アメリカンビタミンショップではアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症や掌蹠膿疱症性骨関節炎のユーザー様が多いのですが、お肌の調子はいかがでしょうか?、それぞれに調子の良し悪しはあると思いますが一般的に物理的な刺激に弱いのではないでしょうか?

たとえアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症などのアレルギーでない方でも、チョットした引っ掻きでお肌が赤く腫れてしまうという方もいらっしゃるでしょう。

今回の「ハロー! ビタミン」ではトラブル肌を皮膚の構造面から解剖していきたいと思います。

お肌というのは本来強いものです。

お肌は外界の物質が体内に侵入しないようにバリアの役割をしたり、体内の組織や水分などが体外に露出するのを防ぐ役割を持つ組織で、いくつかの弾力に富んだ組織が組み合わさってできています。

そうした弾力に富んだ構造を保てている方は比較的にお肌が強くトラブルの起こり難いお肌でいることができますが、 アレルギーの方の中で弾力構造がうまく作れない方がいらっしゃいます、こういった方は爪などによる引っ掻きや衣服による擦れ、シャワーや汗などによる刺激で簡単に皮膚が傷ついて炎症を起こしてしまいます。

炎症を起こす原因はいくつかありますので、今回の「ハロー! ビタミン」では1つ1つ解説していきたいと思います。

これらの原因を解決していくことでアレルゲンの侵入の少ない、刺激に強いトラブルの少ないお肌を作っていくことが可能です。

角質層などの皮膚バリアがキチンと作られている方では、アレルゲンの侵入経路は目、鼻、口という部分でしかありません、しかし、皮膚がキチンと作られていないアトピー性皮膚炎や 掌蹠膿疱症や 掌蹠膿疱症性骨関節炎の方では(体質的に皮膚が薄く弱い方が多いのがアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(掌蹠膿胞症・掌跡膿胞症・掌せき膿庖症)の特徴です)アレルゲンの侵入は全身で起こっており、アレルゲンの侵入によって分泌されるグロブリンという免疫抗体の量が非常に多くなり、それに伴って分泌されるヒスタミンという炎症物質の量も多くなって体は常に炎症を起こそう起こそうとしている状態になります。

もともとアレルギーの方は副腎皮質が弱っている方も多いため炎症を抑制する、ステロイドホルモンの分泌が弱っていたり、腸内環境が悪いなどの体質も加わるとアトピー性皮膚炎や掌蹠膿胞症(掌跡膿胞症・掌蹠膿疱症・掌せき膿庖症)などのアレルギーとして発症してしまうのです。

アレルギーの多くは1つのことが原因で症状が悪化することは少なく、場合によっては1箇所が非常に良いために悪い原因が重なっているにも関わらずアレルギーがまったく発症しないという方も多くいるのです。

その改善すべき良い部分の1つは皮膚なんです(他には肥満細胞の鈍化です)やはり目や口、鼻から入ってくるアレルゲンの量と皮膚全体から入ってくるアレルゲンの量は比べ物になりませんよね、まず皮膚を丈夫にしていきましょう。

強い皮膚を作るには以下のことが必要です。

・皮下においてできるだけ高分子の ヒアルロン酸の分泌を行うこと
・コラーゲンを作るために腸からの硫黄の吸収を高めること
・たんぱく質を作るためにリボソームを活発にする

ヒアルロン酸

まず健康な皮膚が引っ掻きなどの物理的刺激に強い理由について書きます。

皮膚表面というのは角質層が数層~数10層に重なってできています、その角質層と角質層の間にはヒアルロン酸によってゼリー状に変えられた水分がノリの様な役割をして角質層が簡単に剥がれないようにしています、ヒアルロン酸の分泌が少ない方は簡単な物理的刺激で角質層の表面が剥がれて目に見える塊として皮膚が脱落していきます、本来は角質細胞は目に見えないくらいに小さくなって脱落していきますが皮膚表面で皮膚が毛羽立ったように剥けていくのは ヒアルロン酸の分泌が少ないために起こる現象です。(この症状が進むと皮膚が赤、もしくは赤黒く変色したような状態になります、これは角質層が薄く皮膚の下の組織が露出してしまっている状態です)

また、ヒアルロン酸が角質層と角質層の間に十分にゼリー状の水分を保持していれば、例え爪で引っ掻いても何重にもなっているゼリー状の層が緩衝材となって前後左右に揺れるので角質層の最上面に無理な力が加わることもなく、よって角質層が簡単に破れてしまうこともありません。

ヒアルロン酸の分泌が少なかったり、分泌されるヒアルロン酸の分子量が小さすぎる場合は(この2つの現象は アトピー性皮膚炎や 掌蹠膿疱症の方全員に起こる現象であることがアメリカで医学的に証明されています)角質層と角質層の間にゼリー状の部分が十分に形成されないために引っ掻きによって前後左右に角質層同士が揺れる幅が狭くなり角質層の最上面に無理な力が加わって角質層が破れやすくなります。

この症状のひどい方だと角質層と角質層の間にゼリー状の部分がまったく構成されず、角質層と角質層が完全に癒着してしまっている方もいらっしゃいます。

角質層同士が癒着すると剥がれ難くなり、部分的には皮膚が異常に厚くなってしまい硬質化して象皮病やシワみたいになってしまうこともあります。

まず、 アレルギーの方の多くがヒアルロン酸の分泌が少ない方が多いため、その分泌を増やすために胃腸で吸収できる程度の分子量をもつヒアルロン酸を経口摂取する必要があります、スキンケアとしてヒアルロン酸を使うには通常はアメリカンビタミンショップのヒアルロン酸サプリメントであれば1日1錠という感じの摂取量でいいのですが、分泌が鈍っている方が摂取する場合はヒアルロン酸サプリメントなら1日2錠~4錠を半年~1年くらい摂取する必要があります、改善後は1日の摂取量を1錠程度に減らすことも可能です。

文中参考商品

ヒアルロン酸

掻き崩しに弱い皮膚を強くするには角質細胞自体をキチンと作る必要があります、そのためには角質細胞は7割がコラーゲンでできていますのでコラーゲンを作るために必要な硫黄というミネラルを多く摂る必要があります。

硫黄は若い方でしたら比較的容易に吸収できるのですが、20歳~25歳を超えると急に吸収量が減ってくるミネラルです、この吸収量の減少がコラーゲンの生産を鈍らせてお肌に老化をもたらすのですが、若い方でもアトピー性皮膚炎や掌せき膿胞症の方で胃腸での栄養素の消化吸収がうまくできない方がいます、そういう方は硫黄も不足しますのでコラーゲンが十分に作れずに角質細胞の有する特徴である弾力性に乏しい角質細胞が作られてしまいます。

皮膚の弾力性は先の ヒアルロン酸の作り出すゼリー状の水分の層と、角質細胞を構成するコラーゲンの構造が決定します。

角質細胞に硫黄タップリのコラーゲンがあれば角質層間のゼリー状の部分が多少薄くても角質層自体の伸び縮みの能力でカバーできるのです(角質層は1枚のゴムの膜のような構造で伸び縮みが比較的容易です)。

しかし、 アトピー性皮膚炎や 掌蹠膿胞症の一部の方は胃で分泌するブロメラインというたんぱく質消化酵素の分泌が少ないことが判っており、こうした体質の方は消化がうまくいっておらず、よって腸での硫黄の吸収量も少ないことが多いのだそうです。

硫黄が足りなければ年配の方の皮膚と一緒で皮膚自体に弾力が無いお肌が作られます。

硫黄は MSMサプリメントという吸収力を高めた硫黄サプリメントによって補給するか、ブロメラインを摂取してたんぱく質の消化を活発に行うようにすれば硫黄の吸収量は増えることが判っています。

有機硫黄サプリメント

もし胃で分泌する ブロメラインの分泌が鈍っているようだと、たんぱく質が中途半端なアミノ酸に分解されて腸から吸収されるので、その中途半端なアミノ酸の吸収を腸の免疫機構がウィルスや細菌の侵入と判断し誤作動を起こします。

そうなると腸で免疫機構の活動が活発になり全身の免疫機構も非常に敏感になって、本来は無害なアレルゲンに反応して大量のグロブリン免疫抗体の分泌が行われヒスタミンという炎症物質が作られるような体質になってしまいます。

もし消化が悪い、もしくは炎症が抑えられないと感じる方であればブロメラインで丈夫な皮膚と敏感すぎない免疫機構を手に入れることができるようになるかもしれません。

MSMサプリメントとブロメラインとどちらが良いという問題ではなく、自分の体質に合ったサプリメントを選んで症状を改善していってください。

文中参考商品

MSMサプリメント

ブロメライン

丈夫な皮膚を作るための最後の方法について。

アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(掌蹠膿胞症・掌跡膿胞症・掌せき膿庖症)、花粉症など アレルギー全体の特徴で、たんぱく質を代謝できない方が多いという報告があります。

どういう意味かといいますと、食事から入ってきたたんぱく質の吸収がうまくいかないタイプ(先のブロメラインで説明しました)と、吸収されたアミノ酸をたんぱく質に再構成するのが苦手なタイプがいます。

胃酸のブロメラインというたんぱく質消化酵素がたんぱく質をアミノ酸に分解して腸から吸収します、 アミノ酸は血液によって全身の細胞に運ばれて細胞内で再びたんぱく質として組み立てられるのですが、その時に細胞内組織のリボソームがアミノ酸を取り込んでたんぱく質として細胞内に分泌します、仮にその細胞がホルモンを分泌する細胞であればホルモン分泌を促して体調を整えますし、皮膚の基底細胞であれば皮膚の細胞分裂を促してお肌の 新陳代謝を活発にしてくれます、コラーゲンは硫黄が原料のたんぱく質ですので体質的にリボソームの活動が不活発な方はコラーゲンの生産にも悪影響を与えます。

必須アミノ酸

アメリカでの栄養学的な研究でもアレルギーの方でたんぱく質の代謝が悪い方が多いとうい結果が出ていますので、たんぱく質を体が十分に使えるようにするために 朝鮮人参(高麗人参)をお勧めします。

朝鮮人参(高麗人参)はアルカロイドを多く含むハーブで細胞内組織のリボソームの活動を活発にすることが判っています、昔から免疫を引き上げるために朝鮮人参(高麗人参)が使われてきましたが、リボソームを正常に動作させることが免疫細胞の賦活に役立つというデータがアメリカでも確認されています。

同様にアレルギーでもたんぱく質代謝の悪いタイプの方に良い結果を出しているようです。

朝鮮人参(高麗人参)アミノ酸ダイエット

文中参考商品

朝鮮人参(高麗人参)

バランスの良い アミノ酸

皮膚を強くしてアレルゲンの侵入を防ぐという方法はアメリカでも非常に高い評価を受けており様々な方法が確立されています。

その方法の中で上記の3つの方法がかなり高い評価を受けていますので、是非実践してみてください。

食生活において ビタミンや ミネラルなどの栄養が足りなくても丈夫な皮膚を作るのは難しくなります、体質の改善と栄養補給で丈夫な皮膚を作ってアレルギーを改善してください。

亜鉛サプリメントビタミンBビタミンA(ベータカロチン)

 

——————————————————————–

掌蹠膿疱症や 掌蹠膿疱症性骨関節炎やアトピー性皮膚炎の方のご相談が最近非常に増えています。

アトピー性皮膚炎に関してはサイト上で5年位前から栄養学的な情報を翻訳していたので、アトピー性皮膚炎の方のご相談は以前からだいぶお受けしていたのですが、 奈美悦子さんの掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の記者会見の後から掌蹠膿疱症の方のご相談も激増してきました。

数年前だと掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)というアレルギー自体が一般に知られていなくて、お客様の中には5件も皮膚科を回って初めて掌蹠膿疱症という病気を知ったが先の4件の皮膚科では水虫という診断を受けたというような冗談のようなお話も聞くことができました。

日本では一般的には掌蹠膿疱症の症状を手湿疹とか主婦湿疹と呼んで ステロイド剤や 抗ヒスタミン剤などで症状を緩和しているだけで完治は難しいとされてきました、アトピー性皮膚炎も同様です。

しかし、アメリカでは掌蹠膿疱症やアトピー性皮膚炎であれば栄養学的に改善が可能であると判ってきました。

まず アレルギーの改善として日本でも受け入れられつつあるのがビオチンですね、奈美悦子さんの記者会見などでもかなり知られるようになりました。

確かにビオチンは炎症体質を改善するには非常に良いサプリメントです、でもアメリカでの研究成果をイロイロと調べたりアレルギー関係で売れているサプリメントを調べてみるとブロメラインなんかもかなり良い結果がでているんですよ、アレルギー全体で言えることですがタンパク質の消化不良によって不必要に免疫機構を敏感にしてしまっている方が多いみたいです。

実害としては腸の免疫機構が敏感になることによってお肌の免疫機構が敏感になってしまい、アレルゲンの侵入によってグロブリンという免疫抗体が大量に分泌されて肥満細胞に作用してヒスタミンを大量に作ってひどい炎症を起こしてしまうという部分がアレルギーに直接に関係する部分ですね。
通常は50単位くらいのグロブリンの分泌量がアレルギーになると数千~数万という単位の分泌量が確認されています、この分泌量を下げる可能性があるのがブロメラインなんです、 腸内環境の改善によってもグロブリンの分泌を下げる効果が期待できるのですが(次回の「ハロー!ビタミン」で詳細をお伝えします)グロブリンの大量分泌がアレルギー症状発症の最初の現象ですので、この部分を改善していくことで根本的なアレルギー改善に繋がるとしてブロメラインを試す医師がアメリカでは多いのです(もちろんブロメラインの胃での分泌が正常な方は効きません)。

またブロメラインにはもう1つ特徴的な働きがあります、炎症を起こしている箇所に発生する大量の活性酸素を発生させなくする働きです、炎症箇所で発生する活性酸素の多くが毛細血管の詰まりによって発生しています、毛細血管が詰まる原因としてはフィブリンという糸状タンパク質が関係していて、それが毛細血管を詰まらせるのですが、ブロメラインはこのフィブリンを溶かす働きがあり炎症部分の毛細血管の血流を上げることで活性酸素の発生を押さえて組織のダメージを少なくします、また 血流が上がればダメージを受けた組織に栄養素を運んできて回復を早めます、炎症箇所が治りにくい方などはブロメラインの分泌不足が疑われます。

いくつかあるアレルギーの原因を自分なりに見つけ出して、それに対応するサプリメントを試してみてください。

——————————————————————–

ブロメライン

★『 ブロメライン』

 

 

 

 

 

——————————————————————–

胃酸(ブロメライン)の分泌が鈍っている方は硫黄の吸収量が少ないためにコラーゲンが十分な量作れずに角質層が引掻きに弱くなるということを本文で書いてきています。
実際にはそういう方が多いというアメリカでの調査もありますし、もともと20歳~25歳を超えると硫黄の吸収量はガクッと落ちると言われています、 アトピー性皮膚炎や 掌蹠膿疱症や 掌蹠膿疱症性骨関節炎などのアレルギーの方以外でも加齢と共に皮膚にトラブルを起こしやすくなったと感じる方は硫黄の吸収がうまくいっていないのかもしれません。

硫黄が足りなければコラーゲンが作れませんから構成要素として70%ものコラーゲンを含むお肌の角質細胞が弱くなるのは防げません、コラーゲンというとシワとかシミなんかを想像しがちですが、それだけの問題には留まらないんですよ。

中年以降に アレルギーになった方の多くが硫黄の吸収量が落ちたために皮膚が弱くなってアレルゲンの侵入を防げなくて発祥するケースが多いという報告もあります。

コラーゲンはバネ状のタンパク質で弾性繊維とも呼ばれています、お肌や組織の弾力の多くはこのコラーゲンが担当しています、お肌だけではなく血管の弾性にも関係し動脈硬化を起こしている方の体内の硫黄の蓄積量は非常に低いことがわかっています(ケイ素というミネラルの不足も顕著です、 MSMと相性が良く協働しています)。

コラーゲンが十分に作れなければ、動脈硬化になり血管が弱くなりますし、毛細血管の浸透性が上がってしまい水漏れがひどくなりむくみなどが起こりやすくなります、角質細胞も引っ張り強度が弱くなりお肌にトラブルが起こりやすくなりますし、毛髪は切れやすく枝毛やキューティクルの脱落なども起こります、こういった現象が少しでも確認できる方はコラーゲンが体内で十分に作られていないと疑ってMSMサプリメントを摂取することをお勧めします。

アメリカではコラーゲンを直接摂取するという方法はほとんど行っていません。

コラーゲンは胃酸で分解されてしまいコラーゲンとして吸収されることはありませんし、コラーゲンの材料として摂取するのであれば硫黄(MSMサプリメント)の方が効率が全然良いからなのです。

硫黄は カルシウムとマグネシウムに続いて体内の蓄積量が多いミネラルです。

カルシウム

安全性についても多くの栄養学者が水と同じ程度の安全性という非常に高い評価をしています、アメリカでの 美肌スキンケア・老化防止のサプリメントではMSMサプリメントは毎年BEST5に必ず入賞するほど売れています、サプリメントとしての販売実績も長く非常に安全なサプリメントの1つだと思います。

 

 

 

——————————————————————–

MSMサプリメント

★『 MSMサプリメント』

 

 

 

 

 

——————————————————————–