各サプリメントを商品番号順に紹介していくコーナーです。

今回はアトピー性皮膚炎用ビオチンをご紹介します。

アメリカンビタミンショップのビオチンでアトピー性皮膚炎用と銘打っている商品が4種類ありますが、最も価格対効果(価格対内容量)のバランスが良い商品です。

アメリカンビタミンショップが ビオチンを扱って5年くらい経ちますが、ここ3年くらいでビオチンの販売数が非常に伸びたためにイロイロな商品を探して最後に採用したのがアトピー性皮膚炎用ビオチンです、できるだけ安くて性能の高い商品を探すというコンセプトで探しました、1錠中に含まれるビオチンは5mgですので4種類のビオチンはすべて同じです、製造方法も同じ方法を使って作っていますのでビオチン自体もまったく同じものと思っていいと思います。

ここにお載せした情報は、数年前に商品カタログを作るときに調べた栄養学の情報に最新の情報を加えたもので、アメリカンビタミンショップの商品カタログの商品説明に反映させていただきます。

——————————————————————–

Thompson社の ビオチンを採用したときは、「多分、今後はバイタミンショップ社の120錠入アトピー性皮膚炎対策用ビオチンと60錠入アトピー性皮膚炎対策用ビオチンは売れなくなってくるだろうな」という予測を立てていたのですがつい最近までは高いバイタミンショップ社のビオチンの方が売れていたんです (多分、使用実績が長いのでリピーターが多くいたのと、高いビオチンの方が効果が高いという考えをされる方が多かったのではないかと思います)

今年に入ってからアトピー性皮膚炎用ビオチンの売り上げが大分上がってきて、バイタミンショップ社のビオチンを抜きましたので、Thompson社のアトピー性皮膚炎用ビオチンと同じ内容の60錠入アトピー性皮膚炎対策用ビオチンはお役御免にさせていただきました(だって安い方がいいですよね、それにバイタミンショップ社の方針が変わってしまい卸業者に対して商品の振り分けが悪くなったので60錠入アトピー性皮膚炎対策用ビオチンは止めてしまいました)

今も別に商品性能の検討をしているビオチン・サプリメントがありまして、合格すればアトピー性皮膚炎用ビオチンよりも安い商品ができるようになると思います、今年中に採用できればと思います、ご期待ください。

——————————————————————–

ビオチン

★『 ビオチン』

 

 

 

 

 

——————————————————————–

アレルギー対策用サプリメントだとやはりビオチンが一番売れていますね。

もっとも、4種類ありますのでその合計数の話です、アメリカでも最も人気の高いサプリメントですし、奈美悦子さんが掌蹠膿疱症(掌蹠膿胞症・掌跡膿胞症・掌せき膿庖症)の記者会見をしたりイロイロと話題になることの多いサプリメントですので、この販売実績は納得がいきます。

次に売れているのが ヒアルロン酸と ケルセチンですね。

これはアメリカで非常に人気があるし、店長が積極的に情報を出してバーゲンなんかでもお知らせしていますのでだんだんリピーターが増えてきて、今ではかなりの数が売れています。

しかし、今回メルマガ・バーゲンでご紹介する パントテン酸はアメリカンビタミンショップでも、あまり宣伝もしていないし、特に日本でメジャーなサプリメントではないんですが(アメリカではステロイドを使用する方は半分以上が摂取するというかなり使用頻度の高いサプリメントではあります)、ヒアルロン酸やケルセチンに次いで売れているんです。

日本で アトピー性皮膚炎や 掌蹠膿疱症や 掌蹠膿疱症性骨関節炎を改善するには医学的アプローチとしてはステロイド剤を使うことが多いですよね、パントテン酸は自分でステロイドホルモンを分泌しようという目的で摂取するので、ステロイドに慣れている方にとっては受け入れやすいサプリメントなんでしょうかね?

今のアメリカではステロイド剤というものに対して新たに見直しが行われていて、炎症がどうしても抑えられない部分があれば積極的に使用する傾向にあります、今の日本のようにステロイド剤は絶対にいけないという風潮(もちろん全員ではありませんが一部の方は親の敵のような認識を持っている方もいるようです)は10年位前のアメリカにもありましたが、今ではステロイド剤の炎症を抑制する能力を高く評価しています、ただし、ステロイド剤にも副作用がありますので、これらの副作用を防ぐためにサプリメントを使用して解決しています。

ステロイド剤を使用すると副腎皮質が弱ってしまい自分でステロイドホルモンの分泌ができなくなってきます、これを防ぐためにパントテン酸とビタミンCを摂取して副腎皮質が弱らないようにしています。

またステロイド剤を使用するとヒアルロン酸の分泌が鈍くなり、皮膚の角質層が薄くなってアレルゲンの侵入を簡単に許してしまう弱い皮膚になってしまいます、ヒアルロン酸は経口摂取することで皮膚での分泌が増やせますのでステロイド剤を使用する方は必ずといってよいほどヒアルロン酸を摂取します。
ただ、サプリメントが効果を発揮するには時間がかかります、その間は スクワランオイルを塗って、外から油分を補ってあげてください。
スクワランオイルはもともと皮膚で分泌されている成分のため、安全性にも優れていますし、角質層への浸透もいいため、即効性があります。また皮膚の深くまで浸透してくれるので、頻繁に塗る必要が無いため、皮膚のケアも楽になると思います。

スクワランオイル

ステロイドが止められない方やステロイドを止める時にリバウンドしたくない方、自分でステロイドホルモンを分泌して炎症体質を改善したい方は、是非サプリメントとして パントテン酸をご利用ください。

——————————————————————–

パントテン酸(ビタミンB5)

★『 パントテン酸』

 

 

 

 

 

——————————————————————–