Just another WordPress site

シリコンスプレーでアトピー性皮膚炎を防ぐ

  • HOME »
  • シリコンスプレーでアトピー性皮膚炎を防ぐ

シリコンスプレーでアトピー性皮膚炎を防ぐ 1

現代病といわれるアトピー性皮膚炎ですが、様々なアレルゲンが報告されています。

ハウスダスト・各種食品・各種花粉・シックハウスなどがその多くの原因として挙げられていますが、日常的に接するものでアレルゲンの可能性として高いものがあります。

空気です。
正確には汚れた空気ですね。スモッグ、排気ガス、新建材から発生する有害物質、産廃物の野焼きや簡易焼却炉による焼却で発生するガスなどには、酸性雨の元になるスルホン酸メタンや二酸化硫黄、硫酸、硝酸など、皮膚から吸収されると皮膚の痒み、腫れ、痛みを起す物質が含まれています。

スルホン酸メタンや硫酸などは直接アトピー性皮膚炎の原因になるという研究結果は見られません。

しかし、二酸化硫黄はその研究でも、肌から容易に吸収され、ヒスタミンという痒みの元となる物質を細胞から放出させることがわかっており、アレルギーを引き起こす原因となります。

次項も続きをお送りします。

アトピー性皮膚炎のビオチン(ビタミンH)

シリコンスプレーでアトピー性皮膚炎を防ぐ 2

ベータカロチン(ビタミンA)アメリカではこれらの有害物質への対策として、シリコンスプレーを直接肌に噴霧して皮膚からのアレルゲンの侵入を防ぎ、皮膚の表皮ではたらく抗酸化剤を摂取して、侵入してきたアレルゲンを無毒化する方法で対処する試みが盛んに行われています。

シリコンスプレーは、肌に塗布しても分子の大きさが大きいために、細胞間から吸収されることがないため、安全です。

しかし、日本ではまだまだ発売される予定は無さそうですね、そういった場合肌の露出をできるだけ抑え、露出している部分は中性石鹸でこまめに洗うことをお奨めします。

また、肌で侵入してきたアレルゲンと闘うものとしては、ビタミンAとベータカロチンが最適です。

ビタミンAとベータカロチンは、外部と接触する部分(肌や肺など)に多く存在し、外部から侵入してきた異物を無毒化する働きがあります。

ビタミンAは体内でベータカロチン(ビタミンA)から作られますので、過剰症のあるビタミンAを直接摂るより、ベータカロチンのかたちでサプリメントを摂取する方が好ましいとされています。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.