━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013年7月30日号

ハロー!ビタミン
●ハワイからキレイと元気をお届けします●
~アメリカ製の厳選サプリを現地価格で~
バックナンバーTOPへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • ★1★ハロー!ビタミン 今回のバーゲン品
  • ★2★店長より ごあいさつ
  • ★3★アメリカの諺「脛(すね)の皮膚は5年後の顔の皮膚」を考えるPart3
    ~コラーゲンの生産と血流に関するスキンケア栄養学でお肌のトラブルを防ぎ、皮膚の老化も遅らせることができます。
  • ★4★『グルコサミン』のご紹介
    ~関節の軟骨の原料となり関節の変形による痛みを改善するサプリ。アメリカで90%の方に改善効果を出した実験に使われたサプリ群の1つです。
  • ★5★読専企画!メルマガ読んでもらった方だけへの
    メルマガ・バーゲン!

★1★ハロー!ビタミン 今回のバーゲン品

こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

MSM(有機硫黄サプリ)

コラーゲンが硬くなり皮膚や髪や爪や関節などを老化させるのは硫黄の不足が原因。
25歳を過ぎると徐々に硫黄が不足し美容と健康の問題を引き起こすので吸収しやすいMSMがお奨め。

善玉菌サプリ

生きた乳酸菌をカプセルに入れて長生きさせる技術は日本には無いそうです。これお奨め!
腸内環境が皮膚、髪、爪、免疫力、その他広範囲に影響を与えます。全員にお奨めしたいです。

グルコサミン

変形性関節症の軟骨の変形を改善する軟骨の原料です。関節の再形成に働きます。
コンドロイチンと併用することで軟骨の再形成のスピードが速まり関節痛も早く改善します。

EPA

セラミドの重要な構成成分で、関節痛や乾燥肌などで大人気のサプリ。
セラミドの分泌を増やしただけで変形性関節症の進行を止め、痛みが取り除かれる方も多いのです。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

<<<お詫び>>>

大変申し訳ありません。
本来は7月28日に発行される「ハロー! ビタミン」ですが、システムエラーにより発行が行われませんでした。
予定よりも二日遅れまして、7月30日の本日にお送りさせていただきます。

<<<「ハロー! ビタミン」本文>>>

次回の「ハロー! ビタミン」から少しメルマガの内容を変更したいと思っています。
前回と同じないようですが、重要なお知らせなので、再度掲載させていただきます。

アメリカンビタミンショップはサイトを運営してから15年ほどが経ちます。
商品ページの中には15年前に作ったまま、内容を更新していないページもあり、今のアメリカンビタミンショップの栄養学の情報量からすると、内容の修正や、新しい内容の加筆が必要となっているページも多いのです。

アメリカやヨーロッパを中心に栄養学の研究は日々進んでいます。
日本ではつい最近まで日本食という栄養学的にも優れている食事をしてきましたので、体質の悪い方も欧米と比べれば少ないと言って良いでしょう。
しかし日本でもここ20年くらいで食の欧米化などによってアレルギーが急激に増えたり、生活習慣病も無視できないほどに増えてきています。

アメリカで栄養学の研究が進む理由は、食事の質の悪さや、食品の栄養価の低さ、ストレス、親から引き継ぐ腸内環境などの影響により、アレルギーや生活習慣病、肥満や免疫力の低下など、様々な体質的問題の蔓延です。
その体質の悪化は50年も70年も前から始まっているので、40年ほど前からアメリカ上院やアメリカ食品医薬品局が中心となって、医学界を巻き込む形で栄養学の研究も行われてきており、その延長線でサプリの研究も非常に進んでいます。
たった数年で栄養学の情報が塗り替えられてしまうという分野もよくあるのです。

アメリカンビタミンショップの商品ページも、15年前に書いた栄養学の情報は少し古くなっているところもありますし、信頼できる新しい情報もたくさん入手しているため、そうした内容を盛り込んだ新しい商品ページを作りたいと考えておりました。
日々のお客様からのサプリや栄養学のご質問に答えながら、この「ハロー! ビタミン」を作り、更に商品ページの変更を行うのは時間的にも無理がありますので、「ハロー! ビタミン」の製作時間を使わせていただき、商品ページのブラッシュアップを行わせていただきたいと思いました。

商品ページの変更の順番は商品番号10101のメガマルチビタミンから始める訳では無く、重要な変更を行わなければならない商品ページから優先的に行います。
変更した商品ページは、今まで通りに毎月2回の「ハロー! ビタミン」の発行に合わせて発表して参りますので、「ハロー! ビタミン」の発行自体が停止してしまうわけではございません。
「ハロー! ビタミン」で行う会員様限定のバーゲンも継続していきますので、ご利用くださいますようお願い致します。

また「ハロー! ビタミン」で季節ごとに書かせていただく、季節に合った栄養学も不定期ではありますが挿入しながら、「ハロー! ビタミン」を製作していきたいと思っています。
新しい栄養学情報によって生まれ変わっていくアメリカンビタミンショップを、これからもよろしくお願いいたします。

★3★アメリカの諺「脛(すね)の皮膚は5年後の顔の皮膚」を考えるPart3
~コラーゲンの生産と血流に関するスキンケア栄養学でお肌のトラブルを防ぎ、皮膚の老化も遅らせることができます。

お肌にトラブルを引き起こす4つの根本的原因を知る。

マルチビタミン

3回の「ハロー! ビタミン」に亘ってお届けして参りました、お肌トラブルを引き起こす4つの根本的原因も最終回となります。
以下の4つの原因について復習したいと思います。

肌トラブルを起こす4つの根本的原因は

1、角質層の質の低下
2、セラミド層の質の低下
3、角質細胞の質の低下
4、皮膚の血流の悪さ

です。

前回の「ハロー! ビタミン」では「1、角質層の質の低下」、「2、セラミド層の質の低下」をお届けしているので、今回は最後の2つの原因の詳細をお届けします。

3、角質細胞の質の低下が引き起こす肌トラブルとは?

カルニチン

角質細胞の質が低下すると以下の肌トラブルが起こります。

・シワ
・キメ
・ざらつき
・たるみ
・くすみ

角質細胞は角質層を構成する成分です。
角質層は角質細胞同士がエラスチンやコラーゲンという物質によって繋がったペラペラの膜状組織です。
角質細胞は体組織の中ではコラーゲンの含有率が高い弾力組織です。
角質細胞を構成するコラーゲン(MSM)やケイ素(シリカ)などが不足すると高い弾性が維持できず、組織の硬化が始まります。

日本での体の中から行うスキンケアの中心的な部分です。(といいますか日本では、ここのコラーゲンの事にしか着目していません。お肌はコラーゲンだけでできているわけではありませんので、セラミドの質や血流などにも気を付けましょう)
コラーゲンの弾力とでも言うべき硫黄とケイ素というミネラルが不足することで、角質細胞が弾力を失いシワやざらつきが起こったり、柔らかくなりすぎてキメが削れやすくなります。
弾力が失われるため、たるみなども起こります。

角質細胞の弾力を維持するコラーゲンの弾力を高めるには、食事からの吸収量が減ってしまった硫黄を吸収しやすくキレート加工したMSMが必須です。
日本ではコラーゲン飲料などがコラーゲンを作るために飲まれていますが、スキンケア栄養学の研究が進んでいるアメリカやヨーロッパなどでは、コラーゲンを直接に摂取して美容に役立てるという考え方はまったくありません。

実際にお肉や魚のタンパク質は70%がコラーゲンなので、100gのお肉を食べれば70gのコラーゲンが補給できるのです。
日本で売られているコラーゲン飲料は10gのコラーゲン(肉や魚に入っているコラーゲンとまったく同じもの)を数100円で売っている訳ですから、コラーゲン補給を費用対効果で見ても効率が悪いと思います。

更に、コラーゲンは大部分がタンパク質であるため、摂取してもアミノ酸に分解されてしまいます。
コラーゲンはコラーゲンとして吸収できないのです。
日本人はタンパク質を十分に摂取しているため、アミノ酸に不足はありません。
よってコラーゲン飲料のコラーゲンを摂取してもアミノ酸が十分に補給できるだけで、美容面では何の効果も期待できないのです。

それではなぜコラーゲン飲料を摂取するとお肌に良い影響が出るか。
それはコラーゲン飲料に混ざっているヒアルロン酸やプラセンタなどの影響です。

体の中から美容を行うという考え方が進んでいるアメリカでは、コラーゲンの中の弾力をコントロールする硫黄というミネラルを摂取し、体内で作られるコラーゲンに弾力を取り戻そうというスキンケアが一般的です。

4、皮膚への血流の低下が引き起こす肌トラブルとは?

ヒアルロン酸

皮膚の血流が悪いと以下の肌トラブルが起こります。

・シワ
・しみ
・日焼け
・吹き出物
・むくみ
・赤ら顔
・乾燥肌
・敏感肌
・脂性肌
・キメ
・ざらつき
・たるみ
・くすみ
・黒ずみ
・ターンオーバーの乱れ
・年々薄く弱くなっていく皮膚

上記に挙げた皮膚トラブルを抱えている方は、是非、ビオチンを1日4錠(朝昼晩の食後と夜寝る前に1錠ずつ摂取)とEPAを1日4錠摂取してください。
金銭的に余裕があればヒアルロン酸を加えるということで良いですが、ビオチンとEPAは必須です。

ビオチンは角質層の下にある毛細血管網を太くする働きがあります。
実は皮膚は心臓から最も遠い組織で、更に毛細血管が多く、血流が届きにくい組織です。
EPAやヒアルロン酸、MSMなど皮膚の原料となるサプリはたくさんありますが、これらのサプリを飲んでもビオチンを飲まなければ、皮膚にまで栄養素が運ばれてこないということもありうるのです。
例えば、EPAやヒアルロン酸は関節の潤滑油として使われたり、MSMは骨や関節で使われたりという感じで、飲んだ栄養素を皮膚に運ぶのにビオチンは必須です。

アメリカ人女性でスキンケアに興味のある方でMSM、ビオチン、EPAを知らない方はいないといわれるほどメジャーなサプリです。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

今回と前回の「ハロー! ビタミン」の「店長より ごあいさつ」にも書かせていただきましたが、次回の「ハロー! ビタミン」から内容を変更させていただきます。
古くなった商品情報を最新の情報に改善して、それを「ハロー! ビタミン」で発表させていただきます。
次回の「ハロー! ビタミン」では、ビオチンのコンテンツの書き換えをお届けします。
アメリカンビタミンショップで最も販売数が多いサプリですし、新しいビオチンの情報もたくさん持っていますので、内容を大幅に改善します。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~MSMはコラーゲンに弾力を与える成分で、25歳くらいから摂取量が減り肌、髪、爪、関節、骨などを老化させます。

MSM

アメリカでスキンケアに興味のある女性でMSMを知らない人はいないと言って良いほど、美容系サプリでは人気の高い商品です。
アメリカでは日本と違い、美容目的でコラーゲンを摂る方というのはほとんどおらず、そのコラーゲンを作る目的で摂取するのがMSMなんです。
コラーゲンサプリより、肌に桁違いに弾力を得られるのが、硫黄を吸収しやすくしたMSMです。

MSMは有機硫黄というミネラルで、食品に含まれる無機硫黄と違い、加齢による胃腸の吸収力の低下にも影響されることなく、簡単に吸収できるため体内に硫黄が不足する25歳くらいからの方に人気のある商品です。
硫黄は体内において3番目に多いミネラルです。
カルシウム、マグネシウム、硫黄という順番で体内に多いのですが、体外に排泄される量は一番多いミネラルです。
あらゆる種類の食品に硫黄は含まれているため、胃腸の吸収力の高い若い頃には不足することのない栄養素です。

カルシウム(1日500~1000mgほど必要)やマグネシウム(1日250~500mgほど必要)は骨や関節などに貯め込まれるため、排泄される量は髪の毛や爪から捨てられるくらいですので、それほど多くの摂取は必要ありません。
しかし、硫黄は髪の毛、爪、皮膚の垢として体外に排泄されているため、カルシウムの何倍も摂取する必要があります。
25歳を超えると胃腸の吸収力が落ちるので、食品から吸収できる硫黄の量が徐々に減ってきます。
30歳を超えた辺りでは、体内の硫黄の量を正常に保つためには、MSMを3000~4000mg補給することを勧める栄養学者は多いのです。

硫黄というと温泉や火山を思い出す方が多いと思います。
そんな栄養素が必要なの?って思う方も多いと思います。
しかし、美容と健康の維持でとても大切な栄養素なんです。

硫黄の重要さを判っていただくために例を挙げてみます。
髪の毛を燃やしてみると硫黄臭くありませんか?
爪も燃やすと硫黄臭いのです。
もちろん(やらないと思いますけど)垢だって燃やせば硫黄の臭いがします。
つまり毎日毎日、硫黄は体外に捨てられています。

そこで硫黄がどのようにコラーゲンとして構成されるかをお話しします。
コラーゲンの99%以上はタンパク質でできているため、食事の豊かな日本国民は、この部分では不足は起こっておりません。
しかしどうして加齢とともにコラーゲンに弾力が無くなり、皮膚や血管が硬くなり、髪の毛にウェーブが出て、爪が柔らかくなるのでしょうか?

硫黄というミネラルはバネの形状をしたコラーゲンの中で規則正しく並んでおり、隣の硫黄同士が共有結合という手を伸ばしあって手を繋いでいます。
隣の硫黄と手を結び、その手が伸び縮みすることでコラーゲンにバネの弾力が与えられるのですが、体内に硫黄が不足してくると硫黄の並びが不揃いとなって、隣の硫黄との距離が離れて手を繋げない状態が起こってきます。

手を繋げない硫黄はお互いに引き合うことができないため、その部分のコラーゲンに弾力が無くなり、皮膚などの組織は硬くなります。
髪の毛では硫黄の並びが不揃いになれば、手を繋いでお互いに引っ張り合いをしていたコラーゲンが、部分的に引っ張り合いができなくなるので、髪の毛にかかる力が不均一になって髪の毛にウェーブが出てきます。
爪には多くのコラーゲンが必要ですが、硫黄が不足することで爪が薄く柔らかくなります。

この様に若い頃に骨や関節に貯め込んだ硫黄が、食品からの吸収量の不足で血液中に放出され続け、ある年齢からは骨や関節からも硫黄を供給することができなくなってくると、コラーゲンの老化が始まります。
日々MSMを3~4錠摂取することで、血液中の硫黄を増やし、皮膚や髪の毛、爪、関節や骨に再び十分な硫黄を供給してあげられれば、硬くなったコラーゲンも柔軟性を増し、美容や健康で十分な働きができるようになります。
MSMに使われている硫黄は、非常に安全性の高いミネラルなので、是非、摂取をご検討ください。

——————————————————————–
★『MSM(有機硫黄サプリ)』
コラーゲンが硬くなり皮膚や髪や爪や関節などを老化させるのは硫黄の不足が原因。
25歳を過ぎると徐々に硫黄が不足し美容と健康の問題を引き起こすので吸収しやすいMSMがお奨め。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~善玉菌サプリで腸内環境を改善するとお肌トラブルの原因の多くは自然消滅。強い乳酸菌と胃酸から守るカプセルで。

善玉菌サプリ

最近の日本でも腸内環境とお肌の関係は知られるようになってきていますね。
お肌にトラブルを抱えている方は、ほぼ100%近く腸内環境が悪玉菌優勢であったり、腸内の血流が悪かったりします。
体質改善で皮膚を丈夫にしたければ、善玉菌サプリの摂取は必須であり、最も効果の高い方法であることはアメリカのスキンケア内科や多くの栄養学者が認めるところとなっています。

便秘などの判りやすい腸内環境の悪さだけではなく、悪玉菌優勢の腸内環境というものは多くの日本人に見られる体質なので(食事が悪くなってきていますので)、一度、善玉菌サプリを摂取してみて、便に変化が出るかどうかを確かめて欲しいと思っています。
腸内環境が悪玉菌優勢の場合、多くの方にカチカチ、コロコロの便や緩すぎる便が見られます。

健康な腸内環境では便の中には、食べ物のカスである食物繊維の中に多くの腸内細菌の死骸が混ざるため、バナナ状の便と呼ばれる腸が握り潰すこと(蠕動運動といいます)ができる便が作られ、排便を容易にしています。
腸内環境が悪い方は善玉菌と悪玉菌が戦ってたくさんの死骸ができることもなく、また悪玉菌という長生きの腸内細菌が多いため、便の中に腸内細菌の死骸が混ざりにくいのです。

腸内細菌の死骸の少ない便は、食物繊維だけで作られるため、糸状の繊維が固まってカチカチ、コロコロの便ができあがります。
また悪玉菌は腸の粘膜に住んでいる強い白血球に活動を抑えられているのですが、お腹が冷えて腸の血流が悪くなって白血球が悪玉菌を抑えられなくなれば、下痢をします。
更に免疫組織である白血球はバイオリズムで強い弱いを交互に繰り返しますので、免疫力が弱まっていると悪玉菌の活動が活発になり、悪玉菌の分泌する悪い物質が腸内に増えるため、それを洗い流す目的で腸壁から水分がたくさん分泌され、下痢になります。

腸は10mくらいあるホース状の組織で、粘膜(腸壁)の周りを筋肉組織が覆っており、蠕動運動という排便のための運動をしています。
この10mのホースの内側(粘膜)には絨毛という目に見えない無数の突起があり、この無数の突起の根元に腸内細菌が粘膜(バイオフィルム)に守られて住み着いています。
10mの腸内に住んでいる腸内細菌は2kgとも3kgとも言われており、驚くほどの善玉菌と悪玉菌、日和見菌たちが暮らしています。

健康な腸内環境とは70~80%が善玉菌であること、というのが多くの腸内環境の専門家の意見です。
善玉菌が作り出すビオチンやパントテン酸(ビタミンB5)は炎症体質を改善したり、皮膚や粘膜の血流を良くしてお肌や胃腸のコンディションを整えたり、腸内の白血球の過敏さを緩くしたり、本当に様々な効果が確認されています。

お肌にトラブルを抱えている方、お肌の老化を防ぎたい方、お肌のコンディションを良い状態でキープしたい方は、是非、善玉菌サプリを摂取して腸内に生きた善玉菌を増やしたり、ラクトフェリンを摂取して悪玉菌の活動を抑える体質改善を行ってください。

お肌の根本的な体質改善や老化防止には腸内環境の改善は必須です。

——————————————————————–
★『善玉菌サプリ』
生きた乳酸菌をカプセルに入れて長生きさせる技術は日本には無いそうです。これお奨め!
腸内環境が皮膚、髪、爪、免疫力、その他広範囲に影響を与えます。全員にお奨めしたいです。
——————————————————————–

 

★4★『グルコサミン』のご紹介
~関節の軟骨の原料となり関節の変形による痛みを改善するサプリ。アメリカで90%の方に改善効果を出した実験に使われたサプリ群の1つです。

グルコサミン

グルコサミン

関節痛にはグルコサミンというのは日本でも定着していますね。
関節の軟骨の材料であるグルコサミンやコンドロイチンを摂取して、削れて炎症が起きている関節を丸く再形成して、関節痛を改善するのです。

関節痛の改善では、日本ではグルコサミンとコンドロイチンばかりが注目されていますが、体重の重い方の多いアメリカでは更に進んだ改善方法が提案され、高い効果(90%の改善率)を出しています。
その改善方法とは。

・関節の再形成
・軟骨の弾力強化
・関節痛の再悪化の防止

となっています。

この3つは関節痛を根本から改善する時に外すことができない体質改善です。
どれが重要ということではなく、すべてを行うべきなのです。

・関節の再形成
には、グルコサミンとコンドロイチンです。

・軟骨の弾力強化
にはMSM(今回の「ハロー! ビタミン」の前の項目のバーゲンになっています)です。

・関節痛の再悪化の防止
にはEPA(今回の「ハロー! ビタミン」でバーゲンですので詳しくは後で説明します)です。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~グルコサミンは軟骨の原料となり擦り減った関節を修復する効果があります。膝や股関節の関節痛にどうぞ。

グルコサミン

グルコサミンは関節の軟骨の再生で人気のあるサプリです。
アメリカ人は体重が重い方が多いため、予備軍を含めると5000万人もの変形性関節症の方がいます。
そうした需要を見込んで多くの栄養学的研究が行われてきており、関節痛の改善に於いては非常に研究が進んでいます。

日本ではグルコサミンとコンドロイチンくらいしか知られていませんが、もっともっと改善率を高めるために5種類のサプリの組み合わせで、95%もの改善率を出した実験もあるのです。
5つのサプリとは、

・グルコサミン(軟骨の原料で関節の再形成に関係する栄養素)
・コンドロイチン(軟骨の原料で関節の再形成に関係する栄養素)
・MSM(軟骨の原料で関節に弾力を与え摩耗するのを防ぐ栄養素)
・EPA(関節の潤滑油で関節が摩耗しないようにする栄養素)
・ヒアルロン酸(関節の潤滑油で関節が摩耗しないようにする栄養素)

です。

関節が悪くなるのは、まず潤滑油の不足です。
EPAとヒアルロン酸で作られるセラミドという成分がヌルヌルしていて、それが潤滑油となり関節の軟骨を滑らせて削れないようにしています。
しかし、加齢とともに腸内環境が悪くなり、ビオチンが作れなくなるので、ビオチンによって作られるEPAの生産量が減ってセラミドの質が低下し、軟骨が削れるようになってくるのです。
それが変形性関節症の最初の頃の痛みです。

よって痛み始めた頃にはEPAを摂取すれば潤滑油が作られ、軟骨が削られることも無くなるので、それだけで改善することもあります。
しかし、痛みを放っておくと軟骨が変形し始めます。
そうなるとグルコサミンやコンドロイチンで軟骨を再形成してあげる必要がでてきます。

また再形成した軟骨も再び削れてしまうため、それを防ぐために軟骨のコラーゲンの弾力を高めるMSM(今回の「ハロー! ビタミン」の先の項目のバーゲンにもなっています)を摂取します。

——————————————————————–
★『グルコサミン』
変形性関節症の軟骨の変形を改善する軟骨の原料です。関節の再形成に働きます。
コンドロイチンと併用することで軟骨の再形成のスピードが速まり関節痛も早く改善します。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~EPAは関節包に分泌される潤滑油で、関節をヌルヌルにして痛みを防ぎ、軟骨が削れて変形するのを防ぎます。

EPA

EPAはセラミドという乳液状成分の原料です。
ヒアルロン酸や水と混ざってヌルヌルの潤滑油となり、関節が摩耗して変形するのを防ぎます。
日本では変形性関節症の方の関節包内にヒアルロン酸を注射したりしますが、ヒアルロン酸よりもEPAの方が潤滑油はヌルヌルになるため、関節痛を減らしたり、関節の軟骨が削れてしまうのを防ぐ効果は高いと言われています。

そのセラミドの重要な成分であるヒアルロン酸とEPAを摂取することで質の良いセラミドが作られるのですが、関節痛を起こす体質の方には、セラミドを分解してしまう酵素が活性化している体質の方も多いのです。
実際にはセラミドを構成するヒアルロン酸を分解してしまう酵素で、ヒアルロニターゼという酵素です。
そういう体質の方は、ヒアルロン酸を摂取するよりもEPAの摂取の方が、潤滑油の質を高める効果が期待できます。

アメリカでは体重が重い方が多いため、予備軍を含めて5000万人もの変形性関節症の方がいると言われていますが、関節内に分泌するセラミドの質を重視して体質改善を行う方が多いのです。
そのためセラミドを分解するヒアルロニターゼという酵素の活動を抑制するボスウェリアというハーブを試す方も多いようです。

セラミドは関節包の潤滑油としてだけ働いている訳では無く、角質層に水分と油分を供給する働きもあるので、乾燥肌、敏感肌などのトラブル肌の方にもボスウェリアやEPAやヒアルロン酸は人気があります。

——————————————————————–
★『EPA』
セラミドの重要な構成成分で、関節痛や乾燥肌などで大人気のサプリ。
セラミドの分泌を増やしただけで変形性関節症の進行を止め、痛みが取り除かれる方も多いのです。
——————————————————————–

 

▲TOP▲

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アメリカン ビタミンショップはハワイからキレイと元気をお届けします
~アメリカ製の厳選サプリを現地価格で~
───────────────────────────────────
企画・発行・運営  アメリカン ビタミンショップ合資会社
発行責任者     阿部好和
編集・執筆     鈴木麻里子・阿部好和
アシスタント    大野圭介
東京本社    東京都港区高輪1-20-2 シェア高輪TENTMENT 1-A
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(C) 1192 American Vitamin Shop,Inc. All Right Reserved.