレルギー以外にも困った体質はたくさんありますが、それらの9割に腸内環境が関係していると多くの栄養学者は言っています。

ここでご紹介するアシドフィルス菌は腸内細菌の中でも最も有用な菌の1つと言われ、多くの栄養学者によって研究が行われてきており、アメリカで最も売れている乳酸菌です。
悪玉菌による攻撃によく耐え、悪玉菌を斃す乳酸をたくさん分泌し、腸内環境などの高温に耐え、人の腸内環境に定着しやすいアシドフィルス菌を、是非、腸内環境の改善にお役立て下さい。

アメリカンビタミンショップのユーザー様には、腸内環境を良くして健康と美容を手にしてもらいたいと思います。
腸まで届く善玉菌12にもアシドフィルス菌は含まれますので、善玉菌のバランスも考えて上手に組み合わせてお使いください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『アシドフィルス菌』
悪玉菌を腸から駆逐するのに最強の善玉菌といわれています。
腸内環境改善やグロブリン免疫抗体などに関係しアレルギーを根本から改善する善玉菌。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~善玉菌が好むりんごペクチンを半額以下でご提供いたします。まとめ買いがお得です。

りんごペクチン

1本924円のりんごペクチンを、今回のバーゲンでは420円でご提供いたします。
リンゴから抽出したペクチンという食物繊維は、アシドフィルス菌をはじめ、様々な善玉菌が好む食物繊維であり、腸内を健康に保つには必須の栄養素の1つでもあります。

ペクチンは悪玉菌が分泌するインドールやメタンなどの善玉菌を弱らせる物質を吸着して善玉菌を助けるだけではなく、腸からの吸収も防いでくれるので悪い物質の吸収も防いでくれます。
また、ペクチンに含まれるケイ素というミネラルは、コラーゲンの弾力を高め、皮膚や粘膜を丈夫にする効果もあり、アトピー性皮膚炎などで皮膚が弱く、ちょっとした引っ掻きでも血が滲んでしまう様な方にも摂取していただき、丈夫な角質層を作ってもらいたいと思います。
MSMやホーステール(シリカ)などと併用することで、更にコラーゲンの材料が補給され、お肌や爪の弾力維持、加齢とともに起こる毛髪の細化、動脈硬化を始めとして組織の硬化予防改善などなど。

詳しくは商品ページをご覧いただき、不足している栄養素だと思ったら、積極的に摂ってみてください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『りんごペクチン』
約55%OFFで特別バーゲンを行います。優秀な食物繊維の買い貯めのチャンスです。
腸内改善、コラーゲンの原料、皮膚や血管などの組織の弾力、爪や髪の毛の老化防止。
——————————————————————–