歯周病はアメリカでは歯茎の老化予防や 老化防止の一部として歯科以外の研究者も研究を続けていて、歯周病が原因のオプティマルエイジングの低下を防いでいます。
オプティマルエイジングとは年齢相応に健康に歳をとるという考え方を示す単語で、多くは30歳代以降の老化の問題として歯周病が研究されているのです。

日本では若年層の歯周病や歯槽膿漏などが問題となっていたり、歯周病が原因の 不妊や糖尿病が原因の歯槽膿漏や歯周病など、健康や美容の問題と深く関わっています。

歯周病は80%くらいの方が罹る危険性のあるQOL(クオリティー オブ ライフ・生活の質)を低下させる生活習慣病として、単なる歯科の範疇を越えて、歯茎の老化予防や栄養学の問題として捉えるということがここ20年来のアメリカで行われてきています。

歯周病や歯茎の老化を防ぐ サプリメントというものも存在しており、高い効果が期待できます。
生活習慣をサプリメントで補って 歯茎の老化予防にお役立ていただきたいと思い、今回初めて歯周病の栄養学について書くことにしました。

歯周病の原因・プラーク

老化

プラークって単語を知っている方は多いでしょう。
歯ブラシや歯磨きなどのCMでプラークコントロールなどという表現で頻出しています。
プラークとは歯周病菌の温床となっているネバネバしたタンパク質です。
このプラークの除去と再生予防が 歯周病歯茎の老化予防の予防で非常に重要だと言われています。

口腔内環境も 腸内環境も同じですが、生存している菌は外界からの影響を極力排除するために粘膜のような物質を分泌し、コロニーを形成します。
例えば、 善玉菌が出す乳酸にやられない様に悪玉菌は粘膜により覆われている悪玉菌フローラというコロニーを形成し、熱いお茶やアルコールなどで死滅しないように歯周病菌が自分を守るためにプラークを形成しているのです。

このプラークが歯石を作り、 歯周病や虫歯の原因になり、更に進んで歯茎の老化にまで繋がっているので、プラークが造られないようにすることが重要です。

歯周病菌の温床のプラークが作られないようにするには

歯茎 老化予防

アメリカで 歯周病や歯茎の老化を予防するのに人気があるサプリメントが アシドフィルス菌です。
アシドフィルス菌は乳酸菌の一種で、歯周病菌の作るプラークの一部を溶かす物質を出し、乳酸により歯周病菌を死滅させる働きに優れます。
口腔内で生きていける菌の枠(数)はある程度決まっていて、その枠内にアシドフィルス菌が入り込み、口腔内の菌の組成を徐々に善玉菌優勢に導くのです。

アシドフィルス菌

善玉菌が口腔内で増えると悪玉菌が減りますが、プラークにより守られている悪玉菌を減らすには時間がかかります。
通常はアシドフィルス菌の摂取を半年~1年ほど行い、徐々に善玉菌が生息できる口腔内環境を作ります。

アシドフィルス菌の摂取方法は、アシドフィルス菌のカプセルを開けて口腔内に粉を含みます。その粉を舌で口腔内に広げ放置します。口腔内にあるアシドフィルス菌を無理に飲み込もうとせず、唾液と一緒に混ぜて歯間などにも送り込んであげると良いでしょう。
アメリカでは通常の歯磨きの後に、アシドフィルス菌を含みブラッシングをする方もいるようです。その時には歯磨き用の歯ブラシは使わずに専用の歯ブラシを用意する方が良いでしょう。特にブラッシングの後に口を濯ぐ必要はありません。

この方法ではプラークの形成を阻害するだけではなく、 歯周病の最大の原因菌であるグラム陰性嫌気性桿菌などの減少も確認されています。歯茎の老化予防のための生活習慣としてお奨めです。

粘膜が弱い方が歯周病になりやすい方は歯茎の老化予防で対処を

老化

歯周病は主に歯茎に発症します。
歯茎の組成は粘膜です。
粘膜とはコラーゲン結合の緩い皮膚というような作りで、比較的に傷つきやすく感染症に罹りやすい組織です。
口腔内は様々な菌が生息していますので、傷ができるとその部分から粘膜が剥がれやすくなります。

例えば、強いブラッシングを行えば粘膜の表面が剥がれて血が出たり、傷ついた傷口が化膿しやすくなります。
歯槽膿漏や歯周病、歯茎の老化の初期の原因ともなりますので注意が必要です。

歯周病予防や歯茎の老化予防のためにマウスウォッシュのようなもので口腔内を洗浄してあげることは大切ですが、プラークの内部にいる歯周病菌などの雑菌は死滅させることが難しく、表面の洗浄を行っても時間とともに再び口腔内に雑菌が繁殖します。

こうした口腔内の特性から、滅菌という考えだけに固執することなく、粘膜を強くすることで歯茎が崩れて老化するのを防ごうという 老化防止の栄養学の研究が進んでいます。
傷つき難い歯茎を作ることで 歯周病や歯茎の老化予防、歯槽膿漏の初期の原因を絶つことができます。
歯周病ではなくても歯を磨くと血が出る方などは、歯茎の老化や粘膜が弱っている可能性が高いので、この粘膜強化を実践すると良いでしょう。

諸説イロイロありますが粘膜である歯茎は30歳頃から 老化し弱くなります。
これは粘膜組織に弾力を持たせて結合させる硫黄(MSMサプリメント)と ケイ素という ミネラルが食事から吸収できにくくなってくるからなのです。

粘膜を構成するタンパク質はコラーゲンが70%以上を占めていると言われています。コラーゲンはバネ状のタンパク質でそのバネを束ねてベッドマットのスプリングの様な構造になっているのです。
ベッドマットの様なコラーゲンの層が10層~20層重なって粘膜を作り歯茎を構成していますので、粘膜の強化を図るということはこのコラーゲンの層の強さを増やすということになり、歯茎の老化予防に繋がります。

例えば、ベッドマットを構成するスプリングを1つだけ取り出し上下から重みを加えると、バネが反発して横に飛び出そうとします。
このバネをベッドマットの様にワイヤーで束ねてあげると上下から重みが加わってもバネは横に飛び出そうとせず、上下に反発して重みを支えます。

コラーゲンの層を強化するということはコラーゲンというバネの弾力を高め、且つ、コラーゲンを束ねて更なる弾力を得るということです。
コラーゲンのバネの力を高めるためには MSMというサプリメントがお奨めですし、コラーゲンを束ねるためにはMSMサプリメントと ホーステール(シリカ)がお奨めです。

性能の高いコラーゲンを作るためにコラーゲンを摂取しても意味がありませんので、コラーゲンの性能アップで歯茎を強化して歯周病と歯茎の老化の予防をする方はご注意下さい。

亜鉛や ビタミンBを摂取することで新陳代謝が活発になり、粘膜を構成するコラーゲンが盛んに作られるようになります。
歯周病の予防や歯茎組織の改善のスピードが速まりますのでお奨めです。
この方法はお肌の 老化防止にも役立つ方法です。
しわやたるみなどコラーゲンの性能低下が原因で起こるスキンケアの悩みを改善したい方は一石二鳥ですね。

MSMサプリメント ホーステール(シリカ) 亜鉛サプリメント ビタミンB

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」は 歯周病の栄養学の続きをお送りします。
アメリカの栄養学では歯周病はプラークコントロールの他に様々なウィークポイントを挙げて、それぞれの改善方法を提案しています。
歯周病になりやすい体質とは何か。
歯茎が老化しやすい体質とは何か。
体質改善の方法はどんなものがあるか。
国民の80%が歯周病に罹ると言われているからこそ、今、その予防と改善をお届けします。
健康と美容は歯の健康から始まります。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~ 歯茎の老化予防と歯周病の予防にアシドフィルス菌でプラークを減らし、歯周病菌を滅菌しよう。

アシドフィルス菌

今回の「ハロー! ビタミン」の歯周病対策でお奨めするバーゲン品は アシドフィルス菌です。
アシドフィルス菌は世界中で最も売れている乳酸菌と呼ばれています。
安価で性能が高く、丈夫で長持ちするという良い点ばかりのサプリメントです。

アメリカン ビタミンショップで扱うアシドフィルス菌はカプセルに入っていますので、歯周病予防と改善で使うのであればカプセルを開けて口腔内に粉を流し込んでもらいたいです。
味は少し粉っぽいですが特に不快ではありません。
口の中で唾液と混ぜて30秒~1分くらいクチュクチュしていただいた後、そのままゴクンと飲んでもらえればいいのです。
飲んだ アシドフィルス菌は食道や胃の中にいるピロリ菌などの病原菌を駆逐してくれますから一石二鳥でしょう。

アメリカンビタミンショップでは善玉菌サプリメントを2種類用意しています。
・ 腸まで届く善玉菌12
・ アシドフィルス菌

この2種類の善玉菌サプリメントは口腔~胃までを「アシドフィルス菌」で守り、十二指腸~大腸までを「腸まで届く善玉菌12」で守ってもらいたいと考えています。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 アシドフィルス菌サプリメント』
最優秀の善玉菌と言っても過言ではないでしょう。
それくらい世界的に売れている菌種です。歯周病に。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~ MSMで高性能のコラーゲンを作り、強い歯茎を作り、歯茎の老化を予防する。

MSMサプリメント

アメリカ人女性でMSMを知らない人はいないと言って良いほどMSMサプリメントは売れています。
日本でも最近では雑誌などで美容目的で紹介されていますが、MSMは健康目的で使用しても非常に優秀なサプリメントです。

老化防止の多くはMSMサプリメントの補給から始まります。
コラーゲンを摂取してコラーゲンを作るのではなく、MSMサプリメントを摂取して優秀なコラーゲンをつくれば、歯周病の予防や歯茎の老化予防だけでなく、 スキンケア、ヘアケア、ネイルケア、血管ケア、内臓ケア、筋肉ケア、関節ケア、骨折ケアなど非常に広い範囲で効果を期待することができます。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 MSMサプリメント』
体を構成するタンパク質の70%はコラーゲン。
コラーゲンを作るのに最も必要なのがMSM。美容と健康に。
——————————————————————–