秋ウコン(クルクミン285mg)への店長の思い入れ

秋ウコン クルクミン

例えば、肝機能を高める体質改善をするのであれば、 クルクミンを1日で500mg~1000mgほど摂取するようにしたいものです。
500mg~1000mgのクルクミンが毎日体内に入ってくると、肝細胞が細胞分裂して新生する度に、元気な肝細胞に生まれ変わっていきます。
つまり、 秋ウコンを摂取すると、今ある肝細胞が元気になる訳ではなく、何度か肝細胞が新しく生まれ変わるうちに、肝細胞としての働きが高まってくるのです。
今ある肝細胞は栄養不足や悪い体質によって作られた、元気のない肝細胞なので、それを元気にすることはできないのです。
肝臓に問題があって、3か月~1年ほどの肝細胞の体質改善が待てない状態の方は、まずは医薬品によって対症療法を行うべきです。

肝臓は再生する能力の高い組織です。
アメリカでは、肝硬変を起こしている肝臓も、栄養学的な療法によって、機能回復を含む肝細胞の体質改善が可能とする意見を持つ、医学者や栄養学者がたくさんいます。
日本での常識とされる考え方とは、だいぶ違いますね。

アメリカの研究者はこう言っています。
肝臓が治らないのは、肝臓が必要とする栄養素を摂らず、対症療法の医薬品ばかりに頼っているからだと。
その栄養素の代表的なものが秋ウコンに含まれる クルクミンなのです。
サプリメントと医薬品とどちらが良いという問題ではなく、適材適所でそれぞれを上手に使うのが大切です。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~ クルクミンで肝臓を元気に体質改善する。

クルクミン

サプリメントによる体質改善を行うとき、適切なサプリメントを選ぶことも重要ですが、体質改善に必要な摂取量も知る必要があります。
専門的には薬理学的摂取量といいますが、元気を失った細胞が細胞分裂によって生まれ変わる時に、正常な働きをする細胞を作るのに必要な摂取量という意味です。

もし、肝臓の機能を回復するのにクルクミンを使う場合、1日の摂取量が30mgでは、新生する肝細胞に何の影響も与えないと言って良いでしょう。
仮に与えるとしても、ごく一部の体質の方であったり、体質改善に非常に時間がかかったりします。
アメリカの栄養学者や医学者が研究しているのが、その有効成分の必要摂取量なのです。

アメリカでは、肝機能の回復という体質改善で必要とされる摂取量は、 クルクミンとして500mg~1000mgという数字が発表されています。
上記の数量は、体重が45kg~75kgくらいの方の1日の摂取量です。

肝臓は デトックスや化学処理、酵素の産生やホルモンの産生など数千とも数万ともいわれる仕事をしています。
肝機能を回復するという体質改善でも、使われるサプリメントは多岐にわたります。
・ オルニチン
・ タウリン
・ ビタミンB
・ 亜鉛
・ コエンザイムQ10
・ アルファリポ酸
などなど。
自分の肝臓の体質改善に必要と思えるものを、商品ページを読んでみて選び、 クルクミンに加えてみてはいかがでしょうか?

また、肝細胞の体質改善を早めたいのであれば、 マルチビタミンを併用し、十分な栄養を肝臓に与えて、肝細胞の細胞分裂を早めたり、 アルギニンを摂取して、成長ホルモンの分泌を促し、肝細胞の細胞分裂を早めるなど、新陳代謝を高める栄養素の摂取がお勧めです。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 秋ウコン(クルクミン285mg)』
肝臓を元気に体質改善するクルクミンが285mgも含有、1日2粒で肝細胞の体質改善に必要な薬理学的摂取量が摂れます。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~ オルニチンも肝臓を元気にします。

オルニチン

前回の「ハロー! ビタミン」の体臭を改善する特集で、 オルニチンをバーゲンとして紹介しているので、今回のバーゲンでは出したくなかったのですが、 クルクミンによる肝機能の改善というテーマに於いて、オルニチンを無視することができず、連続でバーゲンとさせていただきます。
スミマセン。

体を構成するタンパク質が古くなると、分解されます。
その際に有害なアンモニアが大量に出るのですが、このアンモニアの処理は通常は肝臓が行っています。
オルニチンサイクルという化学処理を行い、アンモニアを無害な尿素に変えて、腎臓から排泄させているのです。
このアンモニアを処理する肝臓の働きは、常に肝機能の働きを多くを占めており、肝臓が処理しなければならない他の物質の処理速度を遅くしたり、酵素やホルモンなどの分泌を遅らせたりすることもあるのです。

肝臓が数千とも数万ともいわれる化学処理を行っている工場であるため、大量に発生するアンモニアの処理の他に、飲酒によって発生するアセトアルデヒドという毒素の処理などが重なると、肝臓に負荷がかかり過ぎて、肝臓を疲れさせてしまうことも多いのです。
アンモニアを処理する組織は肝細胞内にあるミトコンドリアという組織ですが、 オルニチンをサプリメントとして摂取することで、ミトコンドリアでのオルニチンサイクル(尿素サイクルともいいます。)が活発になり、肝臓にかかる負荷を減らすことができることが、医学的に証明されています。

また、多くの研究者によれば、オルニチンの血中濃度が高くなると、オルニチンが肝細胞以外の一部の細胞にも取り込まれるようになり、徐々にその細胞内にあるミトコンドリアでも、オルニチンサイクルを使って、アンモニアの尿素への分解が可能になるということです。
アンモニアの尿素への分解が他の細胞でもできるようになると、肝臓への負担が減り、肝臓が処理することができる仕事が増え、体の健康と、肝臓の健康の両立が可能になると言われています。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 オルニチン』
肝臓の負担を減らし、肝細胞の元気を取り戻すなら、オルニチンとクルクミンの組み合わせが最高です。
——————————————————————–