Just another WordPress site

ぎっくり腰とヘルニア

  • HOME »
  • ぎっくり腰とヘルニア

ぎっくり腰とヘルニア

疲労から来るタイプの ぎっくり腰以外では、軟骨が弱くなってしまって起こるものがあります。
このタイプのぎっくり腰は、繰り返すと腰痛や椎間板ヘルニアになる危険が大きくなります。

椎間板ヘルニアは、骨と骨の間の椎間板と呼ばれるゼラチン状の髄核を持った軟骨組織が、正常域からはみ出したりずれたりして起こります。
軽度のヘルニアの場合は保存療法が主流で、手術などになるケースはあまりありませんが、重度のヘルニアの場合、神経を圧迫して麻痺や排尿障害などが出てしまうような場合もあり、このような状態では手術が必要となってしまいます。
ぎっくり腰からそうならないためにも、丈夫な軟骨、丈夫な椎間板を作ってあげることと、筋肉でしっかりと支えてあげることが必要です。

ヘルニアタイプのぎっくり腰予防

では、 ぎっくり腰を予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

疲労から来る ぎっくり腰お話は、前のページでさせていただいているので、ここでは軟骨などに問題があっておこるぎっくり腰の予防と言うことで、お話しさせていただきますね。

椎間板ヘルニアなどのように、椎間板などの軟骨に問題が起こる、と言うことは、腰を支える腹筋や背筋の力が弱ってきている、と言うことが出来ます。
現代人は運動量も少なく、デスクワークなどで同じ姿勢で長時間いることが多い上、ついつい姿勢も悪くなりがちです。
背中をピンと張った状態(腹筋と背筋を使った状態)で座っていると言う方は、本当に少ないのではないでしょうか。

弱ってしまった腹筋と背筋を鍛えてあげることで、椎間板などにかかる負担を軽減してあげることが出来ます。
それにより、 ぎっくり腰になるのを予防してあげることが出来るのです。

ぎっくり腰

ぎっくり腰予防に筋力アップ

では、具体的にどうしたら ぎっくり腰予防の腹筋と背筋を鍛えてあげることが出来るのでしょうか。

すでに腰に痛みが出ている方の場合は、完全に痛みがなくなるまでは、運動は一切しないでください。
また、痛みがなくなっても、過度の運動やは避け、少しずつ鍛えていってください。

ぎっくり腰を心配している方は、もともとあまり腹筋や背筋が強くは無いと思います。
最初は筋肉の無い女性の場合は、腹筋や背筋を2~3回するぐらいから初めていただければと思います。
男性の方や少しは筋肉が付いている、と言う方は、ちょっと疲れる程度を目安にしていただくと良いと思います。

腹筋をするときには、床に仰向けに寝て、膝を曲げた状態で腹筋を意識して上体を起こしてください。
このとき、無理やり起こそうとして首を痛めないようにして下さいね。
起き上がるまでやら無くても、肩が少し浮くぐらいでも腹筋に力が入っていれば効果は出ますので、絶対に無理に起こそうとしないでください。

背筋は逆にうつぶせになり、状態をそらすのですが、この時絶対に無理にそらせないでください。
無理にそらせると、かえって腰に負担がかかり ぎっくり腰になってしまったりしますので、こちらも背筋を意識して、力が入っている状態であれば無理に上体を起こす必要はないので、ご注意して運動して下さい。

これらの運動は、どれだけ大きく動くかではありません。
その筋肉に意識をしていれば、2~3cmしか動かなくても効果は出ます。
ぎっくり腰のための運動ですので、やりすぎには十分注意してください。

ただ、こういった地道な運動は、すぐに腰をカバーできるだけの筋肉が付くかと言うと、そうはいかないのです。
そのため、効率よく筋肉をつけることの出来る、 共役リノール酸( トナリン CLA)、 クロムサプリメント(クロミウム)、 カルニチンなどのサプリメントを摂って運動をしていくと良いと思います。
これらのサプリメントを摂ることで、少しの運動でも効率よく筋肉をつけることが出来ますので、無理せず ぎっくり腰予防のための運動をしていっていただければと思います。

共役リノール酸 クロムサプリメント(クロミウム) カルニチン

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.