こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

アミノ酸ダイエット

成長ホルモンは脂肪燃焼に必要なホルモンです。
アミノ酸ダイエットで成長ホルモンを促し、ダイエットを成功させましょう。

ピルビン酸

短時間の運動で溜め込んだ脂肪を燃焼させるので練習時間が短い方の必須サプリ。
脂肪燃焼を1.5倍に増やしダイエット&スタミナアップに。

ググル(コレステロール抑制ハーブ)

中性脂肪やコレステロールが気になる方にお勧め。
漢方の元になったアーユルベーダで数千年の歴史を持つハーブです。

共役リノール酸

肩の褐色脂肪細胞を改善し脂肪燃焼リパーゼをつくる。
血中脂質、血圧、血管の健康は脂肪燃焼リパーゼの分泌にかかってる。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

10月中旬に事務所を引っ越して約1ヵ月が経ちました。
引越した翌日から、会社への通勤を自転車通勤からスロージョギング通勤に変えまして、こちらも約1ヵ月経ったわけです。
走る距離は週に50km~55kmくらいでしょうか。
今年の春から、週に30kmくらいはスロージョギングをしていましたので、倍近くに距離を伸ばしたことになります。
走り方も上半身を使うよう意識しながら走っているせいか、腰や背中が少し重い感じで、鍛えられているなと嬉しくなっています。

これで痩せるかと期待していたのですが、走っている分、少し自由に食事の方も増やしてしまっているので、それほどの体重減少には繋がっておりません。
しかし、まだ1ヵ月くらいですので、あと3ヶ月くらいは体重減少よりも、楽しく走るということに重点を置いてみたいと思っています。
とりあえずはピルビン酸などを飲みながら、脂肪燃焼体質の獲得や、スタミナアップを図りたいと思います。
そして、春になったら、少しだけカロリー摂取を控えて、夏までに今よりも少しだけ締まった体にもっていきたいと思っています。

★3★スロージョギングのすすめ
~スロージョギングで効率的に脂肪燃焼するためのダイエットサプリメント。

まったく辛くないジョギング。それがスロージョギングだ!!

スロージョギング

お願いがあります。
スロージョギングでダイエットと聞いて、自分にはできない、関係ないと、読み飛ばしたりしないでください。
騙されたと思って、5分だけでいいですから、この文章を読んでください。
そこにはダイエットや食事制限などに追われるように生きてきた方の、生活の転機となるような事柄を、盛り込んでいるつもりです。
少しだけお時間をください。

ジョギングやスロージョギングというと、ダイエットの方法としても、かなりハードルの高いメニューです。
・息が苦しい。
・走る時間がとれない。
・疲れる。
・怪我が心配。
・無理。

こんなところがジョギングやスロージョギングと聞いて、思い浮かべる気持ちではないでしょうか?
ダイエットをしたいと考えている方の多くは、運動不足ぎみであることが考えられます。
そうした体質、生活習慣の方が、ダイエット方法の1つとしてジョギングを始めること自体が、難しいと言わざるをえません。

ダイエット大国であるアメリカでも、日本と事情は同じで、ダイエットの初めにジョギングを行うことで、あまりの辛さにダイエット自体を諦めてしまう傾向が見られます。
せっかくダイエットしようと一念発起して取り組んでも、数週間の短期間で諦めてしまえば、ダイエット効果も上がらずに、挫折感だけを味わい、かえって将来のダイエットのビジョンを狭めてしまう結果になりかねません。

そこで考え出されたのがスロージョギングでダイエットという考え方です。
スロージョギングとジョギングの違いが判らない方のために、少し解説しますと、スロージョギングとは、読んで字のごとく、ジョギングをスローで行うことです。

スロージョギングは、ゆっくり走るため辛くないのです。
スロージョギングは、ゆっくり走るため息が苦しくないのです。
スロージョギングは、ゆっくり走るため怪我の心配が少ないのです。
スロージョギングは、ゆっくり走るため疲れないのです。
スロージョギングは、ゆっくり走るため血液循環が良くなり、倦怠感などの疲労回復効果があります。

スロージョギングとは。

ピルビン酸

スロージョギングとは、運動が大嫌いな方のために開発された、大幅な脂肪燃焼に繋がるダイエット方法なのです。

走ることは、息が苦しくなり、脚が疲れ、腰に負担をかけ、まったく楽しくない行為と思っている方は多いのではないでしょうか?
その意識を180°覆すのが、スロージョギング ダイエットです。
スロージョギングはまったく辛いという要素が無いので、時間さえとれれば、誰でも続けられるのです。
初心者の方は、無理せず、月に何度か走る程度でも良いのです。
走る時間だって、5分でも、30分でもOKです。
やりたくない時には、1ヵ月だって、2ヶ月だって、サボってOK。

息が苦しいジョギングは、どちらかというと脂肪燃焼を促す有酸素運動ではなく、筋肉をつけるための無酸素運動に近いものです。
ダイエットをしたい方が行えば、筋肉が増えるため、体重増加を引き起こし、精神的なストレスに繋がる場合もあります。(もちろん、筋肉が増えるのは良いことです。長期間続けていけば基礎代謝カロリーが上がり、本当に太りにくく痩せ易い体質が作れます。)
しかし、スロージョギングは息が苦しくない速度で走り、脚が疲れない速度で走るので、疲れ知らずの楽しい行為であり、即、脂肪燃焼に繋がるすばらしいダイエット方法なのです。(後で説明しますが、少しだけ体質改善をした方が、より効率的に脂肪燃焼が起こせます。)

今ではスロージョギングという考え方は、ジョガーの間で普及しているので、驚くほどの遅い速度で走っていても、恥ずかしくありません。(笑)
それどころか、スロージョギングをしている人を見ると、マラソンへ向けての基礎トレーニングでもしているのかも知れないと思い、案外すごい人なのかも知れないという目で見てしまいます。

走るという行為が辛いものであると考えるのは、今日から止めにしましょう。
スロージョギングをする時の注意点を以下に載せてみます。
・息が苦しいスピードで走ってはいけない。(並走する人と楽に会話ができるくらいの呼吸)
・脚が疲れるスピードで走ってはいけない。(かなりゆっくりでも脂肪燃焼効果はあります)
・翌日に疲れが残るほど走ってはいけない。(疲れたら歩いてしまいましょう)

これがスロージョギング ダイエットなのです。
スロージョギングをされてみれば判ると思いますが、ジョギング中は血液の流れが良くなるので、体のだるさや、日頃感じている疲れなどを、逆に取り除いてくれるはずです。
肩こりや、ホルモンバランスの異常(PMSなど)、冷え症、免疫力の低下などに悩まれている方も、スロージョギングをやってみると、体質改善が見られることが多いことに気づくはずです。

次の項目では、どうせスロージョギングでダイエットするのなら、効果的に脂肪燃焼や体重減少に繋がる方法についてお話したいと思います。

スロージョギング向きの脂肪燃焼系ダイエットサプリメントで効率的なダイエット。

アルギニン

スロージョギングに限らず、運動を伴うダイエットをする場合、脂肪燃焼を促すために必ず行わなければならない体質改善があります。
肩の部分にある褐色脂肪細胞という組織を目覚めさせることです。
運動不足の体質の場合、この体質改善を行わなければ、運動が脂肪燃焼に結びつきにくく、なかなか体重減少に成功しないのです。
また、スロージョギング中に脂肪燃焼が起こらないので、スタミナ不足に陥り、短時間で終えてしまうことにもなります。

ダイエットを行うということは、体重を減らすということよりも、溜め込んでいる脂肪を減らすということが最終目的と言って良いでしょう。
脂肪は、白色脂肪細胞という組織に溜め込まれており、普段はこの組織から血液中に放出されることは、ほとんどありません。
つまり、脂肪は減らないのです。
しかし、先に書いた褐色脂肪細胞を目覚めさせ、尚且つスロージョギングの運動などを行えば、面白いように白色脂肪細胞から脂肪が、血液中に放出され、脂肪が燃焼し、体脂肪が減るのです。

まず、褐色脂肪細胞を目覚めさせ、脂肪を燃やすホルモンである脂肪燃焼リパーゼを作りやすくする体質改善には、アルギニンと共役リノール酸(トナリンCLA)が必要です。
3ヶ月~半年ほどの摂取で、ちょっとしたスロージョギングやウォーキングなどの簡単な有酸素運動で、溜め込んだ脂肪が血液中に放出され、全身の細胞に運ばれて、エネルギーとして使われます。
詳しくは脂肪燃焼サプリメントのページをお読みください。

スロージョギングで脂肪燃焼を1.5倍に増やすダイエットサプリメント。

ピルビン酸

スロージョギングなどの有酸素運動は、運動後から脂肪燃焼がすぐに起こるわけではなく、運動開始から30分~1時間ほどで、溜め込んだ脂肪が細胞内で燃焼を始めます。
つまり、短いスロージョギングでは、食べたカロリーの消費には十分有効でも、溜め込んだ脂肪の燃焼が難しいのです。
このスロージョギングを行ってから、溜め込んだ脂肪の燃焼までのタイムラグを短くするために、ピルビン酸を摂取すると良いでしょう。

ピルビン酸を飲んで5分ほどの柔軟体操を行えば、スロージョギングを始めてから、5分~10分で脂肪燃焼が始まります。
よくピルビン酸を飲んだ時と、飲んでない時では、同じスロージョギングをしても、体の温まりや汗のかき方などが違ってくると言われています。

ピルビン酸はプロの運動選手や、オリンピック級の運動選手の多くが摂取しているサプリメントに挙げています。
短時間での脂肪燃焼に結びつくだけでなく、その脂肪燃焼自体が、スタミナアップに繋がるので、長時間の練習に耐えられるようになるからなのです。

40歳代以上の方であれば、ピルビン酸に加えて、カルニチンやコエンザイムQ10なども摂取すれば、脂肪燃焼効率やスタミナアップにも、効果が期待できるでしょう。
辛くないレベルで走るだけでも、かなりのカロリー消費に繋がりますし、長期間の運動で、筋肉がつき、基礎代謝カロリーが上がり、痩せ易く太りにくい体質を作れます。
スロージョギングという、究極のダイエット方法を、是非、行ってみてください。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」は、冬の乾燥シーズン対策のスキンケアをお届けします。
体の中から作られる皮膚に、材料と血流を与えて、乾燥に負けないお肌を作ります。
乾燥肌や敏感肌だけではなく、吹き出物などのトラブル肌、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などの方にも、是非、お読みいただきたい内容です。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~アルギニンで成長ホルモンを分泌し、褐色脂肪細胞を体質改善して、脂肪燃焼体質に。

アルギニン

アルギニンとリジンとオルニチンが一緒に入っているダイエットアミノ酸という商品が本日のバーゲン品となります。
簡単に説明すれば、朝食前の空腹時に4錠~8錠飲むことによって、成長ホルモンの分泌量を増やすサプリメントです。

成長ホルモンは肩の部分にある褐色脂肪細胞を刺激して、目覚めさせる働きがありますので、運動不足の体質で褐色脂肪細胞が眠ってしまっている方の、必須のダイエットサプリメントです。
アミノ酸ダイエットで成長ホルモンを分泌し、褐色脂肪細胞を刺激すると同時に、共役リノール酸(トナリンCLA)を摂取して、褐色脂肪細胞に栄養を与えてください。
共役リノール酸と成長ホルモンが効率よく褐色脂肪細胞を目覚めさせてくれます。

褐色脂肪細胞が活発でない場合、いくら運動しても、ほとんど溜め込まれた脂肪は燃焼しませんので、無駄に運動しているだけで、体重が減らないので、厭になってダイエットを止めてしまうことになりかねません。
褐色脂肪細胞が元気になれば、スロージョギングやウォーキングをしても、十分に脂肪燃焼が起こります。
運動不足を自覚している方なら、必ず効果をあげられるダイエット方法です。
3ヶ月~半年ほど、アルギニンを多く含むアミノ酸ダイエットで、成長ホルモンの分泌を行い、肩の褐色脂肪細胞を目覚めさせてください。

アミノ酸ダイエットは、運動を伴うダイエットを行う方の必須アイテムです。
例えば、長期に亘るアミノ酸ダイエットの摂取でも、普通にダイエットを行うよりも、かなり効率よくダイエットの効果が得られます。
是非、脂肪を燃やすために、アミノ酸ダイエットで成長ホルモンの分泌を促してください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『アミノ酸ダイエット』
成長ホルモンは脂肪燃焼に必要なホルモンです。
アミノ酸ダイエットで成長ホルモンを促し、ダイエットを成功させましょう。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ピルビン酸は有酸素運動時の脂肪燃焼を1.5倍も促すプロ愛用の実力派ダイエットサプリです。

ピルビン酸

プロの運動選手は長時間の練習に耐えるスタミナが必要です。
アメリカでは、プロの運動選手やオリンピック級の運動選手の多くが、このピルビン酸を摂取しているという統計があります。
その理由は、脂肪燃焼を積極的に促して、スタミナをアップさせるため。なのです。

実際に、アメリカやドイツのオリンピック級の運動選手は、それぞれのオリンピック委員会から、ピルビン酸を積極的に摂取するよう、指導を受けています。
そうした、プロの団体による、ピルビン酸摂取の指導は他でも多くみられ、ピルビン酸の実力をうかがわせます。
実績を求めるプロの団体や選手が摂取しているサプリメントというのは、アメリカ社会で必ず人気が出るという法則がありますが、このピルビン酸も運動を行う方の人気サプリメントとなっています。

ピルビン酸は細胞がブドウ糖や脂肪からエネルギーをつくるTCAサイクル内で使われる栄養素です。
もちろん、そうした栄養素ですので、どんな方でも細胞内で作られています。
しかし、あまり体を動かさない方ですと、細胞内で作られるピルビン酸の量は減ってしまい、その後に運動を開始しても、なかなか分泌量を増やすことができません。
細胞がブドウ糖や脂肪からエネルギーを作る仕組みに関係している栄養素ですので、不足すれば、運動時の疲労や、慢性疲労症候群などにも繋がります。

運動不足の体質とは逆に、ハードに体を動かす方ですと、ピルビン酸の絶対的な分泌量が追いつかずに、細胞の活動に必要なエネルギーが不足して、スタミナ不足と感じるようになります。
サプリメントとして、ピルビン酸を摂取してあげれば、細胞は自然とブドウ糖や脂肪からエネルギーを作って、細胞の活動を活発にさせてくれるので、アメリカのプロの運動選手が常用するダイエットサプリメントの1つになっているのです。

ピルビン酸は細胞内でのエネルギー生産を高める効果により、有酸素運動時の脂肪燃焼効率を1.5倍も高めてくれるのです。
特に運動があまり好きではない方にとって、ピルビン酸が有効なのは、短い練習時間でも、脂肪燃焼にかかる時間を短縮して、溜め込んだ脂肪を効率的に燃焼してくれるという効果です。

運動嫌いの方からプロの運動選手まで、有酸素運動をされるのであれば、このピルビン酸を是非摂取してみてください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ピルビン酸』
短時間の運動で溜め込んだ脂肪を燃焼させるので練習時間が短い方の必須サプリ。
脂肪燃焼を1.5倍に増やしダイエット&スタミナアップに。
——————————————————————–

 

★4★『ググル(コレステロール抑制ハーブ)』のご紹介
~コレステロールや中性脂肪が高めの方にお勧めのサプリメント。

ググルへの店長の思い入れ

ググル コレステロール抑制

中性脂肪やコレステロールが高い方、日本でも増えてきていますね。
アメリカは食生活が脂肪中心なので、問題を抱えている方が多いため、中性脂肪やコレステロールの関係性や、改善策など、非常に研究が進んでいます。
そんな問題を抱えている方に、非常に高い人気を誇るのが、ググル(コレステロール抑制ハーブ)です。

人間ドックの検査などで、動脈硬化や高血圧、コレステロールや中性脂肪などの血中脂質など、循環器系の問題を指摘されて困っている方は、多いと思います。
かつて店長も、その一人でした。
30歳代後半で、頸動脈エコーを受診した時、80歳以上の血管年齢を指摘され、更に、親類たちの循環器系の病気を思い出し、一刻の猶予も無いと考えました。
あれから5年が経過し、頸動脈エコーの数値的な改善も、毎年進んでいます。

上記の循環器系の問題に直面した時に、動脈硬化や高血圧、コレステロールや中性脂肪などの複雑に関連する体質改善の栄養学を、アメリカのサイトに求め、かなり調べました。
動脈硬化や高血圧、コレステロールや中性脂肪という問題点の、どこに梃子(テコ)の棒を差し込むと、こうした体質改善の効果が上がりやすいかなどを、十分に理解し、実践しましたので、この後のバーゲン品の紹介の文章で、お届けしたいと思います。

この問題は、どこの支点に梃子の棒を差し込むかが重要です。
無闇に医薬品や運動、サプリメントや体質改善をしても、効率的な改善は望めません。
是非、アメリカの循環器系の問題体質の研究の成果を、手に入れて、実践してみてください。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~ググル(コレステロール抑制ハーブ)は循環器系の問題体質の改善に人気のあるサプリメントです。

ググル コレステロール抑制

循環器系の問題点は、気がついた時には、動脈硬化や高血圧、コレステロールや中性脂肪などの、様々な問題点が山積みされていて、どこが改善のポイントとして重要なのかが、判らなくなっていることが多いのです。
梃子の棒を、動脈硬化や高血圧、コレステロールや中性脂肪のどこに差し込めば、体質改善の効果が動き始めるのか、それをここに書いてみたいと思います。

太ったり、運動不足の体質になると、中性脂肪が高くなります。
中性脂肪が高くなると、悪玉コレステロール(LDL)が高くなってきます。
悪玉コレステロールが高くなると、善玉コレステロール(HDL)が低くなってきます。

こうした血液構成になると、血管壁に悪玉コレステロールが付着して、血管内を細くしたり、血管を構成するコラーゲンを架橋結合させて、コラーゲンをカチカチに固くし、動脈硬化を引き起こします。
そうなると、血管の弾力が失われて、心臓の送り出す血液の圧力が、分散されなくなるため、高血圧となります。
通常は、善玉コレステロール(HDL)が血管壁に付着した悪玉コレステロール(LDL)を、血管壁から引き剥がし、動脈硬化を防いでいるのですが、このレベルの血液構成の場合、多くの方は善玉コレステロール(HDL)が低くなっているので、動脈硬化を予防する能力が低下して、循環器系の病気(心臓病や脳梗塞、脳溢血など)の危険が高まります。

こうした体質の方は、どうしたら、どこを始めに改善したら、良いのでしょうか?

動脈硬化を改善するために、MSMやホーステール(シリカ)を飲めば、コラーゲンが柔らかくなり、動脈硬化が改善し、コレステロールや中性脂肪や血圧が下がるのでしょうか?

血圧を改善するために、減塩したり、カリウムを摂ってナトリウム(塩分)を追い出したり、キトサンを摂って塩素を排泄すれば良いのでしょうか?

ググル(コレステロール抑制ハーブ)を摂ってコレステロールを下げれば良いのでしょうか?

ググルを摂ったり、有酸素運動をして中性脂肪を下げれば良いのでしょうか?

改善する順番を申し上げると、
・中性脂肪の数値の改善。
・コレステロールの数値の改善。
・動脈硬化の改善。
・血圧の改善。
となります。

結論から申し上げると、とにかく中性脂肪を下げることです。
今回の「ハロー! ビタミン」でご紹介するググル(コレステロール抑制ハーブ)は、半年~1年ほどの摂取で、中性脂肪を下げる効果が期待できます。
循環器系の健康状態が気になる方は、摂取をお勧めします。

更に、中性脂肪の数値を効果的に改善したいのであれば、細胞がエネルギーとして使えない中性脂肪を、細胞がエネルギーとして使える遊離脂肪酸に変換する、脂肪燃焼リパーゼというホルモンをたくさん作れる体質にならなければなりません。
脂肪燃焼リパーゼは、肩にある褐色脂肪細胞でしか作れないので、褐色脂肪細胞を目覚めさせなければなりません。

中性脂肪やコレステロールに問題のある方は、ほぼ全員が、褐色脂肪細胞が不活発になっているので、アルギニンやリジン、オルニチンなどのアミノ酸を摂取し、成長ホルモンを分泌し、肩の褐色脂肪細胞を刺激する必要があります。
今回の「ハロー! ビタミン」のバーゲンの第1弾でご紹介したアミノ酸ダイエットは上記の3種類のアミノ酸を含みますので、是非、摂取して、軽い無酸素運動をして成長ホルモンの分泌量を増やしてください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ググル(コレステロール抑制ハーブ)』
中性脂肪やコレステロールが気になる方にお勧め。
漢方の元になったアーユルベーダで数千年の歴史を持つハーブです。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~共役リノール酸で褐色脂肪細胞を目覚めさせ、中性脂肪やコレステロールを改善。

共役リノール酸

循環器系の問題には、とにかく中性脂肪を減らすことから始めるのが、最も効果的であることは、アメリカの栄養学によって証明されています。
中性脂肪を下げるのに必要なホルモンが、脂肪燃焼リパーゼですが、これを作り出す褐色脂肪細胞を元気にするのが、共役リノール酸(トナリンCLA)です。

脂肪燃焼リパーゼは、中性脂肪がエネルギーとして使われ、中性脂肪の数値が下がるだけではなく、脂肪燃焼リパーゼが白色脂肪細胞(脂肪をため込んでいる組織)を刺激して、アディポネクチンというホルモンを白色脂肪細胞から分泌させることが判っています。
このアディポネクチンは、動脈硬化を起こした動脈に、柔軟性を取り戻させる働きが確認されており、循環器系の問題を抱える方が、是非に分泌を増やしてほしいホルモンの1つでもあります。

アルギニンなどのアミノ酸を摂取して、軽い無酸素運動を行って成長ホルモンを分泌し、肩にある褐色脂肪細胞を目覚めさせるのですが、共役リノール酸を併用した時と、併用しない時で、褐色脂肪細胞の体質改善にかかる時間が、大きく変わることが判っています。
中性脂肪やコレステロール、動脈硬化や高血圧などが気になる方は、是非、アミノ酸ダイエットと共役リノール酸を併用して、3ヶ月~半年くらいの運動を行い、褐色脂肪細胞の活動が活発になるように、体質改善してください。

今回の「ハロー! ビタミン」の前の項目で、ピルビン酸をご紹介していますが、できれば、このサプリメントを摂取して、スロージョギングなどをして、体重や体脂肪を下げる体質改善を行ってください。
いくら医薬品で血中脂質の数値を良くしても、降圧剤で血圧を下げても、運動する生活習慣や、脂肪燃焼に必要な組織の活性化のための体質改善を行わなければ、医薬品から離れることができず、5年後、10年後には手の施しようがないほど、体質を悪化させる可能性も否定できません。
生活習慣病の改善には、体質改善と、生活習慣の改善が、必須です。

アメリカでは生活習慣病の蔓延という歴史から、研究が非常に進んでいます。
体質改善のサプリメントと、生活習慣の改善を、うまく使って根本から健康を取り戻しましょう。
スロージョギングの項目でも書いていますが、それほど辛い思いをしなくても、案外、結果は出てくるものです。
効率の良い改善方法は、この「ハロー! ビタミン」の2つの項目を読んでいただければ判ります。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『共役リノール酸』
肩の褐色脂肪細胞を改善し脂肪燃焼リパーゼをつくる。
血中脂質、血圧、血管の健康は脂肪燃焼リパーゼの分泌にかかってる。
——————————————————————–