スーパー抗酸化カクテルへの店長の思い入れ

アメリカは人口の50%にあたる一億四千万人が、何かしらのサプリメントを摂っている、と言われる国です。
それだけの摂取人口がいるのは、国が中心になって 栄養学やサプリメントを推奨しているからなのです。
そのため、アメリカ食品医薬品局という機関が、サプリメント摂取や健康に関して、アドバイスを出しています。
そのアメリカ国民の健康を守るためのアドバイスは、3つの方針に分けられています。

・栄養補給
・活性酸素対策
・ 腸内環境の改善

活性酸素対策では、抗酸化剤というものが使われているのですが、抗酸化剤は1種類のもので行うよりも、数種類のものを組み合わせて使うことを、多くの栄養学者が勧めています。
その活性酸素対策の中で有名になったのが、今回ご紹介するスーパー抗酸化カクテルです。

なぜ現代人は活性酸素対策が必要なのか?、活性酸素とは本来は何なのか?、効率的な活性酸素対策とは?
こうした疑問に、後の「今回のバーゲン品のご説明3と4」でお答えいたします。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~ スーパー抗酸化カクテルは面倒な抗酸化剤の組み合わせを意識しないで摂れる総合活性酸素対策サプリ。

活性酸素という言葉をよく耳にします。
通常は酸素の電子が1つ足りない状態をいいますが、健康や美容で用いるときの活性酸素は、6種類(専門家によって定義が若干マチマチ)あると言われています。
脂肪が酸化した過酸化脂質、日光を浴びると皮膚表面で作られる一重項酸素、ヒドロキシラジカル、過酸化水素などなど、電子が1つ足りない酸素に電子を奪われた物質も、活性酸素と定義されています。
つまり、活性酸素とは電子が足りない状態の物質で、他から電子を奪おうと働く物質と言ってよいでしょう。

例えば、細胞を構成する脂質などの物質が、近づいてきた活性酸素に電子を奪われると、その細胞に小さな穴が開いたのと同じ状態になります。
大量の活性酸素に細胞が晒されると、穴がどんどん広がり、細胞が崩壊することもあります。
この作用を利用して、好酸球という白血球は、侵入してきたインフルエンザなどの外敵に、活性酸素をたくさん浴びせかけて、滅菌しています。
活性酸素というと悪者のイメージがありますが、免疫が使う武器でもあるのです。
基本的には、呼吸で吸い込んだ酸素の数%が、細胞内組織であるミトコンドリアという組織で、活性酸素に作りかえられて、体内で使われています。

それでは活性酸素は良いものなのでしょうか?
体内である程度の量が作られているうちは良いものでしょう。
しかし、現代人の体内では、体を守るため以上の不必要な量の活性酸素が作られていると言われています。
過ぎたるは及ばざるがごとし。正にこの一言です。

過ぎたる例としてはアレルギーが良い例となるでしょう。
アレルギーの方が炎症やかゆみを引き起こす場合、この活性酸素が関係しています。
アレルゲンを敵と勘違いしているTh2という白血球( 善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)で正常に戻せます。)が、薄い皮膚や皮膚の傷から侵入したハウスダストなどのアレルゲンを攻撃するために、好酸球を使って大量の活性酸素を発生させ、侵入部分の毛細血管や皮膚や粘膜組織を傷つけ壊して、強い炎症を引き起こしています。
本来は無害な物質を敵と勘違いする白血球が、通常の数百倍~数万倍いることで、大量の活性酸素が体内で作られアレルゲンを攻撃します。
ハウスダストなどはもともと生きていないので、活性酸素や好中球エラスターゼで攻撃する意味がないだけではなく、それらの物質が自分の毛細血管やその周りの組織を壊してしまうのです。
他にも、 ストレスや体質によって、体内で大量の活性酸素が作られてしまう方も多く、現代病とも呼ばれる様々な疾病を引き起こしていると、多くの専門家が報告しています。

抗酸化剤というと、まず基本となるのが、 ビタミンCや ビタミンEや ビタミンAです。
これらの抗酸化剤は、自分の電子を活性酸素に渡して、活性酸素を正常な物質に戻すと、自らは電子の足りないビタミンラジカルという物質に変わり、その多くは尿として腎臓から排泄されます。
ラジカルに変わったビタミンCやEやAは、他の物質から電子を奪おうとするので、排泄させてしまうのが良いのです。
ただし、ビタミンCやビタミンP( ケルセチン)を多く摂ると、抗酸化剤同士で電子のやり取りが活発になって、ラジカルになったビタミンが再び復活します。

活性酸素の種類によっては、中和しにくいものもあります。
そういう場合はビタミンCやEやAだけでは対処しにくいので、今回のバーゲン品であるスーパー抗酸化カクテルを併用すると良いでしょう。
スーパー抗酸化カクテルというサプリメントは、アメリカの一番有名な栄養学者によって考案され、レシピが作られた抗酸化剤で、アメリカではよく知られたサプリメントです。
最近の抗酸化剤の栄養学からすると、 ビタミンCや ビタミンEや ビタミンAの配合量が少ないように感じますので、スーパー抗酸化カクテルを効率よく働かせるために、是非、併用をお勧めします。
高価な抗酸化剤を復活させる、安価な抗酸化剤がビタミンCやEやAなのです。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 スーパー抗酸化カクテル』
あらゆる種類の活性酸素を中和する抗酸化剤。ビタミンAやCやEとの併用で、より高い効果を発揮します。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~ コエンザイムQ10で体内で作られる活性酸素の量を減らす。&ダイエットに。

CoQ10

ビタミンCや ビタミンEや ビタミンAなどの抗酸化剤は、体内で発生した活性酸素に電子を渡して、活性酸素を中和させ無毒化するサプリメントです。
ここでご紹介する CoQ10は、呼吸によって取り込まれた酸素が、体内において活性酸素に変換されるのを邪魔するサプリメントで、活性酸素そのものを作らせないようにする、ちょっと珍しいタイプの抗酸化剤です。
日本ではコエンザイムQ10という呼ばれ方をしているサプリメントです。

この「ハロー! ビタミン」の第1弾のコンテンツが夏前の短期間ダイエットだったこともあり、ダイエットサプリメントとしても使える、コエンザイムQ10をバーゲンにするのが良いと思い、ここでご紹介します。
同じくバーゲン品である カルニチンとも非常に相性の良い、脂肪燃焼、ブドウ糖燃焼でも使えるダイエットサプリメントです。

活性酸素の話に戻しますが、活性酸素は主に細胞内のミトコンドリアで作られます。
ミトコンドリアは脂肪やブドウ糖を取り込んで、酸素と結合させて、ATPという細胞が使えるエネルギーを作り出す組織で、全身の60兆個ある細胞のすべてに含まれています。
CoQ10を補給すると、ミトコンドリアでのATPの生産が潤滑に行われるようになるため、ブドウ糖や脂肪に酸素を結合させる過程で発生する活性酸素の生産抑制になるのです。
同じく、ATPの生産が潤滑に行われる現象が、脂肪やブドウ糖の消費アップに繋がるため、基礎代謝カロリーが上がるなどの、ダイエット効果が得られるわけです。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 コエンザイムQ10(CoQ10)』
活性酸素の生産そのものを減らす抗酸化剤は炎症体質の方にお勧めです。カルニチンと合わせてダイエットでも効果が期待。
——————————————————————–