各サプリメントを商品番号順に紹介していくコーナーです。

12種類の乳酸菌を使ったバランスのとれたプロバイオティクス機能の総合サプリメントです。

腸内細菌

善玉菌には様々な働きが確認されていますが、 アトピー性皮膚炎や 尋常性乾癬や 掌蹠膿疱症では炎症体質を改善するビオチンの生産を高めたり、小腸に10個以上存在する免疫機構のポイントを悪玉菌から守って免疫機構のアレルゲンに対する反応を緩やかにしたり、悪玉菌を減らして悪玉菌の分泌するインドールなどの悪い物質を減らしたりして健康や美容に広い範囲でよい影響を与えています。
内容量は1錠あたり アシドフィルス菌の20倍の菌数を誇ります、 善玉菌は腸まで届くようにコーティングしていますので、胃腸の消化液にも安全で腸まで生きて善玉菌(乳酸菌)が届きます、美容と健康のために何か始めませんか?

ここにお載せした情報は、数年前に商品カタログを作るときに調べた栄養学の情報に最新の情報を加えたもので、アメリカンビタミンショップの商品カタログの商品説明に反映させていただきます。

——————————————————————–

多分、断言してしまっていいと思います。

「 善玉菌は万人に良い~!!!」

スミマセン、健康オタクの店長の一番好きなサプリメントなもので完全に超主観的な思い込みの発言です、店長にとっては良くても人によっては飲んでも「何に効いているいるんだろう?」と感じる方もいるかもしれませんね。

でも善玉菌を摂ることで便秘が改善したり、お肌のトラブルが少なくなったり、基礎代謝カロリーがUPしてダイエット効果を発揮したり、 アレルギーを改善したり、健康や美容で非常に広い範囲で効果を発揮すると結論付けている実験もたくさんあり、そういった可能性は否定できません。

「何に効いているいるんだろう?」という方でも、ながい目で見てみれば何らかの恩恵に浴せるのではないかと思います、店長もアレルギーでも便秘でもないので、どちらかというと「何に効いているいるんだろう?」派に属するんだと思います、でも腸まで届く善玉菌12やアシドフィルス菌や腸内洗浄ハーブ&ファイバーやオーガニックアルファルファなんかを一緒に摂ってみると腸の中がキレイになったという自覚が何となくありますけどね、腸まで届く善玉菌12は店長は結構長い付き合いですが、週に1回~2回の摂取で善玉菌優勢の腸内にできているのではないかと思います。

「善玉菌優勢の腸内が何をしてくれるの?」って聞かれてもハッキリしたことは言えないですけど、10年後、20年後に何らかの結論がでると信じています。

なんか読み返してみると、いつもの理論理論調ではなく完全に感情感情調になってますね、スミマセン(笑)。

最後にアメリカの新しい アレルギーの抑制理論についてチョット書いてみますね。

善玉菌のアレルギー抑制効果については以前はビオチンの生産についてだけ注目されていました、しかし、多くの栄養学者が小腸に10箇所以上ある免疫機構の末端(ポイント)を善玉菌が守っていて、免疫機構の外敵(アレルゲン)に対する反応を緩やかにしてアレルギーが発症しないようにしている(グロブリンの分泌抑制と肥満細胞の鈍化)との研究を明らかにしてきています。

いわゆる善玉菌優勢の腸内環境ではポイントが善玉菌によって守られています。

しかし悪玉菌優勢の 腸内環境ではポイントを 悪玉菌が占拠しており、免疫機構にとっては外敵である悪玉菌がそのポイントを刺激してしまい、免疫機構が敏感になってしまっているのだそうです、腸の免疫機構は衛生状態の悪かった遠い過去から食中毒菌や毒物との戦いを演じてきているので体内でも非常に強力な免疫システムを持っており全身の免疫機構をコントロールしているのです。

腸内環境が悪ければお肌や目や鼻の免疫機構が敏感になり、ダニやハウスダスト、花粉などに敏感に反応するようになってしまいます。

生まれつきではなく後天的に アレルギーになった方の中には腸内環境が悪くなったために発症している方が多いとされています、もともとビオチンや亜鉛などの栄養不足で炎症体質などがあった方などは腸内環境が悪化すればアレルギー発症する確立は非常に高くなるそうです。

そういった方は腸を 善玉菌で守って再び快適な生活を取り戻してください。

——————————————————————–

腸内細菌

★『 善玉菌』

 

 

 

 

 

——————————————————————–

本当は上の『 善玉菌』を中心にして、こちらのサブのメルマガ・バーゲンを考えるのですが、今回は掌蹠膿胞症のユーザー様がだいぶ増えましたので、第1番目の項目のテーマである掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の改善に関係している商品をメルマガ・バーゲンにしたいと思います。

『腸まで届く善玉菌12』でも書いていますが腸内環境の改善がアレルギーにはとても大切であるという理論を元に以下のセット商品を作りました。

ビオチンと アシドフィルス菌と りんごペクチンです。

アメリカンビタミンショップの統計を見てみるとビオチンの約半数はこのセットで売れています、セットを作って3年くらいは経ちますからリピーターの方も多いのだと思いますが、腸内改善の重要性が販売数という点で現れているのだと思います。

——————————————————————–

ビオチンりんごペクチン(アップルペクチン)アシドフィルス菌

★『アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セット』

 

 

 

 

 

——————————————————————–