Just another WordPress site

イラクサによるアトピー性皮膚炎の改善

  • HOME »
  • イラクサによるアトピー性皮膚炎の改善

イラクサによるアトピー性皮膚炎の改善 1

イラクサ(ネトル)イラクサ(ネトル)は昔からヨーロッパで、お肌の手入れや髪の美しさを保つために使われてきたハーブです。

使用の歴史も長く、一般的には副作用は無いと言われています。

最近ではネットル(ネトル)という呼ばれ方でサプリメントも販売されていますし、ハーブティー等でご存知の方も多いのではないでしょうか?

この美容用のハーブがアトピー性皮膚炎にも効果があるとして、アメリカなどでも人気です。

イラクサ(ネトル)のアトピー性皮膚炎に関する実験は、最近始まったばかりで、詳しいことはまだ判っていない部分が多いそうです。

イラクサ(ネトル)は、アメリカのサプリメントには珍しく、実験室で生まれたサプリメントではなく、民間療法として使用されていたものを、追試によって効果を確かめているサプリメントです。

つまり効果に関するデータよりも、口コミで広がったサプリメントとでも呼べば良いのでしょうか?

次項も続きをお送りします。

イラクサによるアトピー性皮膚炎の改善 2

イラクサ(ネトル)につきましては、それほど効果についてのデータを揃えられないため、「栄養学とサプリメント」で取り扱うことを見送っていたのですが、最近何とかデータらしきものがチラホラでてきましたね。

その多くが、アレルギーに対する感受性を下げる効果についてです。

しきい値については以前にもご紹介しましたが、免疫システムが体外からの異物(アレルゲン)に対して作動し、抗体の大量の産生というアレルギー症状の直接の引き金となる現象を引き起こす値をいいます。

アトピー性皮膚炎の方は一般的にこういったアレルゲンへの感受性が高く、異物に対して過剰反応を起こします。

湯飲み茶碗でいくと、周りの縁が低く、お茶を入れてもすぐにこぼれ出してしまうことを想像していただければ良いでしょうか?(スミマセン、良い例が浮かびませんでした)

次項も続きをお送りします。

アトピー性皮膚炎のビオチン(ビタミンH)

イラクサによるアトピー性皮膚炎の改善 3

イラクサ(ネトル)は、このアレルゲンへの感受性を抑える働きがあり、本来無害なアレルゲンに対し免疫システムが誤動作して、抗体を細胞の外にあふれ出さすことを防いでくれます。

最近アメリカでは、このアレルゲンへの感受性を抑える効果のある栄養素が大分見つかってきて、このイラクサ(ネトル)と併用し、かなりの効果をあげているそうです。

イラクサ(ネトル)と併用することで効果があるとされているのは以下のサプリメントです。

・コエンザイムQ10(CoQ10)
・ベータカロチン(ビタミンA)
・ビタミンA
・ケルセチン
・アミノ酸

などです。

次項も続きをお送りします。

コエンザイムQ10 ベータカロチン(ビタミンA) ケルセチン アミノ酸

イラクサによるアトピー性皮膚炎の改善 4

イラクサ(ネトル)は昔から様々なミネラルとアミノ酸を含んでいるため、美容分野でお肌や髪の毛の美しさに効果があるといわれてきました。

最近の実験では、このミネラルとアミノ酸のバランスが、アレルゲンへの感受性を抑える大きな要因であるといわれています。

アミノ酸はたんぱく質を構成するブロックのような役割をしますが、たんぱく質を分解・消化するために必要なのが、タンパク質分解酵素(ブロメライン)です。

イロイロな実験で、アトピー性皮膚炎の方の多くが、この消化酵素がうまく働いておらず、たんぱく質の分解がうまくいっていないというデータが出ています。

つまり、イラクサ(ネトル)のように最初からアミノ酸に分解されているものであれば吸収できるのですが、食事でのたんぱく質の摂取によるアミノ酸の吸収がうまくできず、アトピー性皮膚炎になっている方も多いようです。

そのためにはアミノ酸サプリメントや、ブロメラインのようなタンパク質分解酵素を摂られる事もお勧めします。

アトピー性皮膚炎

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.