Just another WordPress site

どうしてダイエットには運動が必要か?

  • HOME »
  • どうしてダイエットには運動が必要か?

どうしてダイエットには運動が必要か? 1

アメリカは ダイエットの成功が、人生の成功の1つの要因になる社会です。

出世をしようとすると、まず肥満でいることはできません。

太っている/痩せているということが直接年収に関係したり、下手をするとレイオフ(クビです)になってしまったりするのですから、ダイエットを行う方も真剣です。

そのため、ダイエットのテクニックの研究が非常に盛んに行われていまして、そのテクニックを専門とする医師や、国のライセンスを持ったダイエットのインストラクターなどが存在します。

そのダイエットを専門に手助けする人々が、ダイエットを行おうとする人々に、必ず口にする言葉に「運動をしなさい」があります。

次項も続きをお送りします。

どうしてダイエットには運動が必要か? 2

ダイエットの専門家達は、どうして「運動をしなさい」と口を揃えて言うのでしょうか?

もちろん、ダイエットをしようと考えている方でしたら、運動をしなければいけないと思っていることは、ほぼ間違いがないでしょう。

では、どうして運動をしなければいけないのでしょうか?
この問いにキチンと答えられる方は、ダイエットが半分成功していると思ってもらってよろしいと思います。

簡単に言ってしまいますと、溜まった脂肪の燃焼を促すのに、最も良い方法が、運動であるからです。

「当たり前じゃないか」と思わないで下さい。
この問題は、もっと深くまで追求してみると、ダイエットを行うときの運動の方法までご理解いただけると思いますし、ひいてはダイエットの成功に結びつく可能性が高いと思いますので、もう少しお付き合いいただければと思います。

次項も続きをお送りします。

どうしてダイエットには運動が必要か? 3

ダイエットを行う場合の運動には大きく分けて2種類あります。

・筋肉にあまり強い負荷をかけずに、脂肪の燃焼を目的として、長時間筋肉を動かし続ける有酸素運動。
・筋肉に強い負荷をかけて、筋肉を傷つけて太くする、、比較的短い時間しか続けることができない無酸素運動。

ダイエットに運動を取り入れられている方の多くが、1番目の有酸素運動をされているのではないでしょうか?

皆さんもご存知だと思いますが、有酸素運動はエアロビクスといいますね。
その他にも、水泳やマラソン、エアロバイクなど様々な方法があります。

次項も続きをお送りします。

どうしてダイエットには運動が必要か? 4

有酸素運動をすることで、アドレナリンというホルモンが分泌され、そのアドレナリンの作用により、脂肪の燃焼を促すリパーゼ(脂肪燃焼リパーゼ)が褐色脂肪細胞というところで、たくさん作られて血液中に放出されます。

脂肪燃焼リパーゼは、溜まった脂肪から遊離脂肪酸という筋肉などが直接使うことができる脂肪を作り出します。

その時に筋肉が動いていれば(つまり運動をしていれば)、遊離脂肪酸は血液中から筋肉に取り込まれ、その筋肉の細胞内にあるミトコンドリアで、ATP(アデノシン三リン酸)に換えられて、運動エネルギーとして使われてしまいます。

この遊離脂肪酸は、比較的短い時間しか存在できず、運動などをして使い切ってしまわないと血液中を一定時間(体質により若干の差があります)巡ったあと、再び、脂肪細胞に取り込まれ、脂肪として蓄積されてしまうのです。

共役リノール酸( トナリン CLA)という サプリメントは、この遊離脂肪酸から再び脂肪に変換されてしまうのを防ぐ働きがありますので、運動時以外でも、普段から摂取することをお薦めします。

次項も続きをお送りします。

ダイエットカロリーコントロール

どうしてダイエットには運動が必要か? 5

アドレナリンによって褐色脂肪細胞で脂肪燃焼リパーゼが作られる量は、若ければ若いほど多く作られます。

20歳を超えてしまいますと、褐色脂肪細胞自体の量が1/3くらいに減ってしまい、脂肪燃焼リパーゼの作られる量が減って、脂肪から作られる遊離脂肪酸の作られる量が少なくなり、若いころと同じ生活をしているにもかかわらず、痩せ難くて、太りやすい体質になってしまうわけです。

20歳を超えてから痩せようとするならば、減ってしまった褐色脂肪細胞の活動を最大限にして、脂肪燃焼リパーゼをたくさん作ってくれるようにする、脂質親和性のダイエットサプリメントを摂ると良いと思います。

アミノ酸ダイエットや 共役リノール酸( トナリン CLA)、 カルニチンなどは褐色脂肪細胞を最高の活動状況にしてくれますので、運動によって分泌されるアドレナリンが、大量の脂肪燃焼リパーゼを作り、溜まった脂肪を筋肉が直接使える形の遊離脂肪酸に換えてくれます。

次項も続きをお送りします。

アミノ酸ダイエット 共役リノール酸 カルニチン

どうしてダイエットには運動が必要か? 6

つまり、脂肪の燃焼には アドレナリンがどうしても必要なのです。

このアドレナリンというホルモンは、適度な緊張と適度な弛緩を繰り返すことで、分泌されやすくなります。

それでは、適度な緊張と適度な弛緩とは、どの様なことをすれば得られるのか?。

もうお解かりですね。
そうなんです、それが運動なのですね。

適度な運動を毎日繰り返すことで、 アドレナリンが分泌されやすくなります。

アメリカで行われた実験では、毎日10分~30分の軽い運動をすることで、運動を行っている時のアドレナリンの分泌量が増えるだけでなく、ごく普通に送っている生活のチョットした時にもアドレナリンが分泌され易くなるようです。

次項も続きをお送りします。

どうしてダイエットには運動が必要か? 7

運動時以外の、 アドレナリンを分泌させる、チョットした時というのも気になりますね。

チョットした時のドレナリンが分泌される状況とは、精神的に満たされたときや、チョット緊張したとき、悲しいとき、ドキドキしたときなどだそうです。
逆に、ダラダラとしている時には分泌がされないそうです。

しかし、この分泌も、毎日運動をしていないと、アドレナリンを分泌する器官の感受性が落ちて、精神的に満たされていても、緊張していても、悲しくても、ドキドキしても、あまりアドレナリンの分泌が促されないのです。

つまり、運動とは、脂肪の燃焼を促し、カロリーを消費するためだけに必要なのではなく、日常生活でも脂肪を燃焼しやすい体質になるために必要なのですね。

次項も続きをお送りします。

ダイエットサプリメント

どうしてダイエットには運動が必要か? 8

運動をすることで、 アドレナリンを日常的に分泌して、その作用により褐色脂肪細胞で、脂肪燃焼リパーゼが作られやすくなり、溜まった脂肪が使われやすくなるということはご理解いただけたと思います。

その、アドレナリンの分泌を無駄にしないために、褐色脂肪細胞の脂肪燃焼リパーゼ作成機能を最高にする、 アミノ酸ダイエットや 共役リノール酸( トナリン CLA)、 カルニチンなどのダイエットサプリメントを摂ることもご理解いただけたと思います。

でも実は、最近の運動生理学の発達により、アドレナリンの作用よりも強いホルモンの存在が確認されているのです。

そのホルモンは、 褐色脂肪細胞に作用する能力はアドレナリンの数倍といわれ、それだけ、褐色脂肪細胞で脂肪燃焼リパーゼを作る能力に優れているのです。

次項も続きをお送りします。

どうしてダイエットには運動が必要か? 9

脂肪の燃焼を促すのに、 アドレナリンよりも優秀なホルモンとは何でしょうか?

子供の頃の太りにくい体質というのは、脂肪燃焼リパーゼを作る器官である褐色脂肪細胞が大人の3倍あることだけが原因ではなく、その優秀なホルモンの分泌も、大人の数倍から数十倍あるからだと言われています。

その優秀なホルモンとは、 成長ホルモンなのです。

成長ホルモンとは、子供が成長するために必要なホルモンですが、脳下垂体というところから分泌されるホルモンで、通常は空腹時の就寝中(深夜1時から5時くらいまで)に分泌されます。

次項も続きをお送りします。

どうしてダイエットには運動が必要か? 10

前回のレポートをお読みになられて、 アドレナリンよりも脂肪燃焼効果の高いホルモンが、子供しか分泌できない 成長ホルモンと知ってガッカリされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、実は、成長ホルモンを分泌することは、大人でも可能なのです。

それが、今回の章の主題の1つなのですね。

この主題を思い出してください(横を見ればわかりますね、失礼しました)。

そうです、この 成長ホルモンの分泌も、やはり運動なのです。

ダイエットのために行う運動の仕方によって、 アドレナリンが分泌されたり、成長ホルモンが分泌されたりします。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.