こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

αアルブチン(アルファアルブチン)

その日に浴びた紫外線を無かったことにする日焼け対策化粧品。
色素沈着を防ぐ効果は美白だけでなくアトピーの色素沈着にも使われています。

トマトの効果・リコピン

角質層の奥深くの黒色メラニン層を色素沈着から守る人気の美白サプリ。
美白サプリのシステインで白くした黒色メラニン層をリコピンで守りましょう。

システイン

日本で最も人気の高い美白サプリで黒色メラニンを目立たなくする。
肝機能を高める効果が美白酵素やデトックス酵素などの生産を増やす。

葉酸

システインの効果を高めて色素沈着を改善するビタミンBの仲間。
システイン同様にアメリカのアレルギー内科で色素沈着の改善にも使われています。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

ここ最近、心身の調子が少しおかしいようです。
ジョギング中に軽い肉離れを起こしたり、それほど飲んでいないのに二日酔いになったり。
うっかりiPodを洗濯して壊したり、車の電子キーを洗ってしまったり。
生まれて初めて財布を紛失したり、という感じで、立て続けにイレギュラーな出来事が続いているのです。

栄養学を永く勉強してきて、こうした出来事を引き起こす体質に当て嵌まるものがあるのです。
更年期障害か、軽い鬱ですね。
店長は年齢も45歳なので、体質の曲がり角で、こうした体質が起こっても不思議ではないのですが、自分で認めたくない部分があります。

更年期障害や軽い鬱(これも更年期障害の一種です)の場合、DHEAや5HTPを摂取すると改善傾向が見られるのですが、飲んで効いた場合を考えると、これらのサプリメントの摂取は躊躇われます。
だって、もし効いてしまったら明らかな老化現象を認めたことになるのですからね。
よって、今は体調の悪い時期に入っている、運の悪い時期に入っている、ということで、もうしばらくは自然改善を待とうと思います。
でも、どっちだろう?気になる。。。。

★3★日焼け防止の4つのプロセスを知って効率的に美白しよう!
~黒色メラニンの色素沈着を防ぐには紫外線カットだけでは不十分なことをご存知ですか?

日焼けから黒色メラニンの色素沈着までのプロセスを知ろう。

マルチビタミン

紫外線にあたると皮膚の色が黒くなることはご存知だと思います。
簡単に言えば、日焼けですね。
これを専門的には黒色メラニンの色素沈着といいますが、紫外線が直截に黒色メラニンを作っている訳では無いことをご存知でしょうか?

日焼けから黒色メラニンが色素沈着するまでのプロセスを知ることで、効率的な美白対策ができるようになりますので、説明を致します。
皮膚に紫外線があたると。
・1、紫外線によって皮膚表面及び内部に一重項酸素という活性酸素が発生する。
・2、一重項酸素はメラノサイトという黒色メラニンを作り出す細胞を刺激(酸化)し活動を活発にさせます。
・3、活性化したメラノサイト内にてチロシナーゼという酵素の活動が活発になる。
・4、チロシナーゼがチロシンから黒色メラニンを作り皮下及び角質層に定着し色素が沈着する。

紫外線が皮膚に当たってから黒色メラニンが色素沈着するまでに、早い方で数時間、通常は丸一日かかります。
日焼けすると多くの方が赤く腫れあがりますが、これは一重項酸素という活性酸素によって、細胞が傷つけられ炎症が起こるからなのです。
上記のプロセスを踏んで日焼けするので、数時間から1日の間に対処すれば、多くの色素沈着自体を減らすことができるのです。

有効な紫外線対策をいくつ重ねられるかが美白対策の重要なところ

ビオチン

一般的に日本人が行う日焼け予防は、皮膚表面にSPF化粧品を塗って紫外線をカットしたり、衣類や帽子などで紫外線をカットする方法かと思います。
つまり、紫外線が皮膚表面に届かない方法ですね。
紫外線対策はいかに有効な方法を重ねるかが分かれ目になりますので、SPF化粧品や紫外線カットの衣類を重ねて使用していくのは良いことだと思います。

しかし、上記の色素沈着のプロセスを読んでもらえればお判りのように、4つのプロセスを経て色素沈着に至るので、SPF化粧品や衣類などの日焼け対策の他に、更にいくつかの日焼け対策を加えることができるのです。
この日焼け対策は体の外から行う対策と、体の中から行う対策に分かれます。
体の中から行う日焼け対策は紫外線対策効果が現れるまでに、数か月~数年の時間がかかるので、今回の「ハロー! ビタミン」では即効性の期待できる体の外から行う対策を中心にお話しいたします。

黒色メラニンを作るチロシナーゼ酵素を不活性化する化粧品で即効の日焼け対策。

レスベラトロール

色素沈着の4つのプロセスの中で一番最後のプロセスで黒色メラニンが作られます。
・4、チロシナーゼがチロシンから黒色メラニンを作り皮下及び角質層に定着し色素が沈着する。
という部分ですね。

その黒色メラニンが作られるまでに、3つのプロセスを経るため、紫外線を浴びてから実際に黒色メラニンが色素沈着するまでに数時間~24時間の時間がかかります。
多くの紫外線対策が紫外線を浴びる前に行うものとなっていますが、αアルブチン(アルファアルブチン)は紫外線を浴びた後に化粧品として塗って色素沈着を防ぐ効果が期待できるのです。
アメリカでは美白を目指す女性達の使い方として、日差しを浴びた実感によってαアルブチンを基礎化粧で塗ったり塗らなかったりと使い分けていることが多いことが判っています。

アルファアルブチンはチロシナーゼという酵素の活動を抑制して、黒色メラニンが作られるのを防ぐので、日焼け対策の最後の防波堤と言われています。
ここを抑制できなかった場合、お肌に黒色メラニンが色素沈着してしまうのです。
よって、日差しを浴びた実感が多い日はアルファアルブチンを基礎化粧の段階でお使いいただければ、紫外線を浴びた後でも日焼け対策ができるという優れモノです。

黒色メラニンの色素沈着に関しては、実は紫外線だけが原因ではありません。
角質層が薄くお肌の弱い方だと、紫外線を浴びていなくても、衣服が擦れてしまう部分に色素沈着が起こったりします。
アメリカ人女性の多くが下着の締め付けで色素沈着が起こっており、この色素沈着にもアルファアルブチンの化粧品が使われています。
また、アトピー性皮膚炎の方にも紫外線が原因ではない色素沈着が起こりやすいですが、この色素沈着対策にもアルファアルブチンは使えます。

アトピー性皮膚炎でアルファアルブチンを使う場合は、まずは目立たないところに塗って、皮膚炎などの問題が起こらないことを確認してお使いください。
アメリカンビタミンショップで扱うアルファアルブチンの化粧品は、ドクターズコスメといって、開発にスキンケア内科やアレルギー内科の医師達が参画した化粧品で、皮膚が敏感でトラブルが起こりやすい方が使うという前提で商品開発を行っています。
アメリカでは多くのアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬などの色素沈着が起こりやすい体質の方が、その予防のために使われていますが、すべての方に安全性を保証できるものではありません。
そのため、小瓶のトライアルサイズのαアルブチンをご用意していますので、安全性の確認にお使いいただければと思います。

角質層で紫外線をカットする体の中からSPFできるサプリ。

レスベラトロール

紫外線対策をしていない時の朝のゴミ出しや、自宅の窓から入ってくる紫外線を気にされる方もいらっしゃいます。
美白を追求していくと、こうした一寸の間に浴びる紫外線が非常に気になってくるのですが、その対策としてアメリカ人女性に非常に人気のあるサプリをご紹介します。
PAPAというビタミンB群の仲間です。

PABAはもともとはサンカット系の化粧品や、日焼け止めクリームに使われていた物質です。
PABAは紫外線を吸収すると、紫外線の持つ強いエネルギーを減衰させて普通の光にして、一重項酸素を作らせないのです。
おさらいに、
・1、紫外線によって皮膚表面及び内部に一重項酸素という活性酸素が発生する。
という部分で、黒色メラニンが作られるプロセスを邪魔するわけですね。
つまり、PABAは優秀な紫外線対策に応用できる物質であるということです。

このPABAという物質。
先もビタミンBの仲間と書きましたが、ビタミンB群ということは経口摂取ができるという物質でもあります。
よって、多くの研究者がPABAを大量摂取したらどうなるだろうという実験を30年くらい前に行いました。
PABAを毎食後に1錠ずつほど摂取し、血液中のPABAの濃度を高めると、その一部が皮膚の毛細血管に運ばれて角質層と角質層の間のセラミド層へ分泌されることが判りました。
セラミド層へ分泌されたPABAを研究したところ、サンカット系の化粧品や日焼け止めクリームで働いていた時と同じで、紫外線の持つ強いエネルギーを減衰させて、一重項酸素が作られないように働いていることが判ったのです。

当時、南部に住む白人に強い紫外線による皮膚ガンが多く発生していたことから、アメリカ食品医薬品局は南部の白人に、積極的にPABAを摂取するように指導したところ、皮膚ガンの発生率が非常に下がったのです。
これによりPABAが紫外線対策に有効であることが判り、多くの女性が注目し、現在では美白対策の人気サプリになっています。
今では研究もかなり進んでいて、PABAを皮膚に運ぶためにビオチンとの併用が有効であるとか、角質層を厚くするために、ビオチンとEPAを使うことで、さらにPABAが活きてくるという組み合わせに注目が集まっています。

PABAは20層も重なっているセラミド層に分泌されるため、多層構造を構成できるので、長い間の摂取を行うほどPABAの層を厚くすることができますので、是非、これからの紫外線対策の1つとしてご検討ください。
SPF化粧品を使っていない時でも、角質層が紫外線をカットしてくれるのですから、考え方によっては美白や紫外線対策が随分楽になるのではないでしょうか。
紫外線対策として、アメリカ食品医薬品局が認める実力ですので、あなたの強い味方になります。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」は体の中から行う日焼け対策です。
還元美白と言われる栄養学で、医学的な方法としても十分に評価されている日焼け対策となっています。
効果に時間はかかりますが、体の中から行う日焼け対策は、化粧していない状態の時でも24時間365日、常に紫外線からお肌を守ってくれるので、朝のゴミ出しや洗濯物干しなどで紫外線を気にされる方なら、十分な効果を得ることが可能です。
また、数年かけて体の中からサプリで日焼け対策を行えば、数年間は手間無く紫外線に対して有効な状態になりますので、後になるほど日焼け対策が楽になります。
また、化粧を塗ったりする手間も無く、飲むだけで日焼け対策になるということで、アメリカでは日焼け対策の主流になりつつあります。
色素沈着の中には角質層が薄くなることで、基底層が透けて見えるタイプの色素沈着(シミなどがそうです)もありますので、その対処方法もお届けいたします。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~αアルブチンでその日に浴びた紫外線が作り出す黒色メラニンの生成を邪魔する。&アトピーの色素沈着予防にも。

αアルブチン

これから夏から冬にかけて紫外線による日焼けが心配です。
日焼け酵素を抑制して、その日に浴びた紫外線が作り出す黒色メラニンの生成を邪魔する化粧品をご紹介します。 最近は日本でも化粧品に使われるαアルブチンです。

αアルブチンの開発秘話になりますが、もともとはスキンケア内科で使われるハイドロキノンという医薬品が、チロシナーゼ酵素を抑制する効果が高いということで、日焼け対策に使われていたのです。
ただ、医薬品であるということで処方箋が必要であるという面倒な点と、塗り過ぎた時に起こる副作用が強かったために、スキンケア内科でも多くは使われませんでした。

そこでペンタファーマシーという化粧品会社が、ハイドロキノンにグルコースという糖を添加し、より安全なチロシナーゼ酵素抑制化粧品を作りました。
これがαアルブチンです。
美白効果は同じレベルに維持しながら、塗り過ぎによる副作用が起こらないようになり、更に化粧品としての登録により処方箋もいらなくなったことから、アメリカでは美白に興味のある方から絶大な人気を誇る美白化粧品として認知されるようになりました。

αアルブチンを塗ると、皮膚内で必要量だけがハイドロキノンに変換されることから、過剰塗布にならずに済み、副作用も起こらない優れモノです。
紫外線による色素沈着だけではなく、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬などの衣類の擦れなどによって引き起こされる色素沈着にもアメリカのアレルギー内科では使うようになり、既に10年以上は経ちます。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『αアルブチン(アルファアルブチン)』
その日に浴びた紫外線を無かったことにする日焼け対策化粧品。
色素沈着を防ぐ効果は美白だけでなくアトピーの色素沈着にも使われています。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~リコピンもチロシナーゼ酵素を抑制する美白サプリ。αアルブチンとの併用でより確実に色素沈着を防ぐ。

リコピン(トマトの効果)

飲む美白として人気のあるサプリには2種類あります。
・既に作られてしまった黒色メラニンを白色メラニンに変換して目立たなくするサプリ。
・これ以上の黒色メラニンによる色素沈着を防ぐ予防サプリ。
リコピンは後者の色素沈着予防サプリに分類されるサプリで、美白サプリの中では非常に人気の高いサプリです。

トマトの効果、リコピンは黒色メラニンを作り出すチロシナーゼ酵素の活性を抑制して黒色メラニンの色素沈着を予防するので、アルファアルブチンと同じ働きなのですが、用途が大きく違います。

アルファアルブチンが得意とするのは、角質層の表面の色素沈着予防です。
アルファアルブチンは化粧品という性格から、皮膚表面に塗布してチロシナーゼ酵素の活性を抑制することから、皮膚表面が黒く色素沈着するのを防ぐ効果が高いのです。

リコピンは飲んだリコピンが皮下に血流で運ばれて、基底層からセラミド層に分泌されます。
永く使い続けていけば、20層ある角質層のセラミド層のすべてにリコピンが分泌されるので、すべての層のチロシナーゼ酵素の活性を抑制できます。
また、基底層の下には黒色メラニンの層があり、そこで紫外線が深層へ到達するのを防いでいるのですが、この黒色メラニンの層を白く目立たなくさせるのがシステインとビタミンCの組み合わせです。

ただ、黒色メラニンを白くしても、紫外線に当たればまた黒くなってしまうので、リコピンを使って黒色メラニンの層のチロシナーゼ酵素を不活性化し、白くした黒色メラニンの層が再び黒くなるのを予防するという美白方法もあるのです。
多くの方が美白サプリとしてシステインを使っていますが、それを助けるのがリコピンの役割と思って良いでしょう。
今回、下記の項目でシステインをご紹介しますので、リコピンとの併用を考えてみてください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『トマトの効果・リコピン』
角質層の奥深くの黒色メラニン層を色素沈着から守る人気の美白サプリ。
美白サプリのシステインで白くした黒色メラニン層をリコピンで守りましょう。
——————————————————————–

 

★4★『システイン』のご紹介
~日本で最もメジャーな美白サプリ。黒色メラニンを目立たなくして色素沈着を改善する。

システインへの店長の思い入れ

システイン

今回は美白がテーマなのでlシステインの美白効果について書かなければならないのですが、その内容は、このページのずっと下にある商品詳細コンテンツで書かせていただきます。
今現在の店長にとって興味のある分野は、肝機能の改善なので、この肝機能とシステインの関係について書かせていただきます。

冒頭のご挨拶にも書かせていただきましたが、最近は飲酒によって二日酔いになる頻度が格段に上がっているのです。
45歳という年齢からすると少し早いような気がしますが、肝機能のアセトアルデヒド分解酵素の分泌が鈍っているのかもしれません。
このアルコールを分解したときに出るアセトアルデヒドは人体にとって有害な毒物ですので、肝臓がグルタチオンなどのアセトアルデヒド分解酵素を作って、素早くアセトアルデヒドをアンモニアと水に分解しなければいけないのですが、二日酔いになっているということは、このプロセスがうまく働かなくなってきているということになります。

もともと酒量を飲まない生活習慣ですので、肝機能の低下がお酒の飲み過ぎとは思えないのです。
今度、人間ドックを受診するのですが、肝機能検査でその辺りはハッキリするでしょう。
ただ、以前と比べると飲酒の機会は増えているので、このまま二日酔い体質が続くのも嫌なので、lシステインや クルクミン(秋ウコン)を飲んでみようかと思います。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~システインは日本で最も人気のある美白サプリ。肝機能を高めて美白酵素を作り黒色メラニンを目立たなくする。

システイン

日本では美白で人気のあるシステインというアミノ酸のご紹介です。
lシステイン(エルシステイン)とも呼ばれるサプリで、硫黄を含む含硫アミノ酸に分類される栄養素です。

システインは肝臓に働きかけて美白酵素を作ります。
システインを摂取することで血液中の黒色メラニンを白色メラニンに変換する酵素が増えることが判っています。
ビオチンと併用することによって、ビオチンの皮膚の毛細血管を太くする効果によって、肝臓で作られた美白酵素が皮下にたくさん運ばれるようになり、美白効率が上がります。

アメリカでは体の中から黒色メラニンの生成を防ぐようなサプリがたくさん売られていますし、そうした体の中からの美白を行うようになった歴史も永いので、既に作られてしまった黒色メラニンを白色メラニンにする美白効果のシステインは、それほど美白では使われなくなってきています。(美白効果が無いという意味ではなく、美白トレンドが黒色メラニンの色素沈着を予防するという方向に変わっているという意味です。) 今システインを購入されるアメリカ人の多くが髪の毛の体質改善に使っています。
女性の抜け毛や、男女の加齢による天然パーマ化の改善によくシステインが使われるのです。

髪の毛は燃やすと硫黄臭いと思います。
髪の毛には硫黄というミネラルがたくさん含まれているため、硫黄の臭いがするのですが、この硫黄が不足すると髪の毛が細くなったり、髪の毛にウェーブがかかったりするようになります。
システインは含硫アミノ酸で、硫黄を含むアミノ酸なので、吸収しにくい硫黄を補給するサプリとして人気があるのです。
実際に、髪の毛の15%はシステインでできていると言われていますし、そうしたこともシステインを髪の毛の体質改善に使う人が多くなる原因となっていると思われます。

髪の毛が気になる方は、硫黄の補給源として、システインか、MSMをお勧めします。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『システイン』
日本で最も人気の高い美白サプリで黒色メラニンを目立たなくする。
肝機能を高める効果が美白酵素やデトックス酵素などの生産を増やす。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~美白で人気の葉酸はシステインと併用すると色素沈着をより強力にブロック。新陳代謝もUPのスキンケアサプリ。

葉酸

簡単に日焼けのプロセスをご紹介しましょう。
このプロセスが進んでいく中で、美白サプリや美白化粧品で黒色メラニンの生成を邪魔できる部分が何箇所かあります。
この複数個所で邪魔をすればするほど、日焼けによる色素沈着を予防できるのです。

紫外線を皮膚に浴びる → 皮膚表面や角質層内に一重項酸素という活性酸素が発生 → 一重項酸素がメラノサイトという細胞を活性化 → 数時間後にメラノサイトが黒色メラニンを生成 → 黒色メラニンが皮膚に定着

葉酸はシステインの働きを活発にさせ、黒色メラニンの色素沈着を予防するだけではなく、既に作られてしまった黒色メラニンも新陳代謝を活発にすることで、目立たなくさせることができるのです。
アメリカのアレルギー内科ではアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬の色素沈着を改善するためにも良く使われています。

ビタミンBの仲間である葉酸には様々な働きがありますので、栄養学を楽しんでください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『葉酸』
システインの効果を高めて色素沈着を改善するビタミンBの仲間。
システイン同様にアメリカのアレルギー内科で色素沈着の改善にも使われています。
——————————————————————–