Just another WordPress site

【6】ATPの合成を活発化して取り込んだ糖分を細胞が使える形に変える

  • HOME »
  • 【6】ATPの合成を活発化して取り込んだ糖分を細胞が使える形に変える

【5】インシュリンを分泌させて筋肉細胞に糖分の供給を増やすもの4

運動の直前に摂取するものとしておすすめなのが、 アミノ酸のひとつである アルギニンです。 アルギニンは、膵臓を刺激して多くのインシュリンを分泌させる働きを持ちます。また、空腹時に摂れば、運動中に 成長ホルモンの分泌を促し、筋肉を作る働きもします。
持久力と筋力強化の両方に使えますので、是非活用してください。

筋肉への 血流を増やすという項目でご紹介しましたが、筋肉に糖分の吸収を促す 抗酸化物質の αリポ酸(アルファリポ酸)の摂取も、幾つかの研究結果から推奨されています。
この ダイエット サプリメントは、インシュリンとは別の方法で筋肉の細胞に糖分を吸収しやすくさせます。
クロム(クロミウム)などのインシュリンの分泌を促進するサプリメントと併用すれば、より効率よく 持久力のUPにつながります

必須アミノ酸サプリメント アミノ酸ダイエット(アルギニン) αリポ酸(アルファリポ酸) クロム(クロミウム)

【6】ATPの合成を活発化して取り込んだ糖分を細胞が使える形に変える1

コエンザイムQ10ヒトの身体には60兆個もの細胞があるといわれています。そのすべての細胞の中にミトコンドリアという回転する組織があって、ブドウ糖などの炭水化物と酸素からATP(アデノシン3リン酸)を作り出しています。
細胞が直接使えるエネルギーはこのATPしかなく、すべての細胞が細胞分裂するときも、筋肉細胞が筋肉を収縮させる時も、脳細胞が情報を伝達する時も、すべてこのATPが使われます。

つまり、このATPをたくさん造ることのできる細胞が優秀な細胞で、ATPをつくるミトコンドリアが活性化されれば、細胞分裂が活発で 持久力のある身体になれるわけです。

コエンザイムQ10( CoQ10)は、ミトコンドリアがATPを作るために必要な酵素を助ける補酵素で、ミトコンドリアを活性化してATPが作られやすくしてくれます。 また、このATPが作られる過程で発生する 活性酸素(呼吸により取り込んだ酸素の内の2%が活性酸素に変わるといわれています)の害を最初の段階で抑えてくれるのもコエンザイムQ10(CoQ10)です。

次回は、ATPをつくる基になるグリコーゲンについて詳しく説明したいと思います。

【6】ATPの合成を活発化して取り込んだ糖分を細胞が使える形に変える2

運動をされている方でしたらグリコーゲンという言葉は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
マラソン選手などのアスリートたちが、 持久力UPを目指すために、最初に取り組むのがグリコーゲンの貯蔵(グリコーゲンローディング)です。

グリコーゲンは肝臓や筋肉で作られ、持久力を要する運動中にエネルギーへと転換するため蓄えられている炭水化物です。 ATPへの変換効率がよく、ブドウ糖と比べても作られるATPの数が非常に多いため、同じ個数を貯蔵するならブドウ糖よりもグリコーゲンの方が使えるATPの数が増えることになります。

つまり、 持久力をUPするなら、グリコーゲンをたくさん蓄えられるようになることが重要ということです。 また、グリコーゲンは運動後の疲労にも大きく関与し 筋肉から失われたグリコーゲンを 早く回復させればさせるほど 後に残る疲労も少なく 疲労が蓄積して起こる数々の怪我を未然に防ぐことにもつながります。

次回は炭水化物の摂取による 疲労回復についてお送りします

持久力

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.