カルシウムサプリメントへの店長の思い入れ

吸収 カルシウムサプリメント

店長は カルシウムのサプリメントは2種類必要だと考えています。

1つめは、
5歳くらいから30歳代くらいまでの方で、骨の成長や骨折の早期改善、食事からのカルシウム不足を補うためのカルシウムサプリメント。

2つめは、
40歳代以降の方で骨を形成するのに必要なカルシウムや様々なミネラル類の吸収力が落ちてきた方で、 骨粗鬆症を防ぐ目的で摂取するカルシウムサプリメントです。

簡単に言ってしまうと、若い方のカルシウム補給に使うサプリメントと、年配者のカルシウム補給に使うサプリメントは違うのです。
70歳代以降の方が若い方のカルシウムサプリメントを摂取しても、大部分は排泄されてしまい骨を作るのは難しいのです。
逆に若い方はカルシウムやマグネシウムを骨にする力が強いので、ホウ素やグリチルリチン酸などの骨の再石灰化を促すような栄養素が入っている 骨粗鬆症のサプリメントを摂取しても高価なだけで、もったいないということになります。

今回の「ハロー! ビタミン」でご紹介するサプリメントは、若い方用の カルシウムサプリメントで、骨粗鬆症を気にする方は今回のカルシウムサプリメントではなく、 骨粗鬆症のサプリメントをご検討下さい。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~日本人に不足の懸念されるミネラル・カルシウムです。

吸収 カルシウムサプリメント

今回の「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は「 カルシウムサプリメント」です。

骨を作るために補給する栄養素としてはカルシウムよりもマグネシウムの方が大切だ、と多くの栄養学者が言っています。またカルシウムサプリメントに含まれるカルシウムとマグネシウムの割合も2:1でなければならないということもアメリカでは既に常識となっています。(子供でも知っていると言っても過言ではありません。)

更に、カルシウムの吸収を良くするためには ビタミンDが必要ですね。
カルシウムを代謝して骨を作る時の必須栄養素です。
骨は造骨細胞が細胞分裂を行いながら作っていきますので、成長期にある子供が骨の成長を目的としてカルシウムを摂取するなら 亜鉛が必要です。

骨はカルシウムとマグネシウムだけでできているわけではなく、ホウ素やマンガンなど様々なミネラルが必要です。
また、弾力があり骨折し難い骨というのは、骨の中に性能の良いコラーゲンを多く持っている必要がありますので、 ケイ素によってコラーゲンを束ねてあげる必要があります。
骨折しやすい方は MSMサプリメントを カルシウムサプリメントにプラスして、骨に弾力を与えてください。

最後に骨の成長と骨折予防には、骨に負担を掛ける運動が欠かせません。
生活習慣の改善も含めて骨の健康維持にカルシウムサプリメントをお役立て下さい。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 カルシウムサプリメント』
カルシウムやマグネシウムを含めて全てのミネラルに吸収しやすくなるようなキレート加工が施してあります。
ドロマイトの様なキレートされていないカルシウムサプリメントも日本ではかなり出回っていますので、骨を作るのに最高の条件を備えたこの「 吸収を考えたカルシウムサプリメント」をお奨めします。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~ コンドロイチンとグルコサミンで関節の健康も気にしましょう。変形性股関節症や変形性膝関節症の予防と改善にどうぞ。

コンドロイチンとグルコサミン

骨の健康に気を使う方は、関節の健康も気になるのではないかと思い、今回のバーゲンは コンドロイチンとグルコサミンにしました。

店長は日頃から町を歩いていると、多くの高齢者が足を引き摺っているのを目にします。
アメリカでは 変形性股関節症や変形性膝関節症などはかなり高い確率で治る方法が確立されているのに、なぜ日本の方は実践しないのだろうかと歯痒くてなりません。
病院で手術して治さなくても サプリメントで簡単に治す方法があるのに。。。。

アメリカ人は体重が重い方が多いため、高齢者ほど 変形性股関節症や変形性膝関節症で悩んでいる方が多かったのです。
そのため30年以上前から栄養学による研究が行われてきており、今ではある程度まで変形性股関節症や変形性膝関節症が酷くなっていても、改善する方法が見つかっています。

日本でも変形性股関節症や変形性膝関節症の改善に使うサプリメントとして コンドロイチンやグルコサミンが認知されてきていますが、アメリカでは更に研究が進んでいます。
グルコサミンとコンドロイチンは関節の材料となる物質ですが、関節の軟骨はこの2つの栄養素だけでできているわけではありません。
関節は歩行時のクッションともなる組織ですので、弾力を持たすために軟骨にはたくさんのコラーゲンが存在します。

コラーゲンはバネ状のタンパク質で皮膚や血管、関節などに弾力を与えているのです。
よって、変形性股関節症や変形性膝関節症の改善や予防には コンドロイチンや グルコサミンだけでなく、コラーゲンを作るための MSMというサプリメントが必要です。

MSMサプリメントは吸収しやすくした有機硫黄という ミネラルで、高齢者ほど食事からの有機硫黄の吸収量が減ってしまい、関節の弾力を得るためのコラーゲンが十分に作れなくなっているのです。
変形性股関節症や変形性膝関節症の改善にはコンドロイチンやグルコサミンと同じくらい重要な栄養素です。
コンドロイチンとグルコサミンや MSMサプリメントを摂取して磨り減って変形してしまった関節を元に戻しましょう。これらを摂取することで摩滅し難い軟骨を自分で形成することが可能です。

MSMサプリメント

また、 変形性股関節症や変形性膝関節症は関節が磨り減って起こる症状ですので、関節が磨り減らないように予防することも重要です。

アメリカでは変形性股関節症や変形性膝関節症はなってから改善するよりも予防することが重要だと考える方が多く、多くの方が実践しています。
変形性股関節症や変形性膝関節症の予防には、関節の潤滑油となる成分を関節内に分泌してあげる体質改善が必要です。

関節の潤滑油として分泌する成分は、 EPAという脂肪酸と ヒアルロン酸という保湿剤です。このEPAとヒアルロン酸と水分が関節内で混ざって乳液状の物質を造り、関節をツルツル滑るようにしてあげれば関節も磨り減ることはありませんし、変形性股関節症や変形性膝関節症になることもないのです。(アレルギー体質の方は 掌蹠膿疱症性骨関節炎の可能性もあります。)

ヒアルロン酸EPAとDHA(オメガ3)

美肌スキンケアや アトピー性皮膚炎、 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)に興味のある方だとお気づきだと思いますが、関節の潤滑油となるEPAとヒアルロン酸は、お肌を乾燥肌や敏感肌から守って角質層を丈夫にする栄養素でもあるわけですが、アメリカでの研究では 乾燥肌や 敏感肌の方は、将来において変形性股関節症や変形性膝関節症になる確率が多少ですが高くなるということが判っています。
これは同じ栄養素が不足して起こる症状であることを考えれば納得していただけるのではないでしょうか?

以上の様に 変形性股関節症や変形性膝関節症を効果的に予防・改善するには、関節の材料となるサプリメントの摂取と、関節の潤滑油となるサプリメントの摂取が大切です。

アメリカでは、これらのサプリメントを全て摂取して行った実験では、最大で95%もの方が改善(完治したという意味ではありません。完治した方も含めて現状よりも症状が改善したという意味です。)を示した実験もあるのです。
高齢者は関節を作ったり、潤滑油を分泌するために必要な新陳代謝が鈍っている可能性がありますので、 亜鉛サプリメントや ビタミンB群などを摂取すると効果を感じる期間が短くて済む可能性が高くなります。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 コンドロイチンとグルコサミン』
変形性股関節症や変形性膝関節症の予防と改善に必要な情報はいかがでしたでしょうか?
アメリカでは死ぬまで自分の足で立って歩きたいと考える方が多いので、ある程度の年齢に達するとこれらの情報を元にサプリメント摂取を始める方が多いのです。
——————————————————————–