Just another WordPress site

アトピー性皮膚炎対策は症状が出てからでは遅い

  • HOME »
  • アトピー性皮膚炎対策は症状が出てからでは遅い

アトピー性皮膚炎対策は症状が出てからでは遅い 1

アトピー性皮膚炎をサプリメントで抑えようとする場合、早めの摂取が必要といわれています。

アトピー性皮膚炎用のサプリメントは、大きく分けると2つに分かれます。
患部の炎症に直接作用するものと、体内のアレルギー抑制効果のある亜麻仁油(フラックスシードオイル)を、サプリメントの力を借りて、自ら産生して根本的に治療するものです。

前者の患部に直接作用するものは主に活性酸素の産生を抑制する、抗酸化サプリメントが中心です。

アトピー性皮膚炎をサプリメントで抑えようとする場合、ヨーロッパなどの各国で花粉症用の医薬品としても認められている、ケルセチンやブロメライン、ピクノジェノール、アントシアニンなどが、有名です。

次項も続きをお送りします。

亜麻仁油(フラックスシードオイル) ケルセチン ピクノジェノール アントシアニン

アトピー性皮膚炎対策は症状が出てからでは遅い 2

アトピー性皮膚炎を防ぐのに抗酸化サプリメントを使うことは、 多くの場合即効性が期待できるということですが、実際にはアトピー性皮膚炎の症状が進んで、ひどい炎症を起こした患部にはなかなか効果を顕しにくいということです。

アレルゲンによりひどい炎症を起こしている患部には、非常に多くの活性酸素が発生していて、それを抑えるために余計な手間がかかりますから、できるだけ患部が炎症を起こす前に抗酸化サプリメントを摂取することをお勧めします。

抗酸化サプリメントによって炎症系のプロスタグランジン(プロスタグランジンは「栄養学とサプリメント」の項目[アトピー性皮膚炎について 1〜3]について詳しく書いていますので、こちらを参考にしてください)が作られないようにして、炎症自体が起きないようにすれば、患部で好中球(白血球の仲間)が作り出す、活性酸素が発生せずに済みます。

次項も続きをお送りします。

アトピー性皮膚炎のビオチン(ビタミンH)

アトピー性皮膚炎対策は症状が出てからでは遅い 3

店長としては、後者の体内のアレルギー抑制効果のある亜麻仁油(フラックスシードオイル)を、サプリメントの力を借りて、自ら産生して根本的に治療するをお勧めしますが、それにはかなりの時間が必要です。

まず、アレルギー抑制効果のある亜麻仁油(フラックスシードオイル)を作り出すために必要な、ビオチン(ビタミンH)を摂取し、とりあえず、アレルギー症状を抑制します。

次には、ビオチン(ビタミンH)を産生する、善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)を増やして、腸内の細菌バランスを整えてやることが大切ですので、食物繊維やアシドフィルス菌、ビタミンCサプリメント、りんごペクチン(アップルペクチン)を摂取して、アシドフィルス菌などの善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす必要があります。

アレルギーの方の便を仔細に調べてみると、ビオチン(ビタミンH)を消費するタイプの悪玉菌が非常に多く見られ、ビオチン(ビタミンH)を産生する善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)が少ないそうです。

アシドフィルス菌 善玉菌サプリメント ビタミンCサプリメント りんごペクチン

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.