こんにちはー、 アメリカンビタミンショップ店長の阿部好和と申します。

夏は終わったのに1ヶ月遅れできた酷暑の夏というのがこのところ続いてますね(関東では)、全国的にはどうでしょうね。

でもこれで多少は稲の実りが良くなるんじゃないですかね、店長はいずれ自分の手で食べ物を作って暮らしたいので、最近はIターン体験者の手記なんてものを買って読んだりして思いを馳せています。

ここ最近、友人や後輩と話していてよく話題になるんですが、自分の手で食べ物を手に入れて生活するということに憧れる30代が増えているように思います。

みんな東京生まれの東京育ちで、もちろん田んぼなんかに入ったことも無い連中なんですが、稲を育てて畑を持って毎日海に行って魚を釣って飼っているにわとりの卵を食べるというような生活がしたいと考えているみたいですね。(店長はそこに狩猟が入ります(笑))。

そういう考えは特に結婚して家族を持っている連中に多いみたいです。

なんでしょうかね、社会不安がそうさせているんでしょうかね?それとも人間本来の姿なんでしょうかね?

店長は作りたいんですよー、自分の家族が食べる分くらいは・・・・・

自分の目に見える納得できる方法で手に入れた食べ物を家族に食べさせたいんですー

いつになるかは判りませんがリタイヤする年齢になる前に意識的にそういう生活をしてみたいです(店長、語りすぎです、酔ってます?スタッフ註)

いやー大変ですー

銀座のショールームの準備ですが、机やカウンターを組み立てたり棚組みなんかを今1人でこなしているんです。(ぜんぜん話題が変わりますが・・・・)

ショールームにBフレッツが入るのが9月末なので銀座ショールームでは今インターネットができず、受注担当などは恵比寿事務所で受注作業をしております。

そうなりますと零細 アメリカンビタミンショップでは店長が肉体労働をさせられる訳なんですねー。

してますよー、肉体労働を、気持ちいい汗を流してますよー、ついでに棚を足の指の付け根に落としてかなり大量の血も流しましたよー。

マルチミネラルエキナセア

棚を枠に引っ掛けるフックの尖った先が当たりましたのでかなり深いですねー(靴を履かないで作業してるから悪いんだ!スタッフ註)、医者に行ったら縫われますよー、でもエキナセアと ビタミン・ マルチミネラルで免疫力と回復力をUPさせて自力で治してみせますよー。

今週初めには地元のお祭りでお神輿をかつがされて肩と腰を痛めて、週の中で足を負傷です、週末には何があるのか心配ですー。
地震がありましたねー驚きましたねー。

大きな棚から物が落っこちてきましたよ、店長はノートパソコンを抱えてオロオロしてしまいました(笑)(註・地震当日の付け足しです)週明けに無事に銀座ショールームで皆さんに会えたら嬉しいですー。

前回の「ハロー! ビタミン」では ダイエットの途中で体重が落ちなくなる現象を筋肉が減る糖新生という現象を中心に解説し、体の平衡性の説明の途中で終わってしまいました。

今回の「ハロー! ビタミン」は、入ってくるカロリーが少なくなると体がエネルギーの消費を抑えてしまう平衡性について書いていきたいと思いますー(本題の時は語尾を伸ばすな!スタッフ註)。

ダイエットの途中で体重が落ちなくなる大きな原因として先にも述べました平衡性がありますが、カロリーの収支が平衡を取り戻せば体の平衡性も緩くなり、自然と消費カロリーが増えて(一時的ではありますが)体重がまた減り始めます。

この平衡性がどれくらいのスパンで緩くなるかは体質によりますので、体重が減らなくなってからすぐにまた減り始める方と、なかなか体重が再び減り始めない方がいらっしゃいます。

アメリカでの ダイエットに関する調査でも、この時がダイエットが一番失敗しやすい時期なのだそうですです。

せっかくの ダイエットの努力に対する対価である体重減少が止まることはダイエットを行う方にとっては精神的に非常に厳しいですよね。

でもご安心ください!この体の平衡性を勘違いさせて常に脂肪を燃やそうというのが、所謂、 ダイエットサプリメントなんですね。

カロリーの収支が合わなくなったときに動き出す平衡性は具体的にどういう方法で消費カロリーを抑えるかといいますと、主に肩の部分にある褐色脂肪細胞という脂肪燃焼リパーゼを作る組織自体の活動を鈍らせたり、脳下垂体などで作られる アドレナリンや 成長ホルモンの分泌を抑えて褐色脂肪細胞が脂肪燃焼リパーゼを作れないようにしてしまいます。

アミノ酸ダイエット共役リノール酸

脂肪燃焼リパーゼは 血流に運ばれて脂肪がためられている白色脂肪細胞まで運ばれ、貯められている脂肪から遊離脂肪酸を作り出し、それを血流が筋肉に運んでエネルギー(ATP)として使ってしまいます。

そして、これらの一連の脂肪燃焼の流れを人工的に作るのが、専門的に言うと脂質酸化型ダイエットサプリメントといいます。

具体的には

アミノ酸ダイエット(寝ている間にダイエットなんてコピーで結構メジャーですよね)
共役リノール酸(脂肪0%を目指すボディービルダーご用達のアメリカでも人気No .1サプリメント)

カルニチンググル

カルニチン(肥満外来病院で使われる実力派ダイエットサプリメント)
ガルシニア(食欲抑制No.1人気サプリメント)
ググル(血中脂質抑制ハーブ)(中性脂肪が気になる方に)

↑↑↑ こんな感じでしょうか

また、この脂質酸化型 ダイエットサプリメントの機能を補強する意味で、脂質移動型ダイエットサプリメントを加えると良いのです(脂質酸化型ダイエットサプリメントの作った遊離脂肪酸を筋肉に運ぶ働きが脂質移動型ダイエットサプリメントです)。

コリンとイノシトールビタミンB

この機能を持った ダイエットサプリメントの種類は少なく、十分に評価されている機能を持つのは コリンとイノシトールという ビタミンB群の仲間だけです。

この コリンとイノシトールを脂質酸化型ダイエットサプリメントと併用すると、脂質酸化型ダイエットサプリメントの機能を数倍にするという調査もあるくらいに相性が良い サプリメントなんですよ。

脂質酸化型ダイエットサプリメントや脂質移動型ダイエットサプリメントが十分な量の遊離脂肪酸を作りだして筋肉まで運べれば、先ほども問題になっていた糖新生による筋肉タンパクのブドウ糖化は防げることが判っています。

遊離脂肪酸はブドウ糖と同じく、筋肉が直接使うことができるカロリーで、 ダイエット中でも遊離脂肪酸を強制的に作ってブドウ糖の不足を補ってあげれば、糖新生は起こりにくくなるということが多くの調査で判っています。

具体的な例を挙げますと食事制限によって1日800カロリーのマイナスが発生したとします、それを補うために、60gの脂肪と60gのたんぱく質が使われて ダイエットリバウンドが起こるという平均的なケースも、強制的に脂肪を遊離脂肪酸に変えて脂肪燃焼してしまえば、キチンと90gに近い脂肪がカロリーのマイナスを補って、筋肉が減ることが非常に少なくなるため、 ダイエットの始めの頃の1日の消費カロリー(基礎代謝カロリー)が維持でき、ダイエットの途中で体重減少が止まることは少なくなってきます。

そうすれば、 ダイエットに失敗することも少なくなることはアメリカの調査が裏付けていますので、 ダイエットリバウンド無し、失敗無しのダイエットが可能になってきます。

店長としては太る原因がそれぞれ違っている「ハロー! ビタミン」のユーザー様にできるだけ ダイエットに成功していただきたいので、より広い体質(太る体質)をカバーできるように考えられたダイエットセットをご用意してきました。

以前から「 脂肪燃焼型ダイエットセット」ということで、 共役リノール酸、 アミノ酸ダイエット、 コリンとイノシトールという脂質酸化型と脂質移動型の ダイエットサプリメントを組み合わせた商品がありましたが、今回、この「脂肪燃焼型ダイエット・割引セット」が効果を現す次の部分で効果を発揮するダイエットセットを作りました。

そのセット商品は「 脂肪燃焼ダイエット・割引セット2」という名前にさせていただきました。

脂肪燃焼の流れからいくとブドウ糖や遊離脂肪酸からエネルギー(ATP)を作り出す部分を担当しているサプリメントを組み合わせました。

具体的には

CoQ10

・ カルニチン
・ コエンザイムQ10
・ ビタミンB群

の3種類です。

ブドウ糖や遊離脂肪酸はエネルギーに変えられて使われない限り、いずれ血中から白色脂肪細胞に取り込まれて脂肪として蓄積されてしまいます。

「 脂肪燃焼型ダイエットセット」の 共役リノール酸や アミノ酸ダイエットの作った遊離脂肪酸も同様にある程度の時間を血中で過ごすと、また元の脂肪に変換されて白色脂肪細胞に蓄積されてしまいます。

体質的にまったく問題の無い方ですと、例えば激しく体を動かしている時にたくさんの遊離脂肪酸が作られれば、その80~90%はエネルギー(ATP)に変えられて使われてしますそうです。

しかし、 共役リノール酸や アミノ酸ダイエットがせっかく遊離脂肪酸を作り出しても体を動かしていない場合、遊離脂肪酸の半分くらいは使われずにまた元の脂肪に戻ってしまうことが判っています。

アメリカで行われた カルニチンを使用した実験では、体を動かしていない時の遊離脂肪酸の脂肪への再変換率を半分以下にすることができたということです(つまり脂肪燃焼率が上がるということです)。

ダイエットにとっては運動は欠かせない要素ですが、ダイエットを行う方の80%以上がダイエットに運動を取り入れていないという調査を考えると、「 脂肪燃焼型ダイエットセット」が作り出した遊離脂肪酸が本当に効率よくエネルギーに変わっていないということになりますね。

しかし カルニチンは運動を取り入れていない方の ダイエットでも、効率の良い遊離脂肪酸のエネルギー化を実現しています。

カルニチンはアメリカでも日本でも肥満外来病院で処方されるくらいの アミノ酸ですから、やはり実力はあるんです。

アメリカでも非常に人気が高く、ここ数年は 共役リノール酸と ダイエットの人気サプリNo.1を争っているくらいです。

アメリカは太っていることで出世が妨げられたり年収が減ってしまう社会ですからダイエットに関してはシビアな考えを持っている方が多く、彼らが支持しているサプリメントにはそれなりの効果を期待(より広く太る体質をカバーできる)できるものが多いですね。

今回は紙面の関係でこの辺で終わらせていただきます。

次回は遊離脂肪酸やブドウ糖をエネルギーに変える仕組みとその重要性について引き続き書いていきたいと思います。

L−カルニチンコエンザイムQ10ビタミンB

●従来の「 脂肪燃焼型ダイエットセット」と併用できるタイプの新ダイエットセットが完成しました。

「 脂肪燃焼型ダイエットセット」が作り出す遊離脂肪酸やブドウ糖をエネルギーに変える部分で働く栄養素を組み合わせて、せっかく作り出した遊離脂肪酸やブドウ糖が脂肪に変換されるのを防ぎます。

アメリカでの調査でも、このエネルギー変換に必要な栄養素( カルニチンと コエンザイムQ10)が加齢に伴って体内で作られにくくなっている方が多いそうで、肥満外来病院などではこれらの栄養素が処方されることも多いのです。

もともと日本ではあまり知られていない栄養素を多く組み合わせましたので、従来の ダイエットサプリメントで効果が出なかった方は是非試してみてください、実はこのエネルギー化の部分で問題が発生して痩せにくい方も多いのだそうです。

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

脂肪燃焼ダイエット・割引セット2

● ピルビン酸は日本ではほとんど聞いたことがないダイエットサプリメントですがアメリカではオリンピック委員会が運動選手に摂取を奨励しているほどの実力派 ダイエットサプリメントです。

ピルビン酸

有酸素運度をされる方では1時間の運動で脂肪の燃焼を1.5倍に上げることがアメリカでの調査で判っています(運動選手はスタミナアップに使います)。

カルニチンや アルファリポ酸と併用するとクレーブス(クエン酸)回路をうまく回すことができ、遊離 脂肪酸やブドウ糖を更に効率よくエネルギーに変換してくれます。

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

ピルビン酸