こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

ブロメライン

アメリカでNo.1人気の花粉症サプリ。
鼻や目の粘膜を破壊する自己免疫から組織を守って、花粉症の鼻水や涙、痒みなどを抑制。

ケルセチン(抗ヒスタミン剤)

アメリカでNo.1人気の花粉症ハーブ。
ヒスタミンを抑制し痒みを緩和する天然の医薬品としてアレルギー専門医が多数使用。

ピルビン酸

意外と運動が脂肪燃焼に結びついていない方が多いのです。
脂肪燃焼率を1.5倍に引き上げる、プロご用達の実力派ダイエットサプリ。

アミノ酸ダイエット

成長ホルモンの分泌を増やすサプリ。
溜め込んだ脂肪は成長ホルモンが無いと燃焼しないのです。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

今年は諸事情により、自宅で過ごすお正月でした。
毎年の大晦日は、妻の実家に泊りがけで出掛け、除夜の鐘とともに氷川神社に参拝するのですが、今年は氏子になっている住んでいる地域の氷川神社に参拝しました。
9月のお祭りで神輿で乗り入れて以来ですので、約3ヶ月ぶりの氷川神社参拝でした。
お祭りの時は、まだ残暑が酷く、神輿を担いでほとんど熱中症の様な状態で、意識朦朧として、神主さんのお祓いを受けたのですが、大晦日の夜の参拝は長時間並んで参拝したので寒かったです。

今年はアメリカンビタミンショップのシステムも、6年ぶりくらいに新しくなるので、そのシステム導入の成功と、益々のアメリカンビタミンショップの発展をお願いしておきました。
来年は法人化10年を迎え、企業としての一区切りを迎えます。
会社は10年もてば、次の10年も乗り越えられると、誰かから聞いたことがありますので、システム導入を良い切っ掛けとして、更なるサイトの周知に努力していきたいと思います。
多くのお客様から、口コミでのご紹介をお受けして運営して参りましたが、次の段階に進んでいきたいと思います。
今年もよろしくお願い致します。

★3★ケルセチンの抗ヒスタミン効果で花粉症を体質改善
~アメリカで最も売れている花粉症サプリ。ケルセチンとブロメラインの効果的な使い方をお届けします。

花粉症の発症の仕組み。

花粉症

花粉症の症状はどの様に発症するのでしょうか?
症状としては、鼻水、涙、くしゃみ、発熱、鼻粘膜からの出血、鼻粘膜のかゆみ、など多岐にわたります。

この花粉症の症状は、花粉が鼻や目の粘膜に付着することによって起こります。
非常に複雑な免疫システムを単純化して説明すると、
1、花粉の粘膜への付着 →
2、粘膜を守るヘルパーT細胞白血球による花粉の害敵判断 →
3、ヘルパーT細胞白血球によるグロブリンE免疫抗体(IgE)や活性酸素、好中球エラスターゼの分泌指令 →
4、免疫系のフィブリンを使っての粘膜付近の毛細血管の流量制限 →
5、粘膜に存在する肥満細胞のレセプターにグロブリンE免疫抗体(IgE)が作用 →
6、肥満細胞によるヒスタミンの大量分泌 →
7、ヒスタミンや活性酸素、好中球エラスターゼによる粘膜の毛細血管の破壊 →
8、毛細血管から粘膜組織への水分や免疫物質(ヒスタミンや活性酸素、好中球エラスターゼ等)の漏洩 →
9、ヒスタミンや活性酸素、好中球エラスターゼによる粘膜と更なる毛細血管の破壊 →
10、花粉症の炎症症状の発症

アメリカのアレルギー研究では、上記の10個の花粉症発症の流れの中で、2ヶ所の対策をサプリメントで行い、別の2ヶ所の対策を医薬品で行い、花粉症の症状の軽減化を行っています。

2ヶ所のサプリメントによる対策は以下の通りです。
・4、免疫系のフィブリンを使っての粘膜付近の毛細血管の流量制限 → ブロメラインで対応。
・6、肥満細胞によるヒスタミンの大量分泌 → ケルセチンで対応。

2ヶ所の医薬品による対策は以下の通りです。
・5、粘膜に存在する肥満細胞のレセプターにグロブリンE免疫抗体(IgE)が作用 → ヒスタミンブロッカーと呼ばれる医薬品で対応。
・10、花粉症の炎症症状の発症 → ステロイド剤と呼ばれる医薬品で対応。

花粉症による鼻水や炎症、かゆみが起こる仕組み。

ビオチン

ブロメラインの説明の前に、
前の項目でご紹介した、「4、免疫系のフィブリンを使っての粘膜付近の毛細血管の流量制限」
の説明をしておいた方が良いので書きます。

上記の「4、免疫系のフィブリンを使っての粘膜付近の毛細血管の流量制限」の文章の意味は、以下の通りです。
人の体は、外敵の侵入を受けると、侵入された部分の血流を遮断して、外敵が体中に拡散しないようにしてから、外敵を攻撃します。
例えば、インフルエンザウィルスの侵入を受けると、ヘルパーT細胞白血球がインフルエンザウィルスを過去の外敵の侵入歴の記憶を照合し、敵であると判断し、敵であるというマークをインフルエンザウィルスに付けます。
それと同時に、フィブリンという糸状のタンパク質を使って、侵入した部分の毛細血管を詰まらせ、血流を遮断します。
遮断されて止まった血液の中で、敵であるというマークを付けられたインフルエンザウィルスは、自泳して近づいてきた攻撃型の白血球から、ヒスタミンや活性酸素や好中球エラスターゼという武器で攻撃され、死滅します。

インフルエンザウィルスの場合、空気中にそれほど高い濃度で存在するわけではないので、ヒスタミンや活性酸素や好中球エラスターゼという武器で攻撃された部分の毛細血管が壊れるだけで済むので、それが酷い炎症として現れることは少ないと言って良いでしょう。
インフルエンザウィルスによる症状は、侵入段階での防御ができなかった時に、気管支や肺の奥の細胞を壊すことによって引き起こされます。
冬のシーズンであれば、常にインフルエンザウィルスによる攻撃を受けているのですが、その攻撃の大部分は免疫によって撃退しているため、インフルエンザには罹らないのです。

花粉症の場合、花粉が空気中に舞っている時期だと、非常に大量の花粉が粘膜に貼り付きます。
花粉症の方のヘルパーT細胞白血球は、花粉をインフルエンザウィルスの様な外敵と判断しますので、敵のマークを花粉に貼り付け、フィブリンによって鼻や目の粘膜の毛細血管を遮断します。
遮断された血液中では、大量に侵入した花粉に対して、ヒスタミンや活性酸素や好中球エラスターゼという武器で攻撃が行われますので、鼻や目の粘膜の毛細血管は白血球の武器によってズタズタに壊されてしまいます。
本来は敵ではない花粉に対して攻撃する武器が、自分の毛細血管を壊し、更に毛細血管から漏れ出てきたヒスタミンや活性酸素や好中球エラスターゼによって、粘膜組織そのものもどんどん壊されていきます。
これが、花粉症による鼻水や炎症、かゆみが起こる仕組みです。

花粉症対策サプリのブロメラインとケルセチンは症状が出てから使っては遅いのです。

善玉菌

アメリカで最も売れている花粉症対策サプリメントのブロメラインとケルセチンの詳細説明は、本ページ下記の「★★★ 今回のバーゲン品のご説明 ★★★」をお読みください。
花粉症の鼻水や涙が止まらない理由や、我慢のできない痒みの原因なども説明していますので、興味を持って読んでいただけると思います。

花粉症の症状が現れるということは、既に目や鼻の粘膜と毛細血管が、自分の免疫系の攻撃により、ズタズタに壊されているという状態です。
こうした鼻水やかゆみ、涙などの症状が出ている状態から、症状を抑制しようとすると、粘膜と毛細血管の修復という生理現象が終わらなければなりません。
つまり、改善にどうしても時間がかかります。

しかし、花粉症の症状が出る前から、ブロメラインやケルセチンによって粘膜や毛細血管が壊れないようにしておけば、組織の修復というものを待つ必要が無いので、非常に効率的に花粉症の症状を抑制し続けることができるのです。
もちろん症状が出始めてからでも、ブロメラインやケルセチンを摂れば、花粉症を改善することが可能ですが、効率的ではありませんね。

どうせブロメラインとケルセチンを飲むのであれば、早めがお勧めです。

また、大量の花粉が舞う場合、ブロメラインもケルセチンも、花粉症の症状を抑制しきれなくなることもあります。
よって、アメリカのアレルギー内科の医師の多くは、ブロメラインとケルセチンの併用で、より効率的な花粉症の症状の抑制を勧めています。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

今回の「ハロー! ビタミン」でご紹介した方法は、短期間で効果を発揮する対処療法という対策です。
花粉症が始まる前に準備して、万全の態勢で花粉症に臨んでください。

次回の「ハロー! ビタミン」では、時間はかかりますが、根本から花粉症を改善する、体質改善の栄養学をお届けします。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~ブロメラインの血流改善で、粘膜組織と毛細血管の破壊を防ぎ、花粉症の症状を抑制。

ブロメライン

花粉症の方はブロメラインと呼ばれる酵素の分泌が悪く、花粉症で引き起こされる炎症を抑制できにくいだけではなく、食事から入ってくるタンパク質の消化が悪かったり、経口感染するカンジダ感染菌などの殺菌が効果的に行えず、カンジダに感染しやすい傾向があります。

ブロメラインは本来は胃酸として胃から分泌される消化酵素で、食事の中に含まれるたんぱく質をアミノ酸に分解する働きを持ちます。
胃の中で使われなかったブロメラインは、消化された食事と一緒に腸に送られて、腸から吸収されます。
腸から吸収されたブロメラインは、血液中に入り、全身を回って、炎症箇所に発生するフィブリンというタンパク質を溶かして、あらゆる組織に起こる炎症を抑制しています。

炎症体質でお困りの方であれば、アレルギー以外の方でも、数か月使用し炎症が抑制できるか、試されることをお勧めします。
効果のある方は30%~50%くらいと言われていますが、効果がある場合、劇的に炎症体質が良くなるという報告も、アメリカでは多数論文化されています。

アメリカのアレルギー研究では、花粉症やアトピー性皮膚炎、尋常性乾癬や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギー体質で、このブロメラインの分泌不足の体質が、30%~50%くらいの割合の方に発生していると言われています。(花粉症やアレルギー性鼻炎の方はもっと確率が高くなります。)
ブロメラインの分泌が悪いと、様々な個所に炎症が起こりやすくなり、扁桃腺が腫れたり、吹き出物ができたり、結膜炎になったり、というような一般的に炎症体質という厄介な体質になりがちです。

ブロメラインは鼻や粘膜の毛細血管を詰まらせるフィブリンという糸状タンパク質を溶かして、血流を回復させる酵素(本来は自分の胃で作られますが、花粉症の方は、この酵素の分泌が少ないと言われています。)ですから、花粉症の方の遮断された毛細血管の血流を回復させ、鼻や目の粘膜だけが徹底的に壊されるのを防ぎます。
血流があれば、自泳型の攻撃白血球は血液の流れによって、思う様に花粉に近づくことができないので、鼻や目以外の部分の炎症も起こりにくくなります。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ブロメライン』
アメリカでNo.1人気の花粉症サプリ。
鼻や目の粘膜を破壊する自己免疫から組織を守って、花粉症の鼻水や涙、痒みなどを抑制。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ケルセチンの抗ヒスタミン効果で、花粉症の痒みや炎症を起こさせない。

ケルセチン 抗ヒスタミン剤

ケルセチンは海藻から抽出するハーブで、アメリカやヨーロッパで花粉症対策のサプリメントとして、非常に人気があります。
ドイツではヒスタミン抑制の医薬品として認可され、花粉症やアトピー性皮膚炎などの、アレルギーの体質改善に使われるほどの実力です。
日本の花粉症対策としても、是非、前述のブロメラインとの併用をお勧めします。

花粉症の目や鼻のかゆみの最大の原因は、花粉によって白血球から分泌されるグロブリンE(IgE)という免疫抗体が、肥満細胞を刺激して作り出すヒスタミンと言われています。
花粉症用の医薬品にヒスタミンブロッカーと俗に呼ばれているものがありますが、これは肥満細胞のレセプターに蓋をして、肥満細胞がヒスタミンを作らないようにする医薬品です。
アメリカでは、花粉症の多くの方が、ケルセチンという抗ヒスタミンハーブを使って、肥満細胞がグロブリンE(IgE)の刺激を受けても、ヒスタミンを作り出さないように体質改善する方法を行っています。

花粉症の方の肥満細胞(太ることに関係する細胞ではありません。マスト細胞とも呼ばれる、免疫系に属す細胞です。)は、異常に過敏であり、花粉というアレルゲンによって作られるグロブリンE(IgE)に過敏に反応してしまいます。
ケルセチンは肥満細胞の過敏性を、正常に戻す働きがあり、ヒスタミンの作られる量を大幅に減らすことができることが判っています。

皮膚に存在する肥満細胞と、粘膜に存在する肥満細胞は、性質が若干違っています。
皮膚に存在する肥満細胞は、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)に関係する細胞で、グロブリン免疫抗体(IgAやIgEなど)の分泌量を減らす体質改善が終わってからでなければ、ケルセチンによる体質改善はできません。
よって、皮膚系のアレルギーでは、EPAとビオチンで皮膚の強化と、善玉菌サプリメントでヘルパーT細胞白血球の正常化の体質改善が終わってから、ケルセチンの摂取を2年ほど行い、肥満細胞を鈍く体質改善します。

粘膜に存在する肥満細胞は、ケルセチンによる肥満細胞の体質改善が、比較的に即効性を発揮するので、花粉症の始まる1ヵ月~半月前くらいから摂取し、花粉の舞う時期が終わった時点で、ケルセチンの摂取を終わります。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ケルセチン(抗ヒスタミン剤)』
アメリカでNo.1人気の花粉症ハーブ。
ヒスタミンを抑制し痒みを緩和する天然の医薬品としてアレルギー専門医が多数使用。
——————————————————————–

 

★4★『ピルビン酸』のご紹介
~有酸素運動で早期に脂肪燃焼を起こし、消費カロリーを1.5倍に増やすダイエットサプリ。

ピルビン酸への店長の思い入れ

ピルビン酸

少し自慢話になりますが、店長は現在、このピルビン酸だけを使ってダイエットしています。

どこが自慢なのか。。。。
日本では、ダイエットサプリメントとしてのピルビン酸というものが、あまり認知されていないので、なぜピルビン酸を使用するのが自慢なのか、判りにくいですよね。(笑)
説明します。

ピルビン酸というのは有酸素運動をする方でないと、ダイエット効果がないのです。
逆に、有酸素運動をしていれば、80%くらいの方には、その効果を実感していただけるほど、高い実力をもつダイエットサプリメントなのです。

ここで、自慢の種明かしですが。
店長は、ここ半年ほど、ダイエットメニューにスロージョギングという有酸素運動を加えました。
ダイエットを行う上で、有酸素運動を取り入れるのは常識なのですが、ダイエットが必要と感じる方の多くが、運動というものをしていないという統計が出ています。
ピルビン酸を飲んでいるということは、ダイエットに運動を取り入れているという証拠になります。

つまり、ダイエットをしている方たちの中で、有酸素運動をしている店長は、ダイエットの成功者に分類されるのですよ。
20年以上もダイエットに苦しんだ店長が、やっと手に入れた有酸素運動をするという生活習慣です。
これを自慢せず、何をいったい自慢するというのでしょう。。。。。。。。
オーホッホッホッホッホッホ(高笑)
(運動をしなかった人が少し運動を始めると、周りに自慢する典型です。:スタッフ注釈)

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~ピルビン酸は脂肪燃焼率を1.5倍に引き上げる、プロ運動選手ご用達の実力派ダイエットサプリ。

ピルビン酸

アメリカではピルビン酸はプロの運動選手をはじめ、運動をする方なら、まずは知っていると言っても良いほど、認知度が高いサプリメントです。
それだけ効果が高く、摂取によって効果を得られる確率は80%以上と言われています。
つまり、摂取した方の8割の方に、何かしらの効果を感じていただける優秀なサプリメント、という意味です。

それはそうですよね。
プロの運動選手の多くが使っているし、アメリカのオリンピック委員会では、強化選手にピルビン酸の摂取を勧めています。
これは、有酸素運動時の脂肪燃焼を助けて、スタミナをアップさせる効果がビルビン酸にあるため、練習時間を長くとったり、疲労による怪我を防いだりという効果が期待できるからなのです。

アメリカではプロの運動選手や、プロのボディビルダーが使うダイエットサプリメントは、必ず一般の方にも受け入れられて、人気が出るという法則の様なものがあります。
プロは実力主義に基づくサラリー制ですので、効果の出ないサプリメントは使わないので、プロの運動選手の多くが使うピルビン酸は、あなたのダイエットに於いて、良い結果を導く助けとなるでしょう。

ピルビン酸の実力についてはお分かりいただけたと思います。
それでは、一般の方がダイエットに於いてピルビン酸を使う時の、最大のメリットについてお話したいと思います。

ダイエットでは体を動かすことが成功への早道ですが、実際に有酸素運動を行っても、体に溜め込んだ脂肪は減りにくいのです。
ウォーキングや水泳、ジョギングなどを行ったとしても、運動開始から40分くらいまでは、体に溜め込んだ脂肪が燃焼されている訳ではなく、食事から入ってきたブドウ糖や脂肪、体に溜め込んでいるクレアチンリン酸やグリコーゲンが使われていて、体に溜め込んだ脂肪は一切減っていません。
運動開始から40分を過ぎた辺りから、徐々に溜め込んだ脂肪が燃焼され始め、1時間を超えた辺りから、本格的に溜め込んだ脂肪が、エネルギーとして使われます。

つまり、30分くらいしか運動しない方は、食事からのカロリーを使って動いているだけで、脂肪は減っていないのです。
食事からのカロリーを使っているだけだと、食欲が強くなってくるので、食べてしまう分、実際にはダイエットになっていないのです。

しかし、ピルビン酸を飲んでから有酸素運動をすると、早い方で運動開始から10分くらいで、遅い方でも運動開始から20分ほどで、溜め込んだ脂肪がエネルギーとして使われ始めますので、早い段階で脂肪が減り始めるのです。
ダイエットはしたいけれど、長時間の運動ができない方には、是非にピルビン酸を摂取してから、運動をしていただきたいのです。

運動という努力を脂肪燃焼に結びつけるピルビン酸は、あなたのダイエットの味方になることは、間違いないでしょう。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ピルビン酸』
意外と運動が脂肪燃焼に結びついていない方が多いのです。
脂肪燃焼率を1.5倍に引き上げる、プロご用達の実力派ダイエットサプリ。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~アミノ酸ダイエットで成長ホルモンを分泌すれば、更に脂肪燃焼が起こりやすくなります。

アルギニン

ピルビン酸を飲んで有酸素運動を行い、脂肪燃焼の効率を高めるなら、是非、一緒に摂取していただきたいのが、アミノ酸ダイエットです。
ピルビン酸の摂取によって、全身の細胞の脂肪燃焼能力(ATPを作る能力)が高まった状態のところに、どんどん脂肪を供給するのがアミノ酸ダイエットです。
アミノ酸ダイエットを摂取すると、溜め込んだ脂肪が血液中に放出され、細胞内で消費されやすくなります。

詳しい流れは以下の通りです。
アミノ酸ダイエットは成長ホルモンの原料となります。
成長ホルモンは血液によって肩にある褐色脂肪細胞を刺激して、脂肪燃焼リパーゼをたくさん分泌させます。
脂肪燃焼リパーゼは、脂肪を溜め込んでいる白色脂肪細胞を刺激して、溜め込んでいる中性脂肪を遊離脂肪酸に作り替えて血液中に放出させます。
遊離脂肪酸は細胞に取り込まれて、カルニチンやピルビン酸の働きによって、細胞の活動エネルギーであるATPに変換されて、消費されます。

つまり、ピルビン酸やカルニチンが、全身に60兆個あるといわれる細胞の内部で、遊離脂肪酸に酸素を付けてATPを作るスピードを速めるサプリメントとすると、アミノ酸ダイエットは、溜め込んだ中性脂肪を遊離脂肪酸に変換し、細胞にどんどん供給する働きです。
効率の上がった燃焼装置(細胞)に、脂肪という燃料をどんどん供給してあげれば、運動時の脂肪燃焼効率が高まり、痩せ易くなります。

ダイエットに運動を取り入れている方で、アミノ酸ダイエットと、カルニチンと、ピルビン酸を摂って、運動時の脂肪燃焼効率を高めようと考える方がいましたら、是非、以下の説明を読んで、実践してください。

アミノ酸ダイエットは朝食の前に摂取します。
できるだけ朝起きてすぐが良いでしょう。
摂取量は、4カプセル~8カプセルくらいは欲しいです。
朝食後にカルニチンとピルビン酸を摂取してください。
運動が夜になってしまう生活習慣の方でも、上記の摂取タイミングでOKです。
有酸素運動を行う前に、5分~10分くらいのストレッチか、1分~3分くらいの無酸素運動(腕立て伏せや腹筋、スクワットなど)を行って、成長ホルモンの分泌を高めてください。
以上の準備が終われば、有酸素運動を始めていただいて結構です。
最高効率に近い、脂肪燃焼率を手に入れることができるでしょう。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『アミノ酸ダイエット』
成長ホルモンの分泌を増やすサプリ。
溜め込んだ脂肪は成長ホルモンが無いと燃焼しないのです。
——————————————————————–