各サプリメントを商品番号順に紹介していくコーナーです。

今回は 大豆イソフラボンをご紹介します。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは女性用サプリメントとして日本でもかなり知名度の高いサプリメントです。

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用を持つ栄養素で、女性ホルモンの不足によって起こる諸症状の緩和に効果があるとしてアメリカ人女性に非常に人気のある サプリメントです。

アメリカでは大豆製品をあまり食べないので比較的に効果を発揮するケースが多いのですが、日本人で大豆製品をたくさん食べる方では効果が薄いケースもあるようです、ただ最近の日本人は昔と比べて大豆製品を食べなくなりましたので試してみるのも良いかと思います。

パントテン酸(ビタミンB5)ビタミンE

食事から十分に大豆イソフラボンを摂っている方(もしくは大豆イソフラボンを十分な量で一定期間を試された方)で女性特有の症状で悩まれている方は別に原因が考えられます、そういう方はホルモン分泌全体のバランスが崩れていることも多く、こういうケースでは、 パントテン酸(ビタミンB5)で副腎皮質を強化したり、 ビタミンEでホルモン分泌を順調にしたり、 EPAや ガンマリノレン酸でホルモンの材料を補給したりしてみるのも良いかと思います
コエンザイムQ10や アルファリポ酸の補給で補酵素が補えますから酵素を十分に作ってホルモン分泌を活発にすることも可能です。

またホルモン分泌を正常化する働きのあるチェイストベリー(チェストツリーベリー)というハーブも試されてみてはいかがでしょうか?

まず、女性特有の症状はイロイロな原因がありますので、大豆イソフラボンから始めてイロイロと試して自分に合った方法を見つけてください。

EPAガンマリノレン酸CoQ10

ここにお載せした情報は、数年前に商品カタログを作るときに調べた栄養学の情報に最新の情報を加えたもので、アメリカンビタミンショップの商品カタログの商品説明に反映させていただきます。

——————————————————————–

今、アメリカでは 大豆イソフラボンと並んで人気のあるものにイプリフラボンというサプリメントがあります、ただ、使用実績が短いために安全性に若干不安が残りますのでアメリカンビタミンショップでは採用していないのですが安全性に確認がとれましたらイソフラボンと並べて商品化しようと考えています。

サプリメントは口に入れるものなので何よりも安全性が一番だと考えますのでそれまではとりあえず大豆イソフラボンだけで我慢してください。

大豆イソフラボンはアメリカ市場での使用実績、リピーターの多い人気実績など様々な点で優秀なサプリメントです。

女性特有の症状にお勧めです。

——————————————————————–

大豆イソフラボン

★『 大豆イソフラボン』

 

 

 

 

 

——————————————————————–

アルファリポ酸はアセチルコエンザイムAとも呼ばれ、コエンザイムQ10と同じ補酵素ですので酵素を十分に作るために必要な栄養素です、酵素は体内の化学反応をコントロールしている物質ですので酵素の不足は新陳代謝に重大な影響を与えます。

αリポ酸(アルファリポ酸)も コエンザイムQ10も本来は細胞内で分泌される栄養素です。

が、加齢や栄養不足、ストレスや体質など様々な理由で体内分泌が下がってしまいます、補酵素が不足すれば200種類以上ある酵素が十分に作れなくなりますので、体内の 新陳代謝が非常に不活発になり、ホルモン分泌にまで悪影響が出ることが判っています。

大豆イソフラボンを摂取する必要のある方なら、ホルモン分泌を順調にするアルファリポ酸を同時に摂取することは有効であるケースが多いようです。

辛い症状を改善するために基礎的な体調を整えるという意味で補酵素を補給しましょう。

——————————————————————–

αリポ酸(アルファリポ酸)

★『 アルファリポ酸サプリ』

 

 

 

 

 

——————————————————————–