各サプリメントを商品番号順に紹介していくコーナーです。

今回のご紹介は ケルセチンという抗ヒスタミン作用の効果が期待できる海草や柑橘類から抽出されるハーブです。

ケルセチン(抗ヒスタミン剤)

アトピー性皮膚炎や 掌蹠膿疱症、 掌蹠膿疱症性骨関節炎、 アレルギー性鼻炎や 尋常性乾癬 などのアレルギー全体において炎症を引き起こす原因物質・ヒスタミンが作られないようにするサプリメントですから、アレルギーの免疫反応を緩やかにして炎症が起こらない体質にするために使います。

その理論はヒスタミンを作る肥満細胞のレセプターの感度を鈍化して、グロブリンという免疫抗体の刺激を受けにくくすることで効果を発揮させます。

肥満細胞の鈍化は体質の改善を伴いますので時間がかかります、通常は半年~2年くらいのスパンで摂取を行い結果を出します。

アメリカでは ビオチンなどを使って炎症体質を改善する方法にプラスしてケルセチンを使用して肥満細胞を鈍化(専門用語でしきい値を上げるといいます)させる方法を採ることが多いようです。

ビオチン

ここにお載せした情報は、数年前に商品カタログを作るときに調べた栄養学の情報に最新の情報を加えたもので、アメリカンビタミンショップの商品カタログの商品説明に反映させていただきます。

——————————————————————–

ケルセチン(抗ヒスタミン剤)はアレルギーにとっては良いハーブだと思います。

アレルギー発症の大きな原因である以下の3つの項目の2番目を改善する働きがあります。

1 皮膚が薄く簡単にアレルゲンが侵入してしまう
2 アレルゲンに反応してヒスタミンという炎症物質が大量に作られる
3 炎症をコントロールできず起こった炎症を抑制できない

ヒスタミンというのは花粉症などでも抗ヒスタミン薬などヒスタミンの生産を抑制する薬がつかわれますね?

実は アトピー性皮膚炎や 掌蹠膿疱症、 アレルギー性鼻炎や 尋常性乾癬 でも大量のヒスタミンは作られています。

このヒスタミンを作られないようにしていくのがケルセチンというハーブです。

アレルギーの炎症はヒスタミンが原因ですのでケルセチンは根本的な解決に一歩近づくと思います。

——————————————————————–

ケルセチン(抗ヒスタミン剤)

★『 ケルセチン』

 

 

 

 

 

——————————————————————–

ケルセチンと組み合わせるサプリメントで相性の良いものをご紹介します。

まず ケルセチンを使われるような方は ビオチンを最初に使われている方が多いと思います。

ビオチン(ビタミンH)はアメリカンビタミンショップでは5種類ご用意しておりまして、3種類の定番ビオチン(ビタミンH)と2種類の機能型ビオチン(ビタミンH)という構成になっています。

定番ビオチン(ビタミンH)

アトピー性皮膚炎対策用ビオチン5000mcg
120カプセルアトピー性皮膚炎対策用ビオチン5000mcg

機能型ビオチン(ビタミンH)

アトピー性皮膚炎用ビオチン・チュアブル(味付き)
アトピー性皮膚炎用ビオチン(ビタミンH)・タイムリリース

通常のビオチン(ビタミンH)を摂られている方が多いと思いますが、夕食後もしくは夜寝る前に摂るのに機能的なビオチン・タイムリリースを今回のメルマガ・バーゲンでお届けしたいと思います。

ビオチン(ビタミンH)は本来は腸の中で 善玉菌が作り続けているものですので24時間供給されている栄養素です、アメリカでの実験でも常時ビオチン(ビタミンH)を摂り続けるグループとビオチン(ビタミンH)を1日1回しか摂らないグループとに分けて実験したところ常時ビオチン(ビタミンH)を摂り続けるグループの方が結果が出るのが早かったとういことがありました。

腸内細菌

ビオチン(ビタミンH)・タイムリリースは常にビオチンを体内に留めておくには使い勝手の良い商品です、朝や昼などは定番のビオチン(ビタミンH)を使って、夜はビオチン(ビタミンH)・タイムリリースを使い常にビオチンが体内に留めておけるようにしておけば結果も出やすくなるのではないかと思います。

 

 

 

——————————————————————–

尋常性乾癬のビオチン

★『 ビオチン』

 

 

 

 

 

——————————————————————–