Just another WordPress site

アトピー性皮膚炎全体に言える事

  • HOME »
  • アトピー性皮膚炎全体に言える事

アトピー性皮膚炎全体に言える事

ビオチン善玉菌ここに書かれていることは、ほとんどがアメリカやヨーロッパを中心にした最新のサプリメントなどの研究成果の翻訳です。

難しい内容ですし、店長のボキャブラリーの少なさから、内容がご理解できない部分もあるかと思います。
どうか、ご容赦ください。

アトピー性皮膚炎やアレルギー全般に言える事ですが、最近の研究により、腸内の善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)のバランスの乱れによる、ビオチン(ビタミンH)不足が原因の大きな部分を占めるといわれています。

ビオチン(ビタミンH)が不足することにより、アトピー性皮膚炎の一連の流れ
(リノール酸→GLA→アラキドン酸→炎症性プロスタグランジン→発症)
が起こるといわれています。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)や掌蹠膿疱症性骨関節炎は発症の場所が違っているため、別々の病気と思われがちですが、その原因の多くは、アトピー性皮膚炎と同じといわれています。

このアトピー性皮膚炎の項目は、後ろへ行けば行くほど、新しい内容になります。

アトピー性皮膚炎で使われるサプリ 1

ガンマリノレン酸(γリノレン酸)と月見草オイルが有効との報告があります。

γリノレン酸(オメガ3系脂肪酸)を多く、リノール酸(オメガ6系脂肪酸)を少なくしてください(決して摂らないという意味では有りません、バランスが肝心です)、一度、料理用油の見直しをしてください。

ベータカロチン(ビタミンA)は皮膚を健康に保つ作用があります。

意識して摂りたいサプリメント

ガンマリノレン酸(γリノレン酸)と月見草オイル、ビタミンB群、ビタミンCサプリメント、EPAとDHA(オメガ3)、アントシアニン、プロポリス、ブロメライン(消化酵素)、亜鉛、マンガン、キトサン、マルチビタミン、マルチミネラル、ベータカロチン(ビタミンA)

アトピー性皮膚炎のビオチン(ビタミンH)

アトピー性皮膚炎で使われるサプリ 2

医者で処方される炎症を抑える作用のある抗ヒスタミン剤は脳内の情報伝達物質であるヒスタミンを抑制するため、頭がボーっとしたり、眠くなったりします。
これらの副作用は受験生や一般生活に支障をきたします。

そこで元々よく使われているプロポリスなどの他に、アメリカで使われているサプリメント、ハーブとフラボノイド(ケルセチン、イラクサ(ネトル)、クルクミン(秋ウコン)、ナツシロギク(Fever、few)、ジンゲロール(しょうが))が、炎症を抑制し免疫を緩和するとの報告があります。

プロポリス ケルセチン イラクサ(ネトル) ウコン(クルクミン)

アトピー性皮膚炎で使われるサプリ 3

アトピー性皮膚炎はもちろんアレルギーの一種ですのでアレルゲンの特定は病院でやっておいたほうがいいと思います。

大気汚染によっても起きる(症状が悪化する)ので、デトックスも対処方法としては有効です。

コリンとイノシトール、ナイアシンの摂りすぎは症状を悪化させ、砂糖の摂りすぎによる低血糖症も原因との報告があります、注意してください。

タウリンとマンガンの摂取が有効との報告があります。

ベータカロチン(ビタミンA)・ビタミンCサプリメント・ビタミンEは粘膜を強化するので、有効との報告があります。

コリンとイノシトール タウリン ベータカロチン(ビタミンA) ビタミンE

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.