━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2012年11月25日号

ハロー!ビタミン
●ハワイからキレイと元気をお届けします●
~アメリカ製の厳選サプリを現地価格で~
バックナンバーTOPへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • ★1★ハロー!ビタミン 今回のバーゲン品
  • ★2★店長より ごあいさつ
  • ★3★動脈硬化の危険が高い体質ってなんだろう?
    ~動脈硬化は予防と改善の研究が進んでいます。脳溢血や心筋梗塞などの循環器系疾患は自分の手で防ぐことができます。
  • ★4★『EPAとDHA(オメガ3)』のご紹介
    ~お肌のセラミドに水分と油分を供給するだけではなく、血液をサラサラにして動脈硬化も防ぐマルチサプリ。
  • ★5★読専企画!メルマガ読んでもらった方だけへの
    メルマガ・バーゲン!

★1★ハロー!ビタミン 今回のバーゲン品

こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

ググル(コレステロール抑制)

飲むだけで脂質代謝を変え自然治癒力によるコレステロールのコントロールに繋がるサプリ。
アメリカでメタボの方の必須アイテムとして10年以上の人気を誇ります。

脂肪燃焼ダイエット割引セット

脂肪を燃焼して体重を減らしたい方は必須のダイエットサプリのセットです。
アメリカの肥満外来病院でもダイエットの必要な方に必ずと言って良いほど飲ませます。

EPAとDHA(オメガ3)

血液をサラサラにし生活習慣病を予防改善するサプリ、血圧にもいいですよ。
アメリカではお肌の水分と油分の供給でシミなどの肌トラブルを改善するサプリとして人気。

MSM

動脈硬化を起こした血管を分析すると硫黄やケイ素が15%も少ないことが判っています。
スキンケアやヘアケアだけでなく循環器系疾患の予防と改善でも人気のコラーゲン。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

AB型は動脈硬化の危険度が30%高い、という医学論文の発表を読んでAB型である自分自身に引き比べてしまいました。
8年くらい前でしょうか。
人間ドックで頸動脈エコーを行って、非常に動脈硬化が進んでいると診断されました。
動脈の年齢が80歳を超えていたんです。
その時にはまだ30歳代だったのに。。。。
体重だって173cmで83kgだったと記憶します。
一般的に言えば、それほど酷いメタボではありませんでした。

しかも動脈が厚く硬くなっているだけではなく、あきらかにプラーク(アテローム硬化によって作られるコレステロールの塊)がエコーの写真に載っているんですよ。
このプラークが剥がれたら脳に行って、お終いです。
ということで、今まで興味の無かったメタボの分野や、老化防止の分野を必死で栄養学を調べました。
そして判ったのですが、動脈硬化やメタボは体質が大きく関係するということです。

アメリカ人は食事が悪い方が多くメタボが多いのでかなりの研究が行われていて、私の症状に合った改善方法なども調べればたくさん載っていました。
それ以降8年かけて体質改善を行ってきて、確実に成果が現れています。
今年の人間ドックでも動脈の厚さが改善されていて、プラークも安全なレベルにまで縮小されています。
ジョギングをする習慣を身につけたり、メタボを防ぐような食事を身につけたり、血中脂質を下げる効果のあるサプリを見つけたりと、ここ8年で大きく生活習慣が改善してきているので、今度、2つ掛けている生命保険の1つを解約しようと思っています。

★3★動脈硬化の危険が高い体質ってなんだろう?
~動脈硬化は予防と改善の研究が進んでいます。脳溢血や心筋梗塞などの循環器系疾患は自分の手で防ぐことができます。

動脈硬化が起こりやすい方はどういう体質を持っているか?。

マルチビタミン

ハーバード大学の研究者によって発表された血液型別の循環器系疾患(脳梗塞、脳溢血、心筋梗塞、動脈硬化、大動脈瘤などなど)のリスク度の違いに驚かされた記憶もまだ新しいものとなっています。
私ごとですが、AB型の私は動脈硬化のリスクが30%も多いそうで、他の血液型の方との差に驚いています。
A型とB型のハイブリッドで良いとこ取りの血液型がAB型だと思っていたのですが、循環器系の弱点があるとは。。。。
8年前の人間ドックはその予兆だったのですね。

私の個人的な体質の問題は置いておきまして、動脈硬化のリスクは血液型だけではありません。
一度動脈硬化になると体質改善にかなりの努力が必要なことを考えると、予防を重視していくのが楽で良いと思います。
動脈硬化の危険因子を知ることで動脈硬化の進行を防ぎましょう。
動脈硬化が進行すると、弾力を失ったコラーゲンで作られている動脈の内膜が傷つきアテローム硬化という現象を引き起こし、血栓などができやすくなって脳梗塞や心筋梗塞などを起こしやすくなり非常に危険です。
また動脈硬化と高血圧が重なると弾力を失った動脈が血圧に耐えきれずに破れ、脳溢血や大動脈瘤破裂などを起こします。

もちろん、最後には動脈硬化からの体質改善もお届けしますので、最後まで読んでくださいね。
まず動脈硬化の危険因子の認識から確認していきましょう。

身体的危険因子
これはサプリで改善できることが多い因子です。

・高中性脂肪血症
・高悪玉コレステロール血症(高LDL)
・低善玉コレステロール(低HDL)
・高血圧
・肥満(上記の体質が悪くなる原因です)
・ストレス
・年齢(男性は40歳を超えると危険因子が増えます。女性は閉経で危険因子が増えます。)

生活習慣的危険因子
これは努力が必要な因子です。
生活習慣病の意識を持って、生活習慣を良くしていきましょう。

・運動不足
・過度な飲酒(適度なら危険因子を引き下げます)
・喫煙
・過度なカフェイン摂取(適度なら危険因子を引き下げます)

動脈硬化の危険因子を取り除く方法(高脂血症編)。

レスベラトロール

身体的危険因子については努力が必要な部分もありますが、サプリで改善できる項目も多くあります。
生活習慣の悪い方が多いアメリカでは、この部分の研究が非常に進んでおり、医薬品に頼らず根本的な原因を取り除く栄養学が注目されています。

高中性脂肪血症はダイエットが必要です。
太っていて中性脂肪が高い場合は、溜め込んでいる脂肪を減らさなければなりません。
溜め込んだ脂肪を血液中に放出できる体質改善(http://www.vitamin-shopper.com/item/11701/goods.html)と脂肪を細胞で使うためのカルニチンの摂取が必要です。
できるだけ無酸素運動を有酸素運動を行う習慣を付けると上記のサプリがより効率的に脂肪を減らしてくれます。
アメリカでは中性脂肪が高い方が多いのですが、ググルというハーブが人気です。

痩せていて中性脂肪が高い場合は、脂肪燃焼リパーゼを作る体質改善(http://www.vitamin-shopper.com/item/11701/goods.html)だけでOKです。
ダイエットの必要はありません。

高悪玉コレステロール(LDL)が高い方は動脈硬化が起こりやすく、アテローム硬化も起こしやすいので注意が必要です。
LDLが高い場合は中性脂肪も高いので、上記の高中性脂肪血症を参照してください。
中性脂肪の数値を下げると、自然とLDLの値も良くなってきます。

低善玉コレステロール(HDL)が低い方は一度動脈硬化になると体質改善が遅い方です。
できるだけ動脈硬化を起こさないように、ダイエットが必要ならダイエットを、中性脂肪を下げる必要がある方はカルニチンや脂肪燃焼ダイエットを、というように自分に合った方法で予防をしてください。
もう既に動脈硬化が始まっている方は、アミノ酸ダイエットを摂って無酸素運動を積極的に行ってアディポネクチンというホルモンを分泌させてください。
普通はHDLが動脈硬化を改善しますが、その部分が機能していない方はアディポネクチンの分泌が必須です。

動脈硬化の危険因子を取り除く方法(高脂血症以外編)。

アミノ酸ダイエット

高血圧の方は良い医薬品がありますので、まずはその使用で血圧を下げるのが動脈硬化を防ぐ最良の方法です。
動脈硬化は高脂血症と高血圧が重なるのが最も悪い体質なので、どちらか一つでも良い状態にしておきたいものです。
ただ医薬品では根本的な改善は望めないので、ビオチンやいちょう葉エキスやレスベラトロールで末梢の毛細血管を太くして、動脈より先の血流を良くして動脈にかかる圧力を血管全体で分散してあげる必要があります。
また末梢血管が細い方の多くは血液が酸性に傾いていて、赤血球同士がお団子状態で固まってしまい所謂ドロドロ血の方が多いので、血液の粘度を下げるためにEPAを摂取してください。
EPAは血液をアルカリ性の正常な状態に戻して赤血球のお団子状態を解消します。
高血圧の方はドロドロ血を解消するだけで、血圧を下げられる方が多いのです。
EPAを1日3~4錠を摂取し半年ほど様子を見てもらいたいと思います。
上記の血圧を下げる方法で効果が出た場合は、腸内環境が悪玉菌が優勢の方が多いので、善玉菌サプリを半年~1年ほど摂取してみるといいでしょう。

肥満は高脂血症や高血圧の原因になります。
これは生活習慣を変える必要もありますが、それだけで行うと辛くて途中で挫折することが多いので、アメリカの楽なダイエットを取り入れましょう。
この項目は重要なので、今回のバーゲン品として下の方に脂肪燃焼ダイエットをご紹介しますので、そこでお話ししたいと思います。

ストレスは血中の活性酸素の量を増やすので、活性酸素によって酸化された血中脂質がアテローム硬化を引き起こしたり、血栓の原因となるプラークを作ったりします。
ストレスを改善するのはとても難しいものですが、アメリカはストレス社会のため良いサプリが開発されています。
ストレスの多い方は5HTPでセロトニンを分泌させてストレス対策をしたり、セントジョーンズワートを摂取したりすると良いでしょう。
またストレスの多い方は血中脂質の酸化を防ぐために、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCの抗酸化ビタミンを多めに摂取してください。

男性は40歳を超えると動脈硬化の危険因子が増え、女性は閉経で危険因子が増えると言われています。
動脈硬化は血管を構成するコラーゲンの架橋結合という現象によってコラーゲンがカチカチになって起こります。
コラーゲンの架橋結合を起こしている動脈を分析すると、コラーゲンの弾力を構成する栄養素である、硫黄とケイ素というミネラルが不足していることが判っています。
硫黄もケイ素も食品に多く含まれていますが、25歳を超えた辺りから腸からの吸収量は減ってきて、早い方では40歳を超えた辺りから不足が起こってきます。
加齢による動脈硬化で最も起こりうるのが、この硫黄とケイ素の不足なので、吸収しやすく硫黄を加工したMSMと、やはり吸収しやすくしたケイ素であるホールテール(シリカ)をサプリとして補給してください。
動脈硬化を防ぐだけではなく、既に架橋結合を起こしている動脈を改善する効果も多くのアメリカの循環器系の医師達によって確認されています。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」では、免疫力を高めるサプリとしてアメリカで最も人気のあるサプリをご紹介し、その効果についての詳細と、更なる免疫力アップの方法についてお届けします。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~ググルは3000年の歴史を持つ血中の中性脂肪を下げるサプリ。コレステロールもの影響を与える夢のメタボサプリとして人気。

ググル

アメリカでは太っていてコレステロールや中性脂肪の数値がとても悪い方が多いのです。
そうした体質の方から夢のメタボ用サプリとして人気が高いのがググル(コレステロール抑制)です。

もともとは漢方医学のもとであるインドのアーユルベーダという自然医学によって使われてきたハーブで、3000年以上もの歴史があるサプリです。
このググルは現代の栄養学によってかなりの研究が進められ、血中の中性脂肪を下げる効果について多くの論文で認められているサプリです。
今ではメタボからくる循環器系の生活習慣病(心筋梗塞、脳梗塞、脳溢血、動脈硬化、大動脈瘤などなど)を気にするアメリカ人の常備サプリと言われるまでになっています。

多くの方はコレステロールを気にしますが、実は中性脂肪が高い方は中性脂肪の値を下げなければコレステロールの数値は改善しないのです。
ググルは中性脂肪の値を下げる効果が多くの栄養学者によって確認されており、更にその結果によりコレステロールの数値も改善するという効果が期待されています。

コレステロールを下げる医薬品はたくさんありますが、自身の自然治癒力を利用してコレステロールを下げるものはググルだけ、ということでアメリカでは注目されているサプリなのです。
しかも飲むだけで良く、飲み続けていくことで数年間かけて体質改善が行われ、脂質代謝が活発になって中性脂肪やコレステロールの値が自然と良い数値で落ち着くということで、医薬品を使っていた人の多くが摂っています。
もちろん体質改善なので時間がかかりますから、その間は医薬品との併用が必要です。

楽することが好きなアメリカ人が選んだメタボ用サプリとして、アメリカンビタミンショップでも皆さんにご紹介させていただきます。
まずは半年の摂取で血中脂質の値がどうなるか、試してみませんか?

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ググル(コレステロール抑制)』
飲むだけで脂質代謝を変え自然治癒力によるコレステロールのコントロールに繋がるサプリ。
アメリカでメタボの方の必須アイテムとして10年以上の人気を誇ります。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~脂肪燃焼の体質を作るダイエットサプリ群です。無駄な運動でダイエットを諦めないようにキチンと体質改善しましょう。

脂肪燃焼ダイエット

運動をしているのに体重が減らないからダイエットを諦めた経験をお持ちの方も多いのではありませんか?
運動不足で太ってしまい、一念発起して運動を始めたけれど、なかなか体重が減らないという話は良く聞きます。
アメリカでもダイエットを失敗する最大の原因が、これです。

皆さんはよく脂肪燃焼という言葉を耳にしますよね。
体内に溜め込んだ脂肪を燃焼し、脂肪を減らすダイエットでは必ず聞く単語です。
でも、実はそう簡単に脂肪燃焼って起こらないんですよ。
特に運動不足で太ってしまった方は。

先に体内に溜め込んだ脂肪と書きましたが、正確には、白色脂肪細胞に溜め込んだ中性脂肪という表現が正しいでしょう。
実はこの脂肪を溜め込んでいる白色脂肪細胞は、そう簡単に中性脂肪を血液中に放出してくれないのです。
溜め込んだ中性脂肪を血液中に放出させる為には脂肪燃焼リパーゼというホルモンが、白色脂肪細胞に働きかけなければなりません。
つまり脂肪燃焼リパーゼが作られなければ溜め込まれた脂肪は1gも減らないのです。

しかし運動不足の方は、この脂肪燃焼リパーゼが作れないんですよ。
だからダイエットでいきなり運動を始めても、脂肪がまったく減らないで挫折してしまうのです。
この脂肪燃焼理論を知らない方はダイエットを失敗します。
まず今回のバーゲン品であるこのダイエットセットの理論を読んで、効率よくダイエット&循環器系生活習慣病予防をしてください。

ところで、
先のググル(コレステロール抑制)のバーゲン情報を読んで違和感を感じた方は、常連さんです。
アメリカンビタミンショップが飲むだけで中性脂肪を下げられるなんて書き方をすること自体があり得ないと思われた方は、もう既に栄養学のプロです。

その通り。

今回の「ハロー! ビタミン」は1冊まるごと循環器系の生活習慣病の予防と改善に費やしますので、続きは下のEPAとDHA(オメガ3)でお届けしましょうかね。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『脂肪燃焼ダイエット割引セット』
脂肪を燃焼して体重を減らしたい方は必須のダイエットサプリのセットです。
アメリカの肥満外来病院でもダイエットの必要な方に必ずと言って良いほど飲ませます。
——————————————————————–

 

★4★『EPAとDHA(オメガ3)』のご紹介
~お肌のセラミドに水分と油分を供給するだけではなく、血液をサラサラにして動脈硬化も防ぐマルチサプリ。

EPAとDHA(オメガ3)への店長の思い入れ

EPA

アメリカンビタミンショップはサプリで皆さんの体質を改善する方法をご紹介しますが、大切なユーザー様の体質を良くするためには厳しいことを言うことも辞さないのが我々です。
先の項目のバーゲン品ですが、飲むだけで中性脂肪を下げられるというググルの次に、脂肪燃焼ダイエットのセット商品をご紹介するのは、本当に効率よく中性脂肪やコレステロールを下げていただきたいということもありますが、これらのダイエットサプリで動脈硬化を予防改善した後で、再び数年後に同じ危険を犯さないようにしていただきたいためでもあるのです。

どういうことかといいますと、
動脈硬化などの循環器系の生活習慣病は、読んで字のごとく、生活習慣を変えなければ何度でも襲ってくる体質なんですよ。
ググル(コレステロール抑制)で良くなっても結局生活習慣を改められなければ、ググルを使い続けなければいけない状態になります。
それではコレステロールの医薬品や高血圧の医薬品を使い続けるのと変わりがないじゃないですか。

アメリカンビタミンショップでは体質を良くするためにサプリを使うのに賛成ですが、サプリがあるから努力しないで良いのだ、と考えることに反対してきています。
脂肪燃焼ダイエットで脂肪を減らしやすく、溜め込みにくい体質と生活習慣を身につけていただき、ダイエットサプリなんて体質改善と生活習慣の改善の数年で使うことを止められるくらいになって欲しいのです。

なぜならこれから先に生きていく時に、老化という避けられない未来が待っています。
老化の坂道を緩やかなものとするためにサプリを摂取することは多くのアメリカ人が実践し、良い結果を出してきています。
これから先、老化防止のサプリを摂っていく可能性が高い方にとって、更にメタボのサプリも摂り続けるとなると、金銭的にも限界が来てしまいますよね。
メタボは初めだけはサプリで改善するけれども、数年後には生活習慣が変わってサプリは不要となっていてもらいたいのです。
そのためにできるだけ栄養学理論を読んでいただいて、頭で生活習慣を変えることを意識して欲しいと思っています。

今回バーゲン品としてご紹介するEPAは25歳を過ぎた方なら全員が飲んでいただきたいと思っているマルチ機能サプリです。
アトピー性皮膚炎などのアレルギーで多くの方が摂っていますが、それ以外にも、老化防止、循環器系の問題体質、ホルモンバランスの悪い体質、関節に問題のある体質、シミや乾燥肌やシワなどにお困りのスキンケアに興味のある方、もっともっといろいろな体質に、本当に良く効きます。
3ヶ月~半年くらいで多くの方に効果を実感していただけるサプリだと思います。
効果に関しては書ききれないので、以下の文章を読んでみてください。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~EPAは血液サラサラで動脈硬化、心疾患、脳梗塞などに使われます。スキンケア、関節、内臓脂肪など広い範囲で体質改善が期待。

EPA

EPAは魚から摂れる脂肪酸(油)として有名ですね。
血液をサラサラにする栄養素として日本ではよく知られていますね。
血圧の高い方、冷え症の方、肩こりの方、ホルモンバランスの悪い方、炎症体質の方、お肌のトラブルを抱えている方、関節を心配されている方、内臓脂肪が気になる方などなど、もっともっといろいろな効果が期待できます。

青魚に多く含まれるので健康のために食べましょう、なんて聞いたことはありませんか?
正解ですが、不正解でもあります。

体内ではEPAは実に多くのところで使われています。
関節、角質層、内臓、血液中などなど。
また体内で使われるEPAの量もかなり多いのです。

しかし魚をまったく食べない方でも関節に問題が無い方もいますし、お肌が健康な方もいますね。
これは体内で必要なEPAの量は、実は体内で十分に作れるという栄養学的事実から、青魚は食べなくてもEPAは補給できるという理論になり、正解でもあり不正解でもあるという結論になります。
まー青魚には他にも様々な栄養素が含まれているので、実際は食べた方が良いのですが、必要なEPAは体内で作れているということを覚えておいてください。

ただし、EPAが体内で作られるには条件があります。
ビオチンという栄養素が体内に十分にあること、という条件です。
この条件が満たせない方は青魚を摂取するか(かなり大量に)、EPAのサプリを飲む方が健康や美容に良いでしょう。

それではEPAの産生に必要なビオチンは、どうしたら十分な量が補給できるのでしょうか?
腸内に2kgくらいの善玉菌を飼っていること、という条件が必要になります。
ビオチンは食品にも含まれますが、タンパク質と結合している非遊離型ビオチンといって、体内では何の効力もないビオチンです。
体内でEPAの産生を行ったり、お肌の血流を高めたり、血糖を調整したり、ホルモンを作ったりという様々な効力を持つビオチンは、遊離型ビオチンというビオチンで善玉菌によって作られているのです。
よって腸内に十分な量の善玉菌がいない体質の方は、ビオチンの産生が不足し、EPAの産生も不足します。

多くの方が25歳~35歳の間に腸の筋肉の活動の鈍りなどが起こり、腸内環境が悪玉菌に有利な条件が整います。
徐々に善玉菌が減り悪玉菌が増えるのが、様々な組織の老化と密接に繋がっているのではないかというのがアメリカの多くの栄養学者の意見ですが、私の学んだ栄養学の様々な傍証から考えると正解ではないかと思っています。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『EPAとDHA(オメガ3)』
血液をサラサラにし生活習慣病を予防改善するサプリ、血圧にもいいですよ。
アメリカではお肌の水分と油分の供給でシミなどの肌トラブルを改善するサプリとして人気。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~MSMでコラーゲンに弾力を与えて動脈硬化を防ぐ。アメリカでは循環器系医師が処方するほどの実力です。。

MSM

MSMは硫黄というミネラルを吸収しやすくしたサプリで、アメリカでは弾力のあるコラーゲンが作れるということでスキンケアやヘアケア、ネイルケアなどで非常に人気の高いサプリです。
おそらく30歳を超えた方であれば食事から吸収できる硫黄の量に不足が生じているはずなので、お肌や髪の毛、爪などで十分に効果を実感できると思います。
3ヶ月くらいで爪の強度が実感でき、半年くらいでお肌の弾力に変化が生じ、1年くらいで髪の毛への影響(天然パーマが治ったり、切れ毛が少なくなったり、髪の毛が太くなったり)が体感できると思います。
スキンケアでは一番人気といってよいサプリなので、老化防止にどうぞ。

しかし今回の「ハロー! ビタミン」は動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、脳溢血、大動脈瘤、高血圧などの循環器系の生活習慣病の特集なので、ここでは動脈硬化の原因である血管壁を構成するコラーゲンの架橋結合をMSMが改善するという内容でお届けしたいと思います。

人を構成するタンパク質の70%はコラーゲンの形状をしています。
コラーゲンの形状とは。
コラーゲンはバネ状のタンパク質なのです。
お肌の弾力がしっかりしているという状態は、お肌の角質細胞を構成するコラーゲンのバネが弾力を有しているという状態です。

コラーゲンの99%以上はタンパク質でできているため、コラーゲンが体内に不足するということは、現代の日本人の食事の質からは起こり得ません。
お肉や魚などのタンパク質を食べれば、その70%はコラーゲンですので、コラーゲンが体内に不足するということにはならないのです。
100gのお肉で70gのコラーゲンが摂取可能です。

それならお肌の弾力が失われるなんてことは起こらないはずですよね?
しかしコラーゲン自体は数多く作られていても、バネ状のコラーゲンに弾力を与える硫黄という成分が不足すると、フニャフニャのバネをしたコラーゲンが大量に作られることになります。
つまり弾力のないコラーゲンですね。
コラーゲンは組織に弾力を与えるのが役目なので、弾力のないフニャフニャのコラーゲンでは、いくら作っても意味が無いのです。

そこで動脈のコラーゲン密度の話になるのですが、動脈の壁は90%がコラーゲンで作られています。
普通の組織が70%のコラーゲン構成率なので、コラーゲン密度が非常に高い組織であることは理解できるかと思います。
その高いコラーゲン密度の動脈の血管壁が、硫黄不足のコラーゲンで形成されていたとしたら、動脈は弾力が無く脆い血管になってしまいますね。
それだけではなく、コレステロールや中性脂肪の高い血液で、更にストレスや腸内環境が悪く炎症体質だった場合は活性酸素が大量に発生するので、コラーゲン密度の低い血管壁ではエラスターゼ酵素がコラーゲン組織の中に入り込みやすくなりコラーゲンの架橋結合(コラーゲンが隣のコラーゲンと合わさってカチカチになる現象)が起こり、動脈硬化やアテローム動脈硬化などが引き起こされます。

アメリカの循環器系病院ではMSMとホーステール(シリカ)が処方され、硫黄とケイ素が補給されて弾力のあるコラーゲンの密度を高めて動脈硬化を改善しています。
またコレステロールや中性脂肪が高い方や高血圧など、循環器系疾患が心配な方の多くが、動脈硬化を予防するためにMSMとシリカを好んで摂っているとの統計も多く見受けられます。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『MSM』
動脈硬化を起こした血管を分析すると硫黄やケイ素が15%も少ないことが判っています。
スキンケアやヘアケアだけでなく循環器系疾患の予防と改善でも人気のコラーゲン。
——————————————————————–

▲TOP▲

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アメリカン ビタミンショップはハワイからキレイと元気をお届けします
~アメリカ製の厳選サプリを現地価格で~
───────────────────────────────────
企画・発行・運営  アメリカン ビタミンショップ合資会社
発行責任者     阿部好和
編集・執筆     鈴木麻里子・阿部好和
アシスタント    大野圭介
東京本社    東京都目黒区上目黒2丁目47-15 J.Yレジデンス303号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(C) 1192 American Vitamin Shop,Inc. All Right Reserved.