各サプリメントを商品番号順に紹介していくコーナーです。

雑穀と果物と野菜の食物繊維

食物繊維ってたくさんの種類があるのをご存知ですか?

大きく分けると水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分かれます、水溶性食物繊維とは水に溶けるタイプの食物繊維で主に海藻類に多く含まれます、アルギニンなんかが有名ですね、ネバネバ感やヌルヌル感のある食べ物に多いです、ファイブミニなどの食物繊維補給ジュースには、この水溶性食物繊維が使われることが多いようです。

不溶性食物繊維とは水に溶けない食物繊維で野菜類に多く含まれます。

食物繊維にはそれぞれに特徴があって便秘改善で考えても、水溶性は便をヌルヌルにして腸管内を移動しやすくします、また不溶性は便の体積を大きくして腸管に刺激を与えて腸に蠕動運動を起こさせたり(結果として腸の筋力を鍛えて便を押し出す力を高めます)、便を柔らかくして排便を助けてくれます。

この「 雑穀と果物と野菜の食物繊維」は主に不溶性食物繊維を組み合わせた 食物繊維サプリメントなのです。

が、中に含まれている不溶性食物繊維の種類をみても6種類もの食物繊維を含みます。

善玉菌を増やすにはセルロース、ヘミセルロース、ペクチンなどが有効ですし便の体積を大きくするにはリグニンやセルロースが有効です。

このように食物繊維はバランスよく摂ることでその効果を高めることが判っていますので、今回の「ハロー! ビタミン」では「 雑穀と果物と野菜の食物繊維」をお勧めしたいと思います。

ここにお載せした情報は、数年前に商品カタログを作るときに調べた 栄養学の情報に最新の情報を加えたもので、アメリカンビタミンショップの商品カタログの商品説明に反映させていただきます。

▼「 栄養学」の便秘と食物繊維に関する記事

——————————————————————–

「 雑穀と果物と野菜の食物繊維」は 食物繊維サプリメントとしてはバランスの良い優秀な商品だと思います(手前味噌でスミマセン)。

腸内の善玉菌を増やすことは、免疫力を引き上げて罹る必要のない病気を遠ざけたり、お肌の調子を整えたり、基礎代謝カロリーを引き上げて痩せやすい体質を作ったり、疲れを改善したり、女性特有のPMS症状を改善したりと、非常に広い範囲にわたり良い効果が期待できます。

多くの栄養学者がその著書で健康や美容のためには ビタミンや ミネラルを補給することと同じレベルで腸内改善を考えるべきだと言っています。

小腸は自律神経の集まっている場所ですし、免疫機構の中心の1つです、腸に住んでいる善玉菌は悪玉菌を減らすだけではなく悪いものが吸収されないように腸にバリアを施したり様々な働きをしています 日本人の平均的な食物繊維摂取量は厚生労働省の提示する所要量の約半分ほどしかありません、食事から補えない量をサプリメントとして補給して健康や美容に役立てるというのがサプリメントの基本ですが、食物繊維にもこの基本が当て嵌まるのではないでしょうか?

——————————————————————–

雑穀と果物と野菜の食物繊維

★『 雑穀と果物と野菜の食物繊維』

 

 

 

 

 

——————————————————————–

前回のメルマガ・バーゲンでアシドフィルス菌のペアで選ばれたオーガニック・アルファルファが結構人気が高かったので、今回はオーガニックスピルリナをバーゲンしたいと思います。

スピルリナは淡水の湖に住む海草の一種で水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く含むハーブです、アメリカでは食物繊維補給ハーブとしてはアルファルファ、スピルリナ、クロレラなどが人気があります、スピルリナはクロレラに近い商品ですが店長の使用した経験だとクロレラよりは便が緑色に染まることが少ないようです、つまりスピルリナの細胞壁はクロレラより弱く細胞内に含まれる栄養素が比較的吸収できていると考えられます(実際のクロレラとスピルリナの比較データでも栄養吸収率はクロレラよりスピルリナの方が高くなっています)。

今回の「 雑穀と果物と野菜の食物繊維」の説明で水溶性の食物繊維にも言及しているのでスピルリナをご紹介します。

有機栽培されたハーブですので安心してご利用いただけます。

——————————————————————–

スピルリナ

★『 オーガニックスピルリナ』

 

 

 

 

 

——————————————————————–