こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

EPA

お肌を乾燥や皮膚炎から守る角質層間に分泌される乳液状成分の主成分。
トラブル肌を抱えている方に足りない成分はEPAです。

ヒアルロン酸

皮膚炎を起こしやすい体質の方に是非お勧めします。
美肌だけではなく、乾燥肌や皮膚炎も予防改善できる、お肌の重要な成分。

カプサイシン

唐辛子抽出の脂肪燃焼ユニットによって有酸素運動時の脂肪燃焼効率を高める。
脂肪燃焼の起きにくい短時間の運動でも効果的に脂肪燃焼に結び付けるダイエットサプリ。

ピルビン酸

有酸素運動時の脂肪燃焼を1.5倍にするプロ仕様のダイエットサプリ。
アメリカではプロ級の運動選手の間でよく使われて、一般のダイエットする方に人気が広がった本格派。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

11月に入って少し暖かい日が続いていますが、油断をして風邪をひく方が増えていると日本のニュースで言っていました。
私の周りにも、鼻をグズグズいわせたり、咳をしている者も多いので、風邪をひかないように暖かい恰好をしたり、運動をして体温を上げて血流を高めたり、マルチビタミンなどを摂って、免疫力を下げないように気を付けています。

最近のアメリカでは、どんどん厳しくなる社会情勢に対応するために、基本の体をしっかりと作って、不測の事態が起きても、しっかりと生きていけるように、サプリメントを摂取する人口が増えているそうです。
1970年代から続くアメリカの栄養学の研究の流れは、今、予防医学という分野で発展し、多くの優秀な研究者と賛同者を得て花が開いています。
一億四千万人以上が何かしらのサプリメントを摂っているという事実が、その証拠です。
食事の悪いアメリカの事情というものもあると思いますが、最近の日本でも食事事情やストレス、その他の生活習慣は悪い方に傾いていて、掌蹠膿疱症(掌蹠膿疱症性骨関節炎)やアトピー性皮膚炎などの体質改悪が増えてきていますよね。

健康や美容は意識して維持したとしても、加齢とともに落ちていくというのが、栄養学の定説となっていますので、生活習慣を良くし、サプリメントを摂取して、トラブルの少ない体を作っていきましょう。
アメリカンビタミンショップでは、健康と美容で役立つ栄養学を翻訳し、ホームページに載せております。
是非、栄養学をお役立てください。

★3★アトピー性皮膚炎の症状が悪化する秋から冬へのスキンケア
~皮膚系のアレルギーでは夏が終わるとお肌のコンディションが悪化。冬へかけて更に悪化するアトピー性皮膚炎の症状を改善する栄養学&即効性の化粧品も。

なぜ夏が終わるとアトピー性皮膚炎の症状が悪化するのか?。

アトピー性皮膚炎

夏が終わると皮膚系のアレルギー(アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(掌蹠膿疱症性骨関節炎)や尋常性乾癬)の方は症状が悪化することが多いようです。
特にアトピー性皮膚炎の症状が悪化しやすいと言われていますが、その原因は2つあります。
・皮膚の水分保持力が弱り、乾燥肌や敏感肌が悪化し、皮膚のかゆみや皮膚炎が起こる。
・皮膚がかなり薄くなり、敏感な若い角質層が表面に現れることで、皮膚のかゆみや皮膚炎が起こる。

今回の「ハロー! ビタミン」では、アトピー性皮膚炎の症状の変化の原因と、その対策をお届けいたしますが、尋常性乾癬や掌蹠膿疱症などの皮膚系のアレルギーの方や、乾燥肌などで悩まれている方、皮膚炎を起こしやすい方など、皮膚のトラブルに悩まれている方、全員に応用が可能なスキンケアとなっています。
塗ってすぐに効果を感じる方法から、数か月で効果を感じる方法、半年~1年くらいで効果を感じる方法など、様々な方法をご提案いたします。
好きな方法からお試しください。
また、これらの方法は重ねて使うことも有効ですので、アトピー性皮膚炎の症状などでお困りの方は、自分に合いそうな方法を重ねてみてください。

また、次回以降の「ハロー! ビタミン」では(このコンテンツは3回に分けてお届けする予定です)、紫外線に弱い体質の克服と、長期的な視野に立ったスキンケアと称して、トラブル肌の改善だけではなく、美しい、老化しにくいお肌を作るための栄養学をお届けします。
アトピー性皮膚炎の症状が酷い方でも、体質改善を行っていくことにより、美しいお肌を作ることは可能なのです。
キメの細かい、見た目も健康そうなお肌を作ることで、基礎化粧も減らすことができ、それを長期間維持することができる美肌スキンケア方法です。
この方法は1年~2年ほどで効果を感じる方法となっていますが、良いお肌を維持するには、継続が重要です。

お肌の水分保持力が弱い方の原因。

尋常性乾癬

お肌の中には水という形で水分は存在しません。
もちろん、皮下の毛細血管網から分泌される水分はありますが、これは基底細胞(お肌の角質層を作る細胞)などに栄養素を運んだ後、再び毛細血管から吸収されてしまうので、お肌の水分にはカウントしないのです。
また、細胞内の細胞質にも水は存在しますが、この水の不足が乾燥肌を引き起こしている訳ではないので、これもお肌の水分にはカウントしません。

それでは、皆さんがお肌が乾燥すると感じる時の、水分保持力とは、お肌のどの部分の組織が関係しているのでしょうか?
乾燥肌や敏感肌の方、アトピー性皮膚炎の症状の酷い方などが感じる辛い乾燥という感覚は、角質層と角質層の間の乳液状物質の性能に左右されます。
アトピー性皮膚炎の症状に皮膚の乾燥がありますが、これもやはり角質層と角質層の間の乳液状物質の性能の悪さからくる体質です。

乳液状物質とは、EPAという油分と、ヒアルロン酸というゼリー状成分と、水が混ざった物質です。
その性質は、ネバネバとしていて角質層が皮膚から剥がれないようにしている成分でもありますので、これがしっかりと分泌されている方は角質層が20層ほど重なっていて、とても丈夫なトラブルの少ないお肌が維持できるのです。

こういう丈夫な皮膚では一番下の角質層(基底層)で生まれた角質細胞が、600日~800日(30日~40日に1層が作られ、20層重なっているので、30日*20層=600日という計算)ほどかけて一番上の角質層に押し上げられてきますので、表面に出てきた角質細胞はすべて死んでおり、苦手な物質(例えばアレルゲンなど)が触れても、何の反応も起こらず、皮膚のかゆみや皮膚炎が起こりにくい、トラブルの無い体質になります。

しかし、乾燥肌敏感肌の方や色白で弱いお肌の方、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬の方などは、この乳液状成分の分泌が少なく、その性能も悪い(ネバネバしていない)ため、角質層が早い段階で剥がれてしまい、薄い皮膚が作られ、生きた角質細胞が表面に出てしまうことで、敏感な皮膚になります。
アトピー性皮膚炎の症状に代表されるこうした皮膚では、生きた角質細胞が表面に出ているので、触ればピリピリし、苦手な物質には生きた角質細胞が反応し炎症を起こします。

乳液状成分の分泌が不足する原因はいくつかあります。
・腸内環境に善玉菌が少なく、ビオチンというビタミンの分泌が悪いため、体内でEPAが十分に作られない。
・ビオチンが体内に不足しているため、皮下の毛細血管が細く、体内で作られたEPAが皮膚に運べず、関節の潤滑油や内臓で使われてしまう。
・もともとの体質として、皮下で分泌されるヒアルロン酸の分子量が小さかったり、量が少なかったりする。

なぜ夏の紫外線はお肌の水分保持力を弱め、乾燥肌を引き起こすのか。

EPA

乳液というのは、水と油が混ざった状態の物質です。
この乳液状成分が十分に角質層と角質層の間に分泌されていると、お肌は水分保持と油分保持が良く、乾燥肌などになりにくくなります。
それは、乳液状成分に含まれる水分は蒸発しにくいからなのです。
例えば、乳液とゼリーと水をテーブルに垂らして、放っておくと、水が最初に蒸発しますね。
次はゼリーが乾燥します。
しかし、乳液は放っておいても、ほとんど蒸発が見られません。
つまり、お肌の角質層間に分泌されて、お肌からの水分の蒸発を防いでいるのが乳液状成分なのです。
EPAが十分に分泌されている乳液状成分であれば、お肌からの水分蒸発はほとんど無視できるレベルになります。

この皮膚の乾燥を防ぐ乳液状成分ですが、紫外線に弱く、強い紫外線にあたると分解されてしまう性質があります。
分解されると、水分保持だけではなく、油分保持もできなくなり、お肌が乾燥しやすくなります。

特にアトピー性皮膚炎の症状をお持ちの方は、お肌の乾燥が酷くなり、皮膚のかゆみが起こりやすくなります。
かゆみに耐えられず皮膚を引っ掻くと、皮膚が薄いため皮下の毛細血管が傷つき、炎症が起こります。
また、紫外線によって小さく分解されたヒアルロン酸が、皮膚炎に反応して、更に皮膚炎を酷くします。
こうした連鎖反応をアトピー性皮膚炎の症状の悪循環と呼んで、連なる鎖を断ち切るためのサプリメントがたくさん開発されています。

アトピー性皮膚炎の症状の悪循環を防ぐには、ビオチンで皮下の血流を高めてあげるか、ブロメラインによって、炎症を起こして詰まった毛細血管の詰まりを取り除き、血流を回復させる方法が有効です。
ビオチンによる血流改善には数週間かかりますが、ブロメラインによる血流改善は数時間から数日で体感可能です。
ただ、ブロメラインは効果が出る方と出ない方の差が激しいので、効果が期待できない体質の方もいることを覚えておいてください。
アトピー性皮膚炎の症状が酷い方や、カンジダ感染症に罹りやすい方など、効果が出やすい方の目安は、商品ページを読んでください。

夏の後のお肌の悪化は、角質層が薄くなることが原因です。すぐに改善したい方は必見

EPA

今、かなり乾燥肌が進んでいる状態で、皮膚も薄くなっている方は、スクワランオイルを皮膚に塗ってみるスキンケアをお勧めします。
スクワランオイルは皮膚の中に存在する油分で、角質層の奥まで浸透する能力に優れるため、お風呂などに入っても奥のスクワランオイルは落ちないので、乾燥肌の方やアトピー性皮膚炎の症状でお困りの方などに、スキンケア内科の医師やアレルギー内科の医師たちが処方している化粧品です。
皮膚の状態が悪い方であれば、このスクワランオイルの効果はすぐに実感していただけると思います。

アメリカンビタミンショップでは、こうしたトラブル肌の方用に開発されたドクターズコスメというメーカーの、ピュアスクワランオイルを採用していますので、敏感肌の方にも安心してお使いいただけます。
スクワランオイルの開発にはアメリカの専門の医師が多数関わっています。
実際に、アメリカのアレルギー内科やスキンケア内科では、この商品が多く使われており、アトピー性皮膚炎の症状を改善するなど、良い結果を出しています。
お肌が敏感でトラブルが絶えない方が多く使っている化粧品ですので、お肌でお困りの方に是非、使っていただきたいと思います。
短期間でとりあえず楽になりたいという方には、是非、使っていただきたい化粧品です。

お肌が敏感過ぎてスクワランオイルを塗るのが心配の方は、お試しサイズもあります。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」は、「アトピー性皮膚炎の症状が悪化する秋から冬へのスキンケア」の第2弾になります。
日焼けに弱い方、夏の後や冬などに皮膚の状態が悪化する方、アトピー性皮膚炎の症状にお困りの方、そうした方が根本から改善するための長期的な視野に立ったスキンケアをお届けします。
また、アトピー性皮膚炎の症状が酷い方でも改善し、更に美肌になるスキンケアもお届けします。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~EPAは薄くて弱い皮膚を改善する最も重要な栄養素。美肌の方も必見、乾燥するシーズンに乳液状成分を作って乾燥肌対策。

EPA

EPAは乳液状成分の最も大切な成分です。
EPAは水分やゼリー状物質(ヒアルロン酸)を乳液に変える物質で、お肌の水分保持力を左右するスキンケアサプリメントです。
飲んだEPAやヒアルロン酸を優先的に皮膚に運びたいのであれば、ビオチンとの併用をお勧めします。
ビオチンは角質細胞を作り出す基底細胞に、栄養素を与える毛細血管網を太くし、皮膚に栄養素が運ばれやすくする効果が期待できます。

サプリメントとして摂取されたEPAは、腸から吸収され血液によって運ばれます。
EPAは関節の潤滑油としての重要な働きがあり、変形性関節症を予防改善します。
また、内臓脂肪を減らすためにも常に働いています。
こうした体内の重要な部分に優先的にEPAは使われ、皮膚の毛細血管に運ばれ、角質層間に分泌されるのは最後の方なのです。
また、EPAは皮膚の垢として、常に角質層とともに皮膚から脱落していますので、皮膚に分泌される量は増やさなければならないのです。

腸内環境が良い方であれば、ビオチンが腸内で作られ、リノール酸を変換させ、ある程度のEPAは体内で生産されていますが、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの方や、皮膚にトラブルを抱えている方の多くが、腸内環境に問題を抱えており、ビオチンの生産やEPAの生産が効果的に行えていないことが判っています。
大量に必要なEPAですが、十分に体内で生産される条件が整っている方は少ないと言われています。
また、魚からEPAを補給しようとすれば、大きな鮭を1匹ほど食さなければ、体内で必要なEPAの量を賄うことは難しいでしょう。
毎日、鮭を1匹ずつ食べることなど不可能ですので、EPAを上手に使って、不足分を補ってください。
皮膚が弱い方のEPAのお勧めの摂取量は、1日4錠です。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『EPA』
お肌を乾燥や皮膚炎から守る角質層間に分泌される乳液状成分の主成分。
トラブル肌を抱えている方に足りない成分はEPAです。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ヒアルロン酸はお肌の水分保持に必要な成分であり、皮膚炎を起こしやすい方に足りない成分でもあります。

ヒアルロン酸

角質層と角質層の間に分泌され、皮膚の乾燥を防いだり、皮膚を厚く丈夫にする乳液状成分ですが、この乳液状成分の性能がお肌の水分保持力を大きく左右します。 性能の良い乳液状成分は十分な量のEPAの分泌が必要不可欠です。
もちろん、乳液状成分としてヒアルロン酸も必要です。
十分な量のEPAとヒアルロン酸を摂取して、性能の良い乳液状成分を作り、夏の後や乾燥する冬などにアトピー性皮膚炎の症状が悪化するのを防ぎましょう。

ビオチンと一緒に摂取することで、皮下にEPAやヒアルロン酸が運ばれやすくなり、3ヶ月~半年くらいで乾燥肌に少しずつ改善が見られてきます。
早く改善した乾燥肌や敏感肌、弱くて炎症が起こりやすいお肌には、是非、ビオチンとの併用をお勧めします。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ヒアルロン酸』
皮膚炎を起こしやすい体質の方に是非お勧めします。
美肌だけではなく、乾燥肌や皮膚炎も予防改善できる、お肌の重要な成分。
——————————————————————–

 

★4★『カプサイシンダイエット』のご紹介
~脂肪燃焼を促すアドレナリンの分泌を増やし、ダイエット効果を高める。

カプサイシンへの店長の思い入れ

カプサイシン

カプサイシンは唐辛子に含まれる成分で、ご紹介するカプサイシンダイエットは唐辛子から抽出した濃度の高いカプサイシンとなります。
カプサイシンが分泌するアドレナリンというホルモンは、有酸素運動などをした時にも分泌されるホルモンで、肩の褐色脂肪細胞を刺激して、脂肪燃焼リパーゼというホルモンの分泌量を増やします。
脂肪燃焼リパーゼは溜め込まれた脂肪を血液中に放出し、細胞が使うエネルギーとして供給する働きがありますので、脂肪を減らす効果があるのです。

カプサイシンを摂取すると、軽い運動をしたのと同じ効果が得られるということで、ダイエットサプリメントとして人気がありますが、できれば、本当に軽い有酸素運動をやっていただきたいのです。
散歩などでも良いと思います。
カプサイシンを摂取した後、30分くらいして散歩をしていただければ、普段の散歩よりも背中が熱くなり、汗が多く出ることが実感できると思います。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~カプサイシンは少しの有酸素運動を効果的に脂肪燃焼に繋げるサプリ。同じ量の運動でも汗のかき方や背中の熱さの違いが実感できるはずです。

カプサイシン

唐辛子がダイエットに良いということで、日本では数年前にマイ七味唐辛子を持って歩く方が増えましたが、ブームも下火になってしまいました。
さすがに、毎食に唐辛子を大量に使うため、味覚の問題や胃痛などもあったのではないでしょうか?

アメリカンビタミンショップのカプサイシンは唐辛子からカプサイシンだけを抽出したサプリメントですので、味覚の問題はクリアできます。
また、カプサイシンは胃の粘膜を荒らすことがないので、長期使用で使うアメリカ人も多いのです。
軽い運動でも、体が熱くなる感じはカプサイシンを摂取した場合は強く感じるでしょう。
体感的に脂肪が燃えているというのが判りやすいダイエットサプリメントなので、アメリカでもダイエット サプリメントとしての人気も長く、未だに使用者も多いことが判っています。

ダイエットに運動を取り入れる積極的な方が選ぶダイエットサプリメントで人気の高い3種類をご紹介します。
・カプサイシン
・アミノ酸ダイエット
・ピルビン酸
上記のサプリメントは、運動時の脂肪燃焼を強く促すダイエットサプリメントで、併用することで相乗効果が期待できます。
運動をしてない方が摂取してもダイエット効果は薄いのですが、散歩以上の運動をされている方であれば、効果的に脂肪を燃やし、体重を落とすダイエット効果が期待できます。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『カプサイシン』
唐辛子抽出の脂肪燃焼ユニットによって有酸素運動時の脂肪燃焼効率を高める。
脂肪燃焼の起きにくい短時間の運動でも効果的に脂肪燃焼に結び付けるダイエットサプリ。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~ピルビン酸は有酸素運動時の脂肪燃焼を1.5倍にするダイエットサプリ。カプサイシンとの併用で脂肪燃焼効率がUP。

ピルビン酸

アメリカ人は合理的なので、運動と言う努力を最大限に脂肪燃焼に結び付ける方法を編み出しました。

詳しくは以下の2つの脂肪燃焼系ダイエットサプリメントの商品ページをお読みいただきたいのですが、脂肪燃焼の流れは以下の通りです。
白色脂肪細胞に溜め込まれた中性脂肪を血液中に放出し、血液によって全身の細胞に運ばれた後、細胞に取り込んで細胞内のミトコンドリアで酸素と結び付けてATPというエネルギーになり、細胞の活動エネルギーとして使うというのが、脂肪を減らすダイエットの骨子になります。

この脂肪燃焼の流れは、本当の川の流れの様に、途中で少しでも流れが止まると、その先の脂肪燃焼の流れはすべて止まります。
つまり、脂肪燃焼の流れが途中で止まるということは、せっかく白色脂肪細胞から放出された中性脂肪が、再びどこかの白色脂肪細胞に取り込まれて、脂肪が減らないということになってしまうのです。
ダイエット サプリメントは様々な種類がありますが、それは脂肪燃焼の流れのなかで、流れが止まりやすい部分(体質)を改善し、流れの途中で止まったり、流れが細くならないようにするため、問題の起こる部分に対応した様々なサプリメントが作られているので、種類も多くなってしまうのです。

ダイエットをしたいと考えている方の多くに、脂肪燃焼の流れの止まっている部分(体質)や、流れが細くなってしまっている部分(体質)があります。
その脂肪燃焼の流れが滞ってしまっている部分(体質)が判らないので、ダイエットサプリメントを選ぶ時に困ってしまうのです。
自分の太る原因に合致するサプリメントを選び、生活習慣や食習慣を変えていかなければ、ダイエットは成功しません。

ただ幸い、多くの方で問題になっている部分(体質)は似ています。
その部分(体質)に合致するダイエットサプリメントを選べば、効果的に痩せることが可能になりますので、ダイエットサプリメントを選ぶ時は、人気ランキングで常に上位にいるダイエットサプリメントを選ぶべきでしょう。
そういう意味で、ピルビン酸やカルニチン、アミノ酸ダイエットなど、永年、アメリカに於いてダイエットサプリメントの人気上位にランキングしているサプリメントを選べば、効果的なダイエットに結び付く可能性が高くなります。

また、脂肪燃焼の流れの滞りは、1か所で済まない場合も多く(これが太りやすく痩せにくい体質です)、ダイエットを効果的に行うために、ダイエットサプリメントを脂肪燃焼の流れに則って組み合わせた脂肪燃焼ダイエットセットというものもご用意しています。
・脂肪燃焼ダイエットセット1
・脂肪燃焼ダイエットセット2
この2つのダイエットセットを組み合わせることで相乗効果により、更にダイエットが期待できます。
是非、ピルビン酸やカプサイシンのバーゲン商品と組み合わせてみてください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ピルビン酸』
有酸素運動時の脂肪燃焼を1.5倍にするプロ仕様のダイエットサプリ。
アメリカではプロ級の運動選手の間でよく使われて、一般のダイエットする方に人気が広がった本格派。
——————————————————————–