━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013年4月28日号

ハロー!ビタミン
●ハワイからキレイと元気をお届けします●
~アメリカ製の厳選サプリを現地価格で~
バックナンバーTOPへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • ★1★ハロー!ビタミン 今回のバーゲン品
  • ★2★店長より ごあいさつ
  • ★3★膠原病はアメリカではアレルギー内科が担当し体質改善に成功しています。
    ~関節リウマチや自己免疫疾患、血管などの結合組織疾患の複合型アレルギー。抗体の異常分泌による炎症や硬化が起こる女性に多い特定疾患。
  • ★4★『60錠入りアレルギー用ビオチン』のご紹介
    ~炎症抑制ホルモンの分泌と皮下の血流アップで丈夫な皮膚を作る体質改善に。
  • ★5★読専企画!メルマガ読んでもらった方だけへの
    メルマガ・バーゲン!

★1★ハロー!ビタミン 今回のバーゲン品

こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

善玉菌サプリ

腸内環境の悪玉菌優勢が膠原病の免疫異常に繋がっているとアメリカのアレルギー内科が発表。
性能の高い善玉菌サプリを長期摂取することで悪玉菌を減らしアレルギーを改善する。

ラクトフェリン

悪玉菌の活動を鈍らせ善玉菌が腸内環境を改善するのを助ける人気のサプリ。
グロブリン免疫抗体というアレルギーに関わる免疫物質を正常化しアレルギー症状を緩和する働きも。

60錠入りビオチン

炎症抑制のホルモンを作って炎症体質改善にアメリカのアレルギー内科で使われるサプリ。
アレルギーの根本的な体質改善で中心となるサプリですが、スキンケアでも女性に人気です。

腸内洗浄ハーブ&ファイバー

腸を強制的に蠕動運動を起こさせて腸内環境を良い方向に改善する食物繊維サプリ。
アメリカでは30年以上もの販売実績と、特集本が何冊も作られるくらいにメジャーなサプリです。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

最近、ウォーキングの凄さに驚きが止まりません。

5月に行われる48時間耐久100kmウォーキング大会への出場を機に、ノルディックウォーキングというストックを突きながら大股で歩くウォーキングを始めました。
もちろん体力強化のために始めたのですが、「たかが歩きでしょ」的な感じでやってみて驚いたのが、走るという行為と全然使う筋肉が違うということ。
また、徐々にですがスタイルに変化が出始めていること。

ノルディックウォーキングを始めてから1ヵ月ちょっとしか経っていませんが、確実にズボンが緩くなってきています。
私が驚いているのは、ジョギングを何年も続けているにもかかわらず、たった1ヵ月ちょっとのウォーキングを加えただけで、筋肉の付き方や、心臓のポンプ機能の強化(ただしタウリンやカルニチンやコエンザイムQ10を加えているので、その効果もありますが)、脂肪の減り方が大きく変わったことです。

これからの約1ヵ月間は100kmウォーキングのためにノルディックウォーキングを一所懸命にやるでしょう。
しかし、おそらくですが、100kmウォーキングが終わってからも、夜にラジオを聴きながら行うノルディックウォーキングは止めないのではないかと思います。
もちろん行う頻度は減ると思いますが、自分の体質に合った運動が見つかったという実感は間違いが無く、これからの健康維持や老化防止に役立ってくれるのではないかと思います。

ちなみに、多くの栄養学者が老化は脚から来ると言っています。
皆さん、歩きましょ。

★3★膠原病はアメリカではアレルギー内科が担当し体質改善に成功しています。
~関節リウマチや自己免疫疾患、血管などの結合組織疾患の複合型アレルギー。抗体の異常分泌による炎症や硬化が起こる女性に多い特定疾患。

膠原病はアレルギーであることをご存知ですか?。

タウリン

お客様からの膠原病のご相談が増えています。
実は私の妻の妹さんが膠原病で入院してしまいました。
お見舞いに行って話をすると、膠原病がアレルギーであることを知らないらしいのです。
そこで、アメリカのアレルギー内科の論文や、たくさんの栄養学者が研究した論文を精査いたしまして、アメリカでの医学的な治療の一部と、それに付随している栄養学的な体質改善の全部を徹底的に調べました。

今回の「ハロー! ビタミン」は膠原病でお届けしようと思っています。

医学的な部分はアメリカは日本とほとんど変わりがありません。
どちらの医学界も世界でも最先端をいっているので、当然だと思います。
しかしアメリカのアレルギー内科では膠原病を未知の病気と考えず、いくつかの細かい体質が重なった結果の症状と考えており、栄養学による体質改善というものにも、医薬品による治療と同じ位に注力しています。
実際に、出ている症状は医薬品で抑制し、根本的な原因を体質に求めて体質改善で症状を出なくさせる、という二本立てで膠原病を改善させています。

膠原病とは何か。

カルニチン

膠原病は比較的に女性に多く発症するアレルギーです。
関節痛や関節炎、内臓の炎症、発熱、倦怠感(筋炎)、皮膚炎、末梢部の血流障害(毛細血管の炎症でレイノー現象ともいいます)、交感神経と副交感神経のバランス異常(レイノー現象にも関与)、食欲不振などが起こり、初めは「風邪かな?」くらいの症状から発症することが多いようです。
症状は良くなったり悪くなったりを繰り返し、長期的に続いたり、季節的要因や精神状況などにより症状が悪化したりしますが、風邪薬が効かないことから病院に行って検査してもらって膠原病と気が付くことが多いようです。

アメリカのアレルギー内科での定義になりますが、膠原病は内臓の炎症、血管や関節などの結合組織の炎症と硬化を引き起こす症状とされています。
つまり膠原病という病気があるわけではなく、リウマチ症状や内臓の炎症、免疫異常などが重なった症状という考え方ですね。
これらの症状が複雑に重なるので、色々な症状があり、判断が付きにくいという特徴があります。

日本では抗核抗体の検査を行って、膠原病であるかどうかを判断しますが、実際には抗核抗体の異常値を示さない膠原病もあり、膠原病であると判断するのは非常に難しいのです。
抗核抗体に異常値を示しても、無症状の方も多いのです。

アメリカでは膠原病かどうかの診断は、抗核抗体の値やリウマチ症状、内臓や血管の炎症や免疫異常などの状況を兼ね合わせて、アレルギー内科の主観に任せる部分が多いのです。
判りやすく言うと、そういった症状が出ている時には膠原病と判断されて、治療と体質改善に入る、ということの様です。

アメリカでは日本と違って膠原病は特定疾患ではありませんので、厳密な診断は必要が無いのです。
そういう意味でアメリカのアレルギー内科は膠原病に関しては楽をしていると言えるでしょう。
そういった症状が出ていれば、症状を改善する方法は確立されているので、すぐにステロイド剤が使われたり、酷い時には免疫抑制剤を使って症状を緩和します。(この部分はアメリカンビタミンショップではできないので、是非、病院での治療を行うようお勧めいたします。)

それと同時に膠原病を引き起こしている体質を体質改善していきます。
次の項目ではアメリカのアレルギー内科でよく行われる体質改善の方法をお届けします。

膠原病の体質改善とは。

コエンザイムQ10

膠原病を引き起こす体質は1つではありません。
いくつもの原因が重なることで起こりります。
また同じ膠原病でも、人によって体質的に弱い部分も違っているので、症状として出てくる部分も違っているのです。

とりあえず膠原病の方が持っている体質を以下に挙げてみます。
アメリカのアレルギー内科では、これらの体質を改善することが根本的な膠原病の改善に繋がるとしています。

・免疫異常
・腸内環境の悪い体質
・炎症体質
・血流の悪い体質
・ストレスなどを感じやすい体質(これは副次的原因ですが、交感神経と副交感神経のバランスなどを重視するアメリカのアレルギー内科医師が増えています)

膠原病の体質改善で重要なことは、どんな組織に、どんな症状が出ているかということを見極めることです。
膠原病の症状と呼ばれるものの多くは炎症体質と呼ばれる体質ですが、炎症に関わる免疫物質も何種類もあるので、それに合致する炎症抑制サプリを選ばなければなりません。
アメリカのアレルギー内科での治療では、炎症抑制にステロイド剤を使いますが、これはあくまでも燃え盛る炎に水をかけるのと同じで、有効ではありますが根本的な改善には繋がりません。
サプリによる体質改善では、燃え盛る炎の中にある燃えている物を取り除くという例えが適正かと思われますが、炎症の原因を取り除く体質改善を行いますが、それには非常に長い説明が必要なので、次回の「ハロー! ビタミン」に回ると思われます。

とりあえずここでは、免疫異常という膠原病の方が全員持っている体質についてお話しいたします。
腸内環境の悪い体質と密接に繋がる体質で、根本的な体質改善というテーマになります。

膠原病という免疫異常は腸内環境が深く関わっている。

腸内環境

膠原病はアメリカのアレルギー内科ではアレルギーという分類であることは先の項目でも書いています。
日本で使われる免疫異常と、アメリカで使われるアレルギーという言葉の定義は、必ずしもイコールではないようですが、膠原病は白血球などの免疫組織が自分自身の組織を攻撃してしまうことから始まる免疫異常という現象が引き起こしていますので、その免疫組織の異常行動の原因をご説明するところから始めましょう。

白血球に代表される免疫組織が、体外から侵入してくる外敵に対して常に警戒をすることを免疫と言います。
具体的にはヘルパーT細胞などの白血球が、皮膚や粘膜に取り付いた物質が、自己の組織か、外敵かを判断し、外敵と判断するとその物質や生物に目印(サイトカイン)を付けて、それを攻撃しなさいという命令を出します。
(免疫の専門家の方からするとあまりに簡潔な書き方で不興をかいそうですが、生物の免疫の仕組みはあまりにも複雑なため、それを専門家以外の方に説明する時には、思い切ったデフォルメが必要ですので、ご容赦ください。)

外敵と判断された物質や生物は、攻撃型の白血球などが使う武器(ヒスタミンやロイコトリエン、炎症系プロスタグランジンや活性酸素、好中球エラスターゼなどなど)によって攻撃を受け、うまくいけば外敵は退治できます。

さて膠原病ですが、膠原病の方の症状は主に自分の内臓や血管、関節などの結合組織になります。
つまり自分自身の組織を免疫組織(特にヘルパーT細胞)が外敵と見なして、攻撃しなさいという命令を出してしまうことに問題があるのです。
本来は無害な自分自身の組織をアレルゲンや外敵と勘違いして、攻撃命令を出してしまう原因は、腸内環境の悪さなのです。

もっと具体的にいいますと、腸内に住んでいる腸内細菌の悪玉菌が優勢の体質です。

腸と言う組織は外から栄養素を補給する組織であり、他の皮膚や粘膜、呼吸組織などと比べると、簡単に外敵を体内に侵入させてしまう組織なのです。
この腸と言う外敵を侵入させやすい組織を守るために、全身の、実に50%もの白血球が腸の粘膜組織に集まって、食事と一緒に入ってきてしまう外敵を警戒しています。
生物の進化の中で、口から侵入してきた物質や生物によって、その個体が致命的な症状を呈したり、死したりしてきた結果、腸には最強の免疫システムが常駐するようになったのです。

膠原病以外にもアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬、花粉症や掌蹠膿疱症、バセドー氏病や橋本病、メニエール病や化学物質過敏症などなど、本当にたくさんの種類のアレルギーがありますが、こられのアレルギーに共通するのが腸内環境の悪さなのです。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」も膠原病について書いていきます。
様々な炎症体質を、様々な方法で改善するという、体質改善です。
膠原病の辛い症状はすべて炎症が引き起こしているので、炎症を起こしている原因を突き止め、体質改善することが大切です。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~善玉菌サプリで悪玉菌を駆逐し、腸内環境を整えることで、免疫異常を引き起こしている白血球などの免疫組織を正常化する。

善玉菌サプリ

アメリカのアレルギー内科では異常行動を起こしている白血球を正常に戻す体質改善の中心に、善玉菌サプリによる腸内環境の改善があります。
アレルギー内科の医師であれば、善玉菌サプリを使わない人はいないと断言しても良いくらいに、膠原病を含めたアレルギー体質改善の中心的存在です。

善玉菌サプリは商品を選ばなければなりません。
善玉菌と言っても悪玉菌を退治する能力のほとんどない菌種も多くいます。
・悪玉菌を減らす能力の高い菌種を選ぶこと。
・胃酸に弱い善玉菌を胃酸から守る仕組みがあること
・人の腸に定住しやすい人由来の菌であること
・50℃くらいまでの温度に耐えられる菌種であること
他にもたくさんの条件を満たしていなければ、腸内環境を効率良く改善することはできません。

アメリカンビタミンショップが推奨する腸まで届く善玉菌12はアメリカのアレルギー内科で最も使われていると言われる商品です。
もちろん上記の条件をすべて満たします。
このサプリを1日2カプセル、2年間摂取することで、2kgの粘膜に守られた悪玉菌を壊滅させ、腸内環境を善玉菌優勢に導きます。

膠原病の体質改善の第一歩を、このサプリと一緒に刻んでください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『善玉菌サプリ』
腸内環境の悪玉菌優勢が膠原病の免疫異常に繋がっているとアメリカのアレルギー内科が発表。
性能の高い善玉菌サプリを長期摂取することで悪玉菌を減らしアレルギーを改善する。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~花粉症の鼻詰まりにラクトフェリンは悪玉菌の活動を抑制させて善玉菌を増やす効果と、白血球の異常行動を抑制する効果が期待できます。

ラクトフェリン

なんと!、10mくらいある腸内には、2kg~3kgともいわれる腸内細菌が共生しています。
2kgのお肉を想像してもらえれば、どれだけの量か想像がつくでしょう。
これらの何100種類もの菌たちが、人間に栄養素を与えたり、毒素を与えたりして、我々のQOL(生活の質)に多大なる影響を与えているのです。

腸内細菌は3種類に大分類できます。
善玉菌は人が食べた食事から栄養素を補給し、食事から摂取しにくいビオチンやパントテン酸(ビタミンB5)などの栄養素を供給してくれます。
悪玉菌はメタンやアンモニア、インドールなどの悪い物質を分泌し、不健康の原因ともなります。
それから意外と大きな影響力を持っているのが、悪玉菌と善玉菌の勢いを見て強い方に味方する日和見菌(ひよりみきん)です。

アレルギーの方はこれらの腸内細菌の99%以上が悪玉菌と日和見菌で占められており、腸内環境がかなり悪いのです。
免疫異常を引き起こす原因となる、外敵を見分けるヘルパーT細胞白血球は、本来は腸内に寄生する回虫などの寄生虫を監視する役割を持っていましたが、先進国などでは衛生状況が改善されたため腸内に寄生虫がいる人が減ってしまいました。

そこで仕事の無くなったヘルパーT細胞白血球は、次の敵として腸内に共生する悪玉菌に目を付けたのです。
膠原病などのアレルギーの方は2kg~3kgの悪玉菌を腸内に飼っているため、ヘルパーT細胞白血球は腸内に外敵が大量にいると判断し、全身の免疫組織全体に対して、最大級の警戒態勢をとるように命令してしまいます。
その結果、本来無害な自己の組織に対しても、過敏になり過ぎた白血球が攻撃をしてしまい、様々なアレルギーが発症するのです。

アレルギー理論はこれくらいにして、腸内環境を改善するのに必要な善玉菌を助け、悪玉菌の邪魔をするラクトフェリンをご紹介しましょう。

善玉菌サプリを摂取する時にラクトフェリンを併用すると、悪玉菌はラクトフェリンによって活動を鈍らせられているので、善玉菌が腸の壁にコロニー(粘膜で作られた善玉菌の住処で、善玉菌を守るお城の様な存在です)を形成しやすくなります。
悪玉菌は人の免疫力の強弱(バイオリズム)に反応して、活動を鈍くしたり活発にしたりするので、腸内環境によっては下痢や便秘をしたり、治ったりを繰り返しながら腸内環境が改善されていく方が多いのですが、下痢などに困っている場合はアメリカのアレルギー内科ではラクトフェリンを併用して、常に悪玉菌の活動を抑制するという方法を採ります。

またラクトフェリンはグロブリン免疫抗体に影響を与えて、免疫を正常化する働きが確認されており、アレルギー体質の白血球の異常行動を抑制する可能性が高いと言われています。
もちろん最終的には善玉菌によって腸内環境を改善していくのが、白血球を根本的に改善する唯一の方法ですが、2年前後の長期に亘る体質改善の間の、辛いアレルゲン反応を緩和するために、ラクトフェリンは使われているのです。

膠原病でお困りの方は、是非、善玉菌サプリとラクトフェリンを併用してみてください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ラクトフェリン』
悪玉菌の活動を鈍らせ善玉菌が腸内環境を改善するのを助ける人気のサプリ。
グロブリン免疫抗体というアレルギーに関わる免疫物質を正常化しアレルギー症状を緩和する働きも。
——————————————————————–

 

★4★『60錠入りアレルギー用ビオチン』のご紹介
~炎症抑制ホルモンの分泌と皮下の血流アップで丈夫な皮膚を作る体質改善に。

アレルギー用ビオチンへの店長の思い入れ

ビオチン

今回の「ハロー! ビタミン」でご紹介するビオチンは一般的なカプセルに入ったビオチンです。
4種類あるアレルギー用ビオチンの中で、最も販売数の多いビオチンでもあります。

アメリカンビタミンショップはお客様の半分以上がアレルギーの改善を目指す方ですので、その主力商品とも言えるビオチンは4種類ご用意させていただいております。
前回の「ハロー! ビタミン」から4回の「ハロー! ビタミン」で、順次すべてのビオチンをご紹介しますが、基本的には含有するビオチンの種類(天然のビオチンです)も、含有量も同じですので、どのビオチンを摂取しても良いのですが、今回の様に味がついておいしく食べられたり、ゆっくりと溶けて緩やかに体内に吸収されたり、安かったり、という感じで自由に選んでいただきたいと思います。

ビオチンには2つの働きがあります。
・皮下の毛細血管を太くして栄養素の運び角質層を丈夫にする。
・炎症抑制のプロスタグランジンというホルモンを作って皮膚炎などを防ぐ。

先の項目でご紹介したボスウェリアも炎症抑制で働くのですが、ビオチンの消炎系プロスタグランジンを作る炎症抑制のプロセスと並行する、炎症物質ロイコトリエンを作らせないプロセスで働いています。
ビオチンとボスウェリアは同じ炎症抑制に働きますが、別ルートから炎症を抑制するので、炎症体質が酷い方は是非併用してみて欲しいです。

ちなみにビオチンは
・皮下の毛細血管を太くして栄養素の運び角質層を丈夫にする。
ということでアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬などの皮膚を改善するだけではなく、アメリカでは多くの女性にスキンケアで人気のあるサプリです。

ヒアルロン酸とEPAとビオチンを組み合わせると、角質層に質の良いセラミドがたくさん分泌するようになるので、最強のスキンケアセットになります。
乾燥肌や敏感肌、脂性肌だけではなく、シミやしわを防いだり、加齢とともに問題となってくるお肌のトラブルを改善するために、アメリカ人女性の多くがこれらの3つのサプリを組み合わせて基礎化粧の代わりにしています。
日本では基礎化粧が主流ですが、お肌は体の中から作られるということで、お肌に必要な栄養素を補って自力でお肌の質を高めましょう。
腸内環境が悪いタイプは必須のサプリです。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~ビオチンはアレルギーの方の炎症抑制と皮膚の体質改善にお勧めの商品です。本来は腸内で作る栄養素です。

ビオチン

今回の「ハロー! ビタミン」では膠原病というアレルギーについて書いていますが、ビオチンは膠原病の炎症抑制を行うサプリの1つでもあります。
ビオチンは炎症抑制のプロスタグランジンというホルモンを作る時に必要で、腸内環境が悪いアレルギー体質の方は腸に善玉菌がほとんどいないので、ビオチンの生産供給が行われずに炎症がどんどん酷くなってしまう炎症体質を持っています。

炎症体質の根本的原因は腸内環境の悪玉菌優勢にあるのですが、悪玉菌が多く善玉菌が少ないので、善玉菌によってビオチンの供給ができていないため、皮下の毛細血管を太くすることができずに、皮膚や粘膜の質が悪くなっています。

ビオチンはもともと炎症体質を改善するものとして100年以上の実績があるサプリです。
アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬や掌蹠膿疱症などの炎症を改善する効果があるため、アメリカのアレルギー内科ではかなり高い使用実績を持ちます。

アレルギーでは腸内に善玉菌がほぼいないため、善玉菌によって作られるビオチンは不足しています。
ビオチン不足は5個発見されている炎症体質の原因の1つです。
ビオチンはリノール酸というサラダ油をガンマリノレン酸に変換して、消炎系プロスタグランジンの材料として供給しているため、皮膚や粘膜の炎症抑制のためのサプリメントに分類されます。

またビオチンは皮下の血流を良くする働きがあるため、アトピー性皮膚炎などの皮膚が弱い方だけではなく、お肌のトラブル全体に使われます。
EPAと併用することで角質層のセラミド層に分泌するセラミドの質が高くなり、角質層を正常な厚さに保って皮膚を丈夫にしてくれます。

ビオチンを摂取して効果のある方は、腸内環境が悪玉菌優勢のため、善玉菌サプリで腸内を改善していくことをお勧めします。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『60錠入りビオチン』
炎症抑制のホルモンを作って炎症体質改善にアメリカのアレルギー内科で使われるサプリ。
アレルギーの根本的な体質改善で中心となるサプリですが、スキンケアでも女性に人気です。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~腸内洗浄ハーブ&ファイバーは腸に蠕動運動を起こさせて腸内に酸素をたくさん供給して悪玉菌の活動を鈍らせます。

便秘改善サプリ

腸は筋肉の真ん中に穴が空いているホースみたいなものだと思ってください。
腸は蠕動運動という物をギュッと握り潰すような運動によって、食べ物や便を握り潰して前後に進ませます。
この運動を波の様に連続して起こすと、胃の方から肛門の方へ食べた物が移動していくのです。

腸は筋肉でできていますが、筋力の弱い女性やご年配の方々は、ギュッと握り潰す運動ができずに便秘になったりするのです。

さてここで紹介する便秘改善サプリと呼ばれる腸内洗浄ハーブ&ファイバーですが、これは便秘ではない方が使っても良い働きをしてくれます。
実際に2種類の容器に入ったハーブと食物繊維を摂取すると、健康な腸の方でもお腹の中で腸が激しく動いているのが判ります。
激しく動いてはいても、腹痛を起こすような運動ではないのでご安心下さい。

この腸が激しく動くことによって筋肉である腸にはたくさんの血液が運ばれます。
腸がたくさん動くことによって、血液の中の水分と酸素が腸の毛細血管から滲み出てきて、腸管内部に行き亘りますと、酸素が嫌いな嫌気性細菌である悪玉菌は活動が非常に鈍くなります。

例えば膠原病やアトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、アレルギー性鼻炎や掌蹠膿疱症などのアレルギーの方は腸内環境が悪いために白血球に異常が生じているので、腸内に善玉菌を増やさなければなりません。

性能の高い善玉菌サプリを使ったとしても1年~3年ほどもかかる腸内環境の改善ですが、ラクトフェリンを使ったり、今回のバーゲン品である腸内洗浄ハーブ&ファイバーを使ったりすることで、善玉菌を助けてあげれば、腸内環境の改善は確実に早くなります。
是非、この腸内洗浄ハーブ&ファイバーを摂取して、お腹の中がグルグルなる感覚(腹痛ではありません、腸が激しく動いている感覚です)を味わってみてください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『腸内洗浄ハーブ&ファイバー』
腸を強制的に蠕動運動を起こさせて腸内環境を良い方向に改善する食物繊維サプリ。
アメリカでは30年以上もの販売実績と、特集本が何冊も作られるくらいにメジャーなサプリです。
——————————————————————–

▲TOP▲

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アメリカン ビタミンショップはハワイからキレイと元気をお届けします
~アメリカ製の厳選サプリを現地価格で~
───────────────────────────────────
企画・発行・運営  アメリカン ビタミンショップ合資会社
発行責任者     阿部好和
編集・執筆     鈴木麻里子・阿部好和
アシスタント    大野圭介
東京本社    東京都港区高輪1-20-2 シェア高輪TENTMENT 1-A
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(C) 1192 American Vitamin Shop,Inc. All Right Reserved.