グルコサミンへの店長の思い入れ

グルコサミン

最近の日本では年配の方の多くが グルコサミンというサプリメントを知っているのではないでしょうか?
関節や軟骨(ヘルニアなど)のトラブルで使われることの多いサプリメントなので、比較的、年齢層が上の方が使われるサプリメントと言って良いでしょう。

店長はアメリカンフットボールをしていたので、膝関節やくるぶし、首の軟骨に爆弾を抱えています。
50代、60代と年齢を重ねるごとに、きっと健康問題として現れてくるでしょう。
それを考えて少し前から グルコサミンやコンドロイチンを摂取しています。
今、実際に関節や首に問題が起こっているわけではないので、このままずーっとサプリメント摂取を続けるつもりはありません。
今回の栄養改善で軟骨が少し元気を取り戻したと判断したら、しばらく摂取をお休みして、5年後、10年後くらいに再び摂取を再開したいと考えています。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~ グルコサミンは体の基本の細胞を健康にするサプリメント。

グルコサミン

関節にトラブルを抱えていないからといって、読み飛ばしたりしないでくださいね。
サプリメントというのは、本来は、予防に8割、改善に2割という割合で注力していくのが理想と言われていますので、若い方でもこのサプリメントは飲まれていいと思うのです。
グルコサミンに興味のある方の多くは、関節に問題を抱えている方ですので、予防と言う意味で、前の項目でご紹介した EPAなどもお奨めです。

角質層を厚く丈夫にするEPAですが、関節で分泌される潤滑油として非常に重要な役割を持ちますので、関節痛予防と改善に20年以上前からアメリカでは使われています。
グルコサミンを摂取する必要のある方ならば、全員がEPAを摂取して良いと言っても良いほど、相性の良いサプリメント同士です。
関節が磨り減って変形する前に、 EPAサプリメントで関節を滑りやすくして摩滅を防いでください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 グルコサミン』
軟骨の材料として働くグルコサミンで関節の変形を治して関節痛を改善。70歳代、80歳代でも効果が期待できます。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~ MSMで軟骨のコラーゲンに弾力を持たせて関節を丈夫にする。

MSM

グルコサミンや コンドロイチンと組み合わせて変形性関節症を改善するサプリメントとして、 MSMがあります。

関節は軟骨でできていますが、軟骨はコンドロイチンとグルコサミンだけでできている訳ではないのです。
軟骨の主柱ともいえるコラーゲンを忘れてはいけません。
軟骨が磨り減って変形性膝関節症や変形性股関節症になってしまうのは、大元にコラーゲンの弾力が失われたという加齢による体質の改悪があるからなのです。
アメリカでは コンドロイチンとグルコサミンだけを与えて体質改善するよりも、そこにコラーゲンの原料とも言える MSMを加えた方が、関節の変形が早く改善することに加えて、体質改善後の関節痛の再発を防ぐことができることが判っています。

アメリカ人は比較的に体重が重い方が多く、食事の質も悪いため、変形性関節症で関節痛に悩む方が多く、予備軍を含めて5000万人ほどいると言われています。
アメリカでは対象の症状が多いほど、 体質改善の栄養学の研究が進むと言われています。
実際、アメリカでは変形性関節症の方が90%以上改善する栄養学の実験がたくさん報告されています。
かなり上の年齢まで効果を発揮するサプリメントの組み合わせですので、関節に問題を抱えている方は参考にしてください。
・ グルコサミン
・ コンドロイチン
・ MSM
・ EPA
・ ヒアルロン酸

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 MSMサプリメント』
関節の丈夫さはコラーゲンの弾力に依存します。コラーゲンに弾力を与えるMSMは健康美容で広く人気があります。
——————————————————————–