前回の「ハロー! ビタミン」ではダイエットリバウンドの回復には筋肉をつけることが非常に重要だと書いています。
ダイエット リバウンドという現象を生理学的に解説し、糖新生による筋肉の減少であると説明しました。
つまり、ダイエットリバウンドを何度も起こしてしまうと、筋肉が減りすぎて1日の消費カロリー(基礎代謝カロリー)が減ってしまうために、痩せなくなってしまうのです。(詳しくは前号の「ハロー! ビタミン」をご覧下さい。)

筋肉をつけるための ダイエットサプリメントを摂取してダイエット リバウンドから回復するのが一般的ですが、ただ筋肉のつきやすくなるサプリメントを摂れば良いということではなく、自分の体質や生活習慣、運動方法など細かい部分で使う サプリメントを変えていっていただきたいのです。
そうすることでダイエット リバウンドからの回復を早めるだけではなく、脂肪燃焼の起こりやすい体質を作ったり、脂肪の蓄積が起こりにくい体質を作ったりと、ダイエットにおいてプラスに働く体質をいくつも獲得できる可能性も出てくるのです。

そうしたことから今回の「ハロー! ビタミン」では ダイエットリバウンドで使われるダイエットサプリメントを詳しく解説し、体質別、生活習慣別にどの組み合わせが効果的かという点にも解説を入れたいと思っています。

筋肉を付きやすくしダイエットリバウンドの回復させるサプリメント

ダイエット方法

共役リノール酸はアメリカではボディビルダーに長年愛用されてきているダイエットサプリメントです。
簡単な無酸素運動をしながら共役リノール酸を摂取していくと自然と筋肉がつきやすくなると同時に、脂肪燃焼に必要な褐色脂肪細胞という組織を目覚めさせ、体を動かすことが簡単に脂肪燃焼に繋がるようにしてくれるサプリメントです。

ボディビルダーの究極的な目的は体脂肪率の低下と筋肉量の増強ですが、共役リノール酸の効果はこの2つを十分に満たしてくれるため、20年以上もアメリカでのダイエットサプリメントランキングで常に上位にランキングされつづけているのです。
共役リノール酸は トナリンや CLAとも呼ばれる栄養素で、サラダ油であるリノール酸に微量含まれる脂肪酸です。
特許製法によりリノール酸から共役リノール酸を抽出しサプリメントとして販売されています。

共役リノール酸の筋肉が付きやすくなる効果に関しては理論的な解説が行われていないのですが、ボディビルダーたちがもともと筋肉がつきやすくなるサプリメントとして使ってきたことにより、臨床例は非常に多くあり、筋肉をつける効果は非常に高いことが証明されています。
共役リノール酸にはダイエットリバウンドからの回復以外にも アレルギー体質の改善など他にも面白い効果がたくさんあります。
詳しくは上記のリンクから商品ページをご覧下さい。

成長ホルモンの分泌を促し筋肉を付きやするサプリメント

ダイエット

アミノ酸ダイエットは日本でもかなりメジャーなダイエットサプリメントと呼んでも良いのではないでしょうか。
アミノ酸ダイエットに含まれる アルギニンやリジン、 オルニチンというアミノ酸はそれだけを選択的に摂取すると、血液中の濃度が高まり脳下垂体という組織に多くが吸収されます。
脳下垂体ではこれらのアミノ酸を材料にして成長ホルモンを作って一定の条件を満たした時だけ分泌を行います。

成長ホルモンは脂肪燃焼に必須のホルモンで体に溜め込んだ脂肪を減らすには無視できない存在です。
また、成長ホルモンは無酸素運動によって傷ついた筋肉を修復する時に必要なホルモンで、成長ホルモンが十分に分泌される体質の方は筋肉が付きやすくなると言われています。

よって、アミノ酸ダイエットを摂取して ダイエットリバウンドを回復すると同時に、上記の共役リノール酸と併用して脂肪燃焼を起こしやすい体質に体を作り変えることもダイエットを効果的に行ううえで役に立ちます。

アメリカでは運動不足の方が ダイエットを行う時には3ヶ月~半年ほどは 共役リノール酸と アミノ酸ダイエットを摂取しながら軽い無酸素運動や有酸素運動を行い、脂肪燃焼に必要な組織を目覚めさせるという段階を踏む方が多いのです。
ダイエットの初期にはなかなか脂肪燃焼が起こらずに体重が減らないためダイエットを諦めてしまう方が多いのですが、これらのサプリメントを摂取することでその失敗を犯さないように工夫しているのです。

アルギニン共役リノール酸

ちなみに、成長ホルモンが作られる一定の条件とは2つあります。
1つ目は無酸素運動をしている時。
2つ目は夜中の1時~5時までの間に空腹で寝ている時。

上記の条件の時に 成長ホルモンが分泌しますが、加齢とともに成長ホルモンの分泌が少なくなります。
20歳代後半以上になれば成長ホルモンの分泌は極端に落ちますが、 アミノ酸ダイエットを摂取することで成長ホルモンの分泌量をかなり増やすことができることがアメリカのダイエット栄養学で証明されています。

安価でありながら筋肉を付きやするサプリメント

クロミウム

クロムサプリメントはアメリカでは安価なダイエットサプリメントとして非常に人気があります。

ダイエットサプリメントは比較的に金額が高価なものが多いのですが、クロムサプリメントは1ヶ月で1000円前後で使えるうえに、筋肉が付きやすくしてくれたり、ダイエットリバウンドを起こさないようにしたり、ご飯やパスタなどの炭水化物を効果的にエネルギーに変換して、脂肪として蓄積させるのを防ぐ効果などが期待でき、高価なダイエットサプリメントを助けるという目的で他のダイエットサプリメントと併用する方が多いのです。

ダイエットリバウンドとは摂取カロリーが少なくエネルギーが不足することで、筋肉などのタンパク質がブドウ糖に変換されてエネルギーとして使われてしまう現象であることは前回の「ハロー! ビタミン」でも書いています。
クロムサプリメントはすい臓に働きかけてインシュリンというホルモンの分泌を高めます。
インシュリンは血中のブドウ糖を細胞に導く働きがあり、カロリーが不足するような食事制限ダイエットを行う時にも、できるだけエネルギーを多く必要とする筋肉に優先的にブドウ糖を運ぶ働きがあります。
筋肉はブドウ糖が運ばれてくれば自分自身のタンパク質をブドウ糖に変換する糖新生は起こしませんので、筋肉は減りにくくなりダイエットリバウンドが起こりにくくしてくれるのです。

また、ダイエットリバウンドからの回復を行う時に筋肉を使う運動をしていると、一部の筋肉が糖新生を起こして、せっかく増えた筋肉が再び減ってしまい、なかなか筋肉が付かないということも起こります。
クロムサプリメントはそうした現象も改善してくれますので、是非、様々なダイエットの場面でご使用していただきたいサプリメントです。

クロムサプリメントは食事として入ってきた炭水化物(ブドウ糖)をエネルギーとして消費しやすくして、脂肪として蓄積しないようにも働きますので、太り難い体質を作るためにも使われます。
アルファリポ酸(αリポ酸)と隣り合って働いているので、クロムサプリメントを摂る方はアルファリポ酸を併用することをお奨めします。

ブドウ糖を効率的に使い筋力を高めるサプリメント

αリポ酸

先の クロムサプリメントは血中のブドウ糖を細胞に導くサプリメントでしたが、ここでご紹介する アルファリポ酸は細胞の中に取り込まれたブドウ糖を細胞内組織であるミトコンドリアに運び、更にミトコンドリアの内部のクエン酸(クレーブス回路)サイクルという化学反応(ブドウ糖と酸素を結びつけてATPという細胞が直接に使えるエネルギーを作る反応)を効率的に動かす効果が期待できます。

クロムサプリメントが導いたブドウ糖を細胞内でエネルギーに変換するという隣り合った働きをするため、クロムサプリメントとアルファリポ酸は併用することをお奨めします。
併用することで食事制限が強いダイエットを行っても ダイエットリバウンドが起こりにくくなりますし、ダイエットリバウンドの回復も効率的です。
また食べた食事もカロリーとして使いやすくするので太りにくくなります。

筋肉のスタミナをアップさせ筋肉が付きやすくするサプリメント

カルニチン

カルニチンは細胞内のエネルギー製造工場であるミトコンドリアという組織に必須の栄養素で、アメリカのダイエットサプリメントでは最も人気の高いサプリメントと呼んで良いでしょう。

脂肪やブドウ糖は細胞内に取り込まれた後、ミトコンドリアに取り込まれて酸素と結合されて再び細胞内に放出されます。
その放出されたATPというエネルギーを使って細胞が活動していますので、このATPを効率よく作るカルニチンはカロリー消費を高めます。
その実力は ダイエットサプリメントとして肥満外来病院で一番使われているということを見ていただくだけで十分ではないでしょうか。

カルニチンは細胞がエネルギーを効率的に作るために働きますのでスタミナアップに働きます。
ダイエットリバウンドを回復させるためには筋肉を使う無酸素運動という運動をしなければならないのですが、カルニチンで筋肉のスタミナをアップさせると無酸素運動を多くできるようになりますので、ダイエットリバウンドからの回復をしやすくなります。

オリンピック級の運動選手が筋肉アップに使うサプリメント

ピルビン酸 ダイエット

ピルビン酸はミトコンドリア内部でブドウ糖と脂肪に酸素を付ける作業で必須の栄養素です。
ピルビン酸はアメリカオリンピック委員会では、オリンピック級の運動選手にスタミナアップのために摂取を薦めているサプリメントで、筋肉のスタミナをアップするためにダイエットリバウンドからの回復を助けます。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

今回の「ハロー! ビタミン」でダイエットリバウンドからの回復は終わります。

ダイエットを行っている方の多くが気付かないうちに徐々に筋肉が減っていて、気が付いた時には1日の消費カロリーが落ちていて、痩せない体質になっていることが多いようですので、ダイエットリバウンドとハッキリ判る状況に陥っていなくても、今回の 栄養学を参考に筋肉量を増やす方向で少し活動してみるのも良いのではないでしょうか。

ダイエットリバウンドを起こしていなければ、それはそれで基礎代謝カロリーを増やすことにもなるので、自然と痩せやすい体質に変わることができます。
ダイエットの成功に近づく重要な方法が筋肉量を増やすことです。
次回の「ハロー! ビタミン」は最近のご相談で非常に増えてきている不妊症体質の改善方法について、アメリカで支持されている栄養学の情報を厳選してお届けいたします。

ダイエットにおすすめのバーゲン品

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~新しくなった 共役リノール酸は150%以上用量が増えて価格は据え置き。

共役リノール酸(トナリンCLA)

今回の「ハロー! ビタミン」でも紹介していますが、 共役リノール酸はアメリカではボディビルダー達に高い評価を受けているだけに、筋肉が付きやすい体質に体を変えてくれたり、運動不足の方が運動を伴うダイエットを行う時に有酸素運動をできるだけ効果的に 脂肪燃焼に結びつけるダイエットサプリメントです。

ダイエットリバウンドを回復させるだけではなく、これから行うダイエットに於いて ダイエットリバウンド防止の効果も期待できます。
ダイエットを行うと程度の差はありますが筋肉が減る糖新生という現象は起こるといわれていますので、できるだけ筋肉が減らないようにするようサプリメントと生活習慣(主に無酸素運動を少し行う)に気をつけるべきであると、アメリカの多くのダイエットドクターやダイエットインストラクターは指導しています。

共役リノール酸はここ20年はアメリカのダイエットサプリメントの人気ランキングの中では常に上位に入っているダイエットサプリメントです。

特に運動不足の方がダイエットを行う時に始めの3ヶ月~半年くらいは摂取すると、ダイエットの成功率が高まるということが多くのダイエット雑誌などに載っています。
ダイエットの初期に体重減少が起こらずにダイエットを諦めてしまう方が多いのですが、共役リノール酸を摂取することで ダイエットの初期の失敗率を下げることができるので、ダイエットをする方は摂取することをお奨めします。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 共役リノール酸ダイエット』
新・共役リノール酸は150%以上用量が増えて価格は据え置き。長年ダイエットで高い評価を受けている。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ カルニチンはアメリカの肥満外来病院で最も使われるダイエットサプリメント。

Lカルニチン

カルニチンはダイエットサプリメントの中心的存在と言って良いでしょう。

脂肪燃焼やブドウ糖燃焼を促すダイエットを行う場合、必ずカルニチンが働く工程を通過しなければなりません。
つまり、すべての方がカルニチンが無いと脂肪もブドウ糖も燃焼はできないのです。

もちろん カルニチンはすべての方の細胞の中で分泌されている栄養素ですので(もちろんですよね。カルニチンを分泌できない方は生きていけませんからね。)、基本的には摂取の必要が無い栄養素です。
しかしアメリカのダイエット栄養学やダイエット医学の中で行われている体質調査では、ダイエットが必要な方の多くは細胞内でのカルニチンの分泌が不足している可能性が高いと言われており、そうした多くの方にとってダイエットに効果的に働く可能性が高いのです。

アメリカのドラッグストアでは太っている方、太りやすい方、痩せ難い方にはとりあえず カルニチンを勧めろという様な傾向があります。
実際にアメリカのダイエットサプリメントの人気ランキングでも、長年BEST5から下に落ちたことの無いダイエットサプリメントですし、アメリカに多くある肥満外来病院と呼ばれるダイエット専門のクリニックで、最も多く出されている ダイエットサプリメントでもありますので、とりあえずカルニチンを勧めるというのも実力の裏づけがあって行われていることが判ります。

食事から摂取した脂肪とブドウ糖、もしくは体内に蓄積された脂肪は細胞内のミトコンドリアという組織に取り込まれ、酸素と結合されてATPというエネルギーが作られます。
このATPが細胞が活動する時に使われるエネルギーで、脂肪やブドウ糖を直接に細胞が使っている訳ではないのです。

この脂肪とブドウ糖をエネルギーに変えるミトコンドリアという組織に、脂肪とブドウ糖を取り込むときに必要なのが lカルニチンというアミノ酸なのです。
この働きだけは他の栄養素で代替ができないので、カルニチンの分泌が悪くなるとエネルギーを効率的に作れなくなり、食べたカロリーが十分に使えなくなりますので太りやすくなるのです。
カルニチンの分泌は体質によっては子供の頃から分泌が鈍い人もいますが、平均すると25歳くらいから分泌が減ってくると言われています。
中年になって太ってくる原因の1つはカルニチンの分泌が不足するからだというのがダイエットの 栄養学の定説となっています。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 カルニチン』
カルニチンはアメリカの肥満外来病院で最も使われるダイエットサプリメント。
——————————————————————–