免疫機構は抗原(ウィルスなどの敵)が侵入すると抗体を作り敵を記憶します。
次に敵の侵入を受けた時に記憶を元に敵の侵入を感知して ヒスタミンや 活性酸素などで攻撃を開始します。
ウィルスや病原菌などは本来は身の回りにウヨウヨいるようなものではなく、ほんの少ししか存在しませんので敵を攻撃する場合でも、それほどたくさんのヒスタミンや活性酸素を広範囲に分泌するようなことはないのです。

ケルセチン

しかし、 アレルギーの方の免疫機構は本来は無害な物質を抗原(アレルゲン)として記憶してしまうのです。
アレルゲンとなるダニやハウスダストは身の回りに大量に存在しますし、小麦や卵などを食べれば大量に体内に侵入します。
アレルギーの方はこれらの大量に侵入したアレルゲン(敵)を攻撃するためにグロブリン免疫抗体という物質を大量に作り、そのグロブリンが肥満細胞を刺激して大量のヒスタミンを作り出します。
アレルギーの場合、自分自身の組織を傷つけてしまうくらいヒスタミンや活性酸素を分泌してしまうので、それが問題なのです。

アメリカのアレルギーの専門家は、仮定としてウィルスや病原菌が身の回りに濃度高く大量に存在した場合、アレルギー体質を持っていない方でも、ウィルスなどを攻撃するために大量のヒスタミンや活性酸素などを大量分泌するので、アレルギーと同じ症状を呈すると言っています。
つまり、身の回りに大量に存在する物質をアレルゲン(敵)と誤認してしまうことと、そのアレルゲンに対するグロブリン免疫抗体を大量分泌してしまうのが アレルギーの問題点なのです。

アレルゲンを誤認するのがTh2白血球

アレルゲン

アレルゲンを敵と誤認してしまう存在がTh2という白血球です。
Th2はヘルパーT細胞とも呼ばれる免疫機構の一員です。
ヘルパーT細胞はTh1という白血球とTh2という白血球に大別されます。
Th1は主に病原菌やウィルスを監視している白血球で、粘膜や皮膚などから侵入しないように守っています。
Th2は主に寄生虫、悪玉菌などを監視している白血球で、粘膜や腸壁を守っています。
本来はTh1が多くてTh2が少ないという構成になっているのですが、 アレルギーの方はTh1が少なくてTh2が異常に多いという構成になっていることが多いようです。

グロブリンを異常分泌するのがTh2白血球

アレルゲン

前の章ではアレルゲンを敵と誤認するのがTh2白血球であると書きました。
更に、誤認してグロブリン免疫抗体を大量分泌するのもTh2白血球なのです。
先の章でも出てきましたが、グロブリン免疫抗体が肥満細胞を刺激してヒスタミンを異常分泌させ炎症やかゆみを引き起こしますので、アレルギーの方はできるだけTh2を少なくしなければなりません。

Th2には面白い性質があります。
Th2が少ない時にはアレルゲンが侵入してきてもそれほど大量のグロブリン免疫抗体は分泌しないのです。しかし、 腸内環境が悪くて通常の数10倍~数100倍以上のTh2が腸壁を守るようになると、アレルゲンの侵入により分泌するグロブリン免疫抗体の分泌量が10倍~100倍くらいの割合で多くなるのです。
悪い例えですが、Th2は暴走族と同じだとも言えます。一人一人は大人しくてそれほど危険は無いのですが、集団になると非常に過激になって騒音(グロブリン)を撒き散らし、周囲( アレルギー)に悪影響を与えるのです。なんとなく暴走族と似てませんか?

ちなみに、アレルギーでない方でも 腸内環境が悪い方はTh1が少なくTh2が多くなっています。アレルギーではないけれど 免疫力が衰えていたり、 便秘だったり、お肌が荒れたり、炎症体質だったりする方は腸内環境を改善することで健康や美容で良い面が見られると思います。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」は前々回の「ハロー! ビタミン」でお届けした アレルギーの方のアレルゲンに関する詳細の続きをお届けしたいと思います。
アレルゲンを特定するのがTh2という白血球で、各自のアレルゲンがそれぞれ違っているのは、このTh2がアレルゲンを記憶する時の環境が深く関係しています。
なぜ本来は無害な物質を自分の免疫組織は敵と判断してしまうのか。。。。
そのアレルゲンを敵と判断する免疫組織をリセットできないか。。。。
アレルゲンをリセットするための方法をお届けします。

アレルギーにおすすめのバーゲン品

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~Th2は腸内環境の悪化でアレルゲンの特定を行うので 善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)でアレルゲンのリセットを行う。

善玉菌 乳酸菌 腸内細菌

今回の「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は 善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)のサプリメントです。
善玉菌で腸内環境を整えるとアレルギーの原因の半分くらいは消えると言われていますので、お奨めしたい方法なのです。
善玉菌が アレルギーに与える良い影響とは。。。。

  • Th2を減らしてアレルゲンに反応し難くする。
  • 肥満細胞を刺激するグロブリンの分泌量を減らしヒスタミンの作られる量を減らす。
  • ビオチンを作り炎症抑制。
  • ビオチンが皮下の血流を高め皮膚を健康に保つ。
  • 葉酸を作り皮膚の新陳代謝を高める。
  • パントテン酸を作って副腎皮質の機能を強化してステロイドホルモンの分泌を高め炎症抑制。
  • ステロイドホルモンが ヒアルロン酸や EPAを守り角質層が薄くなるのを防ぐ。
  • 皮膚を丈夫にしてアレルゲンの侵入を防ぐ。

ヒアルロン酸EPA

などなど

アメリカでは アレルギーの改善には腸内環境の改善は欠かせないとされる理論が主流で、非常に研究が進んでいる分野です。
善玉菌による腸内環境の改善には通常は性能の高い 善玉菌サプリメントを摂取しても1年から2年はかかると言われていますので、早めに始めるのが良いでしょう。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 善玉菌サプリメント』
アレルゲンのリセットに必要な腸内環境の改善には性能の高い善玉菌サプリメントが必要です。腸内に定着しやすい菌が入っています。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~善玉菌を増やすための 食物繊維として優秀で、尚且つ、副腎皮質の強化にも役立つアルファルファのサプリメント。

食物繊維サプリメント

善玉菌が増えるためには善玉菌自体の優秀さも必要ですが、悪い腸内環境を作る原因となっている悪玉菌が出している悪い物質を吸着して排泄してくれる優秀な食物繊維も重要なのです。
今回の「ハロー! ビタミン」でバーゲンするサプリメントは、アルファルファというハーブを乾燥させて固めた 食物繊維サプリメントですが、食物繊維のバランスが良く善玉菌の餌としての働きに優れるだけではなく、悪玉菌の出す悪い物質を吸着してくれる性能も優秀です。

また、アルファルファには副腎皮質刺激ホルモンに似た物質が入っているため、副腎皮質が弱ってステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)の分泌が鈍って炎症体質になっている方の炎症体質改善にとって良い影響を与えてくれます。

パントテン酸(ビタミンB5)

パントテン酸と一緒に摂取して副腎皮質を強化してステロイドホルモンの分泌を促せば、炎症を引き起こす炎症系プロスタグランジンというホルモンの分泌量を減らすことができますし、角質層で分泌される EPAと ヒアルロン酸が混ざって作られる角質層を繋ぎとめるノリが、紫外線や酸素からの分解を免れますので、皮膚が厚く丈夫になってきます。( 尋常性乾癬の方は正常な角質層が作られます。)
アレルギー体質改善では副腎皮質の強化は優先順位の高い方法になっていますので、是非、アルファルファを摂取してみてください。
アメリカンビタミンショップのユーザー様でパントテン酸を摂取している方が多いのですが、アルファルファの 食物繊維を併用することで、パントテン酸の副腎皮質強化の効果を高めてくれますのでお奨めです。

ちなみに、副腎皮質が弱るのは腸内環境が悪く善玉菌の量が少ないために、善玉菌の分泌する パントテン酸や PABA(飲む UVカットとしても人気)、 葉酸などが不足するためだと言われています。
腸内環境の改善が副腎皮質の強化に繋がり、炎症体質の改善に繋がりますので、 善玉菌サプリの摂取はアレルギーの方に必須の方法です。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 食物繊維サプリメント』
食物繊維は大量に摂取したいので安価な食物繊維サプリメントがお奨めです。
——————————————————————–