アメリカの アレルギーの研究において、パントテン酸の評価は非常に高いのです。
パントテン酸は副腎皮質というステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)の分泌を行う組織に必要な栄養素です。
パントテン酸は食事からの摂取が十分にできないため、供給は腸内細菌に頼っています。
善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)が主に分泌しているのですが、アレルギーの方は腸内環境が悪いため、善玉菌のパントテン酸の分泌が不足して徐々に副腎皮質が弱まり、アレルギーに関係するいくつかの体質に陥ります。

  • ホルモンバランスが崩れる。
  • 日焼けに弱い。
  • 皮膚が酸素に弱い。
  • 乾燥肌や敏感肌になる。
  • 様々な炎症が起こりやすくなる。
  • 皮膚が弱い。
  • 皮膚が薄い。
  • ニキビ。

上記のいくつかが当て嵌まる体質の方は、アレルギーではなくても副腎皮質が弱っている可能性があります。
主原因の 腸内環境の改善を行い、根本的に改善を行うことをお勧めします。

今回の「ハロー! ビタミン」では パンデミックに関する情報をお届けしていますが、サイトカインストームが酷くなる原因も、ステロイドホルモンの分泌不足が深く関係しています。
アレルギーだけでなく、 ニキビなどの様々な炎症が起こりやすい方には、パントテン酸による副腎皮質の体質改善や、腸内改善、ビオチンの摂取などを行って、炎症が起こる原因を割り出し、体質改善していただきたと思います。

パントテン酸の販売はこちらからどうぞ。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~ パントテン酸でステロイドホルモンの分泌を増やそう。

パントテン酸

パントテン酸は体内で使用する大部分を腸内細菌の分泌に依存しています。

アメリカでの統計ですが腸内環境が悪い方は比較的に多いそうです。
日本人はアメリカ人よりも 食物繊維の摂取量が多いので、アメリカよりも悪くはないとは思いますが、別の視点から見れば、アメリカ人よりも日本人の方が腸が長いし、筋力(腸も筋肉でできています。)が弱いので、悪化する環境がアメリカ人よりも多いと言えば言えるのです。
ストレスなども過度にかかっている方も日本人には増えているかもしれませんね。

そのあたりは個人差があるし、全体的なことを言っても、意味は無いので深くは追求しませんが、個人的な意見としては腸内環境が悪い方の方が多いのだろうということは想像しています。
便秘ではないから腸内環境が良いと考えるのは間違いで、腸内環境は統計で判断するべきです。
医療機関でキチンと 腸内環境を観察してもらうとかなりのお金がかかるし、日本でその様なことをやっている医療機関は少ないでしょう。よって、統計で判断するべきなのです。

アメリカの進んだ栄養学で判っていること。(統計で判断する時の確かな基準)
・アメリカ人の平均的な食事や生活習慣をしている方の7割~9割(栄養学者によりこの辺りの数字は若干違っています。)は、腸内環境がどちらかというと悪い。
これを踏まえて、自分の食習慣や生活習慣、腸の長さ、筋力、ストレスなどなど、様々な変数を当て嵌めて、想像してみましょう。

腸内環境が良いと断言できる方は少ないのではないでしょうか?
日本人もアメリカ人も今では同じような食習慣や生活習慣を持っています。
その辺りを考えると、日本人でも腸内環境が悪い方が多い可能性は高いですよね。
ちなみに、アメリカンビタミンショップでは アレルギーの方が多いのですが、アレルギーの方は全員が腸内環境は悪玉菌優勢であると、アメリカのアレルギーの研究者の多くが報告しています。
その悪玉菌優勢の度合いもかなり悪玉菌優勢に傾いて安定してしまっていますので、腸内環境の改善は重要な アレルギー体質改善の手段の1つです。

パントテン酸を摂取することで、アレルギーの炎症体質や皮膚が弱い体質を改善する方法は、アメリカでも非常に高い評価を得ており、アメリカのアレルギー内科では多くの処方例があります。
腸内環境が悪ければパントテン酸やPABAの供給が悪くなり、徐々に副腎皮質が栄養不足となって活動が落ちてしまいます。

アレルギーの方は腸内環境が悪いのは間違いないので、副腎皮質が弱っている方も多いようです。
炎症体質や日焼けに弱い体質、皮膚が薄い体質や乾燥肌敏感肌などの方は、パントテン酸(ビタミンB5)の不足や腸内環境の悪化を考えてサプリメントの摂取を行った方が良いでしょう。

副腎皮質の改善では以下のサプリメントが組み合わされます。
・ パントテン酸(ビタミンB5)
・ エスターC(たまたま今回のバーゲンです。)や ビタミンC
・ PABA
ちなみに、パントテン酸もPABAも善玉菌が分泌しています。

パントテン酸(ビタミンB5) エスターC ビタミンC PABA

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 パントテン酸』
アレルギーでステロイドホルモンの分泌で重要な働き。炎症体質や皮膚が弱い体質の方にお勧め。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~ 善玉菌サプリメントでパントテン酸を自分で分泌できるようになろう。

善玉菌 乳酸菌 腸内細菌

パントテン酸の供給元としては圧倒的に善玉菌が挙げられます。食事からの補給がほとんどできない栄養素ですので、腸内環境が大切なのですよ。
逆に言うと、腸内環境が悪い方は徐々に副腎皮質が弱って、炎症体質や皮膚が弱い体質になってしまいます。
アメリカではパントテン酸やビオチンなどが処方される方は、基本的には善玉菌サプリメントが一緒に出されることが多いのです。

善玉菌の摂取を行えばすぐにパントテン酸の供給に繋がるわけではありませんが、1年~2年くらいの善玉菌の摂取で副腎皮質を正常に保つための量は供給してくれますので、パントテン酸と善玉菌の併用で少し気長に副腎皮質を改善してみませんか?
前の項目でご紹介したエスターCはパントテン酸と一緒に摂取すれば、副腎皮質を強化する手助けをしてくれますし、善玉菌と エスターCを一緒に摂取すれば、効果的に腸内で善玉菌が増えやすくなります。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 善玉菌サプリメント』
アレルギー体質改善の中心のサプリメントです。美容や健康で広い範囲で効果が期待できます。
——————————————————————–