アメリカでは95%の方が改善している方法が確立されています

骨と関節に関するQ&Aはこちら

その他の変形性関節症の痛み改善の栄養学、についてのページ
★変形性関節症の痛み改善の栄養学 その1(このページです)
★ 変形性関節症の痛み改善の栄養学 その2はこちら
★ 変形性関節症の痛み改善の栄養学 その3はこちら

5000万人もの関節症と予備軍がいた国、アメリカ。

コンドロイチンとグルコサミン

1970年代~90年代にかけて、アメリカでは 変形性膝関節症や 変形性股関節症などに悩む方が5000万人もいたといわれています。
重症の方から予備軍を含めて5000万人という数字は異常で、6人に1人くらいの割合であったとされています。

アメリカ人は食事量が多く体重が重いため関節に負担がかかりやすい国民性が古くから指摘されてきました。
また、アメリカ人の摂取している食事も健康的な意味ではあまり優秀とは言えない内容でしたから、変形性関節症が蔓延したのも必然的なものがありました。

アメリカ上院とアメリカ食品医薬品局は危機感を持って対策にかかり、多くの栄養学者の助けを借りて変形性関節症の原因と改善方法の研究を進め、非常に多くの栄養学的事実が判明しました。
現在のアメリカの栄養学では、変形性関節症は変形性膝関節症と変形性股関節症を含めて95%の方が改善する方法が確立されました。

医学的な治療の前に予防と改善が サプリメントにより自分でできるようになった功績は大きく、外科手術が必要となる重症の方が減ったのと、痛くなる前に予防ができるようになったので、発症者が非常に減っています。
また、この改善方法の良い点は、かなりな重傷者を除いてある程度の方まで改善が可能であることです。
日本人で既に発症してしまわれている方でも痛みの軽減や完治が可能なのです。

変形性関節症に関する日本の現状

ヒアルロン酸 関節

日本人は比較的に体重が軽く、食事がよかったため 変形性膝関節症や 変形性股関節症などに罹る方が少なかったのですが、食の洋食化による栄養不足や生活習慣の改悪により、これから変形性関節症に罹る方が増えてくることが予測されます。

医学的な治療としては人工関節をつける手術を行うなど、改善には非常に時間とお金と労力がかかります。
変形性膝関節症や変形性股関節症など研究が進んでいるアメリカでは、 関節の摩滅が進みすぎて栄養学的な改善が困難な方に手術を勧め、それ以外の方には栄養学的な改善方法を勧める医師が多いようです。

栄養学的に改善が可能かどうかはアメリカではレントゲンなどにより判定しますが、日本ではこの様な方法による変形性関節症の改善を行っている病院は少ないと考えられますので、大まかな目安を書いておきたいと思います。
栄養学的な改善が可能な関節かどうかを判断するには寝たきりかどうかで判断されると良いと思います。
痛みが酷くて歩くことができない方はアメリカでも人工関節の手術を受けて改善する方が多いのです。
痛いながらも自力で歩ける方の多くは 栄養学の方法により、現状よりも改善する確率は高いと思われます。

変形性膝関節症と変形性股関節症の原因と改善方法は同じです。
変形性関節症の原因は関節に分泌されなければならない潤滑油が不足することにより、関節同士が擦りあってしまうことにより起こります。
変形性関節症の多くは変形性膝関節症と変形性股関節症ですので、今回の「ハロー! ビタミン」ではこの2つの症状の予防と改善を行うためのポイントに絞って書いていきたいと思います。

変形性関節症を予防改善する3つのポイント Part1

EPAとDHA(オメガ3)

変形性関節症は変形性膝関節症や変形性股関節症などの病名から判るように、膝関節や股関節などの体重がかかる 関節に発症しやすい病気です。
加齢により関節が磨り減って非常な痛みを伴い、歩行が困難になってしまう方もいます。

変形性関節症の最初の原因は関節に分泌されなければならない潤滑油( EPAと ヒアルロン酸)が不足することにより起こります。
潤滑油が少ないために関節同士が擦りあってしまい、関節が摩滅して起こります。
関節に潤滑油が十分に分泌していれば関節の上下が擦れても、ヌルヌルしているので関節が摩滅してしまうことはないのです。

スクワランオイル

ちなみにちょっと余談ですが、この EPAと ヒアルロン酸という組み合わせで何か気付かれることはありませんか?
そうなんです。これは角質層と角質層に間に分泌される乳液状の糊(ノリ)と同じ成分ですね。
このノリは皮膚に油分と水分を供給して皮膚を乾燥から守ったり、丈夫な皮膚を作る時に必須なのですが、これらが不足すると乾燥肌や 敏感肌、皮膚炎や皮膚系のアレルギーになりやすくなります。

逆に言いますと、これらの症状を持っている方は将来において変形性膝関節症や変形性股関節症などに罹りやすくなるという統計がアメリカにはあるのです。
ただ、自分で油分などを分泌するまでには時間がかかります、その間は スクワランオイルを塗って、外から油分を補ってあげてください。
スクワランオイルはもともと皮膚で分泌されている成分のため、安全性にも優れていますし、角質層への浸透もいいため、即効性があります。
また皮膚の深くまで浸透してくれるので、頻繁に塗る必要が無いため、皮膚のケアも楽になると思います。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」は変形性膝関節症と変形性股関節症の栄養学的改善に関する続きをお届けします。
次回は日本でも関節関係の改善で有名な コンドロイチンや グルコサミンや MSMを使った関節の再生を行う改善方法になります。

関節の痛みにおすすめのバーゲン品

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~ EPAで関節の潤滑油を補給して関節の痛みを軽減しましょう。

EPA

今回の「ハロー! ビタミン」では、関節の潤滑油として非常に優秀な働きを持つ EPAをご紹介します。
EPAは脂溶性であり、水溶性の ヒアルロン酸と水と反応して乳液状の物質を作り出します。
この乳液状の物質がヌルヌルしていて関節において潤滑油として分泌されるのですが、EPAが不足した乳液は潤滑油としての働きが弱くなるということが判っています。

変形性膝関節症と変形性股関節症の方の多くがこの EPAの体内合成が減ってしまい関節が磨り減ってしまっていると言われていますので、是非EPAを3ヶ月~1年ほど摂取してみてください。
EPAの分泌が順調に開始されると 関節に感じる痛みが減ることで判ると言われています。痛みを解消するならまずは潤滑油を十分に分泌して関節をヌルヌルにしてあげることが重要です。

スクワランオイル

EPAはお肌で分泌されれば油分の供給になり、乾燥肌や敏感肌を防ぎ、柔らかく丈夫なお肌を作ってくれます。アメリカではスキンケアの基礎サプリメントとして長い間の人気商品になっています。

また、EPAと一緒に入っている DHAは脳の栄養素として認知症の予防や改善で注目されている栄養素です。
今回ご紹介するEPAのサプリメントは関節痛だけでなく非常に広い範囲で健康効果や美容効果が得られるサプリメントです。
一石何鳥にもなるお得なサプリメントです。
ただ、自分で油分などを分泌するまでには時間がかかります、その間は スクワランオイルを塗って、外から油分を補ってあげてください。
スクワランオイルはもともと皮膚で分泌されている成分のため、安全性にも優れていますし、角質層への浸透もいいため、即効性があります。
また皮膚の深くまで浸透してくれるので、頻繁に塗る必要が無いため、皮膚のケアも楽になると思います。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 EPAとDHA』
関節、皮膚、脳、炎症の 体質改善、ホルモンの分泌促進などなど、非常に広い範囲で使えるサプリメントです。アメリカ食品医薬品局や厚生労働省も摂取を勧めています。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ ヒアルロン酸で関節の潤滑油を補給してください。

ヒアルロン酸

関節で分泌する潤滑油をより性能良くするには EPAにプラスして ヒアルロン酸を摂取することをお勧めします。
EPAとヒアルロン酸と水が混ざって乳液状の物質を作ることが重要ですので、関節に痛みを感じる方は是非摂取してみてください。

また、 ヒアルロン酸は EPAと協働でお肌の角質層を美しく丈夫にする働きがあります。
スキンケアを気にされている方は体の中からお肌を美しくするヒアルロン酸をお勧めします。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 ヒアルロン酸』
ヒアルロン酸はスキンケアとして有名ですが、関節においても非常に重要な役割を持っています。
——————————————————————–