こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

タウリン

脂肪肝の中性脂肪を減らし、飲酒による肝臓の脂肪蓄積も予防する。
改善と予防の2つの働きで脂肪肝改善の中心的サプリメント。

クルクミン(秋ウコン)

飲酒による脂肪肝を肝機能のアップで防ぐサプリメント。
コレステロールや中性脂肪を下げる働きも生活習慣病予防に。

コンドロイチンとグルコサミン

軟骨の原料となり変形した関節に丸味を与え関節痛を改善する。
95%の方の関節痛が改善した栄養学理論を是非知ってください。

EPAサプリメント

加齢により関節包の内部の分泌量が減る潤滑油。
潤滑油が減るので関節同士が擦れて関節痛が起こり、変形性関節症になります。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

人間ドックを受けなければならないと思いつつ、半年近くが過ぎています。
例年は春に人間ドックを受診しているのですが、5月の全面的なシステム変更が後を引いて、今現在もシステムの改善に忙しく、なかなか時間がとれない状態です。
ジョギング等で体調を整えているので、血液検査などは良い結果が出るのではないかと予想しているのですが、最近はアルコール摂取の頻度が上がっているので、肝機能が少し心配ですね。
太っていた頃に脂肪肝と言われ、痩せてからは脂肪肝の勧告は受けていませんが、お祭りの役員になったり、子供の学校のおやじの会に入ったりと生活習慣が変わり、以前よりもお酒を飲む機会が増えたので、そろそろ脂肪肝と言われるのではないかとドキドキしています。

アメリカでは黄色人種はアルコールに弱く、脂肪肝の率が3人種の中で最も高いと言われていますので、日本人である私もアルコールによる脂肪肝になりやすいのではないかと思っています。
日本でも脂肪肝の率がここ30年で3倍も増えていると言われていますので、肝機能に問題を抱える方も増えているでしょうね。
ストレスや飲み過ぎ、食べ過ぎなど、肝臓に負担をかけて弱らせる要因は増えているので、気を付けねば。

★3★脂肪肝はあらゆる生活習慣病の入り口です。25歳以降の方に注意してほしい肝臓のこと
~痩せている方も注意!今や3人に1人が脂肪肝の時代。更に脂肪肝の率が上がっている現状に、年に1度の肝臓メンテナンスを。

痩せている方も注意!脂肪肝はただの肥満症ではない。動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす怖い体質です。

マルチビタミン

肝臓の問題は脂肪肝だけではありません。
GOT、GPT、γGTP、総コレステロール、HDLコレステロールなど、様々な指標で表され、肝機能の問題として提起されます。
ただ、これらの指標がある程度悪くても実際には、痛みであるとか、疲労であるとか、免疫力の低下であるとかの、実際的な実感を伴う訳ではないので、肝機能の悪化に気が付くのが遅れてしまう方も多く、気が付いた時にはどこから手を付けて良いか難しい状態になっていることも起こり得るのです。

しかし、それでも肝臓で気を付けたいのが脂肪肝です。
それは肝臓に負担がかかるようになり、肝機能が弱ってくると、脂肪肝が起こるからなのです。
肝臓に負担をかけることとは、無理なダイエットやリバウンドの繰り返し、暴飲暴食、腸内環境の悪化によるアンモニア処理機能の低下、食品添加物、ストレス、寝不足などなど。
この様に様々な原因によって肝機能が低下することで脂肪肝が発生するのです。
このため、脂肪肝=肝機能の低下と考えてよく、脂肪肝になったら生活習慣病の予備軍に組み込まれたと考えて、肝機能を高める体質改善を積極的に行うべきであると考えます。
これからご紹介するタウリンなどの肝臓を元気にするサプリメントを使って、食事制限などをあまり過激に行わない体質改善をご紹介します。

ここ30年で脂肪肝に罹る率が3倍近くに跳ね上がっています。
人口全体の4人に1人が脂肪肝であり、中年以降の男性ですと3人に1人が脂肪肝であると言われています。
また、女性の脂肪肝の率も、ここ15年で急激に増えてきており、このままいくと男性の脂肪肝率を抜きそうな勢いで増えています。

脂肪肝の怖いところは、痩せている方でも肝臓だけ肥満していることが珍しくないところ。
お酒の飲みすぎばかりではありません。睡眠不足や夜更かし、食べ過ぎやストレスなど、昔からの日本にはあまりなかった生活習慣によって引き起こされているのです。
上記の原因のうち、いくつかに当て嵌まる方は、例え脂肪肝にはなっていなくても、年に数カ月の肝臓機能改善プロジェクトを実施し、定期的に肝臓のメンテナンスを行い、健康な肝臓を維持するように意識することをお勧めします。

ダイエットに頼らず脂肪肝を体質改善する栄養学。

タウリン

脂肪肝から肝臓を守るためには、摂生が必要なのです。
しかし、禁酒やダイエットなどの高いハードルを目標にすると、改善に時間のかかることも多く、途中で失敗する方も多いため、アメリカではダイエットに頼らない脂肪肝の効果的な改善方法が、数多く研究されています。

脂肪肝は肝臓に中性脂肪が多く溜め込まれた状態ですので、中性脂肪を減らさなければなりません。
タウリンは1日に2000mg~3000mg前後摂取すると、肝臓の脂肪細胞に取り込まれた中性脂肪が遊離脂肪酸に変わりやすくなり、遊離脂肪酸は血液によって運ばれていきますので、肝臓の中性脂肪の蓄積を減らしてくれることが判っています。
タウリンの摂取を続けた実験では、ダイエットを行わないグループにも、肝臓の中性脂肪の蓄積率が減るという現象が確認されました。

それではダイエットを行ったグループでは、タウリンの摂取によって、どう体質改善したのか書いていきたいと思います。
多くの方がダイエットというと、水泳やジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を想像すると思います。
このタウリンを摂取しながら有酸素運動を行うグル―プでは、半年間の実験では、タウリンを飲みながらダイエットを行わないグループと比較しても、大きな違いは見られませんでした。
つまり、脂肪肝の改善に関しては、最初の半年間は有酸素運動をしても、しなくても、結果は同じという結果になりました。

それなら、運動などせずタウリンだけを飲んでいれば良いではないかということになりますが、有酸素運動を1年以上続けたグループでは、運動を行わなかったグループと比べると、脂肪肝の改善が進んでいることが判りました。
つまり、有酸素運動では1年以上続ければ、運動をしている方が改善率が良いという結果となったのです。

また、最も脂肪肝の改善率が高かったグループが、タウリンを摂取しながら軽い無酸素運動を行ったグループという結果になりました。
無酸素運動を行う意味は、脂肪燃焼リパーゼという中性脂肪を遊離脂肪酸に変換するホルモンを作るところにあります。
脂肪肝は中性脂肪を溜め込み過ぎた肝臓ですので、脂肪燃焼リパーゼで中性脂肪を減らしてあげるのです。
その方法として、できれば、アミノ酸ダイエットを摂取しながら、腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの5秒ほどでできる無酸素運動をやれば、その運動時に脂肪燃焼リパーゼというホルモンがたくさん作られて、中性脂肪が更に遊離脂肪酸に変わりやすくなります。
その脂肪燃焼効果はだいたい2時間ほど続きますので、是非、こうした無酸素運動を2時間おきくらいに2~5セットほど行ってみてください。
脂肪燃焼リパーゼについての詳しい説明は、脂肪燃焼の栄養学をご覧ください。

アルコールの肝臓への影響を減らし、脂肪肝の予防に取り組む栄養学。

脂肪燃焼

アルコールは脂肪肝に結びつきやすい食品です。
肝臓はアルコールの分解処理を優先にするので、腸から吸収された遊離脂肪酸という脂肪の分解が遅れ、脂肪肝になりやすくなります。
前述のタウリンの摂取による中性脂肪を減らす栄養学に関しては、既に脂肪肝になっている方の改善方法となっています。
しかし、飲酒や暴食などは脂肪肝の進行を早めるものなので、これを予防することも重要なのです。
つまり、脂肪肝という体質を改善するなら、脂肪肝を予防しながら、既に溜め込まれてしまった中性脂肪を、肝臓の外に排泄するという、2つの方法を併用するのが最も効果的なのです。

アルコールはアセトアルデヒドという有害な毒素に分解されます。
タウリンはアルコールやアセトアルデヒドの分解を促す、グルタチオンという酵素の分泌にも良い影響を与えます。
この酵素によって、アルコールの分解を早めて、肝臓の処理の負担を減らすことをお勧めします。
タウリンの効果は、お酒を嗜まれる方の抱える問題の多くを改善してくれるものです。
是非、タウリンを摂取して、肝機能の改善を図ってください。

日本ではアルコールの肝臓への影響を最小限にするためのサプリメントとして、クルクミン(秋ウコン)に人気があります。
ウコンの重要な成分にクルクミンがありますが、クルクミンを500mg以上摂取することで、肝臓のアルコール処理機能が早まることが判っています。
つまり、アルコールを飲んでも、肝臓は遊離脂肪酸の分解も同時に行えるので、肝臓に処理できなかった遊離脂肪酸が中性脂肪になって溜め込まれるという現象が起こりにくくなります。
ただ、クルクミンを摂取すればすぐに肝機能のアルコール処理能力が高まるわけではありません。
クルクミンの500mg以上の摂取を続けていれば、肝臓の処理能力の体質改善が進み、体質改善が終わった後は、クルクミンの摂取をストップしても、しばらくは肝臓のアルコール処理能力は高く維持されます。
アルコールの肝臓への影響を研究する多くの栄養学者の中では、半年ごとにクルクミンの摂取を1ヵ月~2ヶ月ほど行えば、肝臓の処理能力は維持されるであろうと言われています。
ただ、黄色人種は白人や黒人と比べると、肝臓のアルコール処理能力が低い方が多いので、注意は必要です。

ちなみに、脂肪肝になりやすい方は、例え痩せていても、中性脂肪やコレステロールの値が高い方が多いのですが、タウリンとクルクミンには、肝臓での胆汁酸の分泌を高める働きが確認されています。
胆汁酸はコレステロールを原料として肝臓で合成されるので、これらのサプリメントを摂取すると、コレステロールが下がります。
コレステロールが下がると、血中の中性脂肪の値も下がる傾向にありますので、こうした面からも、タウリンとクルクミンは脂肪肝を予防する効果が期待できます。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」も、肝臓の体質改善の続きをお届けします。
脂肪肝の改善以外にも、肝臓の機能を低下させる体質はたくさんあります。
人間ドックで検査されるγGTPやGOTなどは、脂肪肝だけが原因で数値が悪化するわけではありません。
次回は、肝臓の化学処理工場としての働きに注目し、その化学処理を効率よく行い、肝臓の負担を減らす栄養学をお届けいたします。
肝臓を守るための情報ですので、多くの方のお役にたつと思います。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~タウリンは肝臓に溜め込んだ中性脂肪を減らす働きと、暴飲暴食による中性脂肪の蓄積を予防するサプリメント。

タウリン

タウリンの脂肪肝の予防と改善の効果については、先の項目で詳しく述べているので、それ以外の効果について思いついたことを列記してみたいと思います。

タウリンというと、ドリンク剤に含まれる成分で、疲労回復の効果が有名ですね。
筋肉に多く含まれ、筋肉の働きを調整しているタウリンは、カリウムと同じくらい、筋肉疲労に関係する物質なのです。
タウリンが筋肉に不足すると、筋肉に力が入らないという症状が顕れ、体が重く感じられて疲れとして認識されます。
また、夏バテの原因でもあるカリウム不足も、筋肉に力が入らないという症状を起こしますが、筋肉の収縮に関係するカリウムは、不足で筋肉に痙攣を引き越すこともあります。
脂肪肝や肝機能の低下でも疲労は起こりますが、タウリンやカリウムが関係する疲労とは違う疲労で、脳が感じる疲労とでもいう症状です。

筋肉に力を与え、疲労回復に働くタウリンですが、筋肉に力を与えるということで、運動選手が筋肉の怪我を防ぐために摂取したり、運動能力を高めるためにも使われています。
また、筋肉に力を蘇らせる効果は、筋肉の消費カロリーも高めてくれるので、基礎代謝アップのダイエットでも使われます。

筋肉が衰えることで、リンパの流れが悪くなり、立ち仕事などをする方が、夕方に脚のむくみを感じるという症状も、タウリンで改善することも多いようです。
心臓という筋肉のポンプ機能を高めることで、血流を高め毛細血管から溢れた水分を吸収して、むくみを改善させる効果も期待できます。

また、タウリンは弛緩性の便秘の改善でも使われます。
弛緩性便秘の方の腸を子細に調べると、腸という筋肉に含まれるタウリンが不足していることが多い事が判っています。
アメリカでは便秘の方が試すサプリメントとして、タウリンやカリウムが上位に挙げられており、善玉菌サプリメントに次ぐ人気となっています。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『タウリン』
脂肪肝の中性脂肪を減らし、飲酒による肝臓の脂肪蓄積も予防する。
改善と予防の2つの働きで脂肪肝改善の中心的サプリメント。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~クルクミン(秋ウコン)はアルコールによる脂肪肝を防ぎ、コレステロールや中性脂肪を下げる。肝臓のデトックス機能をアップさせる。

クルクミン 秋ウコン

秋ウコンに含まれるクルクミンは、500mg以上の摂取量で数か月間の体質改善を行うと、肝臓の酵素分泌やホルモン分泌能力が高まると言われています。
アルコールの前に摂取すると効きそうなイメージを持たれている方も多いかと思いますが、飲酒の直前の単発の摂取によって、アルコールから肝臓を守る効果はあまり期待できません。
ある程度の血中濃度でクルクミンが長期間存在する時、肝臓の化学処理能力が高まり、酵素やホルモンの生産が上がり、飲酒によるダメージや、脂肪肝によるダメージから回復する体質改善が起こるというのが、クルクミンサプリメントの使い方です。

クルクミンとかウコンというと、飲酒や肝臓の改善にしか効果が無いようなイメージがありますが、実際には、もっともっと別の効果を期待して摂取している方も多いのです。
例えば、肝機能アップの延長線上ですが、肝臓のデトックス機能を高めて、体の外から入ってくる毒素(食事やお酒だけでなく、腸内で悪玉菌によって作られる物質など)をデトックスする効果が期待できます。

また、コレステロールを原料に胆汁酸という消化酵素を作るので、胃腸が弱い方の使用も多いのです。
油ものの食事が苦手な方などは、是非、クルクミン(秋ウコン)で消化酵素の分泌を増やしてみてください。

コレステロールが気になる方も、クルクミンは有効です。
コレステロールが原料の胆汁酸の分泌が増えるということは、その胆汁酸を便と一緒に排泄してしまえば、体内からコレステロールを捨てたのと同じ効果があります。
胆汁酸は腸から再吸収されるものも多いので、食物繊維サプリメントなどを摂取して、便に食物繊維を増やせば、胆汁酸は食物繊維に絡め取られて、便として体外に排泄されやすくなります。
アメリカの内科では、コレステロールや中性脂肪が高い方に、こうした方法で体質改善をさせる医師が増えているのです。
医薬品によって、コレステロールを下げるのではなく、人が昔から行っている自然な方法でコレステロールを下げるので、安心です。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『クルクミン(秋ウコン)』
飲酒による脂肪肝を肝機能のアップで防ぐサプリメント。
コレステロールや中性脂肪を下げる働きも生活習慣病予防に。
——————————————————————–

 

★4★『コンドロイチンとグルコサミン』のご紹介
~95%の改善率を示した関節痛の改善の栄養学をご存知ですか?。関節の変形を素早く修復し関節痛の痛みを緩和する栄養素。

コンドロイチンとグルコサミンへの店長の思い入れ

コンドロイチン グルコサミン

アメリカでは体重が重い方が多いことと、食事の質が悪いため組織の老化が早い方が多いので、関節痛の方が非常に多いのです。
予備軍を含めると5000万人ともいわれる人々が、関節に問題を抱えています。
日本でも関節痛の方は増えてきていますね。

でもご安心ください。
アメリカの栄養学の研究で、関節痛(変形性膝関節症と変形性股関節症と顎関節症)の95%に改善が見られた実験があり、その後の追試でも同様の高い効果が確認された栄養学があるのです。
その95%の改善率を示した実験では5つの栄養素を使って結果を出していますが、関節痛の症状の度合いが軽い方は、1つか2つのサプリメントを摂取するくらいで、十分に効果を出しています。
以下に、4種類のサプリメントをご紹介します。(コンドロイチンとグルコサミンは1つのサプリメントとなってしまっていますので)

コンドロイチンとグルコサミン(軟骨の主成分)
MSMサプリメント(軟骨に弾力を与え丈夫にする成分)
EPAサプリメント(関節の潤滑油)
ヒアルロン酸(関節の潤滑油)

日本では関節の軟骨を形成するコンドロイチンとグルコサミンばかりが関節痛では有名ですが、痛みが始まったばかりの方や、多少の痛みを感じている程度の方などには、EPAという関節の潤滑油ともいうべき脂肪酸も有効なのです。
関節痛にはEPAと同じ潤滑油となるヒアルロン酸も有効ですが、EPAと比較すると高価なため、摂取できるヒアルロン酸の量も少なくなることが多いので、関節痛の改善効果が低くなりがちです。
ヒアルロン酸もEPAも、本来は関節包の中に分泌され、潤滑油として働いていますが、潤滑油は加齢とともに分泌が減ってきます。
既に始まっている関節痛には、是非EPAをサプリメントとして摂取していただきたいですが、体重が重い方や、関節に違和感がある程度の方でもEPAを摂取して、関節痛の予防を行ってください。

また変形性関節症が酷くなると、軟骨が擦り減って丸味を失うことで、関節同士がゴツゴツしているため、関節痛が強くなります。
こうした場合は、コンドロイチンとグルコサミンや亜鉛を摂取し、素早く関節の軟骨にコンドロイチンとグルコサミンを定着させ、ゴツゴツした軟骨に丸味を復活させます。
この時に、MSMを一緒に摂取すると、作られた軟骨は硫黄の弾力によって強くなるので、再び軟骨が擦り減って変形性関節症となり、関節痛を引き起こすのを予防してくれます。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~コンドロイチンとグルコサミンやその他の関節痛サプリメントを使用した95%の改善率を示した栄養学を知って予防と改善に

コンドロイチン グルコサミン

アメリカンビタミンショップでは関節痛のサプリメントとして、コンドロイチンとグルコサミンのサプリメントをご用意しておりますが、変形性関節症の改善に最適な、硫酸結合のコンドロイチンとグルコサミンを商品化しております。
また、関節痛の数多くの研究から、コンドロイチンとグルコサミンの含有量の比に最適な4:5となっていますので、飲んだ後の関節の変形を改善する効果や、関節包の内部の潤滑油としての効果が出やすいサプリメントです。

サプリメントというのは、何かの目的があって摂取することが多いのですが、例えば、飲んだ後の吸収や、吸収された後の代謝が大切なのです。
例えば、今回のバーゲンのコンドロイチンとグルコサミンですが、摂取する目的はほぼ関節関係ですよね。
若い頃には十分に分泌されていた、関節包内部の潤滑油の枯渇が原因で起こる関節痛ですが、関節の磨滅による変形によって、変形性関節症という症状がでますが、その多くは膝関節か股関節に起こります。

変形性関節症は体重が重い方だけでなく、骨を固定する腱の弾力が弱い方や、筋肉が弱い方に起こります。
体重が重い場合は、膝関節や股関節に体重がかかり過ぎて、軟骨が擦り減ってしまうことで起こります。
腱や筋肉が弱い方は、歩行などによって動く関節が腱や筋肉によって支えられず、関節包の中を様々な方向に動いてしまいます。
関節の軟骨はそうした全方位的な関節の動きに弱く、軟骨が擦り減りやすくなります。

関節痛でお困りの方に、是非、以下のサプリメントをお勧めします。
コンドロイチンとグルコサミン(軟骨の主成分)
MSMサプリメント(軟骨に弾力を与え丈夫にする成分)
EPAサプリメント(関節の潤滑油)
ヒアルロン酸(関節の潤滑油)

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『コンドロイチンとグルコサミン』
軟骨の原料となり変形した関節に丸味を与え関節痛を改善する。
95%の方の関節痛が改善した栄養学理論を是非知ってください。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~EPAは関節包の内部に分泌する潤滑油。加齢とともに減る分泌量をサプリメントで復活させ関節痛を予防改善する。

EPA

関節痛を起こす主原因はなんでしょうか?
・軟骨の弾力が失われ関節が変形しやすくなっている体質
・上下の関節が強く擦れないように関節包に分泌されている潤滑油の分泌量が減ってしまう体質
この2つの主原因は主に加齢によって起こるとされています。

EPAは加齢とともに分泌量が減ってしまう関節包内部の潤滑油となり、サプリメント摂取によって、潤滑油を増やす体質改善ができることが判っています。
関節に違和感がある方は、EPAやヒアルロン酸の分泌量が減ってしまっている可能性が高いので、是非、EPAを半年ほど試してみてください。
既に関節痛が始まっている方でも、関節痛を和らげる効果が期待できます。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『EPAサプリメント』
加齢により関節包の内部の分泌量が減る潤滑油。
潤滑油が減るので関節同士が擦れて関節痛が起こり、変形性関節症になります。
——————————————————————–