前々回の 「ハロー! ビタミン」と前回の 「ハロー! ビタミン」からの続きで変形性膝関節症と変形性股関節症の改善に関する栄養学的な情報をお届けいたします。
詳細は上記のリンクをクリックしてご覧いただけます。

前の項目で摂取期間や摂取量、摂取方法の重要性を書きましたので、変形性膝関節症と変形性股関節症の改善において更に成功を目指すための方法について書いてみたいと思います。

アメリカでは EPAや MSMサプリメント、 コンドロイチンやグルコサミンを使った改善実験が行われることが多いと前述していますが、その他にも非常に興味のある実験が数多く行われています。
その中には年配の方が変形性膝関節症と変形性股関節症の改善を行うという、年齢限定の実験などもあり、年配者が抱える様々な体質を考慮して、より高い成功率を上げるにはどうしたら良いかという実験もあります。

変形性膝関節症と変形性股関節症に罹る方の多くが年配者であることを考えると上記の実験は非常に有効だと考えます。
年配者の持っている 新陳代謝の鈍化を改善し、より効果的に変形性膝関節症と変形性股関節症の改善を行うには良い参考になると思いますので、精読を期待したいと思います。

まず高齢者(場合によっては30歳代くらいから新陳代謝は鈍ります。)の抱える主要な問題である、新陳代謝が鈍くサプリメントの栄養成分がうまく代謝できずに排泄されてしまうという問題点について書いていきます。
加齢とともに新陳代謝が鈍くなることは全員に起こる現象です。
補酵素や酵素、ホルモンなどの分泌が鈍れば新陳代謝は低下しますし、食事から吸収できる栄養素( 亜鉛や ビタミンB群など)の量や種類が減ってきますから、新陳代謝は低下します。

こうした諸々の条件を整えてあげることで 新陳代謝アップして摂取した変形性膝関節症と変形性股関節症を改善する可能性のあるサプリメント( EPAや MSMサプリメント、 コンドロイチンや グルコサミン)を体が上手に代謝して(使って)体を作っていく効率を高めることができます。

変形性膝関節症と変形性股関節症を改善するなら、 マルチビタミンや ビタミンB群、 亜鉛サプリメントや コエンザイムQ10辺りを摂取すると年配者でも新陳代謝が活発になってきます。もちろん、飲めばすぐに新陳代謝が活発になるわけではありませんので、ご了承ください。効率の追求にも時間がかかるということですね。

改善率95%を出した変形性関節症の改善実験

ビタミンB

栄養学的な 変形性膝関節症や 変形性股関節症の改善の研究は古くから行われていますが、15年ほど前から効果的な改善に必要なサプリメントが判ってきました。
あるサプリメントの組み合わせによる改善方法が非常に高い効果を出したことから、多くの栄養学者や医学者によって更に研究が進められてきたのです。
栄養学の実験ではめったに出ない95%もの改善率を上げたサプリメントの組み合わせをご紹介します。

ヒアルロン酸亜鉛サプリメント

多くの方がこの組み合わせを見てこう思ったのではないでしょうか。
「こんなに飲むの!?」
確かに サプリメントに慣れていない日本人の多くは「こんなにサプリメントを飲んで大丈夫なの?」とか「肝臓や腎臓に負担がかかるのではないか?」と思われる方も多いのではないでしょうか。

まず最初に申し上げて起きますが、必要なサプリメント(自分にとって不足している栄養素)を組み合わせて摂取する方法はアメリカでは主流となっていますし、それによって肝臓や腎臓などに負担がかかるということはありません。
肝臓や腎臓に負担がかかるという通説がありますが、それは農薬や有機溶剤などが、生産したサプリメントに残留していた時に懸念されることであり、アメリカの一流メーカーが生産するサプリメントは、GMPという認定を取得しているため、農薬や有機溶剤のチェックを生産ごとに行っているのでありえないのです。

また、上記のサプリメントを組み合わせて 変形性膝関節症や 変形性股関節症の改善を行っている方は多く、10年以上の長い実績と、非常に多くの方の摂取という実績があり、そのなかにおいて健康被害は報告されていませんので、ご安心下さい。

これまでに3回に亘って「ハロー! ビタミン」で変形性膝関節症や変形性股関節症の改善について書いてきていますが、その中で上記のサプリメントがどの様な働きを持って変形性膝関節症や変形性股関節症を改善しているかを述べてきていますので、それぞれのサプリメントが必要不可欠であるということはご理解いただけると思います。

EPAと ヒアルロン酸は潤滑油となって関節が磨り減るのを防ぐサプリメント。
MSMサプリメントはコンドロイチンとグルコサミンで作られた関節を固めて関節の丈夫さを高めるもの。
コンドロイチンと グルコサミンは軟骨の主成分。
亜鉛サプリメントと ビタミンB群は新陳代謝をアップして改善を早くするサプリメント。

ちなみに、 サプリメントの摂取による体質改善というものは、飲んだサプリメントがすべて効くとは限らないということが言えます。
自分の原因に合致したサプリメントを選び、必要量を必要な期間摂取した時にはじめて薬理学的効果が得られます。

変形性膝関節症や変形性股関節症の改善のための上記のサプリメントの組み合わせは、実験に参加した95%の方が現状よりも改善したと報告していますので、栄養学的に見ても非常に改善効果の高いサプリメントの組み合わせであることが判ります。
判りやすく言うと、これらのサプリメントの組み合わせは体質を選ばない組み合わせで、 変形性膝関節症や 変形性股関節症の方ならほぼ効果を発揮しうると言って良いでしょう。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」は食欲の秋を乗り切ることで、来年の夏は簡単にダイエット成功できるという内容で書いていきます。
アメリカでは ダイエットをシステマティックに行うための年間スケジュールを研究している研究グループがいっぱいいて、その大部分が秋から冬にかけての太る時期をいかに乗り越えるかが、ダイエットの勝負の分かれ目であると報告しています。

関節の痛みにおすすめのバーゲン品

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~ グルコサミンは安いので関節痛に効果的に使ってください。

グルコサミン

前回の「ハロー! ビタミン」では コンドロイチンとグルコサミンをバーゲンとしてご紹介しています。
今回は グルコサミン単体のサプリメントをバーゲン品としてご紹介します。

コンドロイチンとグルコサミンは体内において代謝され、必要な種類が必要な量だけ作られます。
簡単に言ってしまえば、グルコサミンを摂取しても体内でコンドロイチンは作られるということになります。
製法の関係でコンドロイチンは高価で、グルコサミンは安価であるというのが常識なので、念のため コンドロイチンを摂取しつつもグルコサミンを多く摂る方がアメリカでは多いようです。
ケチで合理的なアメリカ人らしいです。(笑)

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 グルコサミン』
グルコサミンは比較的安価なため、このサプリメントを多めに摂取すれば価格対効果の効率が上がります。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ 亜鉛サプリメントで新陳代謝をアップして関節痛を早く改善する。

亜鉛サプリメント

アメリカで行われた変形性膝関節症と変形性股関節症の改善実験で、50歳以上の年配の方を対象とした実験があります。この実験に於いて使われたサプリメントは以下の通りです。

この実験においてはグループを2つに分けて、 亜鉛サプリメントと ビタミンB群を摂取するグループと、摂取しないグループに分けて実験を行い、その差異を測りました。
その実験では亜鉛サプリメントとビタミンBを摂取したグループの方が改善にかかる時間が平均して早かったことが判り、それ以来、アメリカではある程度の年配の方が変形性膝関節症と変形性股関節症の改善を行う時には、高い確率で亜鉛サプリメントやビタミンBサプリメントが一緒に摂られる様になったのです。

亜鉛サプリメントも ビタミンB群もともに新陳代謝を高める栄養素で、改善が鈍くなりやすい高齢者には特に有効であるとされています。
せっかく摂取した変形性関節症改善のサプリメントが無駄に排泄されないように、これらの改善促進サプリメントを摂取してみてください。
通常は数年単位で見なければならない高齢者の変形性関節症の改善が、1年前後で完成するケースも多く報告されています。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 亜鉛』
亜鉛サプリメントは関節痛だけでなくダイエットやスキンケア、老化防止などで人気の安価なサプリメントです。
——————————————————————–