こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

善玉菌サプリメント

1カプセルでヨーグルト数kg分と同じ量の生きた菌を腸に届けるサプリ。
腸で溶けるカプセルが胃酸に弱い善玉菌を守って腸内環境の改善。

腸内洗浄ハーブ&ファイバー

腸を活発に動かすハーブを含むサプリ。
腸の活動が上がると悪玉菌の活動が鈍り、善玉菌の活動が活発になり腸内環境が改善しやすくなる。

カルシウム

更年期の男女や成長期の子供の精神を健全にする栄養素。
骨の成長を助け、骨粗しょう症や成長期に必須のサプリメント。

5HTP

ストレス対策や更年期対策、イライラや抗鬱、不眠症や依存症対策などに。
セロトニンという幸福のホルモンを作る安全なアミノ酸のサプリです。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

東北地方太平洋沖地震で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

3月11日の地震発生時には、アメリカンビタミンショップの東京事務所で、お客様とお電話で話しをしておりました。
揺れが大きく長かったので、電話しながら戸棚が倒れるのを押さえる様な感じでした。

社員も事務所もとりあえず無事でしたので、業務は通常通りで続けておりますが、東北地方への配送状況が心配です。
郵便局のホームページにも特に重要な情報が載っていないので、何とも手の打ちようがないのですが、商品が無事についてくれることを祈ります。

日本全体の経済状態が、少しずつ上向いてきたこの時期に、震災の痛手は大きいと思いますが、ここまできたら腹をくくって、困難に強い日本人の真髄を海外に見せてやりましょう。
皆が少しずつ辛い思いを分担して、公共の精神に則って、東北の復興支援と、日本の経済、財政を上向ける努力をしていきませんか?(阪神大震災では震災からの復興によりGDPが上昇するという現象が起こっています。)
この試練を乗り切った時、日本人としてのアイデンティティーが、世界から認められるのだと思います。(地震で日本が没落するなんて許せません!)
Japan as No.1!
僕は、頑張ります。

★3★日々失われていく栄養素・加齢によって腸から捨てられる善玉菌が増える。
~便の体積の半分以上は善玉菌と悪玉菌の死骸です。悪玉菌優勢の腸内環境が老化を促す。

日々体外に排泄され、不足が懸念される栄養素とは。

善玉菌 悪玉菌

日本では栄養不足が懸念される栄養素の代表的なものとしては、カルシウムが挙げられています。
骨粗しょう症を心配されて、サプリメントとして摂取されている方も多いのではないでしょうか?

確かに、高齢の女性では筋肉が不足するので、 骨粗しょう症(骨粗鬆症)になりやすく、カルシウムやマグネシウムが必要な方も多いでしょう。
しかし、カルシウムやマグネシウムは、それほど多くの量が体外に排泄されている訳ではなく、どちらかというと、吸収しにくいミネラルゆえに、吸収量が足りなくて不足するというパターンか、筋肉量が減って骨への負荷がかからなくなり、負荷の不足からカルシウムやマグネシウムが骨から溶け出してしまっているパターンと言って良いでしょう。

しかし、栄養素の中には、吸収量の減少だけが原因ではなく、体外にどんどん排泄されて、栄養不足を引き起こす栄養素がいくつか報告されています。
例えば、髪の毛や爪、皮膚(垢として脱落)は、吸収した栄養素や、体内の様々な化学反応によって作られた栄養素が、日々体外に捨てられています。
また、最大の排泄として考えられているのが、排便です。
便の中には、吸収しきれなかった栄養素や、腸内に定住している善玉菌と悪玉菌の大量の死骸が、含まれています。
また、胃腸の粘膜は常に消化酵素の影響で、剥離・脱落を繰り返しているので、皮膚の垢と同じ成分が、常に便として排泄されていることも、栄養不足を引き起こす原因となっています。

こうした様々な栄養素の不足が、お肌の弾力の低下、シミ、シワ、乾燥肌、敏感肌、動脈硬化、免疫力の低下、肌荒れ、皮膚炎、切れ毛、中年以降の天然パーマの発生、女性の薄毛、爪の割れや欠け、ホルモン異常、酵素不足、アレルギー、便秘、低血圧、冷え症、不眠症、更年期障害、鬱、リーキーガット症候群(胃腸の粘膜が薄く胃腸の弱い体質)などを引き起こしていると考えられています。
アメリカでは、30歳を超えた辺りから、美容面と健康面の両面の維持と老化防止などを狙って、吸収力の低下や体内生産量が落ちてくる栄養素の不足をサプリメントで補う、基礎栄養素の補給という考え方をする方が多くなります。

腸内の善玉菌は便と一緒に排泄され、加齢とともに不足する。

善玉菌サプリメント

9mほどの長さの腸には、平均して2kg~3kgくらいの腸内細菌(善玉菌や悪玉菌)が、住んでいると言われています。
腸に定住する腸内細菌は、腸の表面を覆う非常に細かな突起(絨毛)と突起の間に、自らが分泌する粘膜のコロニーを作って住んでいます。
腸内細菌の住むコロニーは、大腸に多いのですが、小腸にもかなりの数のコロニーが存在しています。

腸内細菌は数100種類いますが、大きく3つに分類されます。
・善玉菌
・悪玉菌
・日和見菌

これらの腸内細菌の分け方は、人体にとって有効か、有害かというということを基準に分けており、人体への貢献の切り口によっては、善玉菌に分類されたり悪玉菌に分類されたりする腸内細菌も多く存在します。
具体的に例を挙げると、乳酸や酪酸を分泌し、あきらかな悪玉菌を駆逐するという意味では善玉菌であるが、ビオチンなどの特定の栄養素を、自身の活動のために使ってしまい、人体に不足を引き起こすビフィズス菌の一部などがあります。
また日和見菌とは、ある条件下で働きが大きく変わる種類の腸内細菌を指し、悪玉菌優勢の腸内環境では悪玉菌の味方をし、善玉菌優勢の腸内環境では善玉菌の味方をするという様な腸内細菌の総称です。

善玉菌の多くは好気性細菌といって、酸素を好む傾向があります。
多くの場合、乳児期の腸内細菌は好気性細菌が優勢で、加齢とともに嫌気性細菌が増える傾向にあります。
通常は好気性細菌が多いはずの乳児ですが、母親から受け継ぐ腸内細菌叢が悪いと、乳児でも悪玉菌が多くなり、乳幼児アレルギーを発症させる大きな原因となったりします。
悪玉菌の多くは嫌気性細菌に分類され、酸素を好まず、アンモニアやメタンやインドールなどの人体に悪い物質を分泌し、自らが生きるために使っています。

腸内に大量に住む腸内細菌ですが、善玉菌と悪玉菌が戦うことで死滅するケースや、寿命によって死滅するケースなどによって、腸内では多くの腸内細菌が、毎日数多く死んでいます。
実際に、便の体積の半分から三分の二は、腸内細菌の死骸であると言われており、かなりの数の腸内細菌が便として排泄されているのです。
非常に多くの腸内細菌が排泄されていますが、ここで問題となるのが、腸内細菌の寿命です。
好気性細菌は比較的に活動が活発で、寿命が短いものが多いのです。
それに比較して、嫌気性細菌はほとんど眠っているような状態で、寿命が長いものが多いのです。
こうしたことから、排泄される量は善玉菌の方が多くなり、加齢とともに徐々に悪玉菌優勢の腸内環境が作られるのではないかと説明されています。

アメリカでは25歳を過ぎた辺りから、健康な方でも善玉菌サプリメントを定期的に摂取して、加齢とともに悪玉菌優勢になっていく腸内環境を、良い状態に保つのが、健康と美容に非常に良い事として考えられ実行されています。

多くの栄養学者が言及。腸内環境の改善で体調不良(不健康)の9割に改善が。

悪玉菌

日本では病気と考えられている多くの症状が、アメリカでは体質と考えられています。
例えば、アレルギーは病気ではなく、いくつかの体質が同時に発生することで、引き起こされる体質に分類されます。
アトピー性皮膚炎などでは、
・皮膚が薄くてアレルゲンが容易に侵入してしまう体質
・炎症がどんどん酷くなってしまう炎症体質
・アレルゲンに反応する異常な白血球がたくさんいる体質
・肥満細胞というものが過敏でヒスタミンを大量に作ってしまう体質
・副腎皮質が機能低下を起こしてステロイドホルモンの分泌が少ない体質
etc

1940年代からアメリカの社会問題になっていたアレルギー体質は、現在では上記の様に体質単位に分解され、1つ1つの体質を改善する栄養学を使って、確実に体質改善の方向に向かっています。
他にも、便秘、冷え症、乾燥肌、月経前症候群などのPMS、肌荒れ、更年期障害、リーキーガット症候群など、かなりの体調不良も、すべて体質と考えられて、栄養学的に体質改善の方法が模索され、多くのものに良い結果が出ています。

最近では栄養学を研究する多くの栄養学者や医学者の間で、こうした不健康の9割に、腸内環境の悪化により善玉菌と悪玉菌のバランスの悪さが大きく関係しているのではないか、との推測がされています。

腸内には人体で最大の免疫組織が存在します。
これは人類の進化の過程で、食べた物によって、個体が死に至るケースが非常に多かったからではないかと言われています。
悪玉菌の多くは、人体の免疫組織から見ると、寄生虫や細菌・ウィルスなどと同じ外敵です。
腸内に悪玉菌が多いということは、腸の免疫組織からすると、大量の敵が体内にいるのと同じため、様々な物質に過敏になり、アレルギーの発生や、炎症体質などを引き起こします。

また、善玉菌の重要な仕事として、様々な微量栄養素を作る働きがあります。
前述のEPAを体内で生産する時に欠かせないビオチンを作ったり、アレルギーや炎症体質の原因となる、副腎皮質の機能低下を防ぐパントテン酸(ビタミンB5)の生産したり、様々な栄養素を供給しています。
PMSや鬱、更年期障害の発症に関係の深い、ホルモン分泌や酵素分泌にも、善玉菌は深く関係しています。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

今回の「ハロー! ビタミン」で「日々失われていく栄養素」は終わりになります。
この失われる栄養素が多いほど、いろいろな組織の老化が進んだり、体質の悪化が起こりやすくなります。
日本ではビタミンやカルシウムなどの様に、体内で使われる栄養素は、意識して摂取する習慣が付いてきていますが、体外に排泄される栄養素には、まだまだ関心が薄いようです。
体外に排泄される栄養素を十分に摂取して、栄養不足からくる老化や体質悪化を防ぎましょう。
今回の3回に亘る特集でお届けした内容は、新しいセット商品として、販売する予定です。

次回の「ハロー! ビタミン」は、夏を前にして、食事による太りを防ぐ上手なサプリメントの使用方法をお届けします。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~善玉菌サプリメントの摂取で、腸から捨てられる善玉菌を補い、美容と健康の維持に役立てる。

善玉菌サプリメント

多くのアメリカ人が信じている民間療法に、「体調や体質の悪い時は、善玉菌を摂れ。」というのがあります。
善玉菌と悪玉菌のバランスが悪いと、様々な不調が顕れるとアメリカでは考えられており、20年以上に亘る多くの栄養学者の研究により、その考え方は正しいことが証明されているのです。

人が不快に思う様な悪い体質を作る原因の9割は、腸内環境が深く関係していると言われています。
アレルギーやメニエール病、バセドー氏病、帯状疱疹、橋本病など、他にも腸内環境の悪さが、不快な症状を引き起こしている例はたくさんあります。

悪玉菌優勢の腸内環境が、長い時間をかけて、徐々に体質を悪い方向へ傾けていき、不健康体質を作っていくことは、非常に多くの栄養学者や医学者の研究によって、明らかになってきています。
体質というのは、単独で存在しているわけではなく、周りの関係する体質と密接に繋がっています。
腸内環境の悪化という体質を、長い時間続ければ続けるほど、体質の歯車が狂い、周りの歯車の動きまでおかしくしてしまうとしてもおかしくはありません。

アメリカでの調査では、25歳を境に悪玉菌の活動が活発になり、腸内環境が悪い方向に傾く方が多くなります。
腸内環境とは、腸の組織の質と、腸内に定住する腸内細菌のバランスを指します。
MSMの項目で指摘したように、25歳を境に腸の吸収力が落ちてくることが多い事や、25歳を境に腸の蠕動運動が鈍くなり、腸内環境で悪玉菌の勢力が優勢になってくる事などが起こってきます。

腸内環境を良く保つ最大のコツは、生きた強い善玉菌を、腸内に数多く送り込んであげることです。
ヨーグルトや、胃酸から保護されないタイプの善玉菌サプリメントでは、胃の中で大部分が死滅してしまうので、高い効果を挙げるのが難しいと言われています。
アメリカンビタミンショップで扱う腸まで届く善玉菌12は、胃酸で溶けないカプセルに、評価の高い善玉菌を12種類も入れた善玉菌サプリメントで、1カプセルで100億株の善玉菌が、生きて腸内に届けられます。
ヨーグルト換算では、1カプセルの摂取で、ヨーグルト1kg~2kgを食べたのと同じだけの生菌が、腸に届くと言われています。
1日1カプセル~2カプセルを摂取し、良い腸内環境を維持したり、悪い腸内環境を改善しましょう。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『善玉菌サプリメント』
1カプセルでヨーグルト数kg分と同じ量の生きた菌を腸に届けるサプリ。
腸で溶けるカプセルが胃酸に弱い善玉菌を守って腸内環境の改善。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~腸内洗浄ハーブ&ファイバーで腸を動かして腸内環境を良くし、善玉菌の働きを助ける。

便秘 サプリメント

悪玉菌は活発に蠕動運動をする腸が嫌いです。
悪玉菌は嫌気性細菌といって酸素が嫌いな菌なので、腸の蠕動運動に必要な血流による酸素の運搬が苦手です。
腸の血流が良くなると、腸の毛細血管から漏れてきた水分に酸素がたくさん含まれて、腸内に少し漏れ出します。
酸素がたくさん運ばれてくると、悪玉菌は活動が鈍くなったり、コロニーと呼ばれる粘膜の中に隠れようとします。
そうすると、悪玉菌は善玉菌の嫌いな悪い物質を出しにくくなるので、善玉菌が死滅しにくくなるのです。

今回ご紹介する腸内洗浄ハーブ&ファイバーは、腸の蠕動運動を活発にさせて、腸の酸素消費量を高めるサプリメントです。
腸を活発に動かすため、便秘改善サプリメントやダイエットサプリメントとして人気のある商品ですが、善玉菌の悪玉菌を駆逐する能力を高め、腸内環境を改善するサプリメントとしても、お役にたちます。

腸は脳の命令を受けた自律神経が、動きを調整しているので、自分の意思で腸を動かすことができません。
腸内洗浄ハーブ&ファイバーは、中に含まれるハーブが、脳の命令を受けることなく、腸の動きを活発にさせることから、腸への血流が高まり、悪玉菌の活動を抑制し、善玉菌サプリメントの腸内環境改善効果を高めます。

腸内洗浄ハーブ&ファイバーは、ハーブだけではなく、食物繊維も豊富に含みますので、善玉菌の餌を供給することにもなり、善玉菌の働きを更に活発にさせます。
悪玉菌を減らすには、とにかく善玉菌を増やすしか方法が無いので、腸内環境が気になる方は、善玉菌サプリメントと、腸内洗浄ハーブ&ファイバーの組み合わせをお試しください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『腸内洗浄ハーブ&ファイバー』
腸を活発に動かすハーブを含むサプリ。
腸の活動が上がると悪玉菌の活動が鈍り、善玉菌の活動が活発になり腸内環境が改善しやすくなる。
——————————————————————–

 

★4★『カルシウム』のご紹介
~脳や神経の情報伝達に必要なミネラル。精神の健全性を整えイライラを防ぐ。骨粗しょう症にも。

カルシウムサプリメントへの店長の思い入れ

カルシウム

カルシウムサプリメントのようなミネラル類は、腸からの吸収が悪いため、食事からの摂取量が少なくて、体内に不足を引き起こします。
アメリカでは、ミネラル類のサプリメントには、キレート加工という処理が施され、吸収しにくいミネラル類を吸収しやすくしています。

キレート加工には様々な有機物が使われます。
カルシウムに有機物を結合させると、腸からの吸収が良くなるのです。
加工されたカルシウムは有機カルシウムと呼ばれます。

食品に含まれるカルシウムの多くは、無機カルシウムといって、25歳を超えた辺りから、腸からの吸収が難しくなってくるカルシウムです。
牛乳などに含まれるカルシウムも、この無機カルシウムに分類されます。
骨粗しょう症(骨粗鬆症)が心配な方は、是非、カルシウムサプリメントをお試しください。

60歳を超えている方であれば、カルシウムサプリメントの他に、骨粗しょう症のサプリメントもご用意しています。
このサプリメントは、腸からの吸収だけでなく、吸収したカルシウムが骨に定着するような栄養素を加えているサプリメントです。
加齢とともに、カルシウムの骨への定着が難しくなることが判っているので、カルシウムサプリメントも年齢によって、使い分けていただければと思います。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~カルシウムは、神経系で使われストレス耐性を高める。イライラや知能低下を改善する栄養素。

カルシウム

強いストレスを感じると、骨からカルシウムが溶け出してきて、血液中のカルシウム濃度を高め、神経や脳を守り、精神活動の低下を防ぐことが判っています。
アメリカではDV(家庭内暴力)や迫害を受けてきた子供の身長の平均が、何も精神的ストレスを受けない子供たちと比べた場合、低い事が指摘されています。
強いストレスから、精神を守るために、骨からカルシウムが溶け出してきて、使われてしまうことにより、体の骨の成長に遅れが発生したとされています。

アメリカでは人口の50%あたる、一億四千万人もの方が何かしらのサプリメントを、摂取していると言われていますが、子供のいる家庭では、カルシウムの購入率が高くなっていることが判っています。
特に、ホワイトカラーと呼ばれる家庭の子供の、カルシウム摂取率は非常に高い事が、様々な調査で明らかにされていますが、その摂取の目的の多くが、学力の低下防止と、身長の伸長だそうです。

ホワイトカラーの家庭の子女は、教育費にもお金をかけているので、高学歴であることとカルシウムの摂取の関係は、証明するのが難しいのですが、カルシウムを子供のころから摂取していた子供の身長は、カルシウムサプリメントを摂取していなかった子供の平均身長を、上回っていることが判っています。

日本でカルシウムサプリメントの需要が多い年代や性別は、更年期を迎えた女性に多いのですが、アメリカでは、子供の摂取率も非常に高い事が判っています。
骨粗しょう症(骨粗鬆症)を防ぐだけでなく、子供の体や精神の健やかな成長のために、是非、カルシウムサプリメントを使っていただきたいと思います。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『カルシウム』
更年期の男女や成長期の子供の精神を健全にする栄養素。
骨の成長を助け、骨粗しょう症や成長期に必須のサプリメント。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~アミノ酸の5HTPはストレス耐性を高め、精神を鎮静化し睡眠導入に。脳の機能調整により不安や依存症やパニック抑制に。

5HTP

20年以上も前でしょうか?
日本では、子供がイライラしキレる現象を、カルシウムの不足ということで、説明がなされた時期がありました。
カルシウムが不足すると神経伝達がうまくいかずに、精神がイライラするということも、ある程度は事実と言って良いでしょう。
日本ではカルシウムは人気がありますね。
でも、アメリカでは5HTPというサプリメントが、カルシウムに代わって人気があるのです。

栄養学の進んでいるアメリカでは、最近のイライラの原因(老若男女を問わず)を、セロトニンやメラトニンの分泌不足という現象に基づいて、栄養学的に説明しています。
セロトニンはホルモンの一種で、分泌が増えることで幸福感を得やすくなるということから、幸福のホルモンなどとも呼ばれています。
また、セロトニンから作られるメラトニンは、眠りのホルモンともいわれ、不眠で悩む方に人気があります。

場合によってはカルシウム不足と並行して起こっている場合もあるので、5HTPとカルシウムが併用されることもありますが、今では、どちらかというと、イライラやストレスなどの対策として、カルシウムよりも、5HTPに人気が高くなっています。

5HTPはセロトニンの原料となり、セロトニン分泌を増やしますが、頭痛や嘔吐の原因となるようなセロトニン症候群とは無縁であることが、証明されています。
アメリカでは多くの方に、ストレス対策や更年期対策、イライラや抗鬱、不眠症や依存症対策などに10年以上使われてきていますが、副作用も報告されてはおらず、非常に安全性の高いサプリメントとして人気があります。

アメリカでは勉強や受験で悩む学生にも5HTPは人気があるのです。
5HTPは若年層が使っても、馴致性や習慣性、副作用などの報告はありません。
アメリカでは受験のストレスやプレッシャーを軽減したり、高揚しすぎた神経を沈静化させるために、若年層の学生にも愛飲されていますのでご安心下さい。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『5HTP』
ストレス対策や更年期対策、イライラや抗鬱、不眠症や依存症対策などに。
セロトニンという幸福のホルモンを作る安全なアミノ酸のサプリです。
——————————————————————–