━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013年5月26日号

ハロー!ビタミン
●ハワイからキレイと元気をお届けします●
~アメリカ製の厳選サプリを現地価格で~
バックナンバーTOPへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • ★1★ハロー!ビタミン 今回のバーゲン品
  • ★2★店長より ごあいさつ
  • ★3★膠原病はアメリカではアレルギー内科が担当し体質改善に成功しています。Part3
    ~膠原病の炎症改善の続きと血行障害&神経障害の体質改善。アレルギーである膠原病を医薬品とサプリでアメリカでは治療しています。
  • ★4★『ヒスタミンブレンド』のご紹介
    ~胃腸から入ってくるアレルゲンを吸着し排泄することでヒスタミンを作らせないようにするサプリ。
  • ★5★読専企画!メルマガ読んでもらった方だけへの
    メルマガ・バーゲン!

★1★ハロー!ビタミン 今回のバーゲン品

こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

ビオチン

膠原病の皮膚や血管の硬化は皮膚や血管の細胞の栄養不足が原因です。
ビオチンはアレルギーに不足する栄養素。毛細血管を太くし血流を回復し細胞の栄養不足を改善します。

5HTP

自律神経の失調で起こる膠原病の血行障害レイノー現象はホルモンの影響を受けている。
5HTPは幸せのホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を増やし交感神経の異常緊張を解く。

ヒスタミンブレンド

アメリカでは食品アレルギーの方が一緒に摂取してアレルゲンの量を下げるために使います。
ヒスタミンの抑制は有効な方法が色々あるので自分の体質に合わせて実行しましょう。

ケルセチン

痒みや炎症の原因物質ヒスタミンを作り出す細胞の活動を抑制し過敏な体質を改善する。
アメリカのアレルギー内科での体質改善の中心的サプリの1つで善玉菌サプリと相性◎。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

2週間前に100kmのトレイルウォーキングも終わり、体の調子も回復しました。
初めての方にちょっと説明が必要かと思いますが、私は5月10日から48時間で100kmの山道を歩く競技に参加しました。
その競技は4人ひと組で参加し、4人が100kmを歩いて48時間以内にゴールしたら、記録してもらえるという競技です。
オックスファムというイギリスの法人が主催しているイベントで、世界のいろいろなところで行われているトレイル競技です。

日本では、神奈川県の小田原を出発し、箱根芦ノ湖まで登り、最終的には山中湖を目指します。
登ったり下ったりはしますが、累計の標高差は4000mを超える山道で、かなりきつい上り坂が何時間も続くようなコースであり、雨と風が酷かったため、700人強の参加者のうちゴールしたのは500人強という、かなり過酷なレースとなりました。

店長を含め40歳代が3人、30歳代が1人というチーム構成で、それほど運動というものをやっていないおじさん達ですが、46時間45分でゴールできました。
体力のなさと、雨による悪路が影響してチームのスピードはまったく上がらず、睡眠時間も2時間しか取ることができませんでした。
でも、怪我人も無く、無事に大会を終えられ、しかも48時間以内にゴールするというおまけまでついて、久々の達成感を味わうことができました。

もちろん2ヶ月ちょっとの練習期間中には、タウリンなどの筋力補助サプリを使い筋肉増強を行いましたので、スタミナ的には全く問題ありませんでした。
関節を痛めないようにMSMを摂取したり、体力のない部分はだいぶサプリで補いましたが、究極な状況でのサプリの威力というものを実感できましたし、楽しい時間を過ごすことができました。

★3★膠原病はアメリカではアレルギー内科が担当し体質改善に成功しています。Part3
~膠原病の炎症改善の続きと血行障害&神経障害の体質改善。アレルギーである膠原病を医薬品とサプリでアメリカでは治療しています。

膠原病の復習をしましょう。

タウリン

今回は膠原病の特集の最終回となります。
今まで2回の「ハロー! ビタミン」では、腸内環境の悪さが膠原病の根本的な原因であるということと、様々なタイプの炎症が起こるというお話しでした。
膠原病の最終回では、前回の「ハロー! ビタミン」でご紹介しきれなかった炎症体質の体質改善の一部と、非常に特徴的なレイノー現象と、自律神経のバランスの問題について採り上げて参ります。

まずは復習の意味も込めて、膠原病の方が持っている体質を確認してみましょう。
・免疫異常
・腸内環境の悪い体質
・炎症体質
・血流の悪い体質
・ストレスなどを感じやすい体質(これは副次的原因ですが、交感神経と副交感神経のバランスなどを重視するアメリカのアレルギー内科医師が増えています)

アメリカのアレルギー内科では、これらの体質を改善することが根本的な膠原病の改善に繋がるとしており、これまでの2回の「ハロー! ビタミン」では以下の体質の改善方法をご紹介してきました。
・免疫異常
・腸内環境の悪い体質
・炎症体質(一部)

膠原病の皮膚や血管の炎症と手指などの血行障害(レイノー現象)について。

MSM

皮膚や血管が炎症を起こしたり、硬化する現象が膠原病では確認されていますが、主に炎症を抑制する目的で使われるサプリは2種類です。
ビオチンとブロメラインです。

ともに膠原病の方の血流を回復する効果が期待でき、アメリカのアレルギー内科でも多く使われています。
ビオチンは皮膚の毛細血管を太くすることで、皮膚の健康を保つ働きが顕著です。
ブロメラインは胃酸の消化酵素と同じ成分ですが、膠原病の方に酵素の分泌が悪い方が多く、ブロメラインの分泌が悪い方が毛細血管の目詰まりで血流が悪くなり、炎症や硬化が進行することがあるようです。

レイノー病は40歳以下の女性に起こる症状です。
左右対称に手指の血行が急激に失われ、皮膚の色が蒼白になる現象で、単独で起こる場合をレイノー病と呼びますが、膠原病にも同じ現象が起こる場合があり、その場合はレイノー現象と呼んでいます。

主に体が冷えることによって手指の末梢の細い動脈が痙攣を起こし、血流が失われるのですが、膠原病の場合は交感神経と副交感神経のバランスの問題(次の項目で説明します)の他に、腸内環境の悪さによるビオチンの分泌不足により、末梢血管の血流不足が常態化し血管の細胞の栄養不足も大きな原因の1つになっています。
手指の末梢の細い動脈の痙攣を引き起こす切っ掛けは交感神経と副交感神経のバランスを欠いた自律神経失調が原因ですが、それだけではレイノー現象は起こらないと言われています。

例えば冷えによる脚の攣りという現象と同じで、冷えという切っ掛け(トリガー)があるにしても、脚の筋肉のカリウムの不足が無ければ、脚が冷えても脚が攣るという現象が起こらないのと同じです。
膠原病を含めアレルギーは腸内環境に善玉菌がほとんどいないということは、前々回の「ハロー! ビタミン」の膠原病の特集で述べていますが、善玉菌が作り出すビオチンの不足が血管の細胞の栄養不足に繋がっているのです。

ビオチンには皮下の毛細血管の太さを維持する働きがありますが、腸内に善玉菌がほとんどいない膠原病の方は常にビオチンが不足しており、血流により栄養素を運ぶということができていないため、特に手足の末梢の血管への栄養補給ができていません。
手指の末梢の小動脈の細胞に栄養不足が起きている状態が、痙攣を引き起こし血流を阻害してレイノー現象を起こすということは、アメリカのアレルギー内科でも以前から指摘されていて、レイノー現象を起こす方にはビオチンを処方するというのが、ここ10年くらいの流れとなっています。

レイノー現象が起こる方にお奨めするサプリは以下のものがあります。
ビオチンの他にはEPAが一緒に処方されることも多くなっています。
また、過去にカンジダ感染症を発症したことのある方には、ブロメラインも処方されます。
・ビオチンの毛細血管を太くする効果
・酸性に傾いた血液をアルカリ性に改善し、赤血球の粘度を下げて血液をサラサラにする効果
・ブロメラインの毛細血管を詰まらせるフィブリンと言う免疫物質を溶かす効果

自律神経失調については次の項目でお届けします。

膠原病の自律神経失調について。

ブロメライン

膠原病には交感神経の緊張に由来する様々な症状が報告されています。
先のレイノー現象の手指の細動脈の痙攣も、血管壁の細胞のカリウムなどの栄養不足が主原因ですが、その痙攣の引き金を引くのが交感神経と副交感神経と呼ばれる自律神経です。

この自律神経のバランスが悪いと様々な不定愁訴が起こることが判っていますが、膠原病の方の多くに交感神経の異常緊張などの現象が起こっており、レイノー現象などの膠原病独特の症状が顕れる切っ掛けとなるのです。
また血管や皮膚の硬化という現象も、交感神経と副交感神経のバランスの悪さ + ビオチン不足による細胞の劣化などによって悪化していくことが判っています。

アメリカのアレルギー内科では膠原病と判断された方の症状の中に、レイノー現象などの自律神経の失調の兆候がある場合、交感神経の緊張を解いて副交感神経とのバランスを改善するために5HTPを摂取させることが多いようです。
また女性特有のPMSやホルモンバランスの乱れなどが体質的にある場合は、DHEAなども併用することもあります。

5HTPはセロトニンやメラトニンというホルモンの原料となるアミノ酸で、15年くらいはアメリカの神経系、精神系サプリの人気ランキングで上位にランクインしているサプリです。
セロトニンは鬱症状や依存症、不安感などを感じる方の多くに不足が懸念されるホルモンで、5HTPを摂取することで多くの改善例が見られます。
メラトニンは日本では医薬品扱いですが、本来は体内でセロトニンから作られる睡眠の質を高めるホルモンで、不眠症の方が5HTPを摂取してセロトニンからメラトニンを作り出し睡眠の質を高めています。

ホルモンバランスが悪いと感じる方は、是非、DHEAや5HTPを試してもらいたいと思います。

次回の「ハロー! ビタミン」の予告

次回の「ハロー! ビタミン」は夏直前のダイエット特集をお届けいたします。
アメリカンビタミンショップではアメリカの肥満外来病院が行う正統な体質改善によるダイエットを推奨していますが、今回は夏の直前にアメリカの多くの雑誌に採り上げられる体脂肪を徹底的に落とすダイエット方法をお届けします。

ダイエットリバウンドを起こすような、過激なダイエットが嫌いな店長ですが、絶食も含めた禁断のダイエット方法について書いちゃいます。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~ビオチンで毛細血管の血流を高めて、膠原病の皮膚や血管の硬化を防ぎ、レイノー現象(血行障害)の原因を取り除きましょう。

ビオチン

膠原病は、とにかく血流を良くすることが、皮膚や血管の炎症抑制と硬化の抑制に有効ですし、レイノー現象にも良い影響を与えるので、以下のサプリを組み合わせても良いと思います。

EPAはビオチンが不足している方に不足する栄養素で、血液を酸性からアルカリ性に改善して血液の粘度を下げて、血液サラサラで血流を良くする硬化が期待できます。
過去にカンジダ感染症になったことがある場合は、ブロメラインも摂取の対象となります。

また心臓のポンプ機能を高めることも大切なので、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行ったり、タウリンやカルニチン、コエンザイムQ10で心臓の筋肉にパワーを与えてあげると良いでしょう。

この血流を良くする体質改善は、レイノー現象の改善にも関係します。
膠原病の体質改善と対症療法で重要な働きをする部分なので、上手にサプリを使って改善していってください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ビオチン』
膠原病の皮膚や血管の硬化は皮膚や血管の細胞の栄養不足が原因です。
ビオチンはアレルギーに不足する栄養素。毛細血管を太くし血流を回復し細胞の栄養不足を改善します。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~5HTPはセロトニンというホルモンの原料となり交感神経の強い緊張を緩和し、自律神経のバランスを整えレイノー現象を緩和します。

5HTP

5HTPは脳内ホルモンであるセロトニンやメラトニンの原料となるサプリメントです。
ストレス社会であるアメリカでは比較的に気軽な感じで精神科病院に通院するのですが、その前段階として5HTPやDHEAなどのホルモンの原料系のサプリを摂取して様子を見るということを良く行います。
アメリカには健康保険制度が無いので、病院を受診すると驚くほどの医療費が請求されるため、まずはドラッグストアで5HTPやDHEAを買って、改善するかどうか試してみるというのが当たり前になっているのです。

5HTPの摂取によって作られたセロトニンは脳の機能を調整し、うつ症状や不安感の改善、依存症や動物的な欲求の抑制に働きます。
また交感神経の強い緊張を緩和する働きもセロトニンにあるため、アメリカのアレルギー内科では膠原病でレイノー現象を起こしている方に、細動脈の痙攣を起こさせる切っ掛けを減らすために5HTPが処方されるのです。
アメリカには健康保険制度がないために、医師が医薬品の他にサプリを自由に出せるため、体質の改善も医師の仕事の一つとされています。

セロトニンによって作り出されるメラトニンは睡眠に関係するホルモンとして不眠症の改善に使われています。
膠原病の方で不眠に悩む方も多く、5HTPは短時間でセロトニンやメラトニンに変換されるため、精神的な問題に高い効果を発揮するサプリメントとして、アメリカでは非常に人気があります。

またホルモンバランスの悪い方は、5HTPにDHEAを加えてホルモンバランス全体を改善する、という方法を採る方も多くいます。
自律神経失調で悩まれていて、原因が良く判らない場合は、併用してみるのもいいですよ。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『5HTP』
自律神経の失調で起こる膠原病の血行障害レイノー現象はホルモンの影響を受けている。
5HTPは幸せのホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を増やし交感神経の異常緊張を解く。
——————————————————————–

 

★4★『ヒスタミンブレンド』のご紹介
~胃腸から入ってくるアレルゲンを吸着し排泄することでヒスタミンを作らせないようにするサプリ。

ヒスタミンブレンドへの店長の思い入れ

ヒスタミンブレンド

アレルギーの炎症と皮膚のかゆみを抑えるため、ヒスタミンの働きを食物の力を使って遮断するサプリメントです。
脳へのかゆみ伝達をカットしたり、食物から入ってくるアレルゲンを吸着させる成分など、実績のある食物やハーブを独自にブレンド。
作られてしまったヒスタミンを無毒化し、作られにくくする事でアレルギー改善の効果も期待できます。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~ヒスタミンブレンド胃腸から入ってくるアレルゲンを吸着し排泄することでヒスタミンを作らせないようにするサプリ。

ヒスタミンブレンド

抗ヒスタミンの研究が進むアメリカではヒスタミン対策として大きく2つの方法が提唱されています。

・この食物から抽出した天然抗ヒスタミン薬やアスタキサンチンを使い、作られてしまったヒスタミンを遊離(無毒化)する方法。
・ヒスタミンを作り出す肥満細胞(マスト細胞)をケルセチンや善玉菌サプリで鈍化させる方法。

ヒスタミンブレンドはヒスタミンの働きをあらゆる方向から遮断する食物由来のサプリメントです。
ヒスタミンがアレルギーの炎症と皮膚のかゆみの原因ですので、様々な方法でヒスタミンの働きを抑制することがアレルギー改善の1つの方法になります。
ヒスタミンを遊離して末梢神経から脳への皮膚のかゆみの伝達をカットするペパーミントや、食事から入ってくるアレルゲンを吸着するモンモリロナイト泥など、使用実績の高い様々な効能のハーブ類や食物を独自のブレンドで配合しています。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ヒスタミンブレンド』
アメリカでは食品アレルギーの方が一緒に摂取してアレルゲンの量を下げるために使います。
ヒスタミンの抑制は有効な方法が色々あるので自分の体質に合わせて実行しましょう。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~ケルセチンはヒスタミンを作り出す肥満細胞のアレルゲンに対する過敏さを取り除くためにアメリカのアレルギー内科が使います。

ケルセチン

膠原病の炎症はロイコトリエンやヒスタミンの異常分泌が原因の一つとなっています。
ロイコトリエンの抑制にはボスウェリアが使われ、ヒスタミンの抑制にはケルセチンが使われています。

ロイコトリエンもヒスタミンも体を守る重要な免疫物質なのですが、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしで、異常にたくさん分泌されては細胞に炎症を引き起こし、膠原病などのアレルギー症状が酷くなることにも繋がります。
このロイコトリエンやヒスタミンの大量分泌を根本から改善するには、善玉菌サプリによる腸内環境の改善が必須で、更にケルセチンやボスウェリアなどの併用が有効なのです。

ボスウェリアやケルセチンは天然のハーブですが、ハーブ研究の進むヨーロッパでは医薬品登録している国もあるほどの実力があります。
アメリカのアレルギー内科でも頻繁に使われるサプリで、是非、今回の「ハロー! ビタミン」を切っ掛けに詳しく知って欲しいと思います。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『ケルセチン』
痒みや炎症の原因物質ヒスタミンを作り出す細胞の活動を抑制し過敏な体質を改善する。
アメリカのアレルギー内科での体質改善の中心的サプリの1つで善玉菌サプリと相性◎。
——————————————————————–

▲TOP▲

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アメリカン ビタミンショップはハワイからキレイと元気をお届けします
~アメリカ製の厳選サプリを現地価格で~
───────────────────────────────────
企画・発行・運営  アメリカン ビタミンショップ合資会社
発行責任者     阿部好和
編集・執筆     鈴木麻里子・阿部好和
アシスタント    大野圭介
東京本社    東京都港区高輪1-20-2 シェア高輪TENTMENT 1-A
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(C) 1192 American Vitamin Shop,Inc. All Right Reserved.