120錠入りビオチンへの店長の思い入れ

掌蹠膿疱症 ビオチン

アメリカンビタミンショップの5種類あるビオチンサプリメントの中で、最も採用実績が古いのが、このヴァイタミンショップ社の120錠入りビオチンです。
以前は今売られているトンプソン社の60錠入り ビオチンの代わりに、ヴァイタミンショップ社の60錠入りビオチンが採用されていたのですが、10年近く前にスキンケアで、ビオチンがアメリカ人女性に注目された時にメーカー欠品し、ビオチン全体が一時販売停止に追い込まれた苦い経験から、 アメリカンビタミンショップでの販売数の多いビオチンは、メーカーを分けるべきであると判断し、商品を変更したのです。

商品はそれぞれメーカーが違ったりしていますが、製造方法は同じですので、どれを選んでいただいても違いはありません。
すべて内容量が5mg(5000mcg)となっており、1日4回飲めば、多くの研究者の奨める20mgに達しますので、炎症抑制でお使いの方は参考にしてください。
スキンケアでの使用では5mg~10mg程度でよろしいかと思います。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~ 120錠入りビオチンはアレルギーの炎症体質改善で使います。

掌蹠膿疱症性骨関節炎 ビオチン

アメリカンビタミンショップでは5種類のビオチンを採用しており、そのうち4種類がアレルギーの方にお奨めの内容量を持ったビオチンなのですが、その4種類はメーカーは違っていても、同じ作り方をしています。
アメリカのアレルギーリサーチ社という会社が開発した製造方法で、善玉菌をステンレス製の容器で培養し、そこからビオチンだけを抽出する方法を採用します。
この方法は人間が腸の中の 善玉菌からビオチンを供給されているのと同じなので、より自然に近い方法と言えるでしょう。
この方法は特許が取得されており、パテント料を支払って各メーカーは製造しているのです。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 掌蹠膿疱症のビオチン』
腸内で作られるビオチンは20mg以上です。スキンケアでは10mg。炎症抑制では20mgが基本です。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~ ガンマリノレン酸とビオチンを組み合わせる新しい試みが成功しています。

ガンマリノレン酸 γリノレン酸

アメリカでは アレルギーの方はアレルギー内科と呼ばれるところに行くのですが、そこで新しい試みが行われ、アレルギー全体(アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症などの皮膚系アレルギーと花粉症やアレルギー性鼻炎などの粘膜系アレルギーなど)で炎症体質の改善に良い結果が出始めています。

以前は ビオチンは体内でリノール酸を ガンマリノレン酸に変換するので、ビオチンを摂る方はガンマリノレン酸はいらないと言われていました。
しかし、ビオチンの様々な生理作用が判ってきて、皮膚炎や膿疱、 皮膚のかゆみや骨の痛み( 掌蹠膿疱症性骨関節炎)などを改善するのは、ビオチンが生産するガンマリノレン酸の炎症抑制ホルモンの分泌量アップだけではないということが判ってきました。

ビオチンは毛細血管を太くする作用があり、この生理作用が、毛細血管で引き起こされていた、好中球や好酸球などの分泌する、活性酸素や好中球エラスターゼによる組織破壊を防ぐ効果があったことが判ったり、ビオチンによるガンマリノレン酸の生産量は、長期摂取による体質改善を経ないと、引きあがらないことが判りました。
これはどういう意味を持つかというと、ビオチンを摂取してすぐに起こる炎症抑制などの改善が、案外ガンマリノレン酸とは関係がないことが判ったのです。
つまり、ビオチンを摂取してもガンマリノレン酸があまり作られない体質の方(少数ですがいるそうです)や、リノール酸→ガンマリノレン酸→炎症抑制ホルモンの生産ラインの体質改善が遅い方(大部分の方)などの、初期の頃に起こる改善はビオチンの別の生理作用だったということが判ってきたのです。

ということは、初期の頃(1年位まで)であれば ビオチンの他に ガンマリノレン酸を一緒に摂取すると、ガンマリノレン酸が変換されて炎症抑制のホルモンの分泌量が増えることが判ってきました。
つまりビオチンの生理作用による改善と、ガンマリノレン酸の炎症抑制効果が同時に初期から得られますので、単品で使用するよりも炎症抑制などの効果が高くなるということで、アレルギー内科の専門家の多くがビオチンとガンマリノレン酸の併用を始めているのです。

ビオチンは毛細血管を太くすると前述していますが、この炎症抑制ホルモンがビオチンによる毛細血管の拡張で、炎症場所まで運ばれやすくなり、より迅速に皮膚炎や膿疱、皮膚のかゆみや骨の痛みなどが改善することが判りました。
ビオチンと一緒に EPAを摂取していれば、皮膚の改善だけではなく、血液サラサラの効果で更に皮膚に様々な栄養素が運ばれるので、皮膚や粘膜などは強く丈夫にすることができます。

アレルギーの症状を最初の半年以内くらいに少しでも改善できた方は、その後の 腸内環境の改善や EPAによる皮膚の改善など、アレルギー体質の改善に必要とされる改善がうまくいく可能性が高まるそうです。(確かに半年間のサプリメント摂取で改善が見られなければ、医師やサプリメントに不信感を持つということも考えられますからね。お医者様も長く治療に来て欲しいので、できるだけ早期に何かしらの改善が見られるような方法を行いたいと思っているのです。)

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 ガンマリノレン酸』
ビオチンとの併用で初期の炎症抑制などの改善が起こりやすくなることが多くの専門家に認められました。
——————————————————————–