Just another WordPress site

【9】運動により傷んだ筋肉細胞を再生させる

  • HOME »
  • 【9】運動により傷んだ筋肉細胞を再生させる

【8】作った筋肉細胞が活性酸素により破壊されるのを防ぐ4

コエンザイムQ10( CoQ10)は、細胞内のミトコンドリアが糖と酸素からATPをつくる過程で発生する 活性酸素を中和して無毒化してくれます。
また最近では、 αリポ酸(アルファリポ酸)も使われることが多いようです。水溶性・脂溶性の両方の性質を持ち、様々な活性酸素の中和に働くことが出来る上、自力でラジカル体から復活できる唯一の 抗酸化剤として、ますます人気が高まっています。

アメリカの活性酸素研究家のケネス・カッパー医師は、自身の著書の中でビタミンEの大量摂取と筋肉の怪我の関係について述べています。
運動の1時間前に800~1200IUのビタミンEを摂ることで、活性酸素の害から筋肉を守ることが出来るとしています。
また、運動後の ベータカロチン(ビタミンA)、 ビタミンE、 ビタミンC(ビタミンP)、 葉酸、 ビタミンB群、 鉄分、 亜鉛、 アルギニンとオルニチンの摂取で、筋肉の損傷の回復が非常に早くなるとも述べています。

αリポ酸(アルファリポ酸) ベータカロチン(ビタミンA) ビタミンE ビタミンC(ビタミンP)

【9】運動により傷んだ筋肉細胞を再生させる


亜麻仁油(フラックスシードオイル)や EPAと DHA( オメガ3)、 ガンマリノレン酸などの不飽和脂肪酸は、細胞の再生に必要な栄養素です。これらの不飽和脂肪酸は、細胞膜を修復し、その機能を維持・促進することから、筋肉の回復を促すといわれています。

炎症を起こしている筋肉には、 ウコンに含まれるクルクミンという抗酸化物質が効果があります。

また、水分の補給をキチンと行えば、脱水症状を防ぐことができ、筋肉の損傷防止につながります。運動中や運動前後には、水分の補給をお忘れなく。

亜麻仁油(フラックスシードオイル) EPAとDHA(オメガ3) ガンマリノレン酸(GLA) ウコン(クルクミン285mg)

【10】筋肉組織の結合を強化して 怪我をしにくい筋肉を作る

ペクチンは筋肉を構成する コラーゲンの束の結合を強化することで、筋肉を強くして損傷を防ぐ効果があります。

また、アメリカでは筋肉や骨の損傷を防ぐため、ボディービルダーや運動選手の間で、 ホーステール(シリカ)というハーブを使うことが多いようです。ホーステール(シリカ)はペクチンを含むだけでなく、吸収しやすい形の カルシウムを含むことから、骨の健康維持や、連結組織やコラーゲンの再生などに効果が期待されています。

アメリカでは、激しいワークアウトをする方の間では、怪我を防ぐためと怪我を早く治すために、ホーステール(シリカ)を摂る方が多いようです。

りんごペクチン マリンコラーゲン ホーステール(シリカ) カルシウムサプリメント

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.