こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

カリウム

20歳を超えた辺りから吸収量が減ってくるカリウム。今の日本人は不足している方が多いでしょう
カリウムが不足すると夏バテや疲労感、むくみや組織の痙攣などが起こります。

カルニチン

細胞の活動に必要なエネルギーの生産量をアップするサプリ。
不足すると夏バテや慢性疲労症候群になりやすくなります。太りやすい方に効果的。

ビタミンBサプリメント

体質改善を早めるには細胞の新陳代謝を早めること。
ビタミンB群は細胞の三大栄養素の代謝を上げ新陳代謝を早めます。

CoQ10

CoQ10は60兆個ある細胞のエネルギー生産に関わる重要な栄養素。
元気を失う原因が、細胞の活動の低下であり、その原因がエネルギー生産の低下なのです。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

今日の天気予報番組で、日本が熱帯化していると、気象予報士の方が言っていました。
確かに、夕立というか、ピンポイント豪雨と名付けられた雨の降り方をみると、熱帯のジャングルを思い浮かべるくらいに、強烈な雨が降りますよね。
子供の頃の夕立は、降ると涼しくなって、夜は過ごしやすかったのですが、最近のピンポイント豪雨は、降った後に蒸し暑くなって、余計に体力を奪う様な気象です。
去年の春から始めたジョギングの習慣は今でも続いていますが、雨の後に走ると、湿気で体温が下がらず、自動販売機で水を買って体温を下げるようなことしかできません。
汗ばかりかくので、血中の塩分濃度が上がり、カリウムが失われているのが判るくらいに、筋肉が疲労します。

今年の夏は前半はやや涼しかったものの、9月いっぱいまで暑さが続きそうな予報になっていますね。
私の住んでいるのは関東ですが、去年の10月初めまで暑かった夏が、再びくるのかと思うと、ゲッソリしそうです。
連日の35度超えで、9月半ばから、「もう、いい加減に勘弁してくれ」って思っていたのを思い出します。
皆さまも、お体に気を付けて、夏を乗り切ってください。

★3★効果重視の夏バテからの回復のための栄養学
~長引く暑い夏の後半戦を前に夏バテを解消しましょう。夏の疲労を放っておくと体調不良の原因になります。

夏バテだけじゃない。疲れやすい、現代の日本人に不足するミネラル、それはカリウムです。

カリウム

アメリカ合衆国は広大で、北と南では気象がまったく違っています。
夏のカリフォルニアやマイアミなどは、アスファルトが柔らかくなるほどに、日差しが強く暑いのです。
そうした南に住んでいるアメリカ人に対して、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、体力をつけるためにカリウムの補給を推奨しています。
特に年配の方などは、体力維持のためにカリウムサプリメントの摂取を義務付けている地域もあるくらいに、暑い時期の必須栄養素です。

カリウムは汗をかく時期には、体内に不足しやすいミネラルで、現代人には常に補給を推奨する栄養学者や医師も多いのです。
カリウムが不足すると、どういう現象が起こるかというと、夏バテの様に体がだるくなります。
また、脚などの様々な筋肉が痙攣しやすくなり、酷い方ですと脚が攣ったりします。
眠っても疲れが取れない原因の1つでもあります。

塩分の摂り過ぎにより、カリウムは体外に排泄されやすくなります。
塩分を摂り過ぎると、血中のナトリウム濃度が上昇し、腎臓が働いてナトリウムを排泄し、血液の健康を維持するのですが、ナトリウム排泄のために、カリウムが必要となり、細胞中からカリウムが血中に出て、ナトリウムとカリウムが排泄されます。

ナトリウムは塩分から摂れますので、現代の日本人は食事からの塩分で、ナトリウムが過剰になっています。
しかし、カリウムは主に野菜から摂取されますが、十分な量の野菜を食べない日本人が増えていますので、多くの方にカリウム不足が懸念されています。
また、カリウムは加齢とともに食事からの吸収率が減ってきますので、25歳を超えた方はカリウム不足を意識して、カリウムサプリメントの摂取をお勧めします。

カリウムが筋肉を動かす仕組みを整え、むくみや疲労、脱力感や夏バテを解消。

マルチビタミン

カリウムは200g~300gほど体内に存在しています。
カリウムは主に細胞内に多く存在し、細胞外のカリウム濃度は低いとされています。
筋肉や神経細胞はカリウムチャネルを通して細胞内から細胞外へとカリウムの濃度を変えることで生じる電位差を使って活動しています。
カリウムが不足すると 低カリウム血症や夏バテなどのように筋肉の運動に障害が発生するのはそのためです。

食品から吸収できるカリウムの量は少なく、過剰なカリウムは腎臓で排泄されるため、今の日本人はカリウム不足を起こしている方が多いようです。
カリウムの必要量は一日で1000mg~2000mgとされています。
カリウム不足を起すと 低カリウム血症などの健康被害も起こしますのでご注意下さい。

カリウムというミネラルはもともと吸収が難しい栄養素で、通常はカリウムサプリメントはキレートという処理を施して商品化されます。
食品中のカリウムは無機カリウムで、小腸からの吸収が十分に行えないことが多いのですが、キレート処理を施したカリウムは有機カリウムとなって、小腸から吸収できるカリウムの量は無機カリウムと比べて数10倍になることが判っています。
アメリカンビタミンショップで扱うカリウムサプリメントは、吸収しにくいカリウムをアミノ酸と結合させることで、吸収効率を上げたカリウムサプリメントです。

低カリウム血症であるかどうかを素人判断するのは難しいのですが、夏バテだけに限らず、脱力感や筋力低下から始まり、便秘や腸閉塞、不整脈や動悸などが起こります。
喉の渇きや尿量の増加などが併発しているようであれば低カリウム血症を疑って良いと思います。
普段の食生活で食品からの カリウムを十分に摂れていない方や、塩分を多く摂取する方は低カリウム血症になりやすいと考えて良いでしょう。
低カリウム血症になると体がだるくなったり、筋肉が痙攣を起こしたり、心臓に負担がかかったり、むくみを起こし、夏バテの様な症状が出てきます。
酷い低カリウム血症を起こせば病院での治療が必要となってきますので、注意が必要です。

カリウム不足の夏バテ体質を放っておくと、秋から冬にかけて健康問題に発展する可能性があります。

マルチミネラル

カリウムは細胞内に多くが存在し、細胞内の水分量の調整を行っています。
夏に汗をたくさんかいたりして、カリウムが不足し、細胞内のカリウムが血中に出され、体内のカリウム、ナトリウム、マグネシウムなどの濃度調整を行います。
このカリウム不足が長期で改善されないと、細胞内の水分量に異常が起こり、細胞の老化、細胞のエネルギー代謝の低下、細胞の機能低下などが起こる可能性が高くなります。
人間は60兆個の細胞で構成されていますので、細胞1つ1つのポテンシャルを低下させるカリウム不足は、人間の体調を悪化させる大きな原因の1つと言って良いでしょう。

カリウムを研究している栄養学者の表現ですが、カリウム不足は水分代謝のバランスを失わせ、細胞を枯れさせると言っています。
ナトリウムの過剰は食事を改善するのも大切ですが、それにより食事の楽しさが失われてしまうことも否めません。
細胞を、体を、枯れさせないように、水分代謝を活発にするのであれば、ナトリウムを減らすと考えるよりは、もともと進化の過程で大量に摂取を続けてきたカリウムを増やすという考えの方が、より自然であると思います。

カリウムは現代の日本人なら、全員が摂取して良いサプリメントだと思います。
食事から入ってくる吸収しにくいカリウムではなく、キレート加工を施して、体内に吸収しやすくしたカリウムサプリメントなら、バケツ一杯の野菜を食べるよりも、数粒で簡単にカリウムを多く摂取できるので、冷たいものの摂り過ぎで疲れた胃にも優しいですよ。
是非、摂取してください。

また、疲労回復を早めるためには、ビタミンB群なんかも併用すると良いでしょう。
細胞の調子を整えて、バイオリズムを本来の姿に戻す効果も期待できます。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」は、日焼け後のスキンケア対策についてお届けします。
春から夏にかけての紫外線照射で傷んだお肌を放っておくと、お肌組織の劣化に繋がり、乾燥肌や敏感肌、脂性肌から、お肌が急激に老化します。
アメリカ人女性が自ら実践し、今では完全に定着した、体の中からの栄養補給で、老化の下り坂を緩やかにするスキンケア。
深層美白でシミを防ぎ、浅層美白で色黒、黄ばみ防止する方法についてもご紹介。

スキンケアは一生続くもの。
実践した人と、しなかった人では、10年後、20年後に差が出るスキンケア。
効率的に栄養を補給し、効果的にお肌の老化を防ぎましょう。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~カリウムで筋肉のコントロールを取り戻し、夏バテや疲労感、むくみなどを解消しましょう。

カリウム

夏はむくみが酷くなると実感される方が増えています。

夏は汗により水分が出て、血中のナトリウム濃度が上がるので、自然とカリウムの排泄も増えるのです。
食事からの摂取が十分でないカリウムが不足すると、筋肉が動きにくくなります。
これが、むくみや疲労や夏バテの原因なのですが、どうせなら、カリウムと筋肉の関係を簡単に勉強してみましょう。

先進国の多くでは、ここ50年ほどの間に人間の生活は驚くほど良くなり、塩分(ナトリウム)を多く摂り、野菜を少なく肉の多い食事を摂るようになりました。
カリウムとナトリウムの関係だけ見ても急激な逆転現象が起こっています。

カリウムに拮抗する働きのナトリウムの補給が昔は困難だったため、ナトリウムを代謝する能力が低いのです。
しかし、肉や魚料理には塩分が多く、体内にナトリウムが多く摂り込まれ、代謝できなくなり健康に問題を抱える方も増えてきています。
アメリカ食品医薬品局が調査した食生活とカリウム摂取の関係から類推すると、アメリカナイズされた食事を多く摂っている日本人には 低カリウム血症の可能性が高いと考えられます。

食品中のカリウムは野菜の細胞内に多く含まれていますが、野菜の細胞は細胞壁という 食物繊維で守られているため、細胞内にあるカリウムを摂取するには野菜の細胞壁を破るために、相当の咀嚼が必要であると言われています。
もともと野菜不足でカリウムの多い食品を摂らないうえに、食品からのカリウム摂取が十分に行えないことが多いため、 カリウム不足の方が増えています。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『カリウム』
20歳を超えた辺りから吸収量が減ってくるカリウム。今の日本人は不足している方が多いでしょう
カリウムが不足すると夏バテや疲労感、むくみや組織の痙攣などが起こります。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~カルニチンは疲労回復で最も摂取されるサプリメントです。

カルニチン

カルニチンはダイエットサプリメントとして有名ですが、疲労回復の分野でも毎年のように、疲労回復サプリメントの人気ランキングで1位を獲得するサプリメントです。
ダイエット効果としては、細胞内のエネルギー工場であるミトコンドリアという組織に、ブドウ糖や脂肪の取り込むスピードを速めるため、ブドウ糖消費と脂肪消費を高めて、痩せる効果に繋がります。
疲労回復効果としては、細胞内のエネルギー工場であるミトコンドリアという組織に、ブドウ糖や脂肪の取り込むスピードを速めるために、細胞のエネルギー生産量が増えて、疲労回復効果を発揮するのです。

つまり、同じ働きが、痩せる方と、疲労回復する方に働いているだけなのです。
同じ効果を別の角度から見ているのと同じなんですよ。

カルニチンというサプリメントは既に書いたように、疲労回復サプリメントとして、多くの病院で慢性疲労症候群の改善に使われるくらいに実力のある、人気の高いサプリメントです。
また、カルニチンは肥満外来病院でも、ダイエットのために最も効果があるサプリメントとして、ここ20年くらい使われてきています。
つまり、同じ効果を別の角度から見ているのですから、その体質改善効果に関しては、2つの分野でTOPを誇るのは、当たり前なのですね。

とにかく実力に定評のあるカルニチンで、夏バテや疲労、むくみなどを改善してみてください。
カリウムと一緒に摂取することで、カリウムの筋肉の動きをコントロールする働きと、カルニチンの筋肉細胞に十分なエネルギーを与える働きが一緒になり、より効率的な疲労回復効果が期待できます。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『カルニチン』
細胞の活動に必要なエネルギーの生産量をアップするサプリ。
不足すると夏バテや慢性疲労症候群になりやすくなります。太りやすい方に効果的。
——————————————————————–

 

★4★『ビタミンB群タイムリリース』のご紹介
~ビタミンB群は11種類揃ってはじめて効果的な働きをします。

ビタミンB群タイムリリースへの店長の思い入れ

ビタミンB

前回、ビタミンB群をご紹介しましたが、今回はビタミンB群の機能にゆっくり溶けるタイムリリース機能が追加されたサプリメントのご紹介です。
ビタミンBは水溶性の性質を持ち、尿として排泄されやすい性質をもちます。
ゆえに、摂取は毎食後というように、時間を空けて食後に摂取するのが基本となっています。
毎食後の様な面倒な飲み方が苦手な方は、今回ご紹介するビタミンBサプリメントをご利用いただければ、タイムリリース機能と言って、体内でゆっくり吸収される機能がついているので、効率的な摂取が可能です。

先のコンテンツで夏バテや疲労回復について、体質改善方法を記していますが、カリウムとビタミンBサプリメントを併用することで、夏バテ改善や疲労の予防に繋がります。
ビタミンB群には脂肪やブドウ糖の消費を引き上げる効果が期待され、その効果が疲労回復に効果を発揮するのです。
日本で人気のドリンク剤の多くに、ビタミンBが使われていますが、ブドウ糖消費、脂肪消費、タンパク質代謝などの向上が目的とされているのです。

ビタミンB群は三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)を細胞が使う時に必要な栄養素です。
つまり、体を作る栄養素(主にタンパク質)は、ビタミンB群が不足すると、うまく使えないのです。
体を動かすエネルギー(主に脂質と炭水化物)は、ビタミンB群が不足すると、うまく使えないのです。
栄養学的にいうと、体(細胞)を作るため、及び、体を動かすために、非常に重要な必須ビタミンという言い方ができるでしょう。

ビタミンBはビタミンCとは違い、よくビタミンB群という言い方がされます。
ビタミンBを三大栄養素の代謝で最大限に働かせるためには、11種類のビタミンB群が体内で不足なく揃っていないといけないと言われています。

ビタミンB群の栄養学者の論文に面白い表現が載っていたので、ご紹介します。
11種類のビタミンBとは、
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB3(ナイアシン)
・ビタミンB5(パントテン酸)
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・葉酸
・ビオチン
・コリン
・イノシトール
・PABA
です。

この11種類のビタミンB群を判りやすく例えると、11枚の木片でできた樽である。
11枚の木片を箍(たが)で締めて、樽に隙間ができないようにします。
しかし、11枚の木片のうち、もし、1枚でも他の木片よりも短い木片があれば、樽に水をためる時に、短い木片のところまでしか水は溜らない。
ビタミンB群も、体内に1種類でもビタミンBが不足すれば、他の10種類のビタミンB群が十分に体内にあっても、不足しているビタミンBのところまでしか、ビタミンB群として働かない、というのです。

よって、アメリカで販売されているビタミンB群は、必ず、上記のビタミンB群が11種類揃って入っています。
新陳代謝を早め、体質改善を急ぐのであれば、三大栄養素を効率的に使えるように、ビタミンB群サプリメントを摂取していただきたいと思っています。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~ビタミンBサプリメントは体(細胞)が三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)を使う時に必要。新陳代謝を高める。

ビタミンBサプリメント

先の「ビタミンB群への店長の思い入れ」の中で、11種類のビタミンB群が揃わないと、新陳代謝が高まらないということをお伝えしました。
そのために、ビタミンB群という11種類のビタミンBをバランスよく揃えたサプリメントを、ご用意しているのですが、それとは矛盾する形で、いくつかのビタミンBを単体でも販売しています。

11種類のビタミンB群が揃わないと、十分に働かないと書いておきながら、ビオチンなどのビタミンBを単体で販売するのは何故か?
実際に以下の商品は単体で売られています。
・ビタミンB5(パントテン酸)
・葉酸
・ビオチン
・コリン
・イノシトール
・PABA

11種類のビタミンB群が揃わないと働かないのは、三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)の代謝においてなのです。
つまり、細胞を作り働かせたいなら、11種類のビタミンB群が必要ですよ、という意味です。
人間は成人で60兆個もの細胞でできているので、その60兆個の細胞を健康にするなら、ビタミンB群を摂りましょう。

しかし、ビタミンBのそれぞれには、三大栄養素を使うだけではなく、ビタミンBそれぞれにいろいろな働きがあるのです。
例えば、ビオチンには、皮膚のすぐ下にある膨大な毛細血管網を太くして、皮膚への血流を高める働きが顕著なので、お肌のトラブルには効果を発揮することが多いのです。
また、炎症抑制のホルモンも、ビオチンが作る部分もあるので、炎症体質の方が摂取すると、皮膚炎などが緩和されることもあります。
この様に、ビタミンBの単体のそれぞれには、それぞれの働きがありますので、その働きを使った体質改善には、単体で摂取すれば良いのです。

単体それぞれの働きについて知りたい方は、以下の説明を読んでいただければと思います。
ビタミンB群に含まれる栄養素について解説しています。

  • ビタミンB1
    成長の促進に関係するビタミン
    神経系を正常に保ち精神のビタミンといわれる
    筋肉と心臓を正常に保つ
  • ビタミンB2
    口内炎を防ぎ爪 髪 皮膚の健康を保つ
    成長と生殖機能に関係するビタミン
    視力に関係し眼精疲労を改善する
    炭水化物 タンパク質 脂質を上手に使うのに必要
  • ナイアシン
    血流に関係する
    コレステロールや中性脂肪を減らす
    神経系と脳の健康に必要
    皮膚を正常に保つ
  • パントテン酸
    副腎皮質の健康に必要(抗アレルギーホルモンの分泌)
    細胞の正常な成長を促し傷の治りを早める
    皮膚を正常に保つ
    疲労回復
    糖分や脂肪をATP(エネルギー)に変換する
  • ビタミンB6
    タンパク質 脂質を上手に使うのに必要
    神経系を正常に保つ
    皮膚を正常に保つ
    手足の痺れや痙攣を防ぐ
  • ビタミンB12
    赤血球を作りある種の貧血症状を防ぐ
    血液を多くして肌の色を健康に見せる
    子供の成長を促す
    炭水化物 タンパク質 脂質を上手に使うのに必要
    集中力を高め記憶力を良くする
    精神のビタミンと呼ばれアルツハイマーの危険を下げる
  • ビオチン
    皮下の血流を上げて皮膚の健康を保つ
    爪や髪の健康を保つ
    タンパク質 脂質を上手に使うのに必要
    炎症体質を改善しアレルギーを改善する
  • 葉酸
    赤血球を作りある種の貧血症状を防ぐ
    胎児の神経を作る 妊婦に必須の栄養素
    タンパク質を上手に使うのに必要
    細胞分裂を促す
  • PABA
    日焼けを防ぐ
    皮膚の健康を保つ
    シワを防ぐ
    髪の健康を保つ
  • コリン
    脳内の記憶をつかさどる栄養素に変換される
    アルツハイマーの危険を下げる
    脂肪肝を防ぐ
    コレステロールを減らす
  • イノシトール
    脳内の記憶をつかさどる栄養素に変換される
    脂肪肝を防ぐ
    コレステロールを減らす
    髪の健康を保つ

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ビタミンBサプリメント』
体質改善を早めるには細胞の新陳代謝を早めること。
ビタミンB群は細胞の三大栄養素の代謝を上げ新陳代謝を早めます。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~CoQ10は酵素やホルモンの分泌を高めて夏バテや疲労回復に効果を発揮するサプリメントです。

CoQ10

ビタミンBサプリメントはタンパク質代謝を活発にして、コエンザイムQ10(CoQ10)の働きを助けます。
組み合わせることで、非常に効率よく働く組み合わせです。

CoQ10は補酵素と呼ばれる物質で、細胞内で作られていますが、疲れやすい方や年配の方など、細胞内での生産が落ちてしまい、細胞の活動に必要なATPというエネルギーの生産が滞り、夏バテや慢性疲労症候群になったり、むくみ易い体質になったりします。
CoQ10が不足している方は、同じバーゲン品のカルニチンも細胞内で不足していることが多いので、併用することをお勧めします。
これも、組み合わせることで、非常に効率よく働く組み合わせです。

今回の「ハロー! ビタミン」のバーゲンで紹介しているサプリメントを、夏バテと疲労回復、むくみの改善で説明をすると。
カリウムは、筋肉の神経に作用して、筋肉のコントロールを取り戻す栄養素。
カルニチンは、細胞がブドウ糖と脂肪をエネルギーとして使うために必要な栄養素。
CoQ10は、カルニチンを助けて、エネルギー生産を効率的にする栄養素。
ビタミンBサプリメントは、これらのサプリメントを効率よくまとめて早く結果を出させる栄養素。
というような感じになります。

いずれにしても、慢性疲労症候群や夏バテなど、アメリカの内科医師が担当する分野で、最も使われているサプリメント群をご紹介しました。
夏バテや疲労は、根本的な原因の裾野が広いので、体質改善のためには、効果的なサプリメントを組み合わせていく必要があるので、4種類のサプリメントをご紹介させていただきました。
疲労はしていなくても原因不明で体調が優れない方などは、こうしたサプリメント群の組み合わせで様子を見て、細胞の活動を活発にするか、善玉菌サプリメントで腸内環境の改善をすると良いでしょう。
ご自分の体質に合わせて、ご自由に組み合わせを楽しんで体質改善をしてみてください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『CoQ10』
CoQ10は60兆個ある細胞のエネルギー生産に関わる重要な栄養素。
元気を失う原因が、細胞の活動の低下であり、その原因がエネルギー生産の低下なのです。
——————————————————————–