各サプリメントを商品番号順に紹介していくコーナーです。

今回は 掌蹠膿疱症や 掌蹠膿疱症性骨関節炎のビオチンの番ですよね、でも最近VitaminShoppe社の出荷がかなり変わってしまい商品の入荷が困難になってきています、イロイロな方向から情報を集めましたが商品の卸部門がかなり縮小されたみたいですね、100店舗以上ある大型ショップの方は経営が順調みたいですから会社存続の危機ということではなく、経営者が変わったのではないかと思います。

そういう言い訳を用意しまして・・・・

本当に申し訳ありません。

今、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のビオチンの在庫がかなり心もとなく、今回の「ハロー!ビタミン」のバーゲンでは掌蹠膿疱症のビオチンはご勘弁ください。

ビオチンに関しては アメリカンビタミンショップで扱う3つのメーカーはすべて同じ作り方をしていますし1錠あたりの含有量も同じですので同じ内容だと思ってください。

今回の「ハロー! ビタミン」のバーゲンはアトピー性皮膚炎用ビオチン・タイムリリースにしたいと思います。

ここにお載せした情報は、数年前に商品カタログを作るときに調べた栄養学の情報に最新の情報を加えたもので、アメリカンビタミンショップの商品カタログの商品説明に反映させていただきます。

——————————————————————–

アトピー性皮膚炎用ビオチン・タイムリリースは時間をかけてユックリ溶けて吸収されるので、理由があって毎食後にサプリメントを摂取できない方にお勧めです。

しかしユックリ溶けるといっても1日4錠の摂取は必要です、アメリカの栄養学者の研究で腸内で作られているビオチンの量が20mg~80mgだと判っており、5mgや10mgでは十分に ビオチンが足りずに半年間摂取されても効果の判断ができないことも多いのです。

ですので例えば夕食から朝食まで時間が空いてしまう方などは寝る前だけにタイムリリースを摂取して、普段の食後の摂取にはアトピー性皮膚炎用 ビオチンサプリメントを摂取されるなど、事情に合わせて摂るものを選んでください。

——————————————————————–

尋常性乾癬の治療にビオチン

★『 ビオチン』

 

 

 

 

 

——————————————————————–

ビオチンにあわせるサプリメントとしてケルセチンをお勧めします。

ビオチンは炎症抑制に働くサプリメントで、ケルセチンは炎症を引き起こす原因物質であるヒスタミンを作らせないように働きますのでアレルギーの炎症を改善するには良い組み合わせです。

ケルセチンはドイツでは花粉症や アトピーや 掌蹠膿疱症や 掌蹠膿疱症性骨関節炎のヒスタミン生成を抑制する医薬品に指定されているほどの実力です。

ヒスタミンの生成がアレルギー発症の最大の原因ですから、これを抑えるケルセチンをビオチンによる炎症抑制に加えてください。

——————————————————————–

ケルセチン

★『 ケルセチン』

 

 

 

 

 

——————————————————————–