リコピン(トマトの効果)への店長の思い入れ

リコピン

日本のサプリメント事情とアメリカのサプリメント事情の両方に精通している者から見ると、そのギャップに非常な面白みを感じます。
例えば、アメリカで20年以上前から人気のあった コエンザイムQ10や カルニチンや アルファリポ酸などは日本で流行る前から店長は良いダイエットサプリメントであることをお伝えしてきています。
これらの ダイエットサプリメントが日本で受け入れられた時に、店長は十分な自己満足を得ることができましたし、当然商品化していましたからリアルタイムで急激なご注文増の恩恵にも与りました。

アメリカやヨーロッパで高い評価を受けながら、日本ではまったく知られていないサプリメントというのはたくさんありまして、こうした日本と外国でギャップのあるサプリメントを、日本でご紹介していくというのがアメリカンビタミンショップの運営方針の1つでもあるのです。

今回ご紹介する「リコピン(トマトの効果)」もそういったギャップのあるサプリメントの1つでありまして、日本では抗酸化剤として高い評価を受けている「 リコピン(トマトの効果)」ですが、アメリカではメラニンを作らせないための 美白サプリメントとして白人女性に高い人気を誇っているのです。
白人は紫外線によってすぐにそばかすができてしまうのですが、「リコピン(トマトの効果)」の摂取でそばかすの原因であるメラニンを作らせないようにしてスキンケア効果を期待する、というのがここ10年くらいの間にアメリカで流行っています。また日焼けしてすぐでしたら αアルブチン(アルファアルブチン)美白化粧品 もおすすめです。 αアルブチン(アルファアルブチン) 美白化粧品はメラニンの生成を抑えてくれますのでシミが出来にくくなります。

もともと白人の間で 美白サプリメントとして流行だった「リコピン(トマトの効果)」ですが、アメリカに住む黄色人種の間でも十分に美白効果を上げられるということが判ってきて流行しています。
「リコピン(トマトの効果)」はそばかすを防ぐだけではなく、メラニン色素自体を作られにくくするということですので、メラニンが作られやすく日焼けしやすい黄色人種には「リコピン(トマトの効果)」のメラニン抑制効果が体感しやすいそうです。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明3 ★★★
~リコピンは日本では抗酸化剤として有名ですがアメリカでは美白でも人気です

リコピン

アメリカでは様々な 美白方法が研究された結果、 美白化粧品による美白ではなくサプリメントによる美白に非常に関心が高まっています。
リコピンは 美白サプリメントの仲でも非常に人気が高く、実績のある美白サプリメントです。
従来からある化粧品による美白にプラスして、体の中から美白を行うアイテムとしてリコピンをおすすめします。

αアルブチン(アルファアルブチン)美白化粧品美白化粧品で美白する時にチロシナーゼという酵素の働きを鈍らせてメラニンを作らせないという 美白方法をよく行います。
確かに化粧品によってチロシナーゼを不活発にすることが可能ですし、チロシナーゼが不活発であればメラニンが作られなくなるので、十分な美白効果がきたいできると思います。
αアルブチン(アルファアルブチン)美白化粧品は医薬品指定の美白成分、ハイドロキノンにブドウ糖をα結合させた、ハイドロキノン誘導体で、メラニン色素を生成するチロシナーゼに作用して、メラニン生成メカニズムを阻害する働きがあります。新たなメラニンを作らせないように、αアルブチン(アルファアルブチン)美白化粧品をサプリメントの摂取とあわせてご使用いただくのもいいと思います。

リコピン(トマトの効果)にはチロシナーゼを作らせないようにする効果と、チロシナーゼの活性を弱めてチロシナーゼがメラニンを作れないようにする効果がありますので、二重のメラニン色素対策が可能です。

例えばメラニン色素を作る紫外線を PABAというサプリメントでカットして日焼けを防いだり、既に作られてしまっている黒色メラニン色素を白色メラニン色素に変換する システインを摂取することでシミなどを目立たなくさせる効果が期待できます。
また、皮膚の薄い子供の頃に作られた黒色メラニン色素が、加齢とともに皮膚の角質層が薄くなることで表面に浮き出てきてシミとして目立つようになるのですが、角質層を厚くする EPAや ヒアルロン酸を摂取することでシミが目立たなくなります。
こうした 美白方法を自分のタイプに合せて併用することで、美白やシミ隠しは可能になるのです。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 リコピン(トマトの効果)』
美白サプリメントばかりでご紹介しましたが、リコピンは非常に人気の高い抗酸化剤でもあります。
目の健康を守ったり、花粉症から粘膜を守ったりする効果にも優れますので、美容だけではなく健康管理でもリコピンをお使い下さい。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明4 ★★★
~美白アイテム+乾燥肌対策で人気のEPAをご紹介します。

EPA

シミは子供の頃に作られます。
子供の頃の角質層は薄く12歳くらいから角質層が厚く丈夫になってきます。
子供の頃は外で紫外線を浴びる機会も多く、真皮にたくさんの黒色メラニン色素が作られてしまうのですが、この真皮の黒色メラニン色素は12歳頃(二次性長期)から厚くなってくる角質層の下に隠されて、思春期以降は目立たなくなります。

しかし、25歳を過ぎる頃から皮膚で分泌される EPAや ヒアルロン酸の量が減り、徐々にですが角質層が薄くなってきます。
EPAとヒアルロン酸は角質層を作り出す基底細胞のチョット上で分泌され水分と混ざって乳液状の糊(ノリ)の様なものを形成します。
この糊(ノリ)が角質層と角質層の間に塗り込められて角質層が剥がれないようにしているのですが、加齢によってEPAとヒアルロン酸の分泌が下がってくると糊(ノリ)が薄くなって表面の角質層が剥がれやすくなります。

角質層が薄くなれば子供の頃に真皮に作ってしまった黒色メラニン色素が皮膚の表面に浮き出てきますので、これがシミとなって現れてくるのです。
EPAやヒアルロン酸を摂取して角質層を厚くすることも 美白には重要です。

この EPAは体内で様々な効果を発揮しており、不足することでお肌の油分が減り乾燥肌や 敏感肌を起こしたり、内臓脂肪が付きやすくなったり、関節での潤滑油としての働きもあるので関節痛を起こしたり、ドロドロ血になったりと美容面だけでなく健康面でも問題が起こりやすくなります。
ただ、自分で油分などを分泌するまでには時間がかかります、その間は スクワランオイルを塗って、外から油分を補ってあげてください。
スクワランオイルはもともと皮膚で分泌されている成分のため、安全性にも優れていますし、角質層への浸透もいいため、即効性があります。また皮膚の深くまで浸透してくれるので、頻繁に塗る必要が無いため、皮膚のケアも楽になると思います。

スクワランオイル

アメリカではEPAは女性の 美肌スキンケアのサプリメントとしても人気で、お肌の油分を調整しシャワーを浴びた時にでもお肌に水滴が作れるようにということで摂取されています。お肌の油分が少ない方は乾燥肌や敏感肌にもなりやすく、EPAを使って乾燥肌を改善する方法は非常に一般的です。
逆に脂性の方のお肌では脂性の原因ともなるアラキドン酸という脂肪酸の分泌を抑える効果がEPAにはありますので、 脂性肌の改善にも高い効果が期待されています。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 EPAとDHA』
EPAは 美白サプリメントの効果だけではない店長お気に入りの健康美容アイテムです。
——————————————————————–