ダイエットには失敗という落とし穴がいたるところに開いていて、その落とし穴を予め知っておくことが重要です。

  • 体質的な落とし穴
  • 生活習慣的な落とし穴
  • 精神的な落とし穴

実際にはもっともっと細かい落とし穴がたくさんあり、長くダイエットを続けていくと徐々に徐々に本人が気付かないうちに、ダイエットを失敗させる方向に体の構造や精神構造を向けさせていきます。
また、10年も20年もかけて徐々に 新陳代謝が鈍くなり、基礎代謝カロリーを低くして、痩せ難い体質を作り上げていきます。
ダイエットの年間スケジュールにはこうした落とし穴の在り処が詳細に記されていますので、是非とも知っていただきたいダイエット理論です。

ダイエットの年間スケジュールに則ってダイエットを行う

ダイエット

前回の「ハロー! ビタミン」のバーゲン品の Lカルニチンと アルファリポ酸の説明で多少述べていますが、秋から冬にかけては細胞の新陳代謝が落ちてカロリー消費が減る傾向にあります。

なぜ 新陳代謝が落ちてカロリー消費が減ってしまうのでしょうか?
その理由は簡単に説明すると熊の冬眠と似ているのではないかというのです。
人間が進化する過程で経験してきた、冬の食糧事情が悪い時期を乗り越えるために採ってきた生き残りの仕組みが、未だに我々の体の中に働いていて、自然とカロリー消費が抑えられてしまうのではないかというのが、 栄養学の研究者の多くに認められているようです。

アルファリポ酸(αリポ酸)Lカルニチン

ダイエットの年間スケジュールに則って、秋から冬の太りやすく痩せ難い時期を乗り越えることが、 ダイエットの成功に大きな影響を与えることが判っています。
秋から冬への新陳代謝が落ちる時期に新陳代謝を落とさないようにすることが、春から夏へかけて痩せやすくなる最短の近道であることを指摘する栄養学者も多いのです。

秋から冬に新陳代謝を鈍らせないダイエット方法

この新陳代謝が落ちてしまう仕組みは非常に複雑で解明が終わっていないのですが、ホルモンと酵素と補酵素の全体的な分泌の低下が原因だといわれています。
アメリカではホルモンと酵素と補酵素の分泌低下を防ぐ目的で、様々な サプリメントの摂取実験が行われていますが、以下のサプリメントで比較的に良い結果が出ているようです。

アミノ酸ダイエットCoQ10

  • L−カルニチン
  • アルファリポ酸
  • コエンザイムQ10
  • アミノ酸ダイエット

秋から冬へかけては補酵素や補酵素を助ける栄養素の分泌が鈍ります。
その鈍りを防ぐために補酵素であるコエンザイムQ10やアルファリポ酸が必要なのです。
また、それらを効率よく働かせるためにカルニチンが必要です。
これらの3つのサプリメントを摂取することで数100種類に及ぶ酵素の分泌が高まることが多くの実験で確認されており、新陳代謝の低下を防いで ダイエットに悪い影響が出ないようにしているのではないかと言われています。

また、これらのサプリメントを秋から冬にかけて摂取していたグループは、春になってからの新陳代謝の活発化がスムーズであり、より早く痩せやすい体質に戻ることができたことが判っています。
春の早い段階で痩せやすい体質を作っておくことは、夏へ向けてのダイエットで非常に重要です。

アミノ酸ダイエットは脳下垂体に影響を与えて成長ホルモンの分泌を高める ダイエットサプリメントですが、ダイエットのために活発にしておいた方が良い3つの組織を活発にする効果が期待できるようです。
3つの組織とは、脳下垂体、副腎皮質、甲状腺です。
これらの活動が活発だとホルモン分泌が活発になり、新陳代謝に良い影響を与え、基礎代謝カロリーを高める効果が期待できます。

基礎代謝カロリーのアップや新陳代謝のアップなどには酵素、補酵素、ホルモンの分泌が強く影響していますので、これらを正常に保つことで痩せやすい体質を作ることが可能であると言われています。
新陳代謝は年間を通して一定ではなく、春夏に上昇し、秋冬に低下します。
年々、秋から冬への分泌低下の割合に対して、春から夏へのの分泌上昇の割合が低くなっていきます。それが加齢による新陳代謝の低下に繋がります。

カルニチンや アルファリポ酸、 コエンザイムQ10や アミノ酸ダイエットの継続的な摂取は、酵素、補酵素、ホルモンの分泌低下を防ぐ可能性が高いと言われています。
それは痩せ難い体質になることを予防したり、改善したりする可能性があるということですので、ダイエットをする方に非常に人気があります。

冬の間は毛細血管が細くなり血流が悪くなるので、全身の細胞において脂肪燃焼やブドウ糖燃焼が行われ難くなります。
そうなると新陳代謝の低下やや基礎代謝の低下を引き起こし、余計にカロリー消費が減ってしまいます。
理想としては寒い時期には新陳代謝をアップして体温を高温で維持することで、カロリー消費が高まり、痩せやすく暖かい冬を過ごすことができるようになるのです。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」は良い乳酸菌の定義をお届けします。
最近、様々な腸内環境改善の製品が販売されていますが、良い乳酸菌とは何か?
効果的な腸内環境改善の方法は?
など、お腹の健康について書いていきたいと思います。
腸内環境の悪化は アトピー性皮膚炎や 掌蹠膿疱症や 尋常性乾癬などアレルギーを引き起こす大きな要因になりますし、 美肌スキンケアや ダイエット、免疫力の低下など非常に広い範囲で強い影響を与えることが判っています。
日本人の食事を考えると多くの方の腸内環境は良い状態とは思えません。 善玉菌で改善する方法をお届けします。

腸内細菌

ダイエットにおすすめのバーゲン品

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~ コエンザイムQ10で酵素の分泌を活発にしてダイエット

コエンザイムQ10

前回の「ハロー! ビタミン」のバーゲンでご紹介した L−カルニチンと アルファリポ酸を助ける働きを持つコエンザイムQ10をご紹介します。

コエンザイムQ10は脂肪とブドウ糖の燃焼に深く関係するだけではなく、全身に60兆個あるとされる細胞のエネルギー代謝を活発にして、細胞の活動を高める働きがあります。
ホルモン分泌細胞や酵素を作る細胞の活動が活発になることで、新陳代謝が上がることが判っていますので、ダイエットしたい方の必須サプリメントと言って良いでしょう。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 CoQ10』
3種類あるコエンザイムQ10で最も販売数の多い商品をバーゲンします。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ アミノ酸ダイエットで成長ホルモンを分泌し、ダイエットする。

アミノ酸ダイエット

ホルモン分泌や酵素分泌、補酵素分泌は非常に複雑に絡み合って、相互に影響し合っているので判っていないことも多いのですが、脳下垂体を活発にして成長ホルモンの分泌を促すことが、ホルモン分泌や酵素、補酵素の分泌に良い影響を与えることは間違いないようです。

成長ホルモンは溜め込んでいる脂肪を細胞が使える形の遊離脂肪酸に変換するために必要な栄養素ですし、ホルモンや酵素の分泌に良い影響を与えるので、 ダイエットや 美肌スキンケアとして、アミノ酸ダイエットは非常に人気があります。
アミノ酸ダイエットで新陳代謝を活発にして痩せやすく太り難い体質を作りましょう。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 アミノ酸ダイエット』
成分であるアルギニンとオルニチンとリジンが成長ホルモンの原料となり成長ホルモンの分泌量を飛躍的に高める。
——————————————————————–