こんにちはー、 アメリカンビタミンショップ店長の阿部好和と申します。

昨日、スタッフに無理言ってやっとこさ時間を作ってイチゴ狩りに行ってきました~

友人にバイクでツーリングがてらイチゴ狩りしない?って誘われたときには、こんな時期にイチゴなんてあるわけないじゃん、って思ったんですが、あるんですねー、夏イチゴっていうそうです。

夏イチゴはどこかの国からの輸入品種ではなく、普通のイチゴを品種改良して作ったそうです(人間の英知ですねー)。

たぶんいろんな所で扱っているんでしょうけど昨日行った所は富士山の麓、河口湖の畔にありました。

食べ放題で1260円(税抜1200円)、店長の場合、最後はイチゴを採るために屈もうとすると口からイチゴが出てきそうなくらいに食べましたので十分に元はとりました(笑)。

それから、イチゴを食べてから近くにある野天風呂でかなりの長湯をしていましたら、来ましたよ。

そう、来たんです。

アルファルファ

何がって?便意です。
昨日は食べてから2時間くらいで来ましたね、今までの過去のイチゴ狩りでの最短記録でしたから店長はかなり嬉しくなってしまいました。

店長の場合、健康と美容を考えて サプリメントを摂っているのですが、栄養補給や 活性酸素の抑制よりも 腸内環境の改善を優先してサプリメント摂取を行っているので、 食物繊維を様々な種類摂っています( オオバコ、 オーガニックアルファルファ、タンポポの根、 霊芝(レイシ)、マイタケ、シイタケエキス、 雑穀と果物と野菜の食物繊維、 りんごペクチン、 スピルリナなど)。

りんごペクチン

でももちろん食事から摂る 食物繊維の方が大切ですから、今回のイチゴなんて正にうってつけですよね、おいしく食べれて食物繊維が摂れるんですからね。

さっきも書きましたがイチゴ狩りには何度も挑戦していて、始めの何回かは4~5時間でイチゴの形が結構判る感じで出てきましたが、最近では出る時間も早くなって、ほとんどイチゴが確認できないくらいになって出てきます。

これはおそらく 食物繊維によって腸が鍛えられていて 腸内環境も良好になったからだと勝手に判断してますが、当たらずとも遠からずという感じではないでしょうか(だってですね、食物繊維のサプリメントを摂り始めた頃なんて、例えば りんごペクチン(アップルペクチン)がそのままの形で出てきましたからね、最近はそんなことはなくなりました)。

スピルリナ

サプリメントによって体に何か変化が出ると、サプリメントマニアの店長としてはどうしても嬉しくなってしまいます(笑)。

アメリカの最近の流行ですが、栄養素を十分に吸収させるために体を変えていこうじゃないかというムーブメントがあります。

店長はこの一環として 腸内環境の改善を行ってきました、今回のイチゴでその成功が実証されたのではないかと思うんですが、どうでしょうね?

それにしてもどうして途中で体重が落ちなくなっちゃうんですかね?
ダイエットの話ですけどね。

ダイエットをされたことがある方でしたら実感を持って感じていただけると思うんです。

店長自身もそういった経験がありますが、始めのうちは順調に落ちていた体重も、ある程度体重が落ちた時点でまったく体重が落ちなくなってしまいます(前号と前々号をお読みいただいた方は知っていると思いますが、本当は ダイエットの始めは体重が落ちないんです、でも食事制限なんかすると最初に結構体重が落ちるんですよね、でもこれって間違いダイエットです)

アメリカでの ダイエットに関する調査ではこの時点でダイエットに挫折する方が多いようですね。

食事制限や有酸素運動などの努力によって順調に落ちていた体重が落ちなくなるということは ダイエットを行っている身としては非常に苦しいことなんです。

でも、そのまま更なる努力を続ければ、時間はかかりますが再び体重が落ちることが判っています。

前回のメルマガと前々回のメルマガでご紹介した ダイエットの正しい理論でも述べていますが、ダイエットにおいては有酸素運動や食事制限によって脂肪を減らすよりも無酸素運動によって筋肉をつけて1日の消費カロリーを引き上げてあげることでダイエットを行うことが大切です。

しかし、いずれにしても脂肪が減るためには、入ってくるカロリーを低くするか、消費カロリーを高くするかして、体にとってカロリーが足りない状態にしなければなりません。

そうしますと足りないカロリーを体が補うために脂肪が使われて体重が減っていくのですが、同時に筋肉のたんぱく質をブドウ糖に変える糖新生という現象が必ず起こってくるのです、このたんぱく質から作られたブドウ糖が足りない分のカロリーを補うために使われてしまいます。

この糖新生が ダイエットの途中で体重が落ちなくなる最大の原因になってしまうのです。

一般的にはこの糖新生を含む一連の現象を ダイエットリバウンドと呼んでいます。
日本ではダイエットリバウンドはダイエットが終わった後で起こるものと認識されていることが多いように思いますが、アメリカの栄養学者やダイエットインストラクター達はダイエットの進行と同時に ダイエットリバウンドも発生していると考えている方が多いようです。

ダイエットの途中で ダイエットリバウンドが発生しているというとややこしいですが、例えば、ダイエット中ですので(本当はダメなんですけど)食事制限をして1日の摂取カロリーが1500カロリーだったとしますね、また1日の消費カロリーが有酸素運動によって2300カロリーだった場合、ダイエットの始めはマイナス800カロリーですから、1日で約90gずつの脂肪が減っていくはずです(脂肪は1gで9カロリーです)。

しかし、実際に減っている脂肪の量は約60g位なんです、あとの30gの脂肪が減る分は実は60g~70g近いたんぱく質が糖新生を起こして減っていっているのです。
ですので、始めのうちはマイナス800カロリーとしても1日90gの体重(脂肪)が減るのではなく、1日で120gくらい(脂肪が60g+たんぱく質が60~70g)ずつ減っていきます。
この数字はあくまでも平均的な数字です、もちろん、体質的に脂肪が燃えやすい方もいらっしゃいますし、逆にもっと脂肪燃焼が悪い方もいらっしゃいます、脂肪が燃えやすい方は糖新生の起こる確率が低く比較的に脂肪が多く減っていきます。
反対に脂肪が燃えにくい体質の方は脂肪が減る量が少ない分、糖新生が起こる確率が高く、 ダイエットリバウンドの危険性が増すわけです。

多くの場合、溜め込んだ脂肪をエネルギーに変換して使うよりも、エネルギーが使われる場所(筋肉)で、筋肉を材料に糖新生を起こした方が体がエネルギーを得るには簡単なんです、ですので通常の場合、糖新生は起こりやすく、脂肪燃焼は起こりにくい体質の方が多いと思ってください。

この脂肪が減らずに糖新生を起こす → そのたんぱく質の出所が実は筋肉なんですね 。

皆さんもご想像がつくと思いますが、同じ体重が減るなら脂肪が減って筋肉が減らない方が1日の消費カロリーが大きくなりますよね(基礎代謝カロリーが高くなりますよね)。

せっかく有酸素運動をして300カロリーの消費カロリー上乗せをしても、筋肉が減って1日の消費カロリーが低くなってしまっては元も子もないですからね。

具体的にいくと、 ダイエットの途中で体重が落ちなくなる現象は、筋肉が日に日に減っていって基礎代謝カロリーが落ち込み、食事制限によって抑えている1500カロリーという摂取カロリーに近づいていくからなんです。

始めのうちは800カロリー会ったカロリーの収支が、入ってくるカロリーが1500カロリーで変わらないものの、使われるカロリーが筋肉が減ることによって1500カロリーに近づいていきます。

更に体重が落ちなくなる原因としては、筋肉が減って消費カロリーが低くなるだけではなく、体の平衡性というのですが、入ってくるカロリーが低くなると(つまり食事制限をしたりすると)体は自動的に消費カロリーを減らして筋肉が糖新生を起こして減るのを防ごうとします。

こうしたことが重なると消費カロリーが1500カロリーになって体重が1gも落ちなくなるわけです。

今回はメルマガの容量の関係でこの辺りでお話を終わりにさせていただきます。

次回も「どうして ダイエットの途中で体重が落ちなくなってしまうのだろう Part2」ということでお届けいたしますね。

今回のメルマガ・バーゲンは体の平衡性のために体のカロリー消費を抑えようとする性質に対抗して、あくまでも ダイエットのために脂肪を燃やし続けてくれる、糖新生知らずのダイエットの強い味方です。

あまり難しいことを考えないで良いようにアメリカで非常に人気の高い相性の良いダイエットサプリメントを組み合わせた 脂肪燃焼型ダイエットセットと ダイエットリバウンド知らずの強い味方の ミネラルである クロムサプリメント(クロミウム)をご紹介します。

脂肪燃焼型ダイエットセットの商品説明にあるアメリカの最新の脂肪燃焼理論は ダイエットに失敗したくない方、必見の情報です。

アミノ酸ダイエット共役リノール酸(トナリンCLA)コリンとイノシトール

●アメリカの強力なダイエット理論によって導き出された ダイエットサプリメントの組み合わせが、当ショップの圧倒的なシェアとリピート率を誇るダイエットセットを生み出しました。
より広い体質をカバーすることができるので単品で摂取するよりも ダイエットの成功率は上がるはずです、 カルニチンと併用すればより広い体質のカバーが可能になりますのでダイエットの失敗率も下げることが可能です。

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

脂肪燃焼型ダイエットセット

● クロム(クロミウム)は血中のブドウ糖を強制的に筋肉に運び糖新生を防いでくれるインシュリンの分泌に関わる ミネラルです。アメリカでは ダイエットを行う際にこのクロムを取り入れる方が非常に多く、ダイエットリバウンドを防ぐミネラルとして人気が定着しています、ダイエット成功の後で ダイエットリバウンドを起こしたくなければ、是非摂取を検討してみてください。

クロムサプリメント(クロミウム)

↓ ↓ ↓をクリック!! 読者様限定

クロムサプリメント(クロミウム)