ガンマリノレン酸サプリはアレルギーで起こる炎症や非アレルギー系の炎症の抑制でよく使われる脂肪酸です。
不妊治療でも様々なホルモンの原料として分泌を増やすために多く使われています。
炎症体質や不妊体質はホルモンや酵素の分泌コントロールが正常にできていないことが多く、原料となるガンマリノレン酸を摂取して正常な分泌を促すのに適しています。

ガンマリノレン酸は食事から摂取することがほとんどなく、体内でビオチンがリノール酸を使って作り出しています。ビオチンも食事から摂取することがほとんどなく、腸内で 善玉菌が分泌しています。
よって、 腸内環境が悪い方はガンマリノレン酸が不足している可能性が高いのです。
不妊体質の方や アレルギー、炎症体質の方で、腸内環境に自信が無い方はガンマリノレン酸を摂取して様子を見るのもお奨めです。

腸内細菌 ビオチン

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~ ガンマリノレン酸は自分でできるホルモン療法です。

γリノレン酸

今回の「ハロー! ビタミン」は 不妊症を取り扱っていますので、ガンマリノレン酸の不妊に関係する情報を中心にして書いてみたいと思います。

不妊治療ではホルモン治療は欠かせませんね。
日本の 不妊治療だとこれがメインと言ってもいいかもしれません。
人工授精などを行うのでなければ順当な手法ですね。
ただ、不妊治療というもの自体が、それを始める段階で非常なストレスを感じる方が多いということがアメリカでの調査では判っていて、誰でも気軽にできることではないと言われています。

アメリカでは不妊の原因は体質である可能性が高い方が多く、 栄養学による体質改善で良い結果が出ている方も多いのです。
栄養学による体質改善であれば診察なども受ける必要が無く、気軽にできるということと、ランニングコストが病院での 不妊治療ほどはかからないということで、病院に行く前に自分で試す方も多いのです。

不妊に悩む女性の多くは、 便秘や 腸内環境に問題を抱えている方、冷え性や肩こりや低血圧、PMSや肌荒れ(皮膚炎)の体質を持っていると言われています。
こうした中で便秘や腸内環境、PMSや肌荒れを起こしている方が摂取するのが ガンマリノレン酸(γリノレン酸)なのです。

ガンマリノレン酸は腸内環境が悪い方は体内で不足しますし、酷くなるとPMSや肌荒れを起すようになります。
こうした問題を抱えている方の多くに、ホルモン分泌のトラブルが併発しているのです。
ガンマリノレン酸は様々なホルモンや酵素の重要な原料となっているため、不妊で悩まれている方で上記のトラブルを持っている方は、 ガンマリノレン酸(γリノレン酸)の摂取をお奨めします。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 ガンマリノレン酸』
炎症体質や不妊体質、PMSやアレルギーでよく使われる脂肪酸。様々な酵素やホルモンの原料となる。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~ タウリンで血流を高めて卵巣や子宮に新鮮な血液を供給し不妊治療。

タウリン

アメリカでは 不妊症の治療に伴う体質調査から不妊体質の方の多くは 血流に問題を抱えている方が多いとの結果が出ています。
冷え性や肩こり、低血圧や血色の悪さなどの体質を抱えている方は 血流改善を試みるのも 不妊治療では大切なことではないでしょうか。

下半身の冷えに悩む方は流産しやすいという調査もありますし、アメリカの不妊治療を行う病院の多くで、血流の検査を行っていることから、妊娠と血流には強い関係があると考えるべきでしょう。
卵巣や子宮への血流改善は組織の新生や、機能の亢進など、 不妊症にとって必要な項目です。

血流改善には大きく分けて3つの手法があり、必要に応じてそれらの手法を組み合わせていくのが効果的です。
・心臓のポンプ機能を高め、1回の鼓動で送り出す血液量を増やす。
・毛細血管を含め全身の血管を太くして、血液の通る道を広げること。
・血液の粘度を下げてドロドロ血を改善すること。

タウリンは心臓に多く存在するアミノ酸で、心臓の鼓動を強くする効果が期待されています。ちょっとした階段などを昇っても動悸がするような方はお奨めです。
今回のバーゲンではありませんが、血管を太くするには いちょう葉エキスや ビオチンがお奨めです。
また、ドロドロ血を改善するには EPAがお奨めです。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 タウリン』
タウリンで血流を高めて全身の組織に新鮮な血液を供給しましょう。冷え症は流産の原因にもなります。
——————————————————————–