カルニチンへの店長の思い入れ

カルニチン

店長が最も信頼するダイエットサプリメントが カルニチンです。
目の中に入れても痛くありません。(笑)
アメリカンビタミンショップでは アレルギーの相談や ダイエットカロリーコントロールの相談が多いのですが、ダイエットカロリーコントロールのご相談で年齢が20歳を超えていたら、最初にお奨めするのがカルニチンなのです。

ある程度の年齢を超えたらカルニチンを中心にして、ダイエットプログラムを組んでいけば間違いはないでしょう。
カルニチンは細胞の中で脂肪とブドウ糖をATPというエネルギーに変える働きに優れます。
また、加齢とともに分泌不足を起こしやすいのもカルニチンなのです。
アメリカには非常に多くの肥満外来病院(ダイエットクリニック)がありますが、ここ10年ほどの間はカルニチンが最も処方されているというデータがあります。ゼニカルやゼナドリン(エフェドリン)などのように副作用も無く、ある程度の年齢の方なら効果を得られる可能性が高いということでカルニチンがよく使われるようです。

低炭水化物ダイエット(ファセオラミン)

カルニチンをよく処方するお医者様やダイエットインストラクター達は、年齢と運動不足の程度をチェックします。
あまり若い方にはカルニチンは効果を発揮しません。20歳以下や運動をよく行っている方であれば、 しろいんげん豆のファセオラミンでカロリー制限ダイエットを行うことが多いようです。
運動不足の方で25歳を超える場合は カルニチンが使われることが多いということです。
痩せ難い方で上記の条件を満たすなら、カルニチンを試してみてください。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~カルニチンは肥満外来病院で最も使われるダイエットサプリメントです。

カルニチン

今回の「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は「カルニチン」です。

カルニチンをよく処方するお医者様やダイエットインストラクター達は、年齢と運動不足の程度をチェックします。
あまり若い方にはカルニチンは効果を発揮しません。20歳以下や運動をよく行っている方であれば、 しろいんげん豆のファセオラミンでカロリー制限ダイエットを行うことが多いようです。
運動不足の方で25歳を超える場合は カルニチンが使われることが多いということです。
痩せ難い方で上記の条件を満たすなら、カルニチンを試してみてください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 カルニチン』
脂肪の燃焼にもブドウ糖の燃焼にも深く関わるカルニチン。カルニチンの仕事は脂肪とブドウ糖をミトコンドリアに取り込む仕事ですが、カルニチンの他にこの仕事をする栄養素は発見されていません。カルニチンが不足するだけで脂肪とブドウ糖が燃焼しにくい体になってしまうのです。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~ CoQ10で脂肪燃焼とブドウ糖燃焼を高めてダイエットカロリーコントロール。

コエンザイムQ10

カルニチンと最も相性の良いサプリメントというとコエンザイムQ10(CoQ10)ですね。
カルニチンが働いた後で必ずコエンザイムQ10(CoQ10)が働くという流れになっているので、カルニチンと コエンザイムQ10(CoQ10)のどちらが不足しても脂肪燃焼とブドウ糖燃焼が起こりにくくなり、1日の基礎代謝カロリーが下がってしまったり、せっかく行っている運動がカロリー消費に結びつかないなど、痩せたい方にとっては重大なトラブルが起こります。

脂肪燃焼とブドウ糖燃焼は川の流れと一緒で、一連の流れがありますので、どこかで流れが滞ってしまうと、その後の脂肪燃焼とブドウ糖燃焼の流れが細くなってしまいます。
太りやすく痩せ難い方はこの一連の流れのどこかに問題を抱えていて、それが原因でダイエットカロリーコントロールが必要になっていますので、一連の流れの中で加齢とともにトラブルが起こりやすくなる カルニチンと コエンザイムQ10が担当している部分を、ダイエットサプリメントで補ってあげるだけで痩せやすい体質に変わってしまうこともあるのです。

ちなみに脂肪燃焼の一連の流れは以下の2つの商品が関係します。
脂肪燃焼型ダイエット・割引セット
脂肪燃焼型ダイエット2・割引セット

ブドウ糖燃焼の一連の流れは以下の3つの商品が関係します。
クロムサプリメント
アルファリポ酸
脂肪燃焼型ダイエット2・割引セット

ダイエットカロリーコントロールしたい方は上記の脂肪燃焼とブドウ糖燃焼の理論を押さえておけば十分でしょう。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 CoQ10』
脂肪とブドウ糖をATPというエネルギーに変えるのは全細胞内にあるミトコンドリアという組織ですが、ダイエットカロリーコントロールが必要な方はミトコンドリアが元気が無い方が多いのです。コエンザイムQ10(CoQ10)はミトコンドリアの活動を活発にさせる働きがあります。
——————————————————————–