各サプリメントを商品番号順に紹介していくコーナーです。

今回は「 チェイストベリー」をご紹介します。

チェイストベリー

アメリカでは女性ホルモンの分泌を調整するということで女性に人気がありますが、チェイストベリー(チェストツリーベリー)はまだ日本では定着していませんね、店長の趣味のドラッグストア巡りでもチェイストベリー(チェストツリーベリー)は見たことがありません。

チェストツリーベリーはベリーの一種でハーブです、ドイツの行ったコミッションEというハーブ研究の中でも高い評価を得ていますし、使用実績が数100年もありますので安心して使いたい方にはお奨めです。

女性特有の症状を改善するという目的で摂取する場合はアメリカでは 大豆イソフラボンかチェイストベリー(チェストツリーベリー)を奨める栄養学者が多いのです、販売数からいくと大豆イソフラボンの方が売れていますが、この2つは効果を感じることができる方がハッキリ分かれるみたいなので、自分に合った方を使っていかれると良いと思います。

大豆イソフラボン

文中参考商品

大豆イソフラボン

ここにお載せした情報は、数年前に商品カタログを作るときに調べた栄養学の情報に最新の情報を加えたもので、アメリカンビタミンショップの商品カタログの商品説明に反映させていただきます。

——————————————————————–

今回の「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は「 チェイストベリー」です。

日本だと大豆イソフラボンが女性ホルモン関係のサプリメントとして大分定着していますので、日本でもチェイストベリー(チェストツリーベリー)は定着すると思うのです。

日本人は大豆食品を多く食べる国民なので 大豆イソフラボンは効果を得られる方が少ないとアメリカの雑誌で読んだことがあります、実際には昔の日本人ほどは大豆を食べていないので大豆イソフラボンで効果を感じる方も多いのだと思いますが、効果をいまいち感じることができない方はチェイストベリー(チェストツリーベリー)を摂取してみてはいかがでしょうか?

大豆イソフラボンみたいに女性ホルモン様物質を体外から取り込む方法ではなく、チェイストベリー(チェストツリーベリー)は体内の女性ホルモン分泌に関わる組織を改善して女性ホルモンの分泌を調整してくれますので、より自然なホルモンの作用を期待できるといわれています。

肩こり、冷え性、肌荒れ、頭痛、のぼせ、生理不順、不定愁訴、更年期障害といった女性特有の症状に悩まれている方にはお奨めです。

文中参考商品

大豆イソフラボン

——————————————————————–

チェイストベリー

★『 チェイストベリー(チェストツリーベリー)』

 

 

 

 

 

——————————————————————–

チェイストベリー(チェストツリーベリー)を使って女性ホルモンの分泌を改善して不定愁訴や更年期障。

害などを改善するには絶対に摂っていただきたいサプリメントがあります。

ガンマリノレン酸という脂肪酸です。

ガンマリノレン酸は食事から摂取することがほとんどできない脂肪酸でホルモンの材料になったり、ホルモンの分泌を調整したりと様々な働きを持っています。

ガンマリノレン酸

ガンマリノレン酸は体内で使う分はビオチンというビタミン様物質がリノール酸というサラダ油から作り出しています、ガンマリノレン酸は炎症抑制のプロスタグランジンというホルモンの材料にもなり、お肌にトラブルが起こりやすい方の多くに不足が懸念される栄養素です。

不定愁訴や更年期障害、冷え性などの方の中には明らかにガンマリノレン酸が不足しているために皮膚に炎症を起こす炎症体質になっている方も多いのだそうです、そういった症状が出ている方にはガンマリノレン酸がお奨めです。

ガンマリノレン酸を摂取して効果を感じることができた方は、腸内でビオチンが十分に作れていない方ですので、 ビオチンサプリメントを摂取しつつ、1~2年くらいかけて善玉菌サプリメントを補給して ビオチン( ビタミンH)を腸内で作ることができるようにしていけばガンマリノレン酸は体内で十分に作ることができるようになります。

ホルモン分泌に異常を抱えている方の多くは腸内環境が悪い方が多いという報告もあります。

ビオチン腸内細菌

文中参考商品

ビオチン( ビタミンH)

善玉菌( 乳酸菌  腸内細菌)

 

 

 

——————————————————————–

ガンマリノレン酸

★『 ガンマリノレン酸』

 

 

 

 

 

——————————————————————–