個人個人にとってのアレルゲンが決まる瞬間は、 腸内環境が急激に悪化する瞬間です。

腸内環境というのは良い状態から悪い状態に一定の変数で変化していくわけではなく、ある程度に腸内環境が悪化した段階から急激に悪化が進みます。
これは腸内細菌が善玉菌と悪玉菌と日和見菌という種類に大別されるからなのです。

善玉菌と悪玉菌の増減はある程度は一定ですが、日和見菌という種類の菌類は悪玉菌が少ない時には善玉菌の味方をしていて、乳酸などを出して腸内環境を正常にする働きを持っているのですが、ある程度悪玉菌が増えると一斉に悪玉菌の味方をして急激に腸内環境を悪化させます。

腸内細菌

この日和見菌が急に悪玉菌の味方をする時に、腸壁を守っているTh2という白血球が急激に増えることが判っています。Th2という白血球は寄生虫や悪玉菌などを監視している白血球で、グロブリンという免疫抗体を分泌し、肥満細胞を刺激して ヒスタミンを作り出す役割があることは以前にも書いています。

このTh2は抗原に反応して抗体を作り、敵を記憶する働きがあり、Th2という白血球が急激に増えたときに周りに大量に存在する異物を敵と記憶してしまい、次にその異物の侵入を受けた時に大量のグロブリンを分泌させ、全身に存在する肥満細胞を刺激して、ヒスタミンの異常分泌を引き起こします。
ヒスタミンは炎症やかゆみを引き起こす物質ですので、ヒスタミンを大量に分泌すると アレルギー症状が現れます。

例えば、日和見菌が悪玉菌の味方をした時期が花粉の大量飛散の時期であれば、花粉をアレルゲン(敵)と判断し、再び花粉が近くに存在するようになると大量のヒスタミンを分泌するようになります。
花粉の飛散量が少ないイネ科の植物で花粉症になる方は少なく、飛散量の多い杉で花粉症になることが多いのも、身の回りに大量に存在する異物ということを考えれば説明がつきます。

ダニやハウスダストなど他のアレルゲンも、 腸内環境が急激に悪化した時にTh2が増えて、その増えた時に回りに多く存在していたためにTh2が抗原(アレルゲン)と誤認し記憶してしまったのです。

ただし、花粉症やアレルギー性鼻炎の様な粘膜系のアレルギーになるか、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬、掌蹠膿疱症の様に皮膚系のアレルギーになるか、 掌蹠膿疱症性骨関節炎やリウマチの様に骨や関節系のアレルギーになるかは、アレルゲンの種類だけが決定する訳ではありません。
粘膜が弱い、皮膚が薄い、皮膚の油分が少ない、皮膚や粘膜が強い、などなど、様々な個人的体質によってアレルギーの種類が変わってくるという要素などもあるのです。

例えば、花粉の飛散時期にアレルゲンが決まる方でも、皮膚が弱い方はアトピー性皮膚炎になり、粘膜が弱い方は花粉症になる。など、アレルギーの種類の決定は難しい要素が複雑に絡んでいます。
ちなみにアトピー性皮膚炎でも花粉に反応して炎症やかゆみが酷くなる方もいるのです。

アレルゲンをリセットするアレルギー改善理論

アレルゲン

アレルギーの方に朗報です。 アメリカにはTh2が誤認して記憶したアレルゲンをリセットする可能性を示唆する栄養学実験が数多くあります!!!。
つまり、卵が食べられない方が卵を食べてもアレルギーを起こさなくなったり、ダニやハウスダストが苦手な方が大丈夫になったり、花粉症の方が花粉の舞い散る時期になっても アレルギー症状が発現しないとか、そういうことが可能であると言っている栄養学者が多くいるのです。

Th2が本来は無害な(だけどもともと少し苦手な)物質を抗原(敵)と誤認し、アレルゲンとして記憶するプロセスは先の章でも書いています。
緩やかな 腸内環境の悪化がしばらく続いた後で、日和見菌の裏切りにより悪玉菌に適した環境が作られた段階でTh2が異常に増える時に、自分の周りに大量に存在する苦手な物質をTh2が誤認してアレルゲンとして記憶してしまいます。

アレルゲンをリセットする時にはこれとは逆のプロセスを辿ることになるのです。
善玉菌サプリメントの摂取を行うと摂取量に比例して腸内環境が改善されてきます。
優秀な善玉菌サプリメントであれば1年くらい摂取を続けると悪玉菌優勢に傾いた腸内環境も徐々に改善されてきます。
そうなるとある時期を境に日和見菌が善玉菌の見方をして悪玉菌を駆逐するように働く時がきます。
その時にTh2が急激に減りますが、このタイミングで誤認して記憶している抗原(アレルゲン)をリセットできると言われています。

ヘルパーT細胞は通常の病原菌などに対する抗原と抗体の関係では一度記憶した抗原を忘れるということはないのですが、 腸内環境の悪化によって急激に増えたTh2は、善玉菌(コッカス菌 腸内細菌)が出す物質によってアポトーシス(自然死)を迎え、アレルゲンの記憶を有したまま死んでしまうため、残った少数のTh2がアレルゲンの記憶を持つだけなので、アレルゲンの記憶を有するTh2がほとんどいなくなります。
アレルゲンに反応してグロブリン免疫抗体を大量分泌するTh2の量が減り、量が減ったためにアレルゲンに対して過敏だったTh2も大人しくなるため、アレルゲンが侵入してもグロブリン免疫抗体はあまり分泌されなくなります。
これがアレルゲンをリセットするということに繋がるのです。
アレルギーの改善で最も重要な部分だと言われています。

しかし逆に言うと、一度改善した腸内環境が再び悪化した場合、アレルゲンの誤認と記憶が再び起こりますので、その時に周りに大量に存在する苦手な物質がアレルゲンとして記憶されます。
アメリカでの統計でも、十分にアレルギー体質の改善(4つの体質改善)を行わなかった場合、再びアレルギーが発症するケースが数多く報告されています。
例えば、以前は アトピー性皮膚炎だった方がアトピー性皮膚炎が改善した後で、 花粉症になるというケースもありますし、花粉症だった方が高齢者になってから 掌蹠膿疱症になるケースも多いようです。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」もアレルゲンとは何かという特集がまだまだ続きます。このコンテンツを理解すると アレルギーのことが良く理解できるようになると思いますし、アレルギー理論の中では傑出した良い情報だと思います。
次回でアレルゲン特集は最後になりますのでお見逃しなく。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~花粉症の研究の進むドイツでは 善玉菌で腸内環境をリセットし、無害なアレルゲンを敵と勘違いしているTh2を減らそう。(非常に重要なアレルギー改善サプリメントなので前回に引き続きバーゲンします。)

善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)

今回の「ハロー! ビタミン」で アレルギーを根本から改善するのに善玉菌が非常に重要な役割を持つということがご理解いただけたと思います。
アメリカのアレルギーを研究する栄養学者や医学者の多くが、腸内環境を改善するだけで、アレルギーの原因の半分以上は消えるはずだと言っています。

・Th2を減らし アレルゲンに反応しないようにし、ヒスタミンが作られないようにする。
・善玉菌が作る ビオチンが炎症抑制ホルモンを作る。
・ビオチンが脂肪酸を変換させ、 EPAなどの脂肪酸を作り炎症抑制や皮膚の健全化を行う。
・善玉菌が作る パントテン酸がステロイドホルモンを作り、炎症を引き起こすホルモンの生産を抑制する。
・ ステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)が角質層のノリを紫外線から守り皮膚が薄くなるのを防ぐ。
などなど、細かく挙げていけばまだまだあるのです。

ビオチン EPA パントテン酸

アレルギー体質の方は腸内に定住する腸内細菌の90%以上(栄養学者によっては99%以上と言っている方も多いのです)が悪玉菌であるため、性能の高い 善玉菌サプリメントを摂取しても、腸内環境の改善に1年~2年はかかりますが、アレルギーを体質から改善するためには避けて通れない部分です。

ヨーグルトの摂取などの食習慣の改善では一度悪化した腸内環境は改善はできないと言われていますので、改善が終わるまではサプリメントをご利用いただくことが最も効果的であると思います。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 善玉菌サプリメント』
アレルギーを引き起こす体質の50%以上を根本から改善するサプリメント。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ 腸内環境の改善は 善玉菌だけではできない。

便秘改善サプリメント

腸内環境の改善で最も大切なのは高性能の 善玉菌サプリメントです。
でも善玉菌だけでは効果的な腸内環境の改善はできないのです。
善玉菌の効果を高めるために必要なのが腸内を掃除する食物繊維です。

今回のバーゲンはアメリカンビタミンショップでは「腸内洗浄ハーブ&ファイバー」という名称で商品化していますが、 便秘にお困りの方がメインで使われているサプリメントです。

自分は便秘ではないので、このサプリメントは関係ないと思われた方も多いのではないでしょうか?
確かにこのサプリメントは 便秘改善では非常に優秀な成績を残していますが、商品名を読んでお判りいただけるように腸内環境をキレイにするサプリメントなのです。

便秘でない方が 腸内環境がキレイかといいますと、そうとも言えないことが多いことがアメリカの統計では現れています。
アメリカではだいたい平均すると9割近い方がどちらかというと悪玉菌が優勢の腸内を持っていることが判っています。
日本もアメリカナイズした食事を摂っている方などはこの数字はある程度は当て嵌まるでしょう。
特にアレルギーの方は 腸内細菌の分布割合も悪玉菌が非常に多いことはほぼ確実と言って良いでしょう。

腸内環境を変えるには善玉菌だけでは効果的には十分ではなく、腸内にある余計なカスを排泄した方が良い場合が多いのです。
この余計なカスを排泄するために「腸内洗浄ハーブ&ファイバー」は最適です。
店長は便秘ではないですが、週1くらいのペースでこのサプリメントを使って 腸内環境を良い状態に保つことを何年も続けています。
この使用感の気持ち良さを皆様にもお届けしたく、ここにご紹介します。

アレルギーの方が善玉菌によって腸内環境を改善しようとするとき、最も問題となるのが悪玉菌の分泌するアンモニアやメタン、インドールなどの善玉菌が苦手とする物質の処理です。
善玉菌はこれらの物質に触れると死んでしまいますので、善玉菌を摂取するときにはできるだけこれらの物質を減らしてあげないと効果的な 腸内環境の改善は難しいとされています。
善玉菌が苦手な物質を吸着したり分解して減らしてくれるのが 食物繊維や ケルセチンや ビタミンCなどのサプリメントです。

食物繊維 ケルセチン ビタミンC

今回の「ハロー! ビタミン」では 善玉菌サプリメントをバーゲンで出しているので、それを補助、強化するために 腸内洗浄ハーブ&ファイバーをバーゲンの第2弾で出したいと思います。

「腸内洗浄ハーブ&ファイバー」は含有する食物繊維とハーブのバランスが大切です。
セルロースやヘミセルロース、ガムやペクチンなど様々な種類の不溶性食物繊維がありますが、「腸内洗浄ハーブ&ファイバー」はこれらのバランスが絶妙です。効果的な 腸内環境の改善にお役立て下さい。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 「腸内洗浄ハーブ&ファイバー」』
腸内環境の改善には高性能な排泄効果を持つ「腸内洗浄ハーブ&ファイバー」が最適です。
——————————————————————–