Just another WordPress site

アトピー性皮膚炎の一連の流れを各所で喰い止めよう(店長の私見)

  • HOME »
  • アトピー性皮膚炎の一連の流れを各所で喰い止めよう(店長の私見)

アトピー性皮膚炎のサプリの簡単な説明 1

ここでは、理屈は抜きにして、このアトピー性皮膚炎のサプリの簡単な説明をご紹介していきます。

アトピー性皮膚炎が厄介なのはこの一連の流れのどの部分が特に強いのかが、各個人によって異なっているからです。

できれば、この一連の流れの各所における予防サプリメントを、まとめて摂っていただきたいのです、そうすることで、より効果的にアトピー性皮膚炎を予防することが可能になってくると思います。

ここに書かれていることは、アメリカの論文を翻訳・要約したものではなく、アメリカンビタミンショップの各サプリメントのリピート率や、店長がこの組み合わせが良いであろうと判断したもので、決して実験での裏づけを取ったものではないことをご了承ください。

次項も続きをお送りします。

アトピー性皮膚炎のビオチン(ビタミンH)

アトピー性皮膚炎のサプリの簡単な説明 2

共役リノール酸(トナリンCLA)

リノール酸がアラキドン酸に換わるのを抑制することでアレルギー抑制します。

また、アレルギー反応を直接引き起こす原因となる免疫抗体グロブリンEの産生を抑制し、アレルギー抑制効果効果のあるグロブリンAやグロブリンGを産生させる効果があります

ガンマリノレン酸(γリノレン酸)と月見草オイル

炎症を引き起こすプロスタグランジンと拮抗する形で、免疫機能を調整し、炎症を抑制する消炎系のプロスタグランジンの元となります。

EPAとDHA(オメガ3)

アラキドン酸を生成する酵素の活性を抑制し、それによって、炎症系のプロスタグランジンの生成を抑えます。

ガンマリノレン酸(γリノレン酸)と月見草オイルをサプリメントとして摂取している場合、EPAとDHA(オメガ3)を一緒に摂ると、必要以上のアラキドン酸が生成されないため、炎症系のプロスタグランジンが発生しにくくなるという効果があります。

次項も続きをお送りします。

共役リノール酸EPAとDHA(オメガ3) ガンマリノレン酸(γリノレン酸)と月見草オイル

アトピー性皮膚炎のサプリの簡単な説明 3

αリノレン酸(アルファリノレン酸)

亜麻仁油やシソの葉(油)のアトピー性皮膚炎予防効果の中心的存在で、リノール酸のアレルギー作用を抑制ます。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)

アラキドン酸からプロスタグランジンを生成する酵素の機能を抑制し、プロスタグランジンが作られないようにしています。

パントテン酸、ビタミンCサプリメント

弱っている副腎皮質の感受性を上げてやることで、自分でステロイドホルモンの生成ができるょうになりますのでプロスタグランジンの産生を、自分の力で抑えることができます。

次項も続きをお送りします。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎のサプリの簡単な説明 4

ビオチン(ビタミンH)

皮膚のかゆみにビオチンといわれるビオチン(ビタミンH)を大量処方するアトピー性皮膚炎治療が日本でも行われ始めています。

霊芝(レイシ) マイタケ シイタケエキス

体質改善によってアレルギーを改善しようという動きが、中国で進められています。

霊芝(レイシ)には、グロブリンE(アレルギーを引き起こす、免疫抗体)の過剰反応(細胞からの分泌)を防ぐガンデリックオシドという物質があり、ヒスタミンを抑制するため、炎症が起きにくくなります。

アレルギーの最初の段階で、免疫抗体の過剰反応をくいとめるため、アレルギーそのものが無くなるわけです。
ただし、このサプリメントは速効性は無く、長期の摂取が必要とされています。

これらのサプリメントを組み合わせて摂ることで、アトピー性皮膚炎の改善を図ってみてください。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ) パントテン酸 ビオチン 霊芝(レイシ)  マイタケ  シイタケエキス

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.